ほうれん草 みそ汁。 具たっぷり味噌汁 ほうれん草|商品情報|味の素株式会社

【みんなが作ってる】 ほうれん草 みそ汁のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ほうれん草 みそ汁

ほうれん草ってどんな野菜? ほうれん草といえば、食べると元気がもりもり湧いてくるという、昔の海外アニメのキャラクターの印象が強い方も多いのではないでしょうか。 そうした影響もあってか、パワーの源というイメージが強いほうれん草は、お浸しや味噌汁の具、胡麻和えなどの形で食卓に上がる回数の多い緑黄色野菜の1つといえるでしょう。 その印象の通り、体にとって必要な栄養素が、たくさんほうれん草に含まれています。 鉄分が多いことはよく知られますが、その量は牛レバーと同等というから驚きです。 余分な塩分を体外へ排出するカリウム、骨の形成を助けるマンガンなどがほうれん草には含まれています。 ほうれん草は季節を問わず、栽培が可能な野菜です。 しかし、より栄養を豊富に含んだほうれん草を食べるのであれば、冬場に出回るほうれん草を選んでみましょう。 冬場のほうれん草は栄養を蓄えるので栄養価がより高く、また甘みが増して風味も良くなるのです。 味噌汁は日本の誇るパワーフード! 日本人が日常的に摂取する汁物の代表的なものが、味噌汁ではないでしょうか。 味噌汁は、出汁と味噌を加えた汁に具を入れたシンプルな料理ですが、味噌の種類、それに合わせる出汁や具の種類を変えることで、何通りもの味わい方ができる優れた料理です。 味噌汁のベースともなる味噌は、大豆、米や麦を主原料として、発酵させて作ります。 人の体に必要な必須アミノ酸を豊富に含む大豆が、発酵の過程を経ることで、更に栄養価を増すのです。 味噌に含まれる栄養素は、以下の通りです。 ・大豆たんぱく質 ・大豆イソフラボン ・大豆レシチン ・サポニン ・リノール酸 ・メラノイジン ・カルシウム ・水溶性食物繊維 などです。 アミノ酸を豊富に含み、貴重なたんぱく源となるほか、美肌効果、抗酸化作用。 コレステロール上昇の抑制、ホルモンバランスを整え、生活習慣病の予防など、様々な嬉しい効果が期待できる食品です。 そこに、季節ごとの野菜、冬であれば根菜類やほうれん草などを使用することで、より栄養価の高い食事になります。 そのような優れた栄養素を含む味噌汁は、まさに日本の誇るパワーフードといえるでしょう。 味噌汁の具におすすめな食材をご紹介 味噌汁に合う具材については、そのお宅ごと、地域ごとなどで、こだわりやお気に入りがあることかと思います。 無数に具材のレパートリーがあるといっても過言ではないでしょう。 定番の具として挙げられるのは、豆腐、ネギ、わかめ、油揚げあたりでしょうか。 ジャガイモや玉ねぎ、もやしやニラなど、冷蔵庫に常備してある野菜もどんどん使いましょう。 あっさりした野菜の味噌汁に卵を落としたり、ひき肉を加えても、コクが出ておいしく頂けます。 季節の野菜と肉類を使って、味噌仕立ての豚汁も良いですね。 サトイモやニンジン、ネギにコンニャク、豚肉、豆腐など、もはやおかずとなりうるほど豊富に具材を使いますので、栄養バランスも抜群です。 そこにほうれん草の濃い緑が加わると、より食欲が増しそうです。 最近では、牛乳やバターを少量加えるレシピも見かけます。 発酵食品である味噌汁に、まろやかな乳製品の風味がよく合い、少し洋風な味噌汁を楽しめますよ。 良質なカルシウムと適度な油分を同時に摂れますので、食欲がないときにも良いでしょう。 味噌汁の具にほうれん草を使う時の注意点 ほうれん草は柔らかな歯触りで、栄養も豊富です。 まさに、良いことづくめの野菜ではないでしょうか。 ただ、味噌汁の具として使用するときには、少し工夫が必要です。 ほうれん草には、鉄分やビタミン類などのほかに、シュウ酸と呼ばれる成分が含まれます。 このシュウ酸は、ほうれん草のあくの元であり、カルシウムと結びついて苦みを感じさせます。 そのため、あく抜きをせずに生のほうれん草を味噌汁に使用すると、溶け出したあくごと摂取することになります。 あくによりえぐみが出るため、風味が悪くなりますので、味噌汁の具として使用する際は、一度湯がいたほうれん草を使うようにしましょう。 最も手間なく使うためには、湯がいたほうれん草を小分けにして冷凍保存する方法です。 あくの心配なく、湯がく手間も省けますよ。 味噌汁の具以外にもある!おすすめなほうれん草の食べ方 ほうれん草は豊富な栄養を含む野菜です。 体のお悩みに合わせて適度に摂り入れ、体調の管理に役立てましょう。 ここでは、ほうれん草との相性の良い食材との組み合わせと併せてご紹介します。 まず、血行不良が気になる方には、ほうれん草と豚肉の組み合わせがおすすめです。 疲労がたまっている時には、牛肉と組み合わせてみましょう。 貧血や冷えの気になる方は、レバーとの組み合わせがおすすめです。 美肌を気にされる方は、大豆イソフラボンを含む豆腐や納豆との組み合わせも良いでしょう。 鮭やカキなど、冬の定番の魚介類とも好相性です。 これらの食材は、もちろん味噌汁の具として摂取するのも良いですが、炒める、和えるなどの調理法もよく合います。 工夫して味噌汁をもっと身近に 私たちの食生活に非常になじみ深い味噌汁は、美味しいだけではなく、優れた栄養素を含む料理であることが分かりました。 余裕があれば出汁を取ることからスタートしたいところですが、忙しい毎日の中では工夫が必要です。 粉末だしの素を適度に利用したり、だしパックを使ったり、鰹節や煮干しなどの出汁になるものを具材として使うなど、時間を短縮するためにできることをしてみましょう。 本当に忙しくて時間がないときには、インスタントの味噌汁を使うことがあっても良いのではないでしょうか。 具材は、あれこれ味噌汁のために揃えなくても、その時冷蔵庫にあるものを使用することで十分です。 生の野菜を切らしていたら、乾燥野菜や乾物を使ってもおいしい味噌汁になりますよ。 干ししいたけ、切り干し大根、乾燥わかめ、乾燥ほうれん草、乾燥小松菜など、乾物を用意しておくと、賞味期限に振り回されることなく、しかも調理の助けになります。 味噌に、だしの素や鰹節、乾燥わかめや乾燥ネギなどを1回分ずつのかたまりにしたものを冷蔵庫に常備しておけば、お湯を注ぐだけでいつでもだれでも即席の味噌汁を自分で作ることができます。 ちょっとした工夫で、優れた栄養源である味噌汁を、もっと気軽に簡単に楽しめますよ。 生活に味噌汁を取り入れよう! 味噌汁は海外においても、その栄養のすばらしさに注目が集まり、人気の日本食の1つとなっているようです。 しかし、味噌汁よりもスープ、ご飯よりもパン食、という風に変遷してきた食生活の中で、日本食の良さを私たち日本人が一番実感しきれていないのかもしれません。 季節に合った旬の具材を使用した味噌汁は、私たちの体に必要な栄養を届けてくれる、最も身近な料理といえます。 そんな味噌汁の良さを再確認し、毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

次の

味噌汁の具に最適なほうれん草!その栄養と美味しい食べ方!

ほうれん草 みそ汁

ほうれん草は葉物野菜の中でも「あく(灰汁)」が強めです。 あく抜きをして食べるのが一番良いとは思うものの、ほうれん草をお味噌汁に入れるときなど、洗っただけでそのまま 入れられたら楽なのだけど~と思ったりしませんか? ほうれん草のあくの害が気になるし、あく抜きしていないとえぐみや渋みが結構あったりもしますよね。 ほうれん草を前に、いつもモヤッとしているわたし。 今日はそのモヤモヤをスッキリすべく、ほうれん草とアクについてまとめます。 ほうれん草をそのまま味噌汁に入れるのはどうなの? 我が家ではほうれん草のお味噌汁をよく作ります。 野菜嫌い真っ只中の子供が、お味噌汁の野菜は比較的よく食べてくれるのでほうれん草もよく使います。 ただ、お味噌汁に入れる前のほうれん草の下処理が面倒で・・・ 「あく抜きしないでそのまま入れられたら楽だな~」と何度思ったことか! という事で、今回今更ながらにほうれん草のあくについて調べた、というわけなのです。 そして今回いろいろとほうれん草のアクについても知ることが出来たのですが、 結論を書きますと、 やっぱり お味噌汁にほうれん草を入れるなら今後もあく抜きは必要だ!という事になりました。 なぜなら、 ほうれん草のお味噌汁を美味しく食べたいから! これに尽きます。 「ほうれん草のあくの害」云々というのもあるけれど、一番は「おいしさ」を大事にしたい! ほうれん草をあく抜きしないでお味噌汁に入れると、 見た目が悪くなるだけでなく、えぐみや渋み(アク)がお味噌汁に溶けだしてしまい、せっかくのほうれん草のお味噌汁が美味しくなくなってしまいます。 ほうれん草をあく抜きすると湯がいた時のお湯が緑になりますよね。 あれこそが「ほうれん草のあく」ですから、あの緑色がお味噌汁を濁してしまい、見た目も悪くなり美味しさも半減するどころか、美味しくなくなってしまうのです。 ごぼうなど、あく(灰汁)にうまみや風味、栄養がある野菜もありますが、ほうれん草の場合は風味や味が悪くなってしまうのに加え、あくの害もないわけではないので、ほうれん草をお味噌汁に入れる際は、やっぱりあく抜きするのが一番です。 ほうれん草のあく抜きは必要か? ほうれん草をお味噌汁に入れる場合はあく抜きするのが一番、と書きましたが、では必ず必要かどうか?おいしさ云々を抜きにしたとした場合のほうれん草のあく抜きの必要性を考えると・・・・? 実は必ずしも必要ではない、と言えます。 ほうれん草のアクで一番気になるのがほうれん草のアクに含まれる「シュウ酸」です。 シュウ酸は体内でカルシウムの吸収を妨げる悪影響があったり、また、シュウ酸は尿管結石など結石の原因となる酸です。 とは言っても、結石患者ではない限りは、また、大量に(毎日生で1キロとか!)ほうれん草を生で食べる習慣がある、などでない限りは問題ないといわれています。 あく抜きしないと見た目の良さや美味しさが損なわれるものの、 あく抜きしないで食べてもシュウ酸の害は通常は特に問題ない、ということからそほうれん草のあく抜きは必ずしも必要ではない、ということです。 ほうれん草のあく抜きで簡単なのはこれ! あく抜きは絶対必要ではないけれど、美味しく食べるためにやはりひと手間は大切です。 簡単なほうれん草のあく抜きなら時短も節約にもなるうえに、ほうれん草のビタミンC、カリウムなど栄養分の流出を最小限にすることが出来ます。 根元を切ったほうれん草の切り口を水に浸すだけ。 水に浸す時間は10分です。 長く浸し過ぎるとその分栄養も流れ出てしまうので適度な時間で。 この方法はソテーなど炒めるときに最適です。 その後冷水にとりさっと水に流した後しっかり絞ります。 ほうれん草をお味噌汁に入れたり、お浸しにする場合などののあく抜きにおすすめです。 レンジでのあく抜きはシリコンスチーマーが便利で、ラップも要らないので我が家ではいつもスチーマーでレンチンです。 レンジでチンする際に、茎部分と葉部分を分けてチンすると食感を損なわずに良いです。 専用レシピもあるので簡単な調理も出来ちゃいます。 さいごに 我が家では一束あく抜きして、お味噌汁に、残りはしらすやちりめんじゃこと合えて朝食で1束食べきります。 こうすると、子供がほうれん草をいっぱい食べてくれるのです。 ^^ もし食べきらない場合は適当な大きさにカットして冷凍保存袋に入れておけば、すぐに使えてそのままお味噌汁に入れられます。

次の

ほうれん草の味噌汁!人気の組み合わせ具材は?あく抜きは必要?

ほうれん草 みそ汁

ほうれん草は葉物野菜の中でも「あく(灰汁)」が強めです。 あく抜きをして食べるのが一番良いとは思うものの、ほうれん草をお味噌汁に入れるときなど、洗っただけでそのまま 入れられたら楽なのだけど~と思ったりしませんか? ほうれん草のあくの害が気になるし、あく抜きしていないとえぐみや渋みが結構あったりもしますよね。 ほうれん草を前に、いつもモヤッとしているわたし。 今日はそのモヤモヤをスッキリすべく、ほうれん草とアクについてまとめます。 ほうれん草をそのまま味噌汁に入れるのはどうなの? 我が家ではほうれん草のお味噌汁をよく作ります。 野菜嫌い真っ只中の子供が、お味噌汁の野菜は比較的よく食べてくれるのでほうれん草もよく使います。 ただ、お味噌汁に入れる前のほうれん草の下処理が面倒で・・・ 「あく抜きしないでそのまま入れられたら楽だな~」と何度思ったことか! という事で、今回今更ながらにほうれん草のあくについて調べた、というわけなのです。 そして今回いろいろとほうれん草のアクについても知ることが出来たのですが、 結論を書きますと、 やっぱり お味噌汁にほうれん草を入れるなら今後もあく抜きは必要だ!という事になりました。 なぜなら、 ほうれん草のお味噌汁を美味しく食べたいから! これに尽きます。 「ほうれん草のあくの害」云々というのもあるけれど、一番は「おいしさ」を大事にしたい! ほうれん草をあく抜きしないでお味噌汁に入れると、 見た目が悪くなるだけでなく、えぐみや渋み(アク)がお味噌汁に溶けだしてしまい、せっかくのほうれん草のお味噌汁が美味しくなくなってしまいます。 ほうれん草をあく抜きすると湯がいた時のお湯が緑になりますよね。 あれこそが「ほうれん草のあく」ですから、あの緑色がお味噌汁を濁してしまい、見た目も悪くなり美味しさも半減するどころか、美味しくなくなってしまうのです。 ごぼうなど、あく(灰汁)にうまみや風味、栄養がある野菜もありますが、ほうれん草の場合は風味や味が悪くなってしまうのに加え、あくの害もないわけではないので、ほうれん草をお味噌汁に入れる際は、やっぱりあく抜きするのが一番です。 ほうれん草のあく抜きは必要か? ほうれん草をお味噌汁に入れる場合はあく抜きするのが一番、と書きましたが、では必ず必要かどうか?おいしさ云々を抜きにしたとした場合のほうれん草のあく抜きの必要性を考えると・・・・? 実は必ずしも必要ではない、と言えます。 ほうれん草のアクで一番気になるのがほうれん草のアクに含まれる「シュウ酸」です。 シュウ酸は体内でカルシウムの吸収を妨げる悪影響があったり、また、シュウ酸は尿管結石など結石の原因となる酸です。 とは言っても、結石患者ではない限りは、また、大量に(毎日生で1キロとか!)ほうれん草を生で食べる習慣がある、などでない限りは問題ないといわれています。 あく抜きしないと見た目の良さや美味しさが損なわれるものの、 あく抜きしないで食べてもシュウ酸の害は通常は特に問題ない、ということからそほうれん草のあく抜きは必ずしも必要ではない、ということです。 ほうれん草のあく抜きで簡単なのはこれ! あく抜きは絶対必要ではないけれど、美味しく食べるためにやはりひと手間は大切です。 簡単なほうれん草のあく抜きなら時短も節約にもなるうえに、ほうれん草のビタミンC、カリウムなど栄養分の流出を最小限にすることが出来ます。 根元を切ったほうれん草の切り口を水に浸すだけ。 水に浸す時間は10分です。 長く浸し過ぎるとその分栄養も流れ出てしまうので適度な時間で。 この方法はソテーなど炒めるときに最適です。 その後冷水にとりさっと水に流した後しっかり絞ります。 ほうれん草をお味噌汁に入れたり、お浸しにする場合などののあく抜きにおすすめです。 レンジでのあく抜きはシリコンスチーマーが便利で、ラップも要らないので我が家ではいつもスチーマーでレンチンです。 レンジでチンする際に、茎部分と葉部分を分けてチンすると食感を損なわずに良いです。 専用レシピもあるので簡単な調理も出来ちゃいます。 さいごに 我が家では一束あく抜きして、お味噌汁に、残りはしらすやちりめんじゃこと合えて朝食で1束食べきります。 こうすると、子供がほうれん草をいっぱい食べてくれるのです。 ^^ もし食べきらない場合は適当な大きさにカットして冷凍保存袋に入れておけば、すぐに使えてそのままお味噌汁に入れられます。

次の