山梨コロナ 渡辺真由。 新型コロナ感染者の「バイト隠し」 虚偽申告対策に特捜班発足 山梨県 (1/2ページ)

山梨コロナ感染女性「犬を飼っていた。入院したら2週間誰も面倒見れず死んでしまうから東京に帰った」

山梨コロナ 渡辺真由

新型コロナウイルスに感染し、髄膜炎を発症して山梨大付属病院(山梨県中央市)に入院している20代会社員男性の症例報告論文が4日、国際感染症学会(米マサチューセッツ州)のホームページに速報版として掲載された。 男性が重い副鼻腔炎も起こしていたことや、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の投与は10日間だったことなどが明らかになった。 論文によると、男性は24歳で海外渡航歴はない。 2月27日に頭痛、全身倦怠感、発熱があり、28日に近くの医療機関を受診。 インフルエンザの検査は陰性だったが、医師は抗インフルエンザ薬のラニナミビル(商品名・イナビル)と解熱剤を処方した。 症状が悪化し、頭痛やのどの痛みがあったため3月2日に別の医療機関を受診。 胸のエックス線検査や血液検査を受けたが異常がないとされた。 6日、男性は1人暮らしの部屋で倒れているのを家族に発見され、救急車で運ばれた。 搬送中、約1分間全身発作を起こした。 山梨大病院に着いたときには言葉を発せず、痛みに対する反応がなく、首の後ろが硬直していた。 胸のコンピューター断層撮影(CT)検査では肺に小さな濁りが見られた。 髄膜炎などが疑われたため、集中治療室(ICU)でセフェム系抗生物質セフトリアキソンやグリコペプチド系抗生物質バンコマイシン、抗ヘルペス薬アシクロビル、ステロイドの点滴を行った。 救急医の判断で新型コロナのPCR検査を行ったところ鼻の奥は陰性だったが、脳脊髄液から陽性反応が出た。 このためすぐに、新型コロナへの効果が期待されているファビピラビル(商品名・アビガン)の投与を始めた。 錠剤のため、水に溶かしたものをチューブで鼻から胃に流し込み、10日間投与した。

次の

山梨コロナ感染女性「犬を飼っていた。入院したら2週間誰も面倒見れず死んでしまうから東京に帰った」

山梨コロナ 渡辺真由

山梨帰省女性の特定情報が掲示板に溢れる 一部の大型インターネット掲示板やTwitterでは、今回の20代女性の個人情報の特定について「顔画像」「自宅」「勤務先」などに関して「特定した」とする情報が多数投稿される事態となっています。 中でも女性のフルネーム、顔写真、勤務先名といった噂が複数出回っており、これに「もっと拡散を」「晒されるべき」と、そのままリツートされるものも。 一方でSNSでは 噂と共通点のあるユーザーに無差別に誹謗中傷のDMを送るなどの行為もあるため、安易な特定・拡散行為で巻き込まれる人がいるとして、注意を促す声も上がります。 色々特定されてますね。 ネットで晒し者になるのはあまり良いことではないと思うけど、今回に限っては自業自得と言うか仕方ないと思う… でも山梨県の他の渡辺さんにどうか被害が及ばないことを切に願います。 — ゆきんこ yukinko0443 出典:本人の顔画像だとして画像が複数の場所で拡散されている また、「特定」したと言われている女性のものと見られるTwitter 現在は削除 について、掲示板では「twitterを消したから本人確定」「消してもスクショが拡散されるから無意味」といった憶測が一人歩きするコメントも。 中には「 女性と一緒にBBQをした 友人の職業が保育士で、保育所が消毒された、家の窓ガラスが割られたらしい」「父親は大工」といった、 未報道の不明確な情報も複数投稿されています。 女性をめぐり意見を交わすチャットのスレッドは開設から1時間あまりで上限の1000件に達成し、「これはやりすぎ」といった声も一部では上がるものの、そのほとんどが女性の行動を非難・中傷する言葉で埋まる状態となりました。 出典: 「ごめんなさい」本人名乗る人物がTwitterで謝罪するデマも さらに、20代女性との関連性をほのめかすtwitterアカウントが作られ「渦中の〇〇です。 日本中のみなさん、私の身勝手な行動でご迷惑かけてごめんなさい。 前のアカウントでの誹謗中傷に耐えられず逃げてきました。 」などと投稿する人も。 その氏名が噂となっている人物の名前を指していることから、女性が指しているのは山梨の感染女性の一件であると予想されますが、のちに無関係であることが判明しています。 同アカウントでは「とりあえず前のアカウント消した。 」「職場は1ヶ月謹慎、実家には不審物が届いた」といった本人を装う記載がされていました。 出典: ネットの反応 山梨の女性、案の定特定されてるし本人も煽って燃料投下してた。

次の

山梨コロナ感染女性「犬を飼っていた。入院したら2週間誰も面倒見れず死んでしまうから東京に帰った」

山梨コロナ 渡辺真由

新型コロナウイルスに感染し、髄膜炎を発症して山梨大付属病院(山梨県中央市)に入院している20代会社員男性の症例報告論文が4日、国際感染症学会(米マサチューセッツ州)のホームページに速報版として掲載された。 男性が重い副鼻腔炎も起こしていたことや、新型インフルエンザ治療薬「アビガン」の投与は10日間だったことなどが明らかになった。 論文によると、男性は24歳で海外渡航歴はない。 2月27日に頭痛、全身倦怠感、発熱があり、28日に近くの医療機関を受診。 インフルエンザの検査は陰性だったが、医師は抗インフルエンザ薬のラニナミビル(商品名・イナビル)と解熱剤を処方した。 症状が悪化し、頭痛やのどの痛みがあったため3月2日に別の医療機関を受診。 胸のエックス線検査や血液検査を受けたが異常がないとされた。 6日、男性は1人暮らしの部屋で倒れているのを家族に発見され、救急車で運ばれた。 搬送中、約1分間全身発作を起こした。 山梨大病院に着いたときには言葉を発せず、痛みに対する反応がなく、首の後ろが硬直していた。 胸のコンピューター断層撮影(CT)検査では肺に小さな濁りが見られた。 髄膜炎などが疑われたため、集中治療室(ICU)でセフェム系抗生物質セフトリアキソンやグリコペプチド系抗生物質バンコマイシン、抗ヘルペス薬アシクロビル、ステロイドの点滴を行った。 救急医の判断で新型コロナのPCR検査を行ったところ鼻の奥は陰性だったが、脳脊髄液から陽性反応が出た。 このためすぐに、新型コロナへの効果が期待されているファビピラビル(商品名・アビガン)の投与を始めた。 錠剤のため、水に溶かしたものをチューブで鼻から胃に流し込み、10日間投与した。

次の