引っ越し 見積もり 業者。 引っ越し業者一覧&最大10社一括見積もり【引越シーク】

価格.com

引っ越し 見積もり 業者

この記事の目次• 住所未定でも見積もりを取ることはできる 結論からいうと決してレアケースではありませんので、引っ越し業者はきちんと見積もりをしてくれます。 とくに繁忙期で予約が取りづらい時期や、急な転勤でまだ物件を探している最中の方でも、希望の引っ越し日程の予約を取るために早めの見積もりを取ることをおすすめします。 繁忙期は住所未定でも見積もりをする 引っ越しをする日が確定していて、引っ越し先の範囲もほぼ絞れているようなとき、なおかつ3月や8月のような引っ越しの繁忙期に入るような場合は、引っ越し先が決まっていなくても、引っ越し日を確保するために見積もりをお願いしましょう。 運ぶ荷物を決めておく 運ぶ荷物の量である程度のトラックのサイズや人件費がわかっていれば、運賃料と人件費はある程度確定し、残りは移動距離だけの確認になりますので再見積もりの際も簡単です。 持っていくものと持っていかないものは、見積もり前に明白に分けて置くようにしましょう。 引っ越し一括見積サイトを利用すれば引っ越し費用は安くなる 住所がわからなくても引っ越し費用は安く抑えたいですよね?そんな場合に利用したいのが 引越し一括見積りサイトです。 見積もり依頼時に「引っ越し先がまだ決まっていません。 」と見積りを行うときに伝えるようにしてください。 依頼時に注意するのはそれだけです。 以下の場合は、引っ越し一括見積もりサイトの利用が可能です。 引越し見積りサイト選びのコツ 引っ越し一括見積りサイトには、 登録引っ越し業者数が一番多く、引越しの見積り金額が最安になりやすい 引越し侍 電話番号入力が不要の為、煩わしい営業電話が一切ない SUUMO引っ越し見積もり 自分で見積もりする業者を選ぶことができるため、見積もりしたい業者がある程度決まっている方におすすめの「 LIFULL引越し」 がありますので、自分に合った引越し一括見積もりサイトを選ぶようにしましょう。 上記のどれかがわからなくても見積もりは可能ですですが、おおよその金額での見積もりになってしまうため、再見積もりの際に料金が変わる可能性が高く、あまり意味がないのでおすすめできません。 訪問見積もりも時間を使ってしまうので、できるだけ情報が揃ってからお願いすると良いです。 引っ越し一括見積もりサイトを利用したほうがよい詳しいメリットは次の記事で解説しています。 市町村くらいまでわかれば大丈夫 引っ越し料金は、トラックの積載量や人件費の他に、移動距離によって変わってくるため、新しい住所の市町村くらいまでわかっていれば、業者も細かい料金の見積もりがしやすくなります。 場所も何箇所かで迷っている場合は、運ぶ荷物をはっきり決めて距離別で見積書をもらえないか聞いてみましょう。 あくまで仮見積もり もちろんここで出される見積もりはあくまでも「仮」の見積もりになります。 引っ越し先が確定した時点で見積もりの変更が入ることもありますし、引っ越し時に割増料金が発生することもあります。 金額は変わる可能性は高くなりますが、引っ越しの日程だけは確保できます。 引っ越しする日が決まっているケースでは、早めに引っ越し業者に見積依頼をして、 希望する引っ越し日を確保するようにしてください。 業界最多クラスの引越し 業者290社が登録しており、 引越し業者からの電話は多くても引越し費用を安くしたい方におすすめ。 LIFULLで一括見積りする 引っ越し先が確定したらすぐに引っ越し業者に連絡しよう 引っ越し先未定で引っ越しの予約をした場合は、引っ越し先が決まったらすぐに引っ越し業者に連絡してください。 引っ越しまでに時間の余裕があるようであれば、再度見積もりを依頼しましょう。 再見積もりを行わずに引っ越し当日に割増になる場合は、引っ越し業者のほうが立場的に有利になってしまいます。 そのため相場よりも高めの割増料金がプラスされるケースも有ります。 事前の再見積もりであれば、見積金額が高すぎる場合に、もう一度他社との競合になる可能性があるため、最初に出てきた見積からそうかけ離れた金額を提示してくることはありません。 再見積もりの引っ越し料金が高い場合 もし、引っ越し業者の出してきた再見積もりの金額が想定以上に高すぎて、納得できる説明を受けられない場合は、もう一度他社も含めて再見積もり依頼を検討してください。 引っ越しは3日前まではキャンセル料が発生しませんので、あまりにも相場価格とかけ離れる金額の場合は、思い切って引っ越し業者を変えてしまいましょう。 ただし、繁忙期にこれを行うと、高い上に希望の日程での引っ越しができない可能性もあります。 すでに 予約している引っ越し業者は確保した状態で、他社に見積もり依頼を行うようにしましょう。 ポイントは住所未定で依頼をするときに、「 引越し一括見積りサイト」を利用して、複数の業者に訪問見積もりをしてもらうようにすることです。 業界最多クラスの引越し 業者290社が登録しており、 引越し業者からの電話は多くても引越し費用を安くしたい方におすすめ。 LIFULLで一括見積りする こうしておけば、他社の担当者とはすぐに連絡取れますので、事情を話して再見積もりを依頼してください。 そこで安い金額を提示してもらえれば、引っ越し業者を変更するようにしてください。 ちょっとズルいような気もしますが、引っ越しを安く行うにはそれくらいの駆け引きは必要になります。 新居が決まった場合の注意点 できれば新居の周辺環境などを写真に撮って、引っ越し業者に送ってあげましょう。 荷物の搬入が難しそうな場所があれば、採寸しておいて引っ越し業者に伝えるようにすれば、不要な割増料金や、引っ越し当日になって荷物を搬入できないという事態を避けることが可能になります。 住所変更の必要手続きについてはことらの記事を参考にしてみてください。 予約日までに引っ越しが間に合わない場合 ギリギリで引っ越し先がきまり、引っ越し日までに荷物の梱包などが間に合わない場合や、物件は見つかったけど、入居日が引っ越し日までに間に合わないときは日程を変更することができます。 しかし、無料で変更できるのは先ほどお伝えしたとおり引っ越し当日の3日前までとなります。 それ以降だとキャンセル扱いと同じになり キャンセル・延期料金を支払わなくてはいけません。 さらに、繁忙期に変更希望した場合は、引っ越し業者の空いている日が限らており、料金が高めの土日しか空いてないことも想定しおきましょう。 平日から土日祝日になった場合、料金が大きく変わることになり、せっかく安い引っ越し料金だったのに高くなってしまった…とならないためにも、 入居日が決まり日程変更が必要なときは早急に業者に変更の連絡を入れるようにしましょう。 住所未定でもちゃんと値段交渉する 引っ越し先が確定できず、住所未定の状態でも引っ越しの見積もりを依頼することは可能です。 ただし、見積金額は仮の金額で、最終的には増額する可能性があることを頭に入れておきましょう。 ですが値段交渉も忘れないようにしてください。 納得出来ない増額の場合で、引っ越しまでにまだ余裕があるようであれば、他社にも再見積もりを依頼して、納得できる金額での引っ越しを行いましょう。 住所未定で引っ越し見積もりをすると、営業の方はこのお客さんは急いでいるという目でみて、高めの金額をふっかけてくることもあります。 返事はすぐせずに、「明日にでも連絡します」と伝えて帰ってもらい、必ず複数社の相見積もりをとって安い方を選ぶようにしましょう。

次の

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引っ越し 見積もり 業者

今度、初めて引っ越し業者にお願いしての引っ越しをします。 そして、一軒丸ごとの引っ越しはこれが生まれて初めてです。 正直、引っ越しの流れもよくわからないまま、ある引っ越しサイトで一斉見積りをしてしまいました・・・ とりあえず3社と直接連絡がついてしまったので(って言い方もおかしいとは思いますがw) 訪問見積もりの約束をしたのですが、直前になって不安になってきました。 早速、今日、一件いらっしゃいます。 夫は仕事なので、私一人で戦わなければなりません。 引っ越し自体、最近決まったので、物の処分がまだ全然終わってなく(大物も結構処分する予定ではあります)片付けが苦手なので、生活感丸出しの荒れっぷり。 結構強引に「仮契約だけでもいいのでお願いします」みたいなことを言ってくる業者さんもいますけど、絶対に応じず、「話し合ってこちらから連絡します」と言っておきましょう。 処分品は自分たちで片付けるのでしょうか? 有料ですが引っ越し業者で片付けてくれる所もあるので、念のため尋ねてみてもいいかも知れませんね。 ただ、処分費用をぼられる可能性も高いので、自分達で処分した場合などの費用も調べておいて、その上で考えた方がいいかも知れません。 営業さんの態度にもよると思うけど、後から見積する会社は先に見積もった会社の数字を見てから、「これくらい」と提示する所が多いです。 そこからどこまで頑張って値引いてくれるか、そこは相談次第ですかね… かなりしつこい業者もいます。 今決めてくれたら安くします、等。 皆さん必死です。 やはり、「主人に相談しないと決めれません」の一点張りですね。 「じゃあ今電話してください」とか言われそうな勢いでも、仕事だから出れない、等で切り抜けるとか。 もちろん、納得出来れば契約してもいいと思いますが…。 ちなみに、うちは最終的には面倒になったというか、最後に来た業者が比較的良かったので、また来てもらうのも自分も手間だし、と思い、最後の業者に、見積りの段階で決めました。 しかも、同じ日に時間差で3社って日もありました。 ある社の時間が伸びて、同じ部屋で主人と私が別々の社に対応したこともあります。 値段はだんだん下がっていきますよ。 ありさんマークは確か解約するとき厳しい対応をされたことがあるので、いつも選びません。 が、家具や家のキズの保証は一番手厚かったので、そこに重点を置くなら選んでもいいかと思います。 あとはどっこいどっこいかな。 部屋は汚くても問題なし。 引っ越し前ですもの。 1人での対応ならば、即決に困ったら「主人と相談してお返事します」を譲らない。 私もその場に主人いましたが、後で二人で相談して決めますという方法でした。 私なら、一番の候補社を最後にしておいて、他社より安くなるよう交渉した後に、「今日契約するなら、あとどのくらい下がりますか」まで聞きます。 頑張って下さい! 主人はその場にいましたが、私が交渉しました。 とにかく、出せる費用を最後まで言いませんでした。 途中何度かご希望の予算は?と聞かれましたが、安いにこしたことはないです〜でかわしました。 出せる費用を言ってしまうと、交渉が難しくなりそうだったので。 もう少しなんとかなりませんか? を繰り返して、3月のトップシーズンに梱包・エアコンの着脱・洗濯機の着脱込みで、12万円でした。 子どもも小さくて人見知りをします。 引越し当日は、良い責任者がテキパキと指示を出して、スムーズに終わり、満足しました。 良い業者と言われていても、最後はスタッフ次第かな?と思います。 ドキドキしますが、がんばってください。 引越しを何度か経験していますが、家の散らかり具合は、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、相手もプロですし、大丈夫ですよ。 処分予定の家具も、これは処分、これは持っていくと、その場で言っていけばいいです。 業者さんが知りたいのは、大物の量(必要なトラック容積)なので、あまり細々したものは見ないと思います。 心構えですが、上の方たちがおっしゃっているとおり、絶対に即決はしないことです。 ほぼ全ての業者が「今決めてくれれば、このお値段でさせてもらいます」と言ってきます。 でもそれに乗っちゃダメです。 「自分では決められない」と言っても強引な業者さんにはお断りする勇気も必要です。 また、ほとんどの業者さんが、ちゃんとその値段で1日2日待ってくれます。 私は、正直に「もう他の業者さんの見積もりも予約してしまったので」といったこともあります。 ちゃんと待ってくれましたよ。 これらを言ってなお強引な業者さんにはどんなに安くても絶対に頼みませんね。 最終的には、営業が気持ちよかった業者さんに決めました。 がんばってくださいね。 かわいくいくなら「主人に決定権がありますので、見積もりだけお願いします」 がんばるなら「見積もりがそろってから検討します。 お宅が一社目ですよ ニヤリ」 でしょうか。 引っ越しは5回やっています。 数社に見てもらえば相場もわかってきます。 割と好きな業者なのですけどね。 資材さえ受け取っていなければ違約金などなしで3日くらい前までキャンセルできるのです。 交渉の際に譲れない点ははっきり主張してください。 処分する、持っていかないものは伝えます。 要注意なのがフリー便や午後便。 値切るとこれを勧めてくる業者もいますが、よその引っ越しが済んでから着手 ですので時間が読めずかなりずれこむこともあります。 午後って正午から午前0時ですからね。 (年度末はこわいです。 ) 私も見積もり一括サイトによく調べずウッカリ登録してしまい、その後2日程は平日昼夜かかわらず携帯鳴りっぱなしでかなり後悔しました。。 (個人情報ダダ漏れですね…) 私はたまたま電話が取れた3社ほどにだいたいいくら位かを聞き、メールでだいたいの見積もりをくれた会社と総合して目星をつけ、あとは5年ほど前に引っ越した時(かなり安くしてもらった)の見積もりも目安にして自宅を見に行きたいと押して来たサカイさんにとりあえず見てもらうことにしました。 最初の提示額は私の思っていた額とはかけ離れていた(約3倍の値段)ので、「今日は決めるつもりは無いです」と言い帰ってもらいたかったのですが、やはりなかなか帰らない!粘ること粘ること… なので、私もこれなら限界だろうという下調べを基にした最低額を提示し、「この額にしてくれるなら今決めます!」と言い、最初かなり驚かれ、キツイな〜と仰ってましたが、本部と交渉してもらい「どうしても一度使っていただきたいので」とOKが出たので、私はその場で即決しました。 もうちょっと相みつ取っても良かったけど、時間もかかるし面倒なので、まぁ結構な最低額でやって貰えたので満足です。 実際、作業される方もテキパキしていて荷物も丁寧に運んで頂き結果オーライでした。 ご参考までに… わずらわしい勧誘なし!suumoの引っ越し見積もり(無料です) 引っ越し業者の訪問見積もりで女一人での対応でなめられないようにするには関連ページ アート引っ越しとハート引っ越しに訪問見積もりに来てもらいました。 昨日来た業者に凄くイラっとしました。 私が最初案内していて、後で旦那も合流。 二人してイライラしてます。 3日かけて、荷造り・移動・荷ほどきです。 引っ越し業者さんに何か渡しますか? 義父母は、私たち家族の引っ越しの際、必ず引っ越しの作業員にお金を包みます。 クーラーを取り付けたりする作業員にもです。 皆さんはどうされましたか?実家の両親も、お祝い事なので渡したら?と言っています。 友人は地元の個人の業者に頼んでいます。 来月、上尾市内で引越しします。 引越し業者から見積もりを取ろうと思っていますが、たくさんありすぎてどこがいいのかわかりません。 うちは主人の会社が業者さんの手配をしてくれるので いつもアートさんです。 アートさんも親切丁寧で良いですが 支店によってバラつきがあるような気がします。 全く住んだ事が無いので何もわからなくて困っています。 勤務先は大田区なのですが、自転車で通うか、通いやすい駅の近くが良いなと思っています。 もう契約書にサインはしてしまったし、ダンボールも受け取りましたが・・・キャンセルって出来るものでしょうか? 現在、日本でアメリカに運ぶ引っ越し荷物を買い集めているところですが、船便を出す日が迫っており焦っています。 子供の名前が分かった方がいいのかなと思ってみたり、名字だけの方がスマートで一般的なのかしらと・・・。 品はおかきをネットで注文しようかと思っています。 お菓子などのいわゆる「消えもの」がいいのか それとも、タオルなどある程度長く使えるものがいいのか… 今、建築士さんと打合せ中なのですが。 漠然とした質問で、大変申し訳ないのですが引っ越し後に必要な費用等ありますか? 大阪へ一度遊びにいったことがあるくらいで土地勘も何もわからず困惑してます。 我が家は夫と私、1歳3か月の娘の3人家族。 2DKにおさまる程度の荷物しか持っていませんのでひょっとしたら業者さんに頼まなくても良いのでは?という気がしてきました。 引っ越し費用は極力抑えたいし、使用年数5年というのが微妙なところで悩んでいます。 皆様ならどうされるかご意見いただきたいです。 子供の喜ぶものにしようかと思うのですが値段は500〜700円ぐらいで考えています。 もう少し安い家賃で子育てもしやすい環境の街に引っ越ししたいと考えています。 旦那は土日に行けばいいんじゃないかと言っていますが、どうなのでしょうか。 これから長いお付き合いになるであろうご近所さんなので失礼のないようにしていきたいと思っています。 主人は「軽く掃除機かけるくらいでいい。 あとで清掃業者が入るんだから」と言うのですが・・・ 時々行くとなるとご近所さんにも先にご挨拶しておいた方がよいのかそれとも引っ越し当日でいいのかこんな場合はどうなのでしょう。 立ち会いの時は、先に引っ越し業者の人には新しい転居先に出発してもらってもいいのでしょうか? 大きなものと言えば〜冷蔵庫と洗濯機位。 今まで会社負担で、指定の業者でしか引っ越したことがなくどこに見積りをお願いしようかという所から迷っています。 3月は繁忙期で値段も高くなる気がしているのですが、どこがお勧めの業者でしょうか? 3月15日を引越予定にしており、当日マンション引き渡しの立ちあいもする予定です。 調べたら、高いかなーと思って…。 食器の梱包のスタッフはいらないから、13万にならないか、交渉しようかと、思うのですが…。 皆さんは交渉しましたか? 100kmくらい離れているとなりの県に引っ越すのですがちょっとおかしくないですか?高すぎるような気がします。 料金がどのくらいかかるのか、分かる方がいらっしゃったら教えてください。 よろしくお願いします。 やはり、大手の引っ越し業者の方が安心でしょうか? 義両親と一悶着ありまして、引越を迫られています。 今妊娠8ヶ月です。 近く引っ越しをしなければならならないのですが、良かった業者ありましたら教えてください。 警察にも相談しましたが、主人はもし警察に盗難届出して捕まったりクビになったりした時に逆恨みが怖いから出さないと言っています。 来月、現在の賃貸から50mほど離れた戸建に引っ越す予定です。 引っ越し業者に頼むとしたら、どこまでお願いしましたか?経験談や助言をいただきますよう、お願いします。 使える環境や好み、年代に関係なく使ってもらえる品物といえば…どんなものを贈られると嬉しいですか? 妊娠中の引越し作業に不安がある。 住環境が変わることに不安がある。 でも、出産後よりも出産前の方が引越しが楽なら出産前にしたい。 ・・・妊娠中に引越しされたことがある方、お話聞かせてもらえたら嬉しいです。 もともと年末に引っ越しする予定でしたが、妊娠がわかってどうしようか迷ってます。 一戸建てに引っ越しする予定で、契約はする直前なので、延期するか悩み中です。 2歳の子供がいてフルタイム勤務なので今から出来ることを少しずつやりたいのですが何かアドバイスいただけないでしょうか? どなたか、ヤル気スイッチを押してください!!間に合うんだろうか?と、今は不安ばかりです。 家賃16万円ほどで3LDKを希望しております。 何か裏技的なものはないのでしょうか。。 保育園が決まらずに引越しができないなんて悲しすぎます。 こんなものなのでしょうか。。 転勤族のみなさん、引っ越ししたばかりのみなさん、どうされていますか?話し相手もいないのでこちらで愚痴言わせていただきました。 文教地区に住むか、少し離れた場所にするかで悩んでいます。 引越ししないと通えないのですが、願書を出して受かったら引越しするって可能なんでしょうか? 引越しの際、当日ドライバーや作業員に正規料金以外の現金を渡した、という方いらっしゃいますか? もう笑いをこらえるのに必死でした。 どこの引越し屋もこんな感じなのですかね?ちょっと事前に調べていたのですがそこに書いてあった内容と同じ流れだったのできっとこれがマニュアルなのですよね? 福岡市内から福岡市内への夫婦2人プラス1歳児で引っ越しをするのですが、どちらかオススメの引っ越し業者があるなら教えて頂きたいです。 ヤマトさん、日通さん・・・もろもろ大手引越業者ありますが、やはりちょっと高いかなぁ?という気がしています。 友達はコンテナで送った方が安いと思うよ!と言います。 皆さん引っ越し業者の見積り以来の際は何件も実際に家に来て見積りしてもらってるのでしょうか? なるべく安くおさえたいのでいろいろ見積もりをとっています。 安い引越業者ご存知ありませんか? ぜひ教えてください。 よろしくお願いいたします。 今日、引越し業者さんに見積もりに来てもらった時、営業担当の方から「人生に平均3回引越しする」という話を聞きました。 近距離で家族で引越しした方で、オススメの引越し会社知ってる方、大手の引越し会社でも、そうでなくても、いろいろご意見教えて下さい。 悪徳業者さんもいるとのことで、ちょっと不安なのですが、ベットを売られたことがあるかた、または買い取ってくれる業者さんをご存じの方、アドバイスお願いいたします。 元々中国地方出身で土地勘が全く無いので、住む場所のアドバイスを頂けたらと思います。 旦那さんは既に現地入り、荷物は業者へ頼み、最後に娘と飼い猫だけ移動するのですが、その方法に悩んでいるのです。 繁盛期とはいえ、思っていた以上に高いようですが、いくらまでなら出せますか?.

次の

引越し業者おすすめ7選+1|見積もり・業者の選び方まとめ

引っ越し 見積もり 業者

とにかく引っ越し業者は安いに限る!! 長い人生の中で、一度も転居を経験しない人もいれば、何十回と経験する人もいます。 もし、初めて引っ越しをすることになった場合、何から始めたらいいかさえ分からない人も多いのではないでしょうか? でも大丈夫! 当サイトでは、 一番安い引っ越し業者や運送会社の探し方、 一括見積もりで安くするコツなどを紹介しています。 ぜひ参考にして下さいね。 一番安い引っ越し業者ランキング!料金比較で格安な会社はどこ? 安い順 業者名 料金相場 1位 サカイ 10,000円〜 2位 ヤマト 13,000円〜 3位 日通 15,120円〜 4位 ハート 15,750円〜 5位 アリさん 20,000円〜 6位 アート 25,000円〜 7位 アーク 30,000円〜 こちらは単身パックでの引っ越し料金相場のランキングです。 金額に相当な差がありますよね? 一括見積もりを利用すると、こんな感じで一番安い引っ越し業者が簡単に分かります。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 利用はもちろん無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 一番安い見積もりを引っ越し業者からとるコツは? 引っ越しは回数を重ねるたびに上手に、手際よくなるものです。 私もそうでしたから(笑) 最初は、引っ越し業者に言われるままに事を進めていたのが、次第に自分が主導するかたちで準備を行うことが可能になります。 更に住居を移すというのは、何かとお金が掛かるものですので、料金を安く押さえるとなるとどこを削っていくのがいいのか? 転宅転勤で会社から手当てが出る場合でも、大抵は足が出てしまうものですので、引っ越し業者の費用は少しでも安い方がいいですよね? それには・・・ちょっとしたコツがあります! 一番安い引っ越し方法1:見積もりは少しでも早く安い時期に! 1年の中で一番引っ越し業者が忙しい日といえば、3月の土曜日の大安の日です。 この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか? なんと3ヶ月も前です! 実は引っ越し業者の価格には定価というものがありません。 トラックの空き状況に応じて、弾力的に決められているのです。 荷物を運ぶためのトラックや正社員の人件費などは固定費です。 仕事がなくても引っ越し業者の負担は変わりませんので、空きが多い状況の時には、値引き交渉に応じてくれやすいのです。 安い料金でも、とにかく予約をとって売り上げを確保しておく、ということです。 反対に、予定が詰まっていれば値引きには応じてくれなくなります。 どんな引っ越し業者も無尽蔵に人員を抱えているわけではありません。 ある程度予定が埋まっていれば、無理して安い料金で売り急ぐ必要もありませんし、自社のトラックや人員で賄えない量になると、下請けの運送会社に作業を回す分、料金も上乗せされてしまいます。 ですので引っ越しの達人は、なるべく早く見積もりをとって、安い価格になるよう、有利に交渉を進めているのです。 ちょっとしたコツですが、意外に有効なので実践してみてください。 一番安い引っ越し方法2:日にちに幅を待たせる! 業者から見積もりをとる際、通常は引っ越し日を指定すると思いますが、この日程に幅を持たせるほど安い金額で交渉しやすくなります。 分かりやすく言うと、例えば「3月5日で見積もって下さい」よりも「3月1日から3月7日までで一番安い日で見積もって下さい」という方が、絶対に安くあがるのです。 理由は上でも説明しているように、予約の空き状況によって価格が変動するためです。 一番暇な日に予約を入れてくれるなら、引っ越し業者としても値引きしてでも、とにかく仕事が欲しいわけです。 トラックや人員を遊ばせておくよりはいいわけですから。 要するに、引っ越し業者が一番暇な日時を狙えば良いのです。 そうすれば、無理な価格交渉などしなくても、ちょっとしたお願いで値引きしてくれますよ。 一番安い引っ越し方法3:とにかく一番料金の安い業者を探す! 引っ越し業者と言えば、テレビCMやインターネット広告等で有名なところはもちろん、地域密着型の会社まで沢山ありますよね。 とは言え、いくら安いからといって、あまり小さな会社では、大切な家財道具をちゃんと運んでくれるか心配です。 それに引っ越し業者に払う料金は、同じ内容でも天地ほども差があるのです。 それこそ、安いところと高いところでは、びっくりするくらいに違います。 ですので、初めての引っ越しでも損をしない為には、依頼する側にも注意が必要です。 例えば処分する家具があるケースです。 自治体によっては、無料で処分してくれるところもあれば、家具一個ごとに処分費を払う必要がある自治体もあります。 小さな家具であれば処分も簡単かもしれませんが、大きな物になると自分で運ぶことさえ困難ですよね。 そういった時、引っ越し業者による引き取りも可能ですが、処分費をきっちり見積もりに入れるところもあれば、サービスしてくれる会社もあるのです。 逆に考えてみれば、そういった処分費は、依頼する側からの交渉により、カットすることもできるものなのです。 ちょっとした交渉が、大きな節約につながるのです。 一番安い引っ越し業者を探すには見積もりを多く取って比較する! 一番安い引っ越し業者を探したいなら、なるべく多くの業者で相見積もり取って価格交渉をしましょう。 一番安い引っ越し業者を相見積もりで探すときの注意点 とは言え、相見積もりを取るにしても、最低限まともな引っ越し業者がどこか、きちんと調べる必要があります。 とんでもない不良会社で、大事な家具や貴重品が傷だらけにされたのでは、いくら費用が安いと言っても話になりません。 引っ越し業者の担当者のミスで、トラックが手配されてなくて引っ越しできなかったという話も中にはあるのですから・・ そこで当サイトでは、インターネットによる一括見積もりをおすすめしています。 一番安い引っ越し業者を探すなら一括見積もりがとにかく便利! 一括見積もりサイト側が、きちんとした引っ越し業者を厳選していますので、安心して比較することが可能です。 基本的には大手企業、または評判の良い地域密着型の会社です。 参加している業者数は190社以上、その中から最大10社に同時に見積もりを依頼することが可能です。 引っ越し一括見積もりの依頼をし、実際に見積もりをしてもらうと、安い高いの値段の差にびっくりすると思いますよ(笑) 私が初めて利用した時には、「何故こんなに値段が違うの?」と驚いてしまいました。 引っ越し業者はどこが一番安い?一括見積もりで探した体験談 いくら安いと言っても、インターネットの一括見積もりを不安に思う方もいると思いますので、実際の体験をお話します。 私の引っ越し歴は9回。 最初の引っ越しは、不動産会社からの紹介でそのまま業者を決めてしまったという、今思えば苦い経験があります。 昔のことなので、今のような便利な一括見積もりなどは無い時代です。 今のように安い引っ越し料金で済ませることなんて無理な時代でした。 それでも複数の業者から見積もりを取って交渉することくらいできたかもしれません。 でもそういったことも知らないほど、若かったんですね。 一番安い引っ越し業者は一括見積もりを利用して要領よく探す! その後、主人の仕事の都合で、日本全国を2〜3年に1度ずつ引っ越しするという人生を過ごしていますが、回数を重ねる毎に、費用をどんどん安くしていけています。 要領が分かってきて、どんどん賢くなったんです(笑) 今から2年前に引っ越しをした際にも、実際に一括見積もりを利用して、一番安い引っ越し業者を探しました。 インターネットで条件を入力し依頼すると、すぐに3社から連絡が入ってきました。 今までの経験上、実際に引っ越し業者の人が見に来て見積もりしないと、本当の費用が出せないのは知っていたので、連絡が来ることには特に抵抗はありませんでした。 一番安い引っ越し見積もりは複数業者を比較する必要がある! 私はその3社から見積もりを貰うことに決め、自宅に来て貰いました。 大手の引っ越し業者2社と地元密着型1社です。 大手は丁寧に家財道具を扱ってくれる安心感がある上に、元の値段はこんなに高いけど即決してくれたらこの値段にしてあげますよ、というお決まりの決め台詞を出してきます。 思わず「お願いします!」と言ってしまいそうになりますが、ここは我慢して3社すべてに見積もりを出して貰いました。 そうした所、地元密着型の引っ越し業者が見積もりに来る時間に遅れてしまったとの理由で、一番安い値段の提示をしてくれました。 一番安い引っ越し見積もりは高い業者の半額以下の格安だった! 処分する家具が3つありましたが、それも交渉して、すべて無料引き取りしてくれるとのこと。 この時点で地元密着型の引っ越し業者に決めました。 ちなみに大手2社の見積もり金額は約15万でしたが、約7万円まで交渉で引き下げる事ができました。 金額の交渉をする際、大手引っ越し業者の即決金額より安い額をベースに、そこから引き下げの交渉を行ったのが、良かったのだと思います。 実はあまりに安いので本当に大丈夫かと心配しましたが、当日は丁寧に作業をしてくれました。 おかげで2年前の引っ越しは、過去一番の最安値となりました(笑) 一括見積もりが一番簡単で安い引っ越しのためのコツ! 実際の体験もありますが、一括見積もりは簡単に出来て連絡をしてきてくれる上に、うまく交渉することにより納得いく引っ越しを行うことも可能です。 もちろん大手には大手の良いところもあります。 でも誰だって同じ条件での引っ越し内容になるのであれば、一番安いところに依頼したいのではないでしょうか。 是非、一括見積もりを利用して、お得な引っ越し業者を見つけましょう! 一番安い引っ越し業者を比較したいけど電話がしつこいのは嫌という人は? 一括見積もりは、複数業者から電話がかかってくるので、煩わしく感じる方もいると思います。 そういう方には、新しい一括見積もりサービス、スーモ引越し見積もりがおすすめです! スーモ引越し見積もりは電話番号の入力が必須ではないので、電話なし、ネットだけで見積もり依頼が完結できるところが特徴です。 スーモは大手企業リクルートが運営する不動産ポータルなので、利用者も多く安心ですよ。 一番安い引っ越し業者がどこかは時期や荷物量によって違う! 引っ越し業者について考えたとき、丁寧で料金が一番安い所が選ばれやすいのは当然ですよね。 反対に、高くて作業が雑な会社は、人気がありません。 ですが、引っ越し業者と言っても、数多くの会社が存在しています。 経験が少ない人などは、一体どこをどう選べばいいのか、見当も付かないことも多いのではないでしょうか? 大手、中小と大きく分けることもできますが、大手だからといって安心することができるのか、中小だからといってダメなのかは、実際のところ分かりませんよね。 引っ越しで一番大事なのは、先にも挙げたとおり、料金が安いことや、サービスがどういった内容なのかで決まってくると思います。 ランキング1位の業者でも引っ越しが一番安いとは限らない 金額は、転居のタイミングなども関係してきます。 おすすめランキングのサイトで一番安い1位の業者でも、地域や時期によっては、値引きが渋くなることも珍しくありません。 さらに細かく言えば移動距離、トラックの空き状況なども見積もり金額の高い安いに関係してきます。 大手は有名だから大丈夫という考え方は、実は信じてしまうと後で後悔することになるのです。 また中小企業の引っ越し業者のように、地域に密着したサービスなどもあるかもしれませんので、そこも視野に入れて考えておく必要があります。 もしどちらがどうなのかで迷うようなことがあれば、ネットなどの口コミも参考にはなりますが、実際のところ、人それぞれで捉え方も違っている事も踏まえておきましょう。 訪問見積もりで一番安い引っ越し業者を決める事をおすすめ 引っ越しの見積もりには、業者に自分の家の中まで来てもらい、そこで実際に荷物の量を確認して見積もりを行う、訪問見積もりという方法があります。 これは荷物の量を担当者が直接見て確認をするために、より正確な見積もりをすることができるというメリットがあります。 それ以外のメリットとして、引っ越し業者の従業員の様子を間近で見られるチャンスでもあります。 実はこれ、一番重要です。 つまり、見積もり依頼をした引っ越し業者の従業員が、どういう態度で働いているのか? ちゃんと話を聞いて理解できているのか? こういった点についてチェックできれば、それは引っ越し業者選びにおいて、一番参考になるポイントになるはずです。 さすがに真面目に仕事をしていないように見える従業員がいる会社に、依頼はしたくありませんよね? だからこそ、引っ越し業者に訪問見積もりを依頼するときには、料金が一番安いのかといった事だけではなく、しっかりとその様子をチェックしておく必要があります。 その結果、ちゃんと仕事をしてくれているとか、真面目な態度がうかがえるという場合には、見積もりの金額次第では、その会社に決めても問題ない場合もあるでしょう。 見積もり金額が一番安いからといって、家や家財道具を傷だらけにされては本末転倒ですから。 訪問は単に見積もりをする機会だけではなく、引っ越し業者の選定においても重要な役割を発揮する可能性があるので、日程に余裕があるならば、絶対に利用するべきだと思います。 見積もり金額が安いと思って依頼したら、当日、作業員が来なかったといったトラブルもありますので、人間を見て依頼するというのは重要な事なのです。 一人暮らしなら単身パックのある引っ越し業者が一番安い! 引っ越し業者の中には、一人暮らし用のサービスとして単身パックをプランとして用意している会社があります。 安い見積もりをゲットするのは、かなり重要なポイントですよね。 単身パックは、一人分の荷物であるような場合に利用できて、通常の引っ越しと比べても割安感があるサービスです。 しかし、どこでもやっているサービスではありませんので、注意が必要です。 有名な業者は大抵やっていますが、引っ越し業者は全国に非常に数がたくさんありますから、やっていないところもあります。 なので、単身パックがあるかどうかを、必ず確認してください。 基本的には、この単身パックを利用すると、引っ越し料金は割安になるはずです。 一人暮らしの荷物で済むという場合なら、単身パックを使った方が安いと言えるでしょう。 一人で転居する人は、単身パックのある引っ越し業者を選ぶことをおススメします。 もちろん、お金は別にいくらでも良いという方は、単身パックにこだわる必要はありませんよ。 ですが殆どの人は、転居に伴う費用は、少しでも安い方が良いと思っている筈です。 単身パックがあるであろう、大手の引っ越し業者を中心に見積もりなどをお願いしていくと良いのではないでしょうか? 知名度が劣る業者の場合には、単身パックなどは実施していない可能性もありますから。 どういう引っ越し業者を選ぶにしろ、見積もりの前に、安い単身パックの有無を必ず確認しておくと良いです。 それから実際にいくらかかるのか?を調べていきましょう。 当サイトで紹介している引っ越し一括見積もりを利用するのも賢い方法です。 複数の業者で見積もりできるので、単身パックの有り無しの比較も簡単ですからね。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 入力は1分(スマホは30秒)、利用料は無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 引っ越し費用の相場が一番安い時期は?業者の繁忙期と通常期 引っ越しには定価というものがありませんが、時期、距離、荷物量(家族・単身)によって大体の相場が分かります。 ここでは、通常期と繁忙期に分けで、引っ越し料金の相場を紹介します。 目安として参考にしてください。 通常期(5〜2月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 27,000円 33,000円 60,000円 65,000円 70,000円 80,000円 〜15km未満 同市区町村程度 20,000円 25,400円 50,120円 60,000円 64,800円 78,000円 〜50km未満 同都道府県程度 21,600円 30,000円 58,000円 70,000円 90,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 30,000円 42,000円 75,600円 82,000円 90,000円 140,300円 〜500km未満 近隣地方程度 43,100円 58,000円 125,500円 - 130,000円 195,000円 500km以上 遠距離地方程度 54,000円 73,500円 150,000円 185,000円 220,000円 - 繁忙期(3〜4月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 37,000円 50,000円 78,000円 100,000円 108,000円 110,000円 〜15km未満 同市区町村程度 25,650円 35,000円 65,000円 76,000円 91,350円 - 〜50km未満 同都道府県程度 31,000円 43,000円 70,000円 111,500円 116,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 47,260円 62,350円 97,500円 150,000円 160,000円 190,000円 〜500km未満 近隣地方程度 58,000円 85,000円 180,000円 205,000円 255,000円 345,000円 500km以上 遠距離地方程度 80,000円 105,000円 200,000円 300,000円 350,000円 357,500円.

次の