武田薬品 投資。 武田薬品工業 (4502) : 個人投資家の株価予想 [TPC]

借金まみれの武田薬品工業を投資家はどう見ればよいか?

武田薬品 投資

国内5大医薬品メーカーとは [4502]武田薬品工業をはじめとし、• (旧:山之内製薬、国内18位)• 第一三共(国内20位)• 大塚ホールディングス(大塚製薬・アース製薬ほか、国内21位)• エーザイ(国内29位) を加えた5社が「国内5大医薬品メーカー」とされています。 国内の製薬業者のランキング [4502]武田薬品工業の国内ランキングを売上高で確認してみます。 国内2位の、国内3位の 第一三共に差をつけ、武田は堂々の 第1位となっています。 地域別の売上高・比率 [4502]武田薬品工業の地域別の売上比率です。 アメリカ、日本、ヨーロッパ・カナダで8割以上の売上を上げていることがわかります。 地域 売上高(億円) アメリカ 8289 日本 5710 欧州・カナダ 4056 アジア 1054 中南米 881 ロシア 597 その他 383 タケダ・エグゼクティブ・チームとは [4502]武田薬品工業では、取締役会とは別に タケダ・エグゼクティブ・チームと呼ばれるグローバルチームを編成し、 世界中でビジネスユニットを統括する体制を整えています。 タケダ・エグゼクティブ・チーム(TET)は、社長CEOであるクリストフ・ウェバーと、社長CEOへの レポートラインを有するメンバーから構成され、各メンバーは、タケダグループの経理・財務、人事、法務、広報、研究開発、製造・品質の各機能ならびに日本、米国、欧州・カナダ、新興国の各販売地域およびオンコロジー、ワクチンの各専門領域のビジネスユニットを統括しています。 (IRレポートより引用) [4502]武田薬品工業 株価 ( 2020/07/11時点) [4502]武田薬品工業の 株価は、 3670円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約36.7万円です。 1年チャート 5年チャート [4502]武田薬品工業 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [4502]武田薬品工業の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/11時点) 配当金 [4502]武田薬品工業の 1株当たりの配当金は、 180円です。 100株保有の場合、 年間18000円の配当金が支払われます。 配当利回り [4502]武田薬品工業の 配当利回りは、 4.9%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 4. 79685= 3. 9% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [4502]武田薬品工業の 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [4502]武田薬品工業の 配当性向は、 467%です。 [4502]武田薬品工業 配当金まとめ 株価 3670円 年間配当 180円 最低購入額(100株) 約36.7万円 年間配当(100株) 18000円 利回り(税引き前) 4.9% 実質利回り(税引き後) 3.9% ( 2020/07/11時点) [4502]武田薬品工業 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [4502]武田薬品工業の 配当金支払い実績です。 毎年一定の 180円の配当を出しています。 配当方針が極めて明快です。 配当利回りの推移 [4502]武田薬品工業の 配当利回りの推移です。 利回りは 3~4%台で推移しています。 株価・配当ともに安定的で、利回り自体もあまり大きく変動していない印象を受けます。 配当性向の推移 [4502]武田薬品工業の 配当性向の推移です。 配当性向は、 非常に大きい範囲で変動しています。 「配当金自体を一定にする」という配当方針であるため、その年の1株あたり利益に対し比例した配当性向となります。 [4502]武田薬品工業 業績 売上高 [4502]武田薬品工業の 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [4502]武田薬品工業の 営業利益です。 (単位:百万円) 税引き前利益 [4502]武田薬品工業の 税引き前利益です。 (単位:百万円) 純利益 [4502]武田薬品工業の 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [4502]武田薬品工業は、安定的な配当が魅力の銘柄です。 調べてみると、配当性向は100%を超えることもあり、業績面では案外安定的でないことが分かりました。 製薬はディフェンシブ銘柄に思われがちですが、外資との競争などの不安要素もあり、注視が必要と思われます。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

借金まみれの武田薬品工業を投資家はどう見ればよいか?

武田薬品 投資

武田薬品工業グループは、主に医薬品事業を展開する。 【事業内容】同社は、日本及びその他の地域において医薬品、一般用医薬品、医薬部外品及びその他のヘルスケア製品の研究開発、製造、販売を行う。 研究・開発機能については、「オンコロジー がん 」、「消化器系疾患」、「希少疾患」、「ニューロサイエンス 神経精神疾患 」の4つの疾患領域と「血漿分画製剤」及び「ワクチン」の2つのビジネスユニットに研究開発分野を絞り込み、主に日本と米国に配置した研究開発拠点において、パイプラインを強化するため研究開発を行う。 国内の製薬業界を牽引する武田薬品ですが、日本国内の売り上げはおよそ18%しかありません。 半分が米国市場の売り上げとなっていて、グローバル企業の側面を兼ね備えています。 売上高の高い製品(薬価ベース) 【2018年医療用医薬品売上高トップ20】 引用: 上の表は2018年の医療用医薬品の売上高トップ20です。 武田薬品の薬はアジルバ(708億円)、タケキャブ(580億円)の2製品がランクインしています。 こちらの薬は薬剤師としても医療現場でよく見かける薬で、ドクター、患者さんからの評価もまずまず高い医薬品ではないでしょうか。 特にタケキャブはピロリ菌除菌の併用療法でも使われ、除菌率の向上につながっています。 ただし国内首位の製薬メーカーの割にランクインしているのが、8位と11位の2製品だけですので、少し寂しいところです。 パイプライン 続いてパイプラインです。 アイルランド製薬大手のシャイアー社を買収したことにより、オンコロジー領域に強みを見出しています。 しかし、この買収はほぼ同規模の会社を合併したことにより、武田の財務力としてはリスクと隣り合わせになっています。 利益にも非常に影響が出ていますので、詳しくは後述します。 また、これは新薬メーカーの企業全般に言えることですが、新薬開発の ビジネスモデルの最大の欠点が主力薬の特許切れです。 薬の利益率は非常に高いものの、利益をあげても次から次へと新製品開発へ再投資しなくては生き残ることはできないのです。 武田としては、オンコロジー領域を中心になんとか活路を見出したいと考えているのではないでしょうか。 事業規模• 時価総額:69,659億円• 従業員数:連結 49,578名 単 5,291名• 設立:1925年• 上場:1949年• 平均年収:1094万円 事業規模としてはおよそ7兆円を誇る大型株となります。 古くは医薬品の卸会社として1700年代から続いている老舗企業です。 第1回の銘柄分析のブリヂストンと比べると、時価総額の割に従業員数が少なく、平均年収も高くなっています。 (ブリヂストンは730万) 武田薬品工業の業績通信簿 ここからは武田薬品工業の業績をみていきたいと思います。 前回同様、5段階評価(1〜5)の通信簿形式です。 指標としては、売上高、当期利益、ROE、ROA、EPS、自己資本比率から考察していきたいと思います。 各指標の右側の数字が評価値となっています。 売上高【3】 売上高は少しデコボコしていますが、買収の効果もあり右肩上がりとなっています。 業績予測でも大幅増収の見込みとなっています。 当期利益【1】 当期利益はデコボコして非常に不安定な状態となっています。 また近年も買収の影響があり、利益を増やせていません。 業績予測でも減益の予想となっています。 投資対象としては持続的に利益を残せる企業とは言い難い状態となっています。 ROE【1】 【ROEの推移(%)】• PER 連 :38. 3倍 EPSにバラツキがあるためかPERが比較的高い状態になっています。 割高か割安かは一概に判断できません。 チャート 5年間のチャートは右肩下がりとなっています。 長期投資としては我慢が必要な銘柄になるかもしれません。 株主への還元は? 続いて株主への還元をみてみましょう。 配当利回り 配当利回りは4. 過去5年で見てみると増配もありませんが、減配もありませんでした。 高配当銘柄ではあるかもしれません。 株主優待 武田薬品工業は現状では株主優待はありませんでした。 総評【1. 5】〜大型買収が今後に与える影響を予測できない〜 武田薬品工業への長期投資はアリかをまとめてみました。 総評【1. 5】 売上高は伸びているが、大型買収によって利益が取れていないため長期投資としては見送らざるを得ない。 現状では有利子負債が大きいため、市場環境によって業績が左右されやすい可能性がある。 一方で高配当銘柄であるため、配当メインで長く持つ場合は、要検討か。 ということで今回は見送りという残念な結果となりましたが、 これはバフェットが求めるような長期投資銘柄かどうかの観点から見てみました。 短期での投資や求めるものが異なれば投資対象となり得るので、是非参考の一つにしてもらえると幸いです。。 尚、全ての投資は自己責任ですので、くれぐれもご自身でも銘柄分析を行ってみてください。 今回は以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 オススメの証券会社についても記事にしていますので是非ご覧ください。

次の

[4502]武田薬品工業の株価・配当金・利回り

武田薬品 投資

こんにちは、モチタケです。 元大手金融機関勤務で、個人~上場企業の資産管理・経営管理を仕事にしつつ、自己資金でも株式・債券・投資信託・FX・仮想通貨などに投資をしています。 本記事シリーズ「株式投資の銘柄分析」では、上場企業・個別銘柄の株価推移、株主優待、配当利回り、今後の予想見通しなどの分析情報をまとめて配信しています。 当ブログでは株式の長期保有により短期的な価格変動のリスクを回避しつつ、株主優待や配当金で長期安定的なリターンを得る投資戦略をおすすめしています。 長期投資でリターンを得るためにはその企業の事業内容や将来性をよく理解して、購入後も株主優待や継続した配当収入が期待できる銘柄を狙いましょう。 また、他の銘柄の分析記事については、にまとめてありますので、あわせてご覧ください。 武田薬品工業の株主優待と配当金権利確定日【長期株価推移と配当利回りまとめ】 まずは武田薬品工業の株価の推移と、株を購入した場合の利益の目安となる株主総利回りを見てみましょう。 株価については、単純な年度末の終値と、長期投資の際に参考になる配当込の終値をグラフ化しています。 また、株主総利回りは当初の株価を基準として、各年度に【配当+株価上昇】でどれだけの収益が得られるかを率にしたものです。 <武田薬品工業の株価推移(配当込)と株主総利回り> 武田薬品工業の直近の株価と買付情報は以下の通りです。 購入は100株単位になりますので、武田薬品工業の株式の購入には現時点で約31万円が必要です。 <武田薬品工業の直近の株価と買付情報> 上場市場 東証第一部 証券コード 4502 業種 医薬品 株価 3,105 円 単元株数 100 株 最低買付価格 310,500 円 2020年3月13日時点 武田薬品工業の株価と買い時【PERとPBRの推移チャート】 武田薬品工業の株価が割安か割高かの判定に役立つ、PERとPBRの推移をグラフにまとめました。 <武田薬品工業のPER・PBRの推移> PERとは株価収益率(Price Earnings Ratio のことをいい、株価が一株当たり利益の何倍になっているかを表しています。 また、PBRとは株価純資産倍率(Price Book-value Ratio のことをいい、株価が一株当たり純資産額の何倍になっているかを表しています。 このPERやPBRをいろいろな銘柄と比較することで、その銘柄の株価が割安か割高か判断することができます。 4 倍 PBR 0. 9 倍 2020年3月13日時点 <武田薬品工業のPER、PBRの比較> PER PBR 大型株平均(加重平均) 13. 3 1. 1 20年2月末時点 医薬品 業界平均 29. 5 2. 1 20年2月末時点 武田薬品工業 27. 4 0. 9 配当金の権利確定日と配当利回り推移【いつ、いくら貰える?】 武田薬品工業の配当金利回りは以下のようになっています。 00 90. 00 90. 00 90. 00 90. 00 期末配当 90. 00 90. 00 90. 00 90. 00 90. 00 配当金 合計 180. 00 180. 00 180. 00 180. 00 180. 00 配当利回り 5. 20 335. 48 138. 73 239. 47 91. 76 配当性向 単体 233. 37 102. 26 147. 15 239. 35 113. 50 配当性向 連結 -97. 武田薬品工業の株主優待の内容と権利確定日【いつ、何が貰える?】 武田薬品工業では2019年時点で株主優待は行っていません。 今後の情報に期待しましょう。 参考情報: 証券会社の口座開設で軍資金を稼ぐ【ポイントサイトを経由するだけ】 証券会社の口座開設はポイントサイトを経由して行うと、簡単に1000円以上のお金が稼げるのをご存じですか?証券会社の口座開設を考えていた方や、投資の軍資金が不足している方はポイントサイト経由で証券会社の口座開設をして、投資資金の足しにすると良いと思います。 私もポイントサイト経由の口座開設で1万円ほどを稼いで、すぐにポートフォリオに投下しました。 ネットで検索するとポイントサイトはたくさん出てきますが、ポイント還元率や案件数からみて「モッピー」の一人勝ち状態になっています。 <ポイントサイトごとの証券口座開設で稼げる金額> モッピー げん玉 ちょびリッチ SBI証券 4000円 4000円 100円 マネックス証券 5000円 5000円 5000円 松井証券 500円 228円 200円 口座開設で投資の軍資金を稼ぎたい方はどうぞ。 利用は完全無料です。 ポイントサイト「モッピー」の使い方は別記事で解説していますのでよろしければどうぞ。 モッピーはネットショッピングでもポイントがかなり貯まるので、買い物のときは使わないと損です。 ポイントサイト経由の口座開設で軍資金を稼ぐなら、株式売買手数料が格安のSBI証券と、IPO案件に強みがあるマネックス証券の口座開設が優先順位No. 1、No. 2になります。 この2社は報酬単価がそれぞれ4000円と5000円と高額なので、報酬目的だけでも口座開設する価値ありです。 口座開設はもちろん無料です。 武田薬品工業は創業1781年、設立1925年の歴史ある製薬メーカーで、国内では売上首位、世界では売上16位の位置にいます。 2014年にイギリスの製薬メーカー、グラクソスミスクライン幹部であったクリストフ・ウェバーを社長兼CEOとして迎え、2018年にはアイルランドの製薬大手シャイアーを約7兆円で買収するなど、会社の転換期を迎えています。 takeda. 安定した利益を出している企業は株価が上がりやすく、配当金を出す余力も多く持っています。 また、自己資本比率が高い企業は不況になっても倒産リスクが低いのでせっかく購入した株が、倒産により紙切れになってしまうリスクも低いです。 直近3事業年度の業績 武田薬品工業の直近3事業年度の業績は以下の通りです。 決算期 17年3月期 18年3月期 19年3月期 会計基準 IFRS基準 IFRS基準 IFRS基準 売上高(百万円) 1,732,051 1,770,531 2,097,224 営業利益(百万円) 155,867 241,789 204,969 営業利益率 9. 決算情報の閲覧に不慣れな方がいらっしゃいましたらご参考にしてください。 武田薬品工業の海外売上比率【海外進出は業績UPのカギ】 投資先となる銘柄の将来性を判断する場合には、海外売上比率を見ることが一つの手段となります。 日本は今後も少子高齢化が進むことは確実ですので、海外市場を開拓している企業は確実に有利になります。 <武田薬品工業の地域別売上高構成比> <武田薬品工業の海外売上比率と地域別売上高> 決算期 18年3月期 19年3月期 日本 580,349 571,016 米国 598,341 828,985 中南米 75,658 88,115 欧州・カナダ 313,723 405,641 ロシア・CIS 68,240 59,741 アジア 104,026 105,411 その他海外 30,194 38,315 計 1,770,531 2,097,224 国内売上比率 32. 投資をする会社の事業を理解するためには、セグメントごとにどのような事業を行っているかを見ることが参考になります。 武田薬品工業は事業は「医薬品事業」のみの単一セグメントで行っているため、セグメントごとの業績の開示はありません。 武田薬品工業の格付けの状況【財務内容の分析】 格付けとは格付け会社と呼ばれる会社その会社の信用力を評価してランク付けをしたもののことを言います。 信用力とはその会社が債券を発行してお金を借りた場合に、そのお金をきちんと返せるかどうかのことを言います。 つまり、格付けが高い会社は財務内容が良好で経営状態が安定していると見ることができます。 AA 信用力は極めて高く、優れた要素がある。 A 信用力は高く、部分的に優れた要素がある。 BBB 信用力は十分であるが、将来環境が大きく変化する場合、注意すべき要素がある。 BB 信用力は当面問題ないが、将来環境が変化する場合、十分注意すべき要素がある。 B 信用力に問題があり、絶えず注意すべき要素がある。 CCC 信用力に重大な問題があり、金融債務が不履行に陥る懸念が強い。 CC 発行体のすべての金融債務が不履行に陥る懸念が強い。 出典: 武田薬品工業の歴史と沿革、ニュース 1781年 大阪・道修町にて武田長兵衛により創業 1871年 洋薬の輸入買付を開始 1943年 武田薬品工業株式会社に社名変更 1949年 東証、大証に株式上場 2008年 米国のミレニアム・ファーマシューティカズを株式公開買付により買収 2012年 米国のリゴサイト・ファーマシューティカルズを買収 2017年 試薬事業、臨床検査薬事業を営む和光純薬工業を富士フイルムに譲渡 2018年12月 アイルランド製薬大手シャイアーを約460億ポンド(日本円で約6兆2000億円)で買収。 まとめ 武田薬品工業の株主優待と配当金権利確定日【長期株価推移と配当利回り】 ここまで武田薬品工業の株価推移、株主優待、配当利回り、今後の予想見通しについて書いてきました。 株式投資で長期保有の銘柄を選ぶ際には、企業研究をしっかり行い割安かつ成長の見込める銘柄を選定しましょう。 【記事一覧】株式投資の個別銘柄分析シリーズ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 初心者が失敗しないための投資講座メニュー 大手金融機関の勤務経験、ファイナンシャルプランナー資格を活かした投資のノウハウをまとめています。 金融機関のセールスマンに騙されないためには、専門家任せではなく、自分で知識をつけるのが大切です。 ・ ・ ・ ・ ・.

次の