しょう いん しん 肥大 写真。 小陰唇や膣縮小などの婦人科形成治療

小陰唇縮小術

しょう いん しん 肥大 写真

ホルモンは、成人では、おもに代謝(たいしゃ)作用の調節を通して、からだの恒常性(こうじょうせい)を維持するためにはたらいています。 しかし、子どもでは各器官の形成とからだの成長・成熟のためにも重要なはたらきをします。 したがって、子どものホルモンの病気は、こうした「からだをつくる」過程の異常として現われることに大きな特徴があります。 胎児の性器はそのままだと女性型になっていきますが、正常な男子では、精巣(せいそう)から分泌(ぶんぴつ)される男性ホルモンによって、男性内性器(ないせいき)(この場合は精巣上体(せいそうじょうたい)と輸精管(ゆせいかん)をさします)が誘導され、男性外陰部が形成されていきます。 すなわち、陰嚢(いんのう)が形成され(女性の陰唇(いんしん)にあたるものが癒合(ゆごう)してできます)、腟(ちつ)が退縮し、陰茎(いんけい)(女性の陰核(いんかく)にあたるものが肥大)が形成されます。 もし、男性ホルモンがまったく分泌されないと、外陰部は完全女性型になります。 そうした病気には、先天性副腎皮質過形成症(せんてんせいふくじんひしつかけいせいしょう)の1つの病型(リポイド過形成症)があてはまります。 また、男性ホルモンは十分に分泌されても、受容体に異常があってホルモンの作用が発揮されない病気でも、まったく同様の性器の異常が現われます。 これを精巣女性化症候群(せいそうじょせいかしょうこうぐん)といいます。 精巣をもちながら、精巣からの男性ホルモンの分泌が量的に不足していた場合には、外陰部は小陰茎(しょういんけい)や二分陰嚢(にぶんいんのう)となり、男性化が不十分(男性仮性半陰陽(だんせいかせいはんいんよう))となります。 原因としては先天性の性腺機能不全(せいせんきのうふぜん)などが考えられます。 一方、女子でも、胎児期に男性ホルモンが過剰に分泌されると、外陰部が男性化します。 これを女性仮性半陰陽といいます。 その原因としてもっとも多いのは、21水酸化酵素欠損症(すいさんかこうそけっそんしょう)と呼ばれる、先天性副腎皮質過形成症の1つの病型です。 このように、胎児期からの性ホルモンの異常の病気は、生まれたときに外陰部の異常として見つけられることが多いのです。 背が伸びるのはおもに骨が成長するためですが、その骨の成長を支配しているのもホルモンです。 子どもの成長のどの時期にも欠かせないホルモンは、成長ホルモンと甲状腺(こうじょうせん)ホルモンで、どちらが欠けても背の伸びは悪くなり、成長障害を生じます。 成長障害とは、背の伸びる速さが異常に遅くなる場合(たとえば、小学校1年生で、1年間に3cmしか伸びない場合)と、低身長の場合(性別・年齢別にみた身長の基準値に比べて低い場合)の2つを合わせてそう呼びます。 成長障害をきたす病気を早期発見するためには、「成長がおかしいかな」と思ったら、成長曲線(せいちょうきょくせん)を描いてみることです。 に示したような標準成長曲線の図に、何歳何か月に何cmであったかを正確に点で記入していき、線でつないでみます。 標準成長曲線のいちばん下の線を下まわっていたり、伸びが悪くて横軸に平行になるようなら成長障害の疑いがあります。 小児内分泌科の専門医に診(み)てもらうことをお勧めします。 それが始まる年齢が早すぎる病気が思春期早発症(ししゅんきそうはつしょう)で、遅い場合は思春期遅発症(ちはつしょう)です。 さらに、いっこうに二次性徴が出現しないのは性腺機能低下症(せいせんきのうていかしょう)(「」)です。 思春期早発症では、二次性徴にともなって骨の成長と成熟が促進されますから、成長スパートが早く現われます。 したがって、成長曲線を描いてみると、早い時期から急に線が立ち上がることでも異常に気づかれます。 以上のように、子どものホルモンの病気は性分化の異常、成長や性発達の異常というように、正常の発達の過程からはずれることによって発症するものが多いのです。 いずれもゆっくりした経過をたどるため、なかなか異常に気づきにくいので、注意が必要です。 そのほか、子どものホルモンの病気のなかには、一般にはおとなの病気と思われていても子どもにもおこるものがあります。 糖尿病、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)(とくに思春期の女子に多い)、尿崩症(にょうほうしょう)(どの年齢でもみられる)などがそうです。 これらは、それぞれ特徴的な症状があるために早く発見されるはずです。 出典 家庭医学館について.

次の

小陰唇縮小術|婦人科形成なら湘南美容クリニック【公式】

しょう いん しん 肥大 写真

小陰唇縮小手術のギモン~手術ってこわい?! まず、小陰唇肥大とはどういう状態でしょう? 小陰唇は、生まれつきというよりも第二次性徴時に大きくなったり、ケガで腫れてそのまま大きくなってしまったり、年齢と共にたるんで伸びてしまうなどの影響で、肥大してしまうことがあります😯 人と比べることができない部分なので、自分は小陰唇肥大なのかどうなのかわからない人も多いです。 下着やジーンズを履くときに邪魔になったり、前から覗き込んだ時に大きく垂れて見えたり、自転車に乗るときや座ったときに挟まれるような違和感や痛みを感じたりすれば、小陰唇肥大かもしれません。 今回は、その解決方法である、小陰唇縮小手術についてのお話です。 小陰唇肥大手術とは 痛みや抜糸について 手術って聞いただけで、ほとんどの方はこわいっ😫て思ってしまうかもしれません。 でも、どんな手術でどれくらい痛くて、どんなふうに治っていくのか、前もってわかっていればそれほど怖がることはないんですよ😊 手術は、局所麻酔でおこないます。 小陰唇の切除する部分に直接注射するんです。 そして、この麻酔がとても痛いんです😢 ですので、当院では笑気麻酔(吸入麻酔)というものを併用することがほとんどです。 歯医者さんでお子様が注射する時に使用することが多い安全な麻酔で、吸うと、ポーーーっと、酔っぱらったような感じになるんです。 酔った人が怪我しても痛くないのと同じように、この麻酔をすると痛みを感じにくくなります。 でも、目は覚めているので、完全に痛みがなくなるわけではないです。 ですから、「痛みを全く感じたくない」もしくは「痛くなくても手術中は眠っていたい」、そういう方には、静脈麻酔で眠っていただくこともできますから、ご安心ください💤 手術では、通常のメスと、高周波メスを使用します。 何を使って切るんですか?っと、よく質問されるのですが、私は必ずメスを使用します。 なぜなら、それが一番、傷には優しく、後が残らないからです。 レーザーで切開してしまうと、熱で切開部分が痛んでしまうため、きれいに傷が治らないんです。 それどころか、傷が開いてしまうことも… 形成外科では、メス以外で切るなんてありえないです😫 表面をメスで切開した後は、高周波メスで止血しながら形を仕上げます。 そして、その後はひたすら細かーく縫って縫って縫って… そしてこれも、手軽な連続縫合ではなく、1つ1つ手間をかけて縫合します。 時間と根気をかけて… そして、このくらいになると、患者さんは元気におしゃべりされているか、スヤスヤお眠りになっている方も 糸は、自然にほどけてなくなっていく糸ですので、抜糸は必要ありません。 抜糸って、結構痛いですし。 抜糸の負担がない分、自然になくなってくれる糸の方が負担が少ないためおすすめです。 ただ、糸が残っているとツッパリ感やかゆみが気になることがありますので、その場合はいつでも抜糸できます。 手術が終わった後は、ほとんど痛みはありませんので、すぐに歩いてお帰りいただけます。 お元気な方は、せっかく銀座に来たついでにと、ショッピングを楽しまれていますよ🎵 小陰唇縮肥大の症状について知りたい方は😊 小陰唇縮肥大の術後が気になる方は😊 小陰唇縮小手術(小陰唇肥大・整形手術)ページは😊• 6つの安心• 1婦人科形成10年以上の経験、施術数5000件以上 婦人科形成手術を手掛けるようになった当初は、婦人科形成という手術自体が存在しませんでした。 そのためそれまでの経験を総合して手術を始め、10年以上が経ちました。 この圧倒的な経験値と施術数で、多くの方に安心して施術を受けていただいております。 2婦人科の豊富な知識 女性器は体の中でも特に神経や血管が豊富な部位です。 十分な解剖学的知識と経験がなければ、手術後に後遺症を残してしまうこともあります。 喜田直江院長は、婦人科医としての経験を持ち、安全で効果の高い施術をご提供できますのでご安心ください。 3形成外科の高い縫合技術 女性器は外から見えないからと傷跡を考慮しない医師も少なくありません。 しかし、形成外科は傷跡のプロです。 喜田直江院長は形成外科で経験を積んでおりますので、痛みの少ない麻酔の方法から、傷跡を目立たなくする切開・縫合の技術、最適な糸の選定などにより、傷跡を最大限きれいにすることができます。 4対応はすべて女性スタッフ デリケートな部位ですから、男性に話をするのは抵抗があると思います。 当院は、医師はもちろん看護師や受付もすべて女性です。 同じ女性同士だからこそ共感できることはたくさんあります。 安心してご相談ください。 5完全予約制でプライバシーには徹底配慮。 当院は完全予約制ですので、他のお客様とお会いすることがない体制をとっております。 待合室も個室になっており、プライバシーには徹底的に配慮しております。 6安心の保証制度 全ての施術で、施術後の再診はいつでも無料です。 また、万が一手術後に気になることがあった場合も、無料で治療ができる保証制度がございますのでご安心ください。

次の

小陰唇縮小術|婦人科形成なら湘南美容クリニック【公式】

しょう いん しん 肥大 写真

小陰唇 しょういんしん は、尿道や膣の入り口付近にある、女性器のふたの役目をしている部分です。 小陰唇の一般的な大きさは1cm位ですが、大陰唇から大きくはみ出していたり、ぶら下がっている場合は 小陰唇肥大症の可能性があります。 小陰唇が肥大していると、痛みを感じたりこすれて色が黒くなりやすいため、縮小手術の適応となります。 また、小陰唇が肥大していると、大陰唇と小陰唇の間に恥垢というアカがたまりやすく、悪臭の原因になることもあります。 用語解説:大陰唇と小陰唇を間違える方が時々いらっしゃいます。 小陰唇(しょういんしん)は医学用語で、陰核包皮から連続するように始まる、尿道口と膣口の両脇にあるヒダ状の部分のことをいいます。 小陰唇縮小手術は、局所麻酔で行う簡単な手術で、女性器(外陰部)の手術の中で最も多い手術です。 但し、美しく自然な形に仕上げるには、デザイン・切除・縫合に専門の技術を要するため、治療は産婦人科ではなく美容外科や形成外科で行われるのが一般的です。 実際に産婦人科で小陰唇縮小手術が行われることはほとんどありません。 外見上の問題のみならず、ジーンズをはいた時や、自転車に乗った時などに痛みがあるために、小陰唇縮小治療を受けに来られる方もたくさんいらっしゃいます。 小陰唇肥大の悩みは、小陰唇が大きくない方や異性に相談してもなかなか理解してもらえないものです。 当院では、今まで同じ悩みを持つたくさんの人々を治療してまいりました。 以下のような症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。 手術費用 (税別)• クリトリス包茎 4万円 (小陰唇縮小手術と同時に行う場合) クリトリス包茎を単独で行う場合は 6万円となります。 副ヒダ・副皮切除 6万円• 会陰部贅費切除 4万円 (小陰唇縮小手術と同時に行う場合) 会陰部贅皮切除を単独で行う場合は 6万円となります。 クリトリス真性包茎 陰核包皮とクリトリスがくっついて(癒着)ほとんどむけない状態。 クリトリス不感症の原因となります。 自覚症状の無い方も含めると、意外と多くの方に陰核包皮癒着を認めます。 痛みや悪臭の原因になることもあります。 この治療をすると劇的に性感がアップすることがあります。 <治療> 陰核包皮癒着剥離術のみ(包皮切除なしの場合)2万円 小陰唇縮小術や包皮切除と 同時に行う場合は1万円 キズ跡がデコボコになったりしませんか? 切除・縫合は形成外科の得意分野です。 ギザギザやデコボコにならないように、当院独自の特殊な方法で丁寧に縫合します。 よく、小陰唇は粘膜様組織なのでキズはわからなくなると言いますが、普通に縫うと糸の跡が残ってしまいます。 そのため、経験の浅い医師が執刀すると、小陰唇の断端がギザギザになってしまうことがあるのです。 AYCでは独自の新技術により、傷跡(縫合糸痕)は産婦人科医が見てもわからないレベルになりました。 手術から抜糸、術後経過に至るまで、20年以上の経験を持つ執刀医が責任を持って診察するため、より高度な医療が提供できるのです。 心配がある方は、当院と他院の違いの症例写真をお見せしますので、診察の際にお申し付けください。 もし、万が一傷や形が気になる場合は無料で修正いたしますが、その心配はありません。 AYCでは、 形と 仕上がりの美しさにこだわっています。 特に小陰唇は、女性の外性器のうち最も印象を左右する部分である為、形や傷の綺麗さには徹底的にこだわっております。 顔と違って見えない部分だからといって、手を抜くことはありません。 小陰唇は傷の治りが良い為、再診や通院の必要は無いと言う病院もありますが、当院ではできるだけ術後3ヵ月検診、1年検診までさせていただき、傷の治り具合や形などに異常が無いか診察させて頂いております。 (その際の診察料はいただいておりません) 皆様のご意見や感想をお聞かせいただき、診療方針に反映させていただくようにしているため、非常に高い満足度を得ております。 小陰唇肥大等の外性器のことでお悩みの方は、症例豊富な当院にどうぞお気軽にご相談ください。 小陰唇縮小やクリトリス包茎などの婦人科形成手術は自由診療となりますので、保険証や身分証明書などの提示は必要ありません。 本名で受診することに抵抗がある場合は仮名での受診も可能です。 また、待合室にいる他の患者様には診療内容が判らない様配慮しておりますのでご安心ください。 デリケートな部分でありますので、なるべく患部は診察医にしか見えないようにし、必要最小限のスタッフで対応するようにしています。 クリニック貸切プラン:30万円 (手術費用込み) 他の患者様と顔をあわせたくない方には貸切プランを用意しています。 小陰唇縮小・陰核包皮・副ヒダ切除・クリトリス包茎の治療費込みのプランです。 詳細はお問い合わせください。 月曜から土曜日の午前10時から午後7時までの間に 予約専用電話 03-3593-5223までお電話ください。 「婦人科の診察の予約をお願いします」あるいは 「小陰唇縮小したいのですが」と伝えていただければすぐにわかります。 通院回数を少なくしたい方は、カウンセリングと手術を同時にすることも可能ですが、なるべく、まずカウンセリングだけ受けることをおすすめします。 手術までお考えの方は、予約状況により、お電話頂いてから1ヵ月程度お待ちいただく場合がありますのでお早めにご予約ください。 お急ぎの方は、キャンセル待ちも受付ておりますので予約時にお伝えください。

次の