六世占星術 性格。 細木数子先生の六星占星術について~2020年の運勢は?~ 無料占い

六星占術・水星人プラス(+)の2020年の運勢を徹底解説

六世占星術 性格

良いとも悪いとも言い難い相性です。 この組み合わせは大きく成功をすることもありますが、大きな失敗をする危険性をも抱えている危ないカップルです。 金星人はとても行動力がある反面、強い攻撃力も備えています。 そのため、一緒にいると前進しようとしてかなり前まで出てしまいます。 それが吉とでるか凶とでるかはそのカップル次第となりますが、激しく進み過ぎるとどうしても摩擦が生じ、周囲ともうまくいかなくなってしまうのです。 お金を生み出すことに長けている金星人ですから、大きな財産を残すことはできるかもしれませんが、やはりそのツケは2人に戻ってくるので結局たくさんの不幸を背負ってしまう可能性が大なのです。 金星人プラスには前進する力はもともと備わっているので、ストップをかけてくれるような相手と一緒になることをおすすめします。 金星人プラスは非常にせっかちで、何事にも生き急いでいるような印象があります。 一方で天王星人はのんびり屋さんでマイペース。 ペースもかなり遅めです。 最初は金星人プラスからするとイライラして仕方ない相手だと思います。 しかし、慣れてくると天王星人が金星人プラスに合わせようとして少しペースアップしようとします。 そういった面で、天王星人にとってかなり成長させてくれる相手だと言えます。 一方で金星人プラスからしても少しせっかちが緩和されて良いペースで物事を進めることができるので、お互いにとって欠点と緩和できるいい相手だと言えます。 もし、二人が結婚すると周りからは少し不思議な夫婦にうつるでしょう。 しかし、二人でいると自然と明るくなれるので、とても楽しい家庭が築けると思います。 運気の相性はかなりいいです。 2人でいると玉の輿に乗りやすい相性だと言えます。 たとえば、平凡なサラリーマンが一夜にして儲けて大富豪に変身したり、びっくりするようなことが起こってしまう頼もしい相性なのです。 金星人プラスは明るく社交的で誰とにでも話しかけてしまうようなお調子ものです。 一方で火星人は警戒心が強く、なかなか人に心を開かない奇人変人。 一見この二人は似てないものだと思いますが、根底の部分でかなり似ている性格をしています。 表面上は全く違う性格ですが、長く付き合っていく上でお互いの似ているところに気付いていくはずです。 火星人は人見知りをしますが、金星人はあまり人見知りをしません。 そういった面で仲良くなるものきっと早いはずです。 惹かれあい、すぐに結婚するという事もあり得ると思います。 しかし、長く付き合っていくにつれて最初の華やかさは徐々になくなり、結末は寂しい別れになってしまうことも多くありますので、付き合っている最中は信頼関係しっかり結ぶように、努力してくださいね。 性格的には初めは全く合わないと実感するでしょう。 木星人はマジメでネクラ。 家の中にこもることが大好きなので、一緒にいたとしても家で過ごすことが多いと思います。 一方で、金星人プラスの意識は常に外を向いており、家で過ごすことに苦痛を感じやすいです。 また、規律を守ろうとする木星人に対し、自分の好きなことしかしない金星人はだらしなくうつり、どうしてもかみ合わない部分が出てきます。 しかし、時間がたち、衝突していくことにより、お互い欠点が緩和され、とても良い相性になります。 最初は合わないと感じることも多いかもしれませんが、気にせず一緒にいることにしましょう。 この組み合わせは結婚すると子孫繁栄も約束されている組み合わせなので、おすすめです。 <土星人> 悪くありません。 土星人は独創的で精神の世界に住む人ですが、金星人はかなり現実的に物事を考えます。 地に足がついていない土星人をしっかり地に着かせ、コントロールすることができます。 また、金星人は落ち着きがないところが目立ちますが、落ち着きのある土星人がそこをしっかりフォローしてくれるでしょう。 <金星人> 相性は悪いです。 金星人の霊合星人は前進性をそなえており、金星人と一緒にいることで拍車がかかってしまいます。 とにかく前に出過ぎるので、歯止めがきかず飛んでもないことになってしまうこともあるでしょう。 どちらも自由人なので、お互い家を出て家にだれもいない日が多くありそうです。 <火星人> 悪くありません。 一緒にいると一発逆転を狙える相性です。 性格的にも根底のところで似ている部分があるので、一緒にいると理解しあえるカップルになります。 お互いのことを知るのに、少し時間がかかってしまいますが、長く付き合うと良いカップルです。 ただ、最初が華やかなだけに最後は悲しい結末を迎えてしまうこともあるので注意が必要です。 <天王星人> かなりいい相性です。 2人は欠点を上手に補えるカップルだと言えます。 天王星人は自由奔放でマイペースののんびり屋さんです。 一方の金星人の霊合星人は自由人ではありますが、せっかちなところがあります。 そこを天王星人ののんびりさで、緩和させることができればかなり相性の良いカップルになることができるでしょう。 運気の相性もかなりいいです。 気になる人がいるなら是非一緒になってほしい相性です。 <木星人> 相性はよくありません。 根本的に全く違う性格をしていますから、一緒にいると居心地悪く感じるはずです。 家庭的で家にいることが好きな木星人からすると外にばかり出て、なかなか戻ってこない金星人はストレスの原因にしかなりません。 そういうこともあり、木星人の堪忍袋の緒が切れてしまい、結局お別れしてしまうでしょう。 2人がうまく行くためには金星人の霊合星人がしっかりと木星人に合わせることが大事です。 <水星人> 性格の相性はまちまちです。 お互い恋愛に対してドライですから、一緒にいても楽な関係を築けると思います。 しかし、温かいな恋愛というものには程遠く、どこか冷めきっているカップルになってしまいがちです。 水星人が何かを始める際のビジネスパートナーとしてはうまくいきますが、恋愛としては少しさみしいカップルになってしまうかもしれません。 金星人プラスのラッキーカラーは緑・赤とされています。 金星人プラスの人は、何事も前向きに楽観的に捉えるとされます。 落ち着きがなく、じっとしていられない面があるようです。 ファッションセンスに長けているとされています。 明るく社交的で、人付き合いは良好となります。 これらのことから、人付き合いを表す緑と、ファッションセンスを高さ表す赤がラッキーカラーとなります。 落ち着きなどを表す白はアンラッキーカラーとなるようです。 金星人プラスのラッキーアイテムは、木、花となります。 木造の家に住むことで、幸せを集めることができます。 木製製品を生活に数多く取り入れるとラッキーなことが増えます。 お部屋に花などを飾ると幸運が訪れるはずです。

次の

六星占術は当たるはずがないという理由2

六世占星術 性格

スポンサーリンク 土星人 空理・空論で物を言う、唯我独尊、白黒ハッキリ着けたがる、間違っても正当化する、融通が利かない、体を壊してでも目的を達成する、妥協しない、など。 そして僕が受けた印象です。 まず変わってる人が多いですね。 良い意味でも悪い意味でも。 「なんでそんな事に拘るの??」と訊きたくなります。 実体験で言うと、やらなければいけない仕事があるのに突然掃除を始めたり、効率を無視して順序を逆にしてみたり。 自分の世界を持っているらしいので、考えた結果なんでしょうけどね。 でもそういう事を突っ込まれると何とか正当化しようとしてきます。 場合によってはキレる事も。 八つ当たりも平気でしてきます。 怖いです(汗)それが原因で関係を絶ったぐらいです。 それと失敗すると、とことん責めてきます。 前の職場の上司が土星人だったので、よくケンカしてました(笑)自分が同じミスをすると笑って誤魔化すんですがね。 以外にも逆ギレに弱いです。 ああ、僕が逆ギレしたワケじゃないです(笑)他の人とのケンカを見ただけですよ。 何か悪口みたいになっちゃった(汗)全然嫌いじゃないですよ。 もちろんいい所もあります。 まず明るくて笑顔が素敵な人が多いです。 あと意外に天然な人も。 話し始めると結構盛り上がって、何時間も話します。 素直な人、常識人、自分に気を遣ってくれる人にはすごく優しくなって、「もういいよ」ってぐらい面倒を看てくれます。 もちろん何か失敗しても責めるどころかフォローまでして、場合によっては重役からの盾になってくれます。 あれは感動しましたよ。 たまにはケンカもしますが、やはり本音を言ってくれる事に好感を持つようで、ケンカの後は普通に笑い話もしたぐらいです。 ぶつかり合うのが好きみたいですね。 (関連記事) スポンサーリンク 金星人 自由人、束縛を嫌う、伝統は皆無、行動力がある、とても明るい、流行に敏感、など。 印象としては、「ムードメーカー」と言ったところでしょうか。 よく笑って明るい人が多いです。 落ち込んでる時は結構助けられます(笑) 人の気持ちを理解して優しいところもあるのですが、その反面、気に食わない相手に対しては、意地悪な言動が多いです。 特に反応が薄い人にはやり過ぎる傾向も。 あまり考え込む事が無いので、少し嫌な事があるとすぐ落ち込みます。 精神的には打たれ弱いんでしょうね。 そして考え込まない事がストレスを溜めていないのかもしれません。 感情の起伏も両極端です。 よく笑いますが、よく怒って怒鳴ります。 短気のイメージもありますね。 でもずっと怒っている人は少ないような。 面白い話をしたり、美味しい物を食べたりするとすぐに機嫌が治りますね。 そういう所は凄く好きです。 物事に対しての考えが軽く、時には「適当なヤツだ」と思われる事が多いと思いますが、僕からしたら、頭の回転が速いので無駄を省いているだけなんです。 ただ、口も結構軽いので、うっかりグチや不平不満を言おうものなら平気で周りに話したりします。 悪気が無いので十分ご注意を(笑) あと目の前で見たんですが、「人の物を盗む」、「不倫をする」など、後先考えずに行動する金星人も中にはいました。 思い切って忠告してみたら、「いや、これは自分のだよ」、「あの女の子はいとこだよ」など、躊躇する事なく言い切ります。 頭の回転が速いのですぐ反応できるんですね。 羨ましい。 ああ、不倫の事じゃないですよ(汗)頭の良さです。 その証拠と言っては何ですが、何かやらせてもすぐに対応出来て、しかも最初から効率のいい方法を考え出します。 仕事が出来る人も多いですね。 ですが上下関係には重きを置かないところもあるので、上司からは嫌われやすい印象です。 (関連記事) スポンサーリンク 火星人 マイペース、プライドが高い、反骨精神、奇人・変人、考え込む、人見知り、警戒心が強い、金遣いが荒い、など。 因みに妻も火星人です。 ほぼ当てはまります(笑) 頭も良いとは思いますが、ワケの解らない事を言い出したりします(笑)でもそういう性格のせいか、天才的で奇想天外なアイデアを考え出したりしますね。 プライベートの事を訊かれたり突っ込まれたりするのを何故か嫌います。 日常会話の内というか、社交辞令のつもりなんですがね。 警戒心が強いせいか、仲良くない人には本音を言いません。 面倒な事になるのを避けているんでしょうね。 感情的になる事も無いです。 ですが仲良くなると一気に感情を解放するんです。 火星人は心を許した人にはグチを言いまくりです。 八つ当たりにも等しいです。 2時間ぐらいずっとグチを聞いてた事もありました(笑) 但し、仲が良くても酷い事をされると一気に関係を絶ちます。 該当者の電話番号を消しているのを見ました。 話し合うという事をぜずに、嫌いになってしまったらもうダメなんですね。 金遣いの荒さには驚きました。 無駄な買い物が多いんです。 便利な物ではなく、かわいい、かっこいいなどの理由ですぐ散財します。 ギャンブルも好きですね。 妻もそうです(笑)理由を付けてお金を使いたいんですね。 とても真面目な所は大好きです。 口も堅い人が多いですね。 周りに流されないで確固たる意志を持っています。 尊敬できますよ。 (関連記事) 今回はここまでにしておきます。 天王星人、木星人、水星人はにしますね。 そして勝手ながら、各星人にまで付けてしまいました。 参考にして頂ければ幸いです。

次の

六星占術の「運命周期」をわかりやすく解説します(2020年対応版)

六世占星術 性格

興味のあるところから読んでね• 火星人プラス + とは? 六星占術では運命星という星に基づいて占います。 その運命星のひとつが、火星人プラス + です。 うまれたときから決定められているとされる、その人の性格や運勢を、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けます。 そして、その星に当てはまる人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と分類し、占います。 特別な条件がそろった場合は、霊合星人(れいごうせいじん)という分類になります。 さらに、運命星にはプラス(+)とマイナス(-)があり、干支によってどちらになるかが決まります。 火星人プラス + の基本性格の特徴5つ 1. 警戒心が強い 火星人プラス + の人は、他人に感情を悟られることを嫌います。 できるだけ表面上の付き合いを望みます。 下手に詮索されると、その時点で心のシャッターをおろしたうえに、施錠までしてしまうでしょう。 熱しやすく冷めやすい よく衝動買いをするのが火星人プラス + の人です。 その場では「ほしい! 」と強く思って値段も顧みずに買うのですが、家に帰って開封したときにはそんな強く熱い気持ちがなくなっていることもしばしば。 恋愛でも同じで、付き合うまでがゴール、になってしまう人が多いようです。 むしろ、火星人プラス + の人は拙速主義な人が多いでしょう。 自分が進めたいやり方、時間で、他人を置いてさっさと進めてしまうようなイメージです。 そして自分がやりたいようにやったあとは、ほかのことに無関心でなにもしたくなくなります。 100か0で動く人も多いでしょう。 勘が鋭い よく「女の勘は当たる」といいますが、火星人プラス + の勘もよく当たります。 もちろんそれは「お皿が割れたから不吉なことが起こる! 」などという根拠のないことではありません。 よく周りをみている火星人プラス + は、さまざまな人の動向をみています。 その動きをつなぎあわせて相手の感情を想像することで、次に起こることが予測できるのです。 プライドが高い 火星人プラス + の人が警戒心が強い理由として、プライドが高いことがあげられます。 だれしも欠点があるものですが、火星人プラス + の人は自分の欠点を受け入れられていません。 そのため、だれかに痛いところをつかれることが嫌なのです。 火星人プラス + の結婚・家庭・恋愛の特徴3つ 1. 傷つきやすい 火星人プラス + には、感受性が豊かな人が多くいます。 それゆえ、相手の言動の些細なところから、さまざまな感情を読み取ろうとしてしまいます。 自分に自信があるようにふるまっている火星人プラス + ですが、本当はコンプレックスの塊。 どんどん悪い方向に考えてしまい、相手を束縛してしまうこともあります。 短期間で付き合う人が変わる 基本性格でもふれましたが、基本的に熱しやすく冷めやすいのが火星人プラス + の人です。 そのため、最初はいいなと思っていても、だんだんと「どこがすきなんだっけ? 」と、当初の気持ちを忘れてしまいます。 家庭に入り活躍する 火星人プラス + は家庭に入ることでうまくいきます。 とくに子育てに意欲的な人が多くいるでしょう。 火星人プラス + の感性は独特なのですが、その感性を子供に伝えたいとか、子供にいろんな感情を知ってほしいと考えているため、学校教育以外のことを教えてあげたいと思います。 火星人プラス + の才能・適職 火星人プラス + には、自分を表現できる仕事が向いています。 たとえば、映像を撮ったり、文章を書く仕事です。 OLやサラリーマンといった一般的な職種に就くときは、変わったものを取り扱ったり、変わった取り組みをしている会社を選ぶと充実した仕事ができるでしょう。 火星人プラス + とほかの運命星の相性 1. 土星人との相性 プライドが高く、騒がしくないところは似ていますが、その場のノリで対応する火星人プラス + に対して、土星人は計画性があり融通がききません。 第一印象はいいかもしれませんが、しばらく時間がたつと「合わない」ことが明確になってくるでしょう。 金星人との相性 興味がある人に対して、グイグイ踏み込んでくる金星人のことを、火星人プラス + はうっとうしく思いながらも、どこか自分のことを気に入ってくれている金星人に心を開くでしょう。 天王星人との相性 どちらかというと似た者同士なのが天王星人と火星人プラス + です。 最初はフィーリングが合い、うまくいきますが、刺激には欠けます。 それが原因のひとつとなり、天王星人が火星人プラス + から離れていくことが多々あります。 火星人との相性 どちらも変わった考えの持ち主ですから、衝突するか、斬新な意見だとして理解する、取り入れる、そのどちらの選択をするかで関係性が大きく変わります。 相手を尊敬しているならあなたにとってプラスになりますが、相手に対して劣等感を覚えてしまったときは、早急に離れるのがベストです。 木星人との相性 家でゆっくりしていることを好む傾向にある木星人のことを、火星人プラス + は物足りなく感じるかもしれません。 しかし、火星人プラス + もじっくり自分の気持ちや日々の出来事に向き合う時間を大切にしています。 そのため、木星人のこともある程度理解できるでしょう。 木星人も、自分のペースで生活ができることに、安心できます。 水星人との相性 水星人は客観的に物事をとらえることが上手ですが、新しいことを積極的にはじめることがあまり得意ではありません。 そんなとき、火星人プラス + の斬新なアイディアを取り入れることで、よいものをつくることができます。 火星人プラス + の2018年の運勢 2018年は火星人プラス + にとってよい運勢である「立花」です。 近年まいてきた種が花を咲かせる、といえばイメージできると思いますが、2018年は努力が実るようなことが起きる1年となります。 2018年に選択したことは、今後の火星人プラス + の人生に大きく影響するでしょう。 そういわれると慎重になってしまうかもしれませんが、これまであなたが考えてきたこと、感じてきたことをベースに選んでいけば、間違えることはありません。 思いのまま、行動してください。 まとめ 火星人プラス + の基本性格や相性、運勢について紹介しました。 自信があるかと思えば不安で、家でひとり悶々としたりして、精神的に落ち着きにくいのが火星人プラス + の人の特徴です。 ですが、そんな繊細な火星人プラス + だからこそ、相手の気持ちにもよく気がつくことができるのです。 人から感謝されることで自信をつけていく火星人プラス +。 ほめてもらうことがうれしい、そう自分でよく理解しているのですから、火星人プラス + の人も、相手をたくさんほめてあげるようにしましょう。 うまくいかない相手もいると思いますが、その人のいいところをひとつでもいいからみつけてみつけてみてください。 そうすることで、さらに生きやすくなります。

次の