ま ど マギ セリフ。 まどマギ3【設定示唆・セリフ・直撃・終了画面】解析

まどかマギカ2(まどマギ2) ボーナス終了画面セリフ示唆まとめ|液晶タッチ時の設定示唆 振り分け

ま ど マギ セリフ

概要 週刊少年サンデーに連載の「」の登場人物。 CV: プロフィール 出身地 バルバッド王国 立場 バルバッド王国元第三王子 年齢 22歳 初登場時は16歳 身長 168cm 体重 64kg 家族構成 異母兄2人 特技 王宮剣術 趣味 商売 好きな食べ物 パパゴラス鳥の丸焼き 嫌いな食べ物 無し 好きなタイプ 彼女になった子(彼女が出来たことは無い) 嫌いなタイプ 屈強すぎるNO. 1ホステス 好きな休日の過ごし方 シンドバッドの自叙伝を読む,自叙伝を書く 悩みごと バルバッドのこと 弱点 太りやすい 人物 迷宮(ダンジョン)攻略を目指し、一攫千金を夢見ていた少年。 登場当初、の乗っていた荷車の運転手をしていたものの、魔物に襲われ退治するために積み荷の葡萄酒を全て捨ててしまい、莫大な借金を背負う。 アラジンが見せた力は利用できると踏んで、それを切っ掛けに前から抱いていた迷宮攻略を決意。 第7の迷宮『 』を攻略し、財宝と共にジンの金属器を手に入れた。 迷宮攻略の末にアラジンとは友情を育み友達となるが、脱出の際に離れ離れになってしまう。 その後、迷宮攻略によって得た財宝のほとんどを費やしての支配下にあった奴隷解放(なお、この奴隷解放の際に、も助けたため、彼女からは恩人として慕われている。 )と今後の生活の保障をし、彼らに伝言を託して単身で故郷へと旅立った。 安定した職も身分も無いただの放浪少年のようだが、今では南方の少数民族しか用いないとされる難解なトラン語を解読出来たり、身分ある者が指導によって身につける王宮剣術をこなしている。 無垢なアラジンに財産や要領の重要性を語ってみせていたが、その実は困っている人を見捨て切れない優しさを持つ人徳者であり、そこをアラジンに気に入られる。 ただし、 モテない。 まだ若い身であるものの、様々な場所で出会った、彼を慕う仲間は徐々に増えており、人望は厚い。 に伴われ、に食客として迎え入れられた後は、彼の命でシンドリアの一人でもあるの弟子となり、剣術を磨いた。 後に旅立ちの際には、海上で出会った大聖母率いる海賊団の少年少女を解放。 その身柄をシンドリアへ託し、その後、アラジン達とは別れ、己の中の魔力操作の腕を磨き、を完成させるため、へと向かう。 そこで魔力操作の一族の剣闘士に弟子入りし、下記の新たな力を得ている。 実際のところ、この段階では 運命 物理 に阻まれ恋人こそできなかったものの、人気剣闘士として美少女と言って良いレベルに絞ってもかなりのファンに囲まれていた。 その後も、モルジアナに求婚されたと勘違いして求婚し返してふられて発狂など、 モテないエピソードは繰り返されていたものの、マギ本編314夜でようやく… 両耳に青緑色のピアスを付けているのだが、バルバッド編以降、カシムの形見である赤いピアスが二つ程片耳に増えている。 何故かハニワの様な外見になり、同じく暗黒大陸に飛ばされたと共に 暗黒大陸から帰還したが、すでに世界は3年の年月が経過しており から現在の世界の事を聞かされ、新たな旅の始まりとなった 過去 その出生は、スラム出身でありながら、実は確かな血を引く バルバッド王国第3王子。 母親のアニスは王宮に仕える下女であったが、先王の御手付きとなった以降スラムで娼婦となり、アリババはそこで育てられた。 同じスラムに暮らしていた・マリアム兄妹とは、アリババの母親が引き取ったこともあって、実の兄弟のように育った。 母親の病死後、出来の悪い他の王子たちを見てバルバッド王国の行く末を憂えた先王により王宮に連れ戻されて高度な教育を受けたが、その後、カシムら「霧の団」の宝物庫襲撃事件が原因でバルバッド王国を出奔した。 そして、上記のように、アラジンと出会う。 魔装 金属器は腰に刺した剣。 当初はアリババが初めて商売の交渉で手に入れたナイフだったが、戦いの中でナイフを破壊された後は、から託された、かつてシンドバッドがバルバット王……アリババの父親より賜った「バルバッド王家に伝わる宝剣」へと変わっている。 その剣は、時には元の剣から大きく姿形を変えた大剣となり、剣を持つ両手は赤黒く脈打ち、変色する。 コツが掴めないのか、アリババ自身の魔力(マゴイ)の不具合もあって、全身魔装は長く不可能となっていた。 しかし、シンドバッドの助言でへと赴き、シャンバルの元で魔力操作の修行を積むことで魔力の不調を克服、全身魔装を可能とする。 全身魔装時は、強化され筋骨隆々とした上半身が目立つ体を赤く燃え上がらせ、結った長髪をたなびかせ、炎を模した羽衣が両足に巻きついているなど、非常にパワフル。 しかし、全身魔装お披露目と同時に、いざ極大魔法をお披露目しようとしたら、まさかのに出番を横取りされて武器を構えたまま不発。 初発を打ちそびれてしまった。 ちなみに原作カラーだと魔装時には赤髪と見えなくもない色使いがされている。 しかし、常時炎をまとうという特性上、「変身すると髪が赤くなる」のか「炎の照り返しで赤くなっている」のかは曖昧であった。 このためpixivに投稿される画像でも一時期半々程度であったが、アニメやゲームで金髪扱いされたため、現在そちらが主流である。 しかし、アニメもゲームも一通り終了し、原作も最終盤になってから「 変身すると髪が赤くなる」のが正しいと作者が宣言。 投稿された殆どの画像が間違っている大惨事が生じてしまった ジン アモン アリババとアラジンが挑戦した 第7迷宮深部に広がる地下都市で出会ったジン。 礼節と厳格の精霊。 髭を蓄えた筋骨隆々で威圧感のある老人の姿で現れ、 炎を操る力を持つ。 アリババが持つ剣を金属器として、その身を宿す。 厳格そうな姿をしているものの、その性分はややお茶目であり、時には、主であるはずのアリババにすら、鼻で笑う様な素振りを見せる。 ちなみに初対面時には、アリババを一目見た瞬間、失笑を零していた。 その理由は不明だが……。 アリババがザガンへ赴いた際には、「浮気者」と駄々を捏ね、モルジアナの装飾品が「眷属器」として目覚める際にはジョーク(?)を零していた。 眷属には、翼をモチーフをするものが多いように見える。 眷属 のハンティングアクション『』にて、「 アモンの剣」という名称で登場。 形状は魔装時の大剣を模したものとなっている。 カテゴリーはもちろんである。 関連イラスト.

次の

『マギ』名言ランキング(投票)~心に残る言葉の力~

ま ど マギ セリフ

出典: 白龍の言葉に笑顔を見せるモルジアナ 13巻で白龍がモルジアナに言ったセリフである。 白龍とモルジアナは、シンドリア王国の海辺で家族についての話をしていた。 もっとも、その事実は『組織』と繋がる『ある者たち』により完全に歴史から消され、俺の姉すら知りません。 」と、語る。 『組織』とは、世界を闇に陥れようとするアル・サーメンのことである。 アル・サーメンは、カシムや、マグノシュタットによって滅ぼされたムスタシム王国の王女であるドゥニヤのように運命を恨むものたちに『闇の金属器』を渡す。 」と、語った。 その後、白龍がモルジアナの家族について聞くと、モルジアナは「いません。 私には、家族がいません。 」と話す。 白龍が「ど、奴隷狩り?まさか、民族全てが奴隷にされるなどありえない。 」と驚くが、モルジアナは「東方の国には伝わってないかもしれませんが、『ファナリス』はそういう民族なんです。 」と返した。 白龍は、モルジアナが奴隷であったという事実に衝撃を受ける。 このセリフは家族に会ったことが一度もないモルジアナに対して白龍が言った言葉で、モルジアナを元気付けようとする白龍の優しさが込められた名台詞である。 その後、モルジアナのにこやかな笑顔で「ありがとうございます。 」という言葉を聞いた白龍は、モルジアナに対して恋に落ちた。 (シンドリア王国)シンドバッドの名言・名セリフ よし。 ならば、俺は俺の持てる力のすべてをお前たちに貸そう。 何が来ようが、俺が倒してやる。 国から追われようものなら、俺の国で国民として受け入れてやる!世界はまだ、理不尽さで溢れている。 それと戦う者たちを受け入れる。 そのために、俺は国を作ったのだからな。 出典: 5巻でシンドバッドがバルバットのスラム街の人たちに言ったセリフである。 バルバットのスラム街では今、未曾有の貧困が襲っていた。 原因は、バルバットの王であるアブマド・サールジャをはじめとした貴族たちが、国民のことを考えずに贅沢や無駄使いの日々に明け暮れたためである。 もう一つ、バルバットは近年力を増している軍事国家である煌帝国の紙幣である「煌(ファン)」を使っているが、煌の価値を決めるのは煌帝国のため、経済を煌帝国の煌に依存しているバルバットは知らず知らずのうちに経済的に打撃を受けていた。 しかも、煌帝国から煌を借りるためには利子がついてきて、いつの間にかバルバットが煌帝国に対する借金はとんでもない額に膨れ上がっていた。 貧困やスラム街に蔓延した病によって家族を亡くし、アブマドを憎むものがスラム街には大勢現れる。 そして、その人たちで結成された「霧の団」という義賊がバルバットで暴れまわっていた。 バルバットが大混乱に満ちているのは、アブマドの徹底的に市民を排除した政策と、「霧の団」のよる扇動が原因だ。 シンドバッドは海に囲まれたシンドリア王国の国王で、アブマドによって止められた船舶貿易を再開させるためにバルバットにやってきた。 ところが、アブマドは国内の問題で手一杯だから貿易を再開させるのは無理だと突っぱねる。 その言葉を聞いたシンドバッドとその部下であるジャーファルとマスルールは、「霧の団」を退治することをアブマドに誓う。 ところが、シンドバッドは「霧の団」やバルバットの国民が抱える苦しみを知り、バルバットの国民に協力するようになる。 このセリフは、傷ついているバルバットの国民を受け入れようとする、一国の王としての優しさや器の大きさが現れている名台詞である。 出典: ジャーファルはシンドバッドの部下で、面倒見のよい性格をしている。 一方で、シンドリアやシンドバッドに仇を成すものに対しては非情な一面を見せる。 ジャーファルはシンドバッドの部下であり、シンドリア王国の八人将のうちの一人である。 八人将とは、シンドバッドに忠誠を誓った8人の戦士たちのことで、それぞれが卓越した能力を持っている。 シンドバットはシンドリアで行われた宴の席で、自分に好意を持つ練紅玉に話しかける。 紅玉はもともとはバルバットの元王子であるアブマド・サールジャの婚約者であったが、バルバットが共和制となった革命によって縁談が破棄となったため、煌帝国に帰れずにいた。 紅玉自身は縁談が無くなってホッとしていたが、縁談は煌帝国が打ち出した政策の一つであったため、それが失敗して立場を無くしているのだ。 あなたとは、出会い方や立場は決して友好的なものではなかった。 しかし今は、こうして手を取り合うことができますね。 」と、語りかける。 様子を見ていたジャーファルは、「悪い人ですね、あなたは。 この国のために、一体どれほどの『力』を集めるおつもりですか?」と声をかける。 すると、シンドバッドは「そう言うなよ。 取れる札はすべて取るさ。 彼女は『迷宮攻略者』であり、煌帝国皇女だ。 何も知らず、世界をかけまわっていた頃のことを。 」と、返した。 このセリフはそんなシンドバッドの背中を押したジャーファルの言葉で、国や世界を良くしようとするシンドバッドの覚悟を知っているからこそ前へと進む事を促した名台詞である。 出典: 12巻でヤムライハがアル・サーメンの一人に言ったセリフである。 アラジンたちは、シンドバッドの命を受けてザガンという名前の「迷宮」の攻略を目指すが、外にはアル・サーメンのメンバーが待ち受けていた。 アル・サーメンとは、世界を闇に陥れようとする謎の組織だ。 彼らは、アラジンたちが迷宮を攻略して金属器を手に入れたところに襲いかかり、金属器を奪う算段だったのだ。 アラジンたちはアル・サーメンによって倒されるが、そこにシンドリア王国からヤムライハ、シャルルカン、マスルールがアラジン達を助けに来た。 彼らはそれぞれアラジン、アリババ、モルジアナの師匠でもある。 ヤムライハはシンドリアに貢献する魔導師であり、シンドバッドが信頼を置く程の実力を持った部下である八人将の一人だ。 通常、魔導師は『金属器』が持つ攻撃力には遠く及ばないとされているが、ヤムライハは世界でただ一つの魔力を貯める装置を開発し、装置に溜まっていた膨大な魔力を解放させて凄まじい威力の魔法を放った。 このセリフはアル・サーメンの一人を倒した後にヤムライハが言った言葉で、魔導師としての威厳や不敵さ、頼もしさが現れた名台詞である。 出典: 画面左にいるシャルルカンはアリババの師匠だ。 死ぬほどなァ!!! 11巻でシンドバッドの部下であり、アリババの師匠であるシャルルカンがアル・サーメンの三人に向かっていったセリフである。 シンドバットの命を受けて、アラジン、アリババ、モルジアナ、白龍の4人は「迷宮」の一つであるザガンを攻略するために向かっていった。 結果、無事「迷宮」をクリアし、ザガンの金属器は白龍が手に入れることとなったが、迷宮の外には金属器を奪うために待ち伏せしていたアル・サーメンの組織のものが三人いた。 アル・サーメンとは世界を暗黒に陥れようとする謎の組織で、カシムを始めとした運命を恨む人たちに対して『闇の金属器』を配っている。 迷宮攻略で疲れ果てていたところにアル・サーメンの攻撃を受けたアラジンたちは、再起不能の状態となる。 アル・サーメンの組織の人たちがアラジンたちに止めを刺そうとした所にシンドバットが信頼する八人将の内の三人であるシャルルカン、ヤムライハ、マスルールが助太刀にやってきた。 三人はそれぞれアリババ、アラジン、モルジアナの師匠でもある。 このセリフは、弟子を傷付けられたことで怒るシャルルカンの正義感や八人将の一人としての頼もしさが現れた名台詞である。 出典: 15巻で煌帝国の武人であり第一皇子である練紅炎が、同じ練家の一員である白瑛や白龍に言ったセリフである。 ある日、紅炎は書物庫で巻物を読んでいた。 」と、白瑛が話しかけてくる。 紅炎は「自分でもそう思う。 」と返事をしつつ、白瑛や白龍にこの世界のことについて話し始めた。 この世界には迷宮の中のほか、一部の部族のみで使われている『トラン語』という言語があるが、基本的には言語は統一されていた。 紅炎はそれは何故かと考えた時、言語を一つに統一することで、通じ合えない苦しみや余計な争いを生み出さないためだと推察した。 このセリフは、ただ一人の王が世界を統一することで争いのない平和な世界を作ろうとしている紅炎が、白瑛たちに協力を頼み込んでいる言葉で、白瑛たちに対する信頼の情が現れた名台詞である。 (煌帝国)練紅明の名言・名セリフ.

次の

まどマギAタイプ 設定判別ツール・終了画面セリフ・設定差まとめ

ま ど マギ セリフ

見た目は可愛らしい小動物のようですが、地球の生き物ではなく、地球から遠く離れた星からやってきた異星人で、その姿はキュゥべえと契約した魔法少女か、その素質がある少女たちにしか見えません。 素質がある少女に魔法少女の力を与える能力に合わせ、人間との会話もそつなくこなすほどの知能を持ち、会話にはテレパシーを使います。 ちなみに、キュウベエ キュウベェやその他沢山の表記がされていますが、正しくは、  「キュゥべえ」  です。 一見可愛らしくも不気味な雰囲気を漂わせるキュゥべえの活躍、名シーンなどをまとめていきます! キュゥべえの名セリフ・名シーン 僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ 出典: キュゥべえを語りにはやはりこの言葉無くしては語れませんね! キュゥべえが素質がある少女に契約を持ちかける度に使う彼の名セリフ。 言葉巧みに契約させようとするその精神は、営業マンもびっくりです! 僕は、君たちの願いごとをなんでもひとつ叶えてあげる なんだってかまわない。 どんな奇跡だって起こしてあげられるよ 出典: 少女たちの願いを叶えて魔法少女にするためのセールストーク。 そのパターンは様々で、言葉巧みに少女の心を動かします。 願いから産まれるのが魔法少女だとすれば、魔女は呪いから産まれた存在なんだ 出典: 魔法少女と魔女について説明するキュゥべえ。 この時点では、へぇ、そうなんだ。 といった感じですね。 二人とも! 今すぐ僕と契約を!まどか!さやか!願い事を決めるんだ、早く! 出典: マミさんが殺されて しまい 、  ここぞとばかりに契約をするように催促するキュゥべえ! 絶望的な状況を上手く使った契約への巧みな誘導! お別れだね。 僕はまた、僕との契約を必要としてる子を探しに行かないと。 短い間だったけど、ありがとう。 一緒にいて楽しかったよ、まどか 出典: ダメだと思ったら、意外と潔く引く! しかし彼はまだ諦めていない……。 この国では、成長途中の女性のことを、少女って呼ぶんだろう?だったら、やがて魔女になる君たちのことは、魔法少女と呼ぶべきだよね。 出典: ここでついにキュゥべえから驚愕の真実が!! 魔女は、 (魔法少女が生み出す)呪いから生まれた存在だった! この宇宙のために死んでくれる気になったら、いつでも声をかけて。 待ってるからね 出典: ついに本性を表すキュゥべえ! 親友さやかの死とキュゥべえの本性を知ったまどかに、キュゥべえはインキュベーターとしての役割と、宇宙の摂理について長々と説く。 訳が分からないよ。 どうして人間はそんなに、魂の在処にこだわるんだい? 「はあ・・・まどか、そっちはさやかじゃなくて、ただの抜け殻なんだって」 「さやかはさっき、君が投げて捨てちゃったじゃないか」 「ただの人間と同じ、壊れやすい身体のままで、魔女と戦ってくれなんて、とてもお願い出来ないよ」 「君たち魔法少女にとって、元の身体なんていうのは、外付けのハードウェアでしかないんだ」 「君たちの本体としての魂には、魔力をより効率よく運用できる、コンパクトで、安全な姿が与えられているんだ」 「魔法少女との契約を取り結ぶ、僕の役目はね。 君たちの魂を抜き取って、ソウルジェムに変える事なのさ」 「むしろ便利だろう?」 「心臓が破れても、ありったけの血を抜かれても、その身体は魔力で修理すれば、すぐまた動くようになる」 「ソウルジェムさえ砕かれない限り、君たちは無敵だよ」 「弱点だらけの人体よりも、余程戦いでは有利じゃないか」 「君たちはいつもそうだね。 事実をありのままに伝えると、決まって同じ反応をする」 出典: 僕と契約して、魔法少女になってよ!と並ぶキュゥべえの名言!有名なのは「 訳が分からないよ。 」の部分。 これについては、そこに至るまでの過程を少し詳しく説明していきたいと思います。 さやかと杏子の決闘を止めさせようと、まどかはさやかのソウルジェムを歩道橋の上から投げ捨てる。 これでさやかの変身を止めさせられると思いきや、さやかは突然倒れてしまった。 杏子が駆け寄りさやかの体を確認すると、既に息が無い。 焦る二人を横目に暁美ほむらはさやかのソウルジェムを急いで拾いに行く。 無事にソウルジェムを取り戻し、さやかの手に戻すと、何とさやかは息を吹き返した。 どういう事だとキュゥべえに迫る! と魔法少女になった時既に、 本体はソウルジェムに移動していたと言う事実を知らされる。 自分の体は唯の入れ物とされてしまったことに怒りを表す魔法少女たちに、(そこまで拘る)訳が分からないと放ちます。 君は、本当に神になるつもりかい? 出典: 最終話。 ついに魔法少女になることを決心する鹿目まどか。 しかしその願いは 「 全ての魔女を、生まれる前に消し去りたい。 全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で 」と言うあまりに大それたものだった。 これには流石のキュゥべえも困惑し、因果律そのもに対する反逆だ!言う。 しかし、暁美ほむらが旅した時間軸の因果を全て収束したまどかは、その願いを見事叶えてしまう。 Twitterの反応 出典:.

次の