お布施 中袋 書き方。 お布施の中袋の書き方を解説!お布施の構成からお札の入れ方まで|終活ねっとのお坊さん

お布施の書き方!喪主・連名・家で出す場合の違いと正しいマナー!

お布施 中袋 書き方

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ お布施に使う袋はどれを選ぶ? お布施を包む袋について、どれを選べばよいか迷ったときには、伝統的な方法である 奉書紙を使うのが最適です。 その他、白い封筒やのし袋も奉書紙の代用品として使えます。 ただし、お布施は僧侶に対する感謝の気持ちを形にしたものであるため、水引などしっかりとマナーを守って失礼のないように心掛けることが大切です。 お布施は「気持ち」を形にしたもの 葬儀や法事などの仏事において、 お経をあげてもらった僧侶に対して、お布施を渡すのが習わしとなっています。 お布施とは、謝礼の意味で僧侶に渡すお金のことです。 古代インドでは、仏教徒が行うべきことのひとつに挙がるなど、古くから仏事では欠かせない存在となっています。 あくまでも謝礼の気持ちを形にしたものであり、 僧侶の労働対価としてお金を支払うわけではないことを押さえておくことが大切です。 伝統的方法|奉書紙を使う お布施を包む際、奉書紙を使うのが伝統的です。 奉書紙とは、役所の公文書などでも見かける紙で、現在ではお布施を包むなど儀式の際に使うのが一般的です。 儀式にふさわしい奉書紙で包めば、僧侶に対する感謝の気持ちを最大限伝えることにもつながります。 謝礼の気持ちをしっかりと伝えたい場合には、奉書紙で包むのがおすすめです。 簡易的方法|白い封筒を使う 奉書紙の用意ができない場合には、白い封筒を使いましょう。 簡易的な方法になってしまうため、できれば奉書紙を使うのがよいですが、難しい場合には市販の白い封筒でも対応できます。 ただし、白い封筒を選ぶ際には、郵便番号を記載する欄など 不要な印字のない無地のものを選びましょう。 余計な印字のある封筒を使ってしまうと、せっかく僧侶に感謝の気持ちを伝えるお布施が台無しになってしまうため注意が必要です。 水引は必要ない 僧侶に感謝の意を込めて渡すお布施は、伝統的な奉書紙や簡易的な白い封筒など、包むものにかかわらず水引は必要ありません。 なぜなら、お布施はあくまでも僧侶にお経をあげてもらったことに対する感謝の気持ちを形にしたものであるためです。 一方、一般的に仏事で使用する黒白や黄白などの 水引は、故人を供養する意味合いがあります。 そのため、仏事だからといってお布施に水引は必要ありません。 準備できない場合はのし袋でも可 お布施を包む奉書紙や余計な印字のない白い封筒などを準備できない場合には、市販で気軽に購入できる のし袋で包むことも可能です。 ただし、のし袋を選ぶ際には水引に気を付ける必要があります。 基本的に色は 双銀や黄白で、結び方は 淡路結びや結び切りを選びましょう。 一方、お墓や仏壇の開眼供養などおめでたいシーンで渡すお布施には、紅白の水引が付いたのし袋を選ぶのが最適です。 お布施袋はコンビニや100均でも購入できる 水引など気を付けるべきマナーが多いお布施袋ですが、コンビニや100均などでも気軽に購入することも可能です。 コンビニでは、不祝儀袋や無地の封筒を文房具コーナーに陳列していることが多く、100均よりも適したものがそろっている傾向にあります。 そのため、時間がある方であれば、より安く手に入る100均で探してみてなければコンビニで手に入れるのがおすすめです。 お布施袋に表書きを書く作法 お布施を包むのに正しい袋を選んだら、次は表書きをはじめ裏面や中袋に記載すべき内容と書き方、マナーなどを押さえておきましょう。 書き方としては、普段はあまり使用する機会のない漢数字を使用するほか、旧字体を知っておくことも大切です。 一般的な濃い墨を使って、感謝の気持ちを込めながら丁寧に書きましょう。 お布施の表書きの書き方 表書きには 「お布施」や 「御布施」など、お布施を渡す目的を書きましょう。 「読経料」や「戒名料」などといった表書きもありますが、僧侶の労働に対する対価ではなく、感謝の気持ちを形にしたものであることから 「料」を使った表書きは避けるのが賢明です。 名前を記載する部分には、喪主や施主のフルネームもしくは仏事を行った家の名前を記載するのが一般的となっています。 お布施の裏面の書き方 表書きに目的を記載したら、裏面には包んだ金額とともに実際に お布施を包んだ方の名前と 住所を記載します。 数字ではなく、 漢数字の旧字体を使用するのがマナーです。 実際にお布施を包んだ方の名前と住所の書き方は、裏面の左下側に縦書きで記入します。 縦書きであるため、住所の数字には漢数字を用いましょう。 中袋の書き方 お布施袋に中袋がある場合、 表側に金額、 裏側に住所と名前を記載します。 中袋の表紙には中央部分に金額を旧字体で書くのが一般的です。 一方裏表紙には、名前と住所を左下側に記入します。 裏面を書くときと同様に縦書きで記入することから、住所の数字には漢数字を使います。 お布施袋の中には、中袋が付いていないタイプもあります。 中袋のない封筒のままで渡しても問題はなく、別途購入する必要はありません。 お布施は漢数字で書く 裏面に金額を記載する際にもご紹介したように、お布施で数字を書く場合には漢数字の旧字体を使用します。 壱(一)・弐(二)・参(三)・伍(五)・陸(六)・漆(七)・捌(八)・拾(十)・仟(千)・萬(万)のような漢数字の旧字体はよく使用するため、覚えておきましょう。 四と九については、冠婚葬祭では忌み数と呼び使用しないのがマナーであるため注意が必要です。 墨を使って書く お布施を用意する際には、表書きや裏面、中袋など記入するべきところが多くあります。 全て墨を使って書くのがマナーです。 墨を使って書くといっても、仏事で使用すべき 薄墨ではなく、一般的な濃い色の墨を使います。 僧侶への感謝の気持ちを伝えるものであるお布施では、薄墨を使うと失礼にあたるため気を付けましょう。 毛筆が苦手な方は、ペンタイプの筆ペンを使うのがおすすめです。 名前の書き方 お布施への正しい名前の書き方としては、喪主・施主のフルネームもしくは仏事を行った家の名前を記載するのが基本です。 ただし、仏事を行った家の名前よりも喪主・施主のフルネームを記載する方が丁寧です。 そのため、表面・裏面両方に 喪主・施主のフルネームを書くとよいでしょう。 金額と住所は書かない 裏面や中袋の書き方でご紹介した金額や住所に関してですが、欠かさずに書くべきものではありません。 あくまでもお経をあげてくれた僧侶に対して感謝の気持ちを伝えるためのものであるため、金額と住所に関してはあえて書かないといった選択肢もあります。 金額の記載に関しては、実際に包んだ額と間違いがないことを示すために書いておくのもおすすめです。 宗教や宗派によるお布施の書き方の違い お布施の書き方とともに覚えておきたいのが、宗教や宗派によってお布施の表書きが異なるということです。 仏教をはじめ浄土真宗や神道、キリスト教、無宗教と5つの宗教・宗派ごとに詳しくご紹介します。 キリスト教では、カトリックとプロテスタントによっても異なるため、間違った書き方をしないようにしっかりと気を付けましょう。 仏教 仏教でを迎える場合、お布施にはお坊さんにお経をあげてもらったお礼を意味する読経料からお布施に 「御読経料」という表書きを使います。 また、お坊さんに供養をあげてもらったお礼という意味を込めた回向料から 「御回向料」のほか、単純に 「御礼」と記載することも可能です。 市販で気軽に購入できるお布施袋を使用する際には、「お布施」という表書きの印刷があるものを選びましょう。 浄土真宗 浄土真宗で四十九日の法要を行う場合、お布施には 「お布施」と表書きをしましょう。 浄土真宗では、四十九日に白木の位牌をお寺で処分する日となっていることから、仏教のように「御読経料」や「御回向料」といった書き方はできません。 四十九日の法要を自宅で行う場合には「お車代」と書くことも可能ですが、不安であれば「お布施」と書くのが最適です。 神道 お布施の表書きには、仏教や浄土真宗では「お布施」と書いておけば間違いなかったものの、神道では 「御祭祀料」もしくは 「御初穂料」のいずれかを書くのが一般的であるため注意が必要です。 神道では、葬儀の翌日に行う翌日祭から始まり十日祭、二十日祭といったように供養を行います。 四十九日の法要にあたるのが、五十日祭の法要であり、忌明けとして重要な意味があることも覚えておきましょう。 キリスト教 キリスト教の四十九日の法要は、カトリックとプロテスタントによっても異なります。 カトリックでは亡くなった3日目、7日目、30日目に追悼ミサを行う一方、プロテスタントでは亡くなった日の翌日と7日目、20日目に記念集会を行うのが一般的です。 厳密には決まっていないため、日本では仏教に習って四十九日の前後に追悼ミサや記念集会を行う傾向にあります。 お布施の表書きも、カトリックでは 「謝礼」、プロテスタントでは 「記念献金」のようにそれぞれ異なるため気を付けましょう。 無宗教 無宗教であれば、仏教のしきたりである四十九日に法要を行う決まりはありません。 とはいえ、日本では先にご紹介したキリスト教と同じように、無宗教であっても古くからの習わしに従って四十九日の前後に追加で供養を行うことがあります。 ただし無宗教の場合には、戒名を付けたりお坊さんが読経をあげたりはしないため、 お布施を用意する必要はありません。 お布施袋へのお金の入れ方 お布施袋の準備が整えば、後はしっかりと確認をしながらお金を入れましょう。 お布施袋にお金を入れる際に迷いやすい、お布施の相場についてもご紹介します。 また、お布施には新札を用意したりお札の向きを揃えたりといった細かな作法もあるため、無礼になってしまわないようにきちんとマナーを守りながら包むことが大切です。 お布施の相場 感謝の気持ちを形にしたものであるお布施には、渡すべき金額は決まっていません。 お寺に尋ねてみても「お気持ちで結構です」との返答で悩んでいる……という方もいるのではないでしょうか。 宗派や地方などによっても異なりますが、お布施の相場についてご紹介します。 特に重要となる四十九日などの法要は最も高く、一回忌や三回忌、七回忌などの法要では少し金額が下がる傾向にあります。 新札を使用する お布施として包む金額が決まれば、金額に合わせて 新札を用意しましょう。 感謝の気持ちを伝える習慣として古くから続くお布施では、古いお札を包めばと失礼にあたってしまうため注意が必要です。 一方、仏事で香典を包む際には故人の不幸を予期していたと思わせないため、あえて古いお札を使用するのがマナーです。 包む目的に合わせて、用意するお札にも気を使う必要があります。 新札が準備できない場合はできるだけ綺麗なお札を お布施には、感謝の気持ちを表すためにも、銀行のATMなどで受け取れる新札を使用するのがマナーです。 ただし、包む金額を全て新札で用意できなかった場合には、できるだけ多くの新札を用意し、やや古いお札が入っていても問題ありません。 一方、香典を包む際には新札が1枚でも入っていると失礼にあたるため、新札には折り目を付けてから包みましょう。 お布施袋の表にお札の表が来るように入れる お布施袋にお金を入れる際には、向きにも注意が必要です。 お布施袋の 表部分に、福沢諭吉などの肖像が見えるお札の表が来るように入れましょう。 また、肖像がお布施袋の口に近いところに持ってくるような形で入れるのもマナーとなっています。 香典の場合には、故人の不幸を悼む気持ちを表すように肖像を伏せ、お布施とは反対になるように包むのが作法です。 お札の向きを揃える 福沢諭吉の肖像を表に来るようになど、お布施袋に入れる際に気を付けるべきお札の向きを意識していれば、自然とお札の向きは同じになります。 受け取った側がお札を数えやすくなるように、お布施に限らずお金を袋に入れる際には、お札の向きを揃えておくことも大切です。 お布施袋の包み方 伝統的かつ丁寧な奉書紙を使ったお布施の包み方をはじめ、最近では増えている簡易的な白い封筒で包む方法についてご紹介します。 奉書紙よりも包み方が簡単な白い封筒を使った方法でも、中袋を入れるのと入れない場合によっては封筒の口をのり付けするマナーが異なってくるため気を付けましょう。 奉書紙で包む 奉書紙を使って包む方法は、伝統的であり最も丁寧な形としておすすめです。 奉書紙を使った包み方としては、まず奉書紙をひし形に広げ、お布施を包んだ中包みを真ん中よりも少し右側に来るように置きます。 中包みの端に合わせるようにしながら、 左・右・下・上の順番に畳めば完成です。 包み終わった際、奉書紙の滑らかな表面が見えるよう、最初にひし形に広げる際にはざらざらとした裏面の上に中包みを置きましょう。 中袋を使う際は白い封筒で包む 簡易的な包み方として、白い封筒を使う方法もあります。 包み方は、お布施を包んだ中袋を白い封筒の中に入れるだけと簡単です。 ただし、白い封筒の中に 中袋を入れる場合には、白い封筒の口はのり付けなどをせず 開けた状態にしておきましょう。 一方、白い封筒に金銭を直接入れるのであれば、お金が紛失しないように白い封筒の口はしっかりとのり付けをするのがマナーです。 お布施の渡し方 お布施の渡し方としては、切手盆や祝儀盆などの 小さなお盆に乗せて渡すのがマナーで、手渡しは避けましょう。 お布施を乗せる小さなお盆が用意できない場合には、袱紗で包み、渡す際には袱紗の上に乗せてささげるようにします。 渡すタイミングとしては 事前にお寺へ出向いて渡すのが丁寧ですが、難しい場合は法要当日に 法要が始まる前のあいさつ時に渡すのがおすすめです。 その他、法要後に食事を行う場合には食事が終わった後に渡しましょう。 僧侶が食事を辞退した際には、法要が終わった時点で渡すようにするなど、忘れないように気を付けることが大切です。 小さなお葬式の「てらくる」なら定額お布施 小さなお葬式の法事・法要の寺院手配サービス 「てらくる」では、日本全国どこでも法事や法要のお布施が 定額5万円と一律で、追加料金は一切かからないため安心です。 定額5万円の中には、お車代や御膳料、心付けも含みます。 全宗派に対応していて、宗派の指定も無料です。 そのため、宗教や宗派に合わせたお布施の用意をしたり、お布施の相場を気にしたりといった手間や時間を省けます。 「 手間や時間が省けるといっても安心感がほしい……」と不安な方が安心できるよう、手配する僧侶の資格や身元確認を徹底しているのも 「てらくる」ならではのサービスです。

次の

お布施の中袋の書き方を解説!お布施の構成からお札の入れ方まで|終活ねっとのお坊さん

お布施 中袋 書き方

故人が亡くなられてから初めてのお盆の「初盆」に参列することになった場合には、香典をどの程度包めば良いのか迷われる方も多いです。 香典の額は故人との関係などにより変わります。 ですが、大体の相場を知っておきたいのではないでしょうか。 初盆は故人が初めて家に帰られるので遺族にとっても大切な行事です。 その為、親族以外にも故人と生前親交の深かった友人や知人なども招いて盛大に行う事が多いです。 招かれた方は香典を用意するのがマナーです。 そこで今回は、 初盆の香典の相場や香典袋の書き方、マナーについて詳しく解説しています。 初盆のお布施についても紹介していますので、合わせて確認してみて下さい。 マナーに注意して失礼のないようにしましょう。 初盆を迎える方はお盆に僧侶を招き法要を行う事が一般的です。 親族や故人の友人、知人なども参列します。 その際に香典を包まなくてはいけないのかと疑問に思われる方もいますが、基本的に香典をお渡しするのはマナーです。 法要の進め方や香典の額は地域により違いはありますが、香典は必用です。 当日に用意すると慌ただしいので施主から法要の案内や電話がきたら、お金を用意しておくようにすると慌てずにすみます。 香典袋が近くのお店に無い場合もあるので早めに準備しましょう。 初盆の法要は自宅で行う場合も多く葬儀などより規模が小さい事が多いですが、僧侶へのお布施や参列客へのおもてなしの為に費用が発生します。 その為、 香典により故人や遺族へのいたわりの気持ちや経済的な負担を減らす意味もあります。 初盆の香典の相場は地域や年齢、立場により異なりますが 大体5000円~1万円程度です。 20代~30歳の場合の香典の相場は3000円~5000円程度で知人や祖父母、叔父、叔母の初盆の場合にもこの程度で構いません。 50代以上の場合には5000円~3万円程度です。 両親や兄弟姉妹の初盆の場合、20代~30代の香典の相場は1万円以上です。 また、法要の後に会食のお斎に参加する場合には、相場の金額に食事代を入れて5000円~1万円程度多めに包みましょう。 家族でお斎に参加する場合には人数分を多めに包みます。 近所の方や故人と仕事で付き合いがあった場合などに職場の代表として香典を包む時には、1人1000円~5000円前後が相場です。 会食に参加する場合には食事代もプラスしましょう。 連名で包む場合には 4や9等の不吉な金額を避けてなるべく端数がでないようにしましょう。 初盆に使用する不祝儀袋は地域により異なります。 一般的なものを紹介します。 水引きは双銀や藍銀、黄銀を選びます。 関西や北陸地域などは黄白の水引がよく使用されます。 結びは結切りか鮑結びにします。 結びきりは解けなく固く結んでいて弔事全般で使用されます。 鮑結びでは、結び目が複雑に絡んでいるもので弔事も慶事もどちらでも使用できます。 のしは不要で、水引だけの不祝儀袋を使用します。 どれを選べば良いのか分からない場合にはお住まいの地域の文具店や近所の方に、初盆用の不祝儀袋はどういったものを選べば良いのかを聞いてみるようにしましょう。 当日には不祝儀袋が用意が難しい場合もあるので早めに用意しておくようにしましょう。 まず表面の水引の結び目の上に「御仏前や御供物料」などと表書きを書き、結び目の下にフルネームで名前を書きます。 親族のみで集まる場合にも、表に名前を書きます。 遺族が後で香典返しやお礼状を送るのできちんと書くようにしましょう。 夫婦で参加する場合には夫の名前のみ書くのが一般的です。 夫婦ともに故人と生前、よく親交があった場合には妻の名前を夫の名前の左横に書きましょう。 香典袋は連名で包めるのは3名までです。 4名以上で香典を包む場合には香典袋を分けるか、名前を「一同」などと書いて中袋の中に香典を包んだ方の名前と住所、金額を書くようにします。 1人当たり3000円程度の場合には香典返しを辞退する方が遺族の負担を減らせます。 中袋にはお金を入れます。 不祝儀袋の中には中袋が付いていないタイプもあるのでよく確認して選びましょう。 中袋には香典を出される方の住所と名前、包んだ金額を書きます。 書く欄があらかじめ印刷されているものや横書きのものも中にはあります。 その場合には、それに従いましょう。 何も書かれていない場合には名前と住所は中袋の裏面の左下に書き、金額は中袋の表面の真ん中か裏面の右上に書きます。 金額は難しい大字で書きます。 大字を紹介します。 1は壱、2は弐、3は参、5は伍、10は拾、千は仟、万は萬、円は圓です。 1万円を包む場合には「金壱萬圓や金壱万円」と書きます。 表書きにも名前を書いていますが、中袋にもきちんと名前をフルネームで記入しましょう。 初盆の香典では表書きを薄墨で書きます。 故人が亡くなられて悲しくて涙で墨が薄まってしまった事を表すために薄墨が使用されます。 墨の用意が難しい場合には筆ペンや薄墨の筆ペンも販売されているのでそれを使用しましょう。 薄墨を用意する事が難しい場合には普通の筆ペンなどで代用も可能ですが、あまり良く思われない方もいるのでなるべく薄墨で書くようにしましょう。 また、市販の香典袋の場合、御仏前や御佛前などが印刷されています。 この場合も、名前の部分は薄墨を使用して書くようにするのがマナーです。 なるべくサインペンやボールペンは使用しないようにしましょう。 いざという時の為に薄墨の筆ペンなどを用意しておくと安心です。 初盆の法要で僧侶にお渡しするお布施ははっきりと決まっているわけではなく、お寺に問い合わせても「お気持ちで」と言われる事が多いです。 ですが、初めて初盆を迎える方の場合にはどの程度包めば良いのか悩む方も多いです。 相場は宗派や地域、その家の慣わしにより異なりますが一般的な相場を紹介します。 通常のお盆の場合のお布施の相場は5000円~2万円です。 初盆の場合のお布施の相場は3万円~5万円が多いです。 普通のお盆より相場の金額が高いのですが、故人が初めて家に戻られると考えられており、親族や故人と生前親交の深かった友人、知人などを招き盛大に行う事が多く僧侶にも手間が必要になるため、このような相場になります。 お布施は法要で僧侶が読経をあげるなどの儀式を執り行って頂く事へのお礼のお金です。 こちらの他にお車代や御膳料が必用な場合もあります。 この場合も忘れずに用意してそれぞれを別々に包むようにします。 御車代はお寺以外の場所で法要を行う際の交通費としてお渡しします。 どのような交通手段で来られるのかをあらかじめ確認しておきましょう。 タクシーを使用される場合にはタクシーの手配を遺族がして支払いも済ませておくようにします。 御膳料は法要の後の会食を欠席される時にお渡しするのですが、お盆の時期には僧侶は特に忙しいので会食は欠席される場合が多いです。 食事の用意などもあるので早めに会食に参加されるのかを確認しておきましょう。 お布施の渡し方を紹介します。 お布施を袱紗で包み切手盆に乗せておくのは事前に用意しましょう。 お車代や御膳料を一緒にお渡しする時には、別々で包み上からお布施、お車代、御膳料の順になるように準備してお盆に乗せておきましょう。 お布施を弔事用の袱紗で包みます。 黒い切手盆か小さいお盆に乗せて自分の右横に置きます。 「本日は~の初盆のために、心のこもったお勤めをしていただき誠にあがとうございました。 こちらは些細ではありますが、お礼でございますので、どうぞお納めください。 今後とも宜しくお願いいたします。 」などとお礼を述べます。 切手盆を差し出して封筒に書いたお布施が僧侶の方に向くようにして切手盆に乗せてお渡しします。 袱紗の場合には袱紗を両手の平に乗せて封筒に書いたお布施が僧侶の方に向くようにして僧侶にお渡しします。

次の

法事のお布施 袋(封筒)の表書きや渡し方、金額の相場は?

お布施 中袋 書き方

終活と一言で言ってもその範囲は広く、中でも欠かせないものの一つが、葬儀・法事についての知識ではないでしょうか。 さらにその中でも、 お布施の中袋や金額の書き方やマナーについては、今ひとつ自信が持てなかったり、なんとなくのイメージはあるものの、具体的にはピンとこないという方も多いかもしれません。 また法事や法要の日程が迫ってきて、実際に知識が必要になってから調べものをしようとするのでは、どうしても焦ってしまい情報が抜け落ちたり、何らかの思い違いをするようなケースもあるものですよね。 直前になって慌てることのないように、今一度あらかじめチェックしておいて、さらにできることであれば、ご家族みなさんでマナーについての知識を共有することができれば、きっと不安も和らいで、終活全体を穏やかに進めて行くことの一助になるのではないでしょうか。 そこで「終活ねっと」では、今回以下のようなことについて紹介します。 それでは、 お布施の中袋の具体的なマナーはどうなっているのでしょうか。 中袋の扱い方について自信を持って理解していると胸を張れるような方というのは、そう多くないのではないでしょうか。 そもそも、実際の法事・法要に際してお布施を用意する場合には、まずお布施そのものについて、まず不祝儀と祝儀のどちらのルールに従って取り扱うべきものなのか。 それから中袋について、名前や金額はどのように書くべきなのか、さらには、それらの位置は、どのようにするのがふさわしいのでしょう? この機会に具体的な 中袋の書き方についてまとめて理解を深め、法事・法要に備えていきましょう。 中袋の表書き まず中袋には 表書きとして、 中央に「御布施」もしくは「お布施」と縦書きで記入するのが一般的とされています。 ただし上袋に「お布施」などの記載がすでにされている場合においては、中袋の表は無地のままでも問題ありません。 また、あらかじめ「御布施」と印字された市販のものを中袋として使用する場合も、改めてこれを消すなどして手書きする必要はありません。 金額の書き方 次に お布施の金額については、 中袋の表面の中心(表書きの下)か裏面の右側に記入します。 この時、金額の上に「金」と一文字書き、金額自体は旧字体の漢数字を使って書くのが丁寧とされています。 もちろんこれらの金額は、表書きと同様に縦書きで書きましょう。 漢数字の旧字体については、以下のとおりです。 新字体 万 円 旧字体 萬 圓 したがって、たとえばお布施の金額が1万円ならば「金壱萬圓」、5万円なら「金伍萬圓」、10万円は「金壱拾萬圓」、20万円は「金弐拾萬圓」と書くことになります。 中袋の裏書き 中袋の裏書きはどうでしょうか。 これについては、法要・法事を受ける方の 住所と名前を右下に書くのが、正式な書き方とされています。 万が一中袋が用意できなかった場合には、直接お札を入れた封筒に裏書きをする必要はありません。 また、市販のお布施袋を使用する際、あらかじめ金額などの記入欄が印字されていた場合は、そちらに沿った書き方でも無作法にはあたりません。 薄墨と濃い墨どちらを使う? お布施の中袋で使うのは、薄墨ではなくて 濃い墨です。 これはお布施が不祝儀にあたらないことに由来しています。 香典などの不祝儀については、「突然の訃報で動揺し、墨を十分に用意できませんでした」「あまりの悲しみに墨を摺(す)る手に力が入りません」という意味を持たせるため、薄墨で書く習わしがありますが、 お布施はこの不祝儀にはあたらないため濃い墨を使います。 これは間違えやすい点なので、ご注意ください。 法事・法要のイメージからお布施も不祝儀のルールに則ると考えがちですが、弔問客が施主に渡す香典とは違い、「お布施をお渡しするお寺に、不幸があったというわけではない」という点を念頭におけば混乱が生じることはないかと思います。 中袋へのお札の入れ方• 中袋の表には「御布施」もしくは「お布施」と縦書きする もしも上袋に同様の記載がある場合は、中袋は無地でも失礼にあたらない• 中袋の裏の右下に、法要・法事を受ける方の住所と名前を記入する 金額同様市販のお布施袋を使う場合、あらかじめ記入欄が印字されていればそれを用いる• 中袋に金額や氏名を記入するときは、薄墨ではなく、濃い墨を使う お布施は不祝儀ではありませんので、薄墨を使うことはマナー違反になってしまいます• お札は新札を使い、人物が最初に出てくるように表にして入れる これも墨の使い方と同じように、祝儀にお札を入れる入れ方に準じます 特に「お布施は不祝儀ではないので、中袋の書き方や使う墨は不祝儀とは違う」という点をおさえておくと、大きく間違えるということが無いのではないでしょうか。 実際にお布施が必要になった時に「そういえば「終活ねっと」で調べたことがあるな」と思い出していただけると良いかと思います。 中袋の書き方に限らず、細かいマナーや書き方について事前に知っておくことは、終活全般において大切なことですね。 最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。 葬儀でお渡しするお布施については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の