天道虫 歌詞。 『天道虫/てんとうむし』の俳句 清月俳句歳時記/野田ゆたか編

THE YELLOW MONKEY 天道虫 歌詞&動画視聴

天道虫 歌詞

「Lad bug(レイディ・バグ)」 です。 「皆さん知ってましたか?」 ちなみに、昆虫の学者などは、 「lady beetle (レイディ・ビートル) 」と呼ぶとのこと。 僕の正直な感想は、「なんかすげー以外!!!」でしたねw だって、上記を直訳すると、 「女性の鳥」と「女性の虫」ですよw 「メス鳥」と「メスの虫」です。 「てんとう虫(天道虫)」とは全く関係がないというか、全くイメージができないw むしろ 「lady beetle (レイディ・ビートル) 」の方が、ぶっちゃけしっくりくると思いましたね。 なぜ2つの呼び方があるのか? その由来は? ちなみに、上記のように2つ呼び方があるのはなぜか? その由来は? 簡単に違いをいうと、• 「Lady bird(レイディ・バード)」は、イギリス英語。 (主にイギリスとそのほかの英語圏で使われる)• 「Lad bug(レイディ・バグ)」は、アメリカ英語。 (主に北アメリカで使われる)の違いがあるようです。 なぜ 「Lady bird(レイディ・バード)」「Lad bug(レイディ・バグ)」のように「Lady」がつくのか謎ですよね? しかも、なぜ「Bird(鳥)」なのかも謎ですよね? ってことで、周りの英語圏の人に聞いてみたのですが、みんな声を揃えて、 「知らない!」 とのこと・・・・。 まぁ、よくあることですねw ちょっと調べてみると、 どうやら、オリジナルはイギリスで、聖母マリア様(Our Lady)に由来するとかしないとか。 7つの斑点がある赤いマントを身につけたマリア様が初期の絵にはよく描かれていたからと言われているようですね。 そして、「ナナホシテントウ」も同じように7つの斑点があることから、「マリア様の7つの喜び」「マリア様の7つの悲しみ」のシンボルになっているとかいないとか。 らしいです。 詳しくは「」も参考にしてみてください。 実際のとことはわかりませんが、まさか「てんとう虫(天道虫)」が聖母マリア様に関係していたとは、個人的にかなり意外でしたね。 僕の中での「てんとう虫(天道虫)」のイメージが、「アブラムシを食べるいい昆虫で、見た目が可愛い」っというイメージしかなかったので、まさかそんな神聖なイメージがあったことに驚いきでしたね! さいごに 「てんとう虫(天道虫)」を英語では、 「Lady bird(レイディ・バード)」は、イギリス英語。 (主にイギリスとそのほかの英語圏で使われる) 「Lad bug(レイディ・バグ)」は、アメリカ英語。 (主に北アメリカで使われる) と言います。 ちなみに、日本語では、なぜ「てんとう虫(天道虫)」と呼ばれるのか? 「日本名の由来は、太陽に向かって飛んで行くことから、太陽神の天道からとられた。 」 とのことです。 『』 上記でも言っているように、「てんとう虫(天道虫)」は、アブラムシを食べるイメージしかなかったです・・・。 「てんとう虫(天道虫)」って太陽に向かって飛んだっけ?っとちょっと疑問に思ってますw っというか、最近「てんとう虫(天道虫)」自体をみた記憶がないw.

次の

THE YELLOW MONKEY 天道虫

天道虫 歌詞

・THE YELLOW MONKEY — 天道虫 THE YELLOW MONKEYの新曲「天道虫」は、テレビ東京系列で放映されるドラマ「天 天和通りの快男児」のオープニング曲です。 私はドラマで初めて聴いたのですが、一発でやられました。 ヴォーカルの吉井和哉さんによるその歌詞には、麻雀卓を囲っているかと錯覚させられるような、ドラマさながらの麻雀用語が散りばめられています。 そしてドラマの原作者・福本伸行氏が問うのは勝負、そして生と死。 そんな重いテーマに真っ向から向き合うTHE YELLOW MONKEYの新曲には、はたしてどのような意味が込められているのでしょうか。 ・「天道虫」はイエモンの最新シングルにしてドラマの主題曲 疾走感溢れるエッジの効いたギターから始まる「天道虫」は、11月にリリースされたばかりのTHE YELLOW MONKEYの新曲です。 その「天道虫」がオープニングを飾るドラマ「天 天和通りの快男児」は、ギャンブル漫画の第一人者、福本伸行氏の同題漫画の実写化です。 代打ちと呼ばれる裏社会のギャンブルを描いたこのドラマでは、主人公の天貴史を演じる岸谷五朗さんの他に吉田栄作さんなども出演し、いぶし銀の演技を見せてくれています。 渋くダンディで、しかも人情味溢れる個性豊かな登場人物たちの格好よさは、ドラマのオープニング映像からだけでも伝わってきます。 THE YELLOW MONKEYの公式YouTubeチャンネルにその映像がアップされているので、まずはその様子をお楽しみください。 (テレビ東京ドラマ「天 天和通りの快男児」オープニング映像) 刹那の世界に生きる男たちの様を、シンプルだけど骨太なロックが見事に彩っていますね。 ドラマでは岸谷さんや吉田さんの円熟味を増した表情や仕草が、一寸先は闇のよう勝負の様に深みを与えています。 そしてその円熟さで聴くものを魅了するのはイエモンも同じ。 ドラマのオープニングで目まぐるしく変わる男たちの人生模様を浮かび上がらせただけでなく、自身の公式MVでも、疾走感溢れる「大人のロック」を披露してくれています。 ・これぞ日本のロック。 しかし妖艶な色気漂うMVの舞台は台湾 THE YELLOW MONKEYのMVもドラマの世界観を描くかのように、ネオンに照らされた台湾の市場を舞台にしています。 ときおり映り込む麻雀卓や、勝負に生きる男たちも雰囲気を盛り立て妖しさ全開。 そんな光景を背に展開するMVは、ケバい衣装に身を包んだ「オジサマ」たちの、パワフルでダイナミックなロックンロールショーとなっています。 毒々しいネオン光線を背景に奔る「天道虫」は、まさにこれこそがジャパン・オンリーだと感じさせる独特の色香を放っています。 テイストとしては80年代のアメリカン・ロックそのものだと思いますが、そこに歌謡曲の要素が散りばめられ、誰でも聴きやすい楽曲に仕上がっているのです。 ギターとベース、そしてドラムといったシンプルな構成で、これだけ深みのあるメロディを演出できるのは円熟期にあるバンドのなせる業ではないでしょうか。 個人的には2018年でもっとも「格好いい曲」となった「天道虫」。 さて、歌詞は何を訴えているのでしょう。 勝手な解釈ではありますが、じっくりと読んでいこうと思います。 ・勝負の予感。 ビリヤードのラシャみたいに毒々しい緑色を、アマゾンの毒草のようだと比喩したのでしょう。 そんなテーブルの周りには、これまた血気盛んな男たちが揃っています。 「あいつがまた」と、ひとりの男が現れたように描かれていますが、主人公・天と行動をともにする赤木しげるは静かな男です。 天も血生臭い人物ではないので、ライバルの原田を含めた、勝負の場に集うすべての男たちのことを指しているのでしょう。 そんな男たちの中心には「天道虫」が。 もちろんこれは麻雀牌です。 これから始まろうとする運と命のやりとりを、草木に紛れて待っているのです。 そして続く言葉は「ざわざわ」。 原作漫画を知る人なら、目に焼き付いているだろう擬音です。 シリアスな場面や登場人物の焦燥などに必ずといっていいほど描かれるこの言葉を用いて、 どうなる?勝負はどうなる? と、毒葉の上の天道虫が、飛び立たんとする時をじっと静かに待っているのです。 その盛り上がりに呼応するかのように歌詞でも「男たちの勝負」が始まり、卓上の「天道虫」が勝ちと負け、幸運と不運を抱えて4人の男たちの間を飛び廻ります。 幸運を抱えた「天道虫」は、誰の手牌(トランプに例えると持ちカード)に舞い降りるのでしょう。 現実の麻雀で廻るのは順番ですが、本来は動かぬ麻雀牌に「勝負の鍵」を持たせて勝負師たちの頭上を飛ばせるのは、さすがとしかいえない描写ですね。 となれば「背中の星」は麻雀牌の模様です。 それがルール通りに整えば上がりの一歩手前、麻雀用語でいう「聴牌」となります。 ここもその読みに別の意味を持たせたのでしょう。 聴牌はテンパイ。 そして歌詞は雨雲が晴れて朝日の昇る景色を綴っています。 通りから太陽を見上げる、つまりは「天拝」の様子をなぞらえて、誰かが聴牌(テンパイ)したと言っているのでしょう。 聴牌(テンパイ)までは調子がよかったのですが、その先の最後の一押しがなかなかできない。 欲しい牌はこれじゃないと、手にした無垢な白牌に苛立つ様子がリアルですね。 そしてどんどんと深みに嵌まって、何をしているのかわからなくなる。 わけもわからずアタフタする様子は、恋に溺れたときと同じだと、読めない人の心と変わらないと嘆きます。 この歌詞の深いところはこのあたりに象徴されます。 ギャンブルに限らず人生というものは、何をしても結果が出てみないとわからない。 成功したも同然だと気を抜くと、そこから一気に転げ落ちたりもします。 麻雀もまったく同様で、運だけでも技術だけでも勝てません。 相手の心理を読み切ったとしても、すぐに展開が変ってしまい、読みが無意味になることもあるのです。 だから気を引き締めていけよ。 勝負は最後までわからないんだぞと、卓上の「天道虫」は囁きます。 誰の肩に舞い降りるかは、まだ決めていないんだよと。 世の中ではそれを奇跡を呼びますが、麻雀でもそんな夢のような展開が時として起こります。 しかし奇蹟は、たまにしか起こらないから奇蹟なのです。 ところが人はそれに縋ります。 追い込まれれば追い込まれるほど夢よもう一度と、過去の成功に縋りつくのです。 永遠の愛を手にする人は多くありません。 現実にはぼやけた夢が、儚く漂い泡と消えます。 「赤い羽根」というのはもしかしたら、夢よ叶えと卓に放ったリーチ棒かもしれません。 リーチを宣言して勝ち切れば、獲得点数は大きく増えます。 その担保に差し出すのがリーチ棒、身銭を削った投資です。 ところがそれが泡となる。 誰かの手に入ったまさかの奇蹟が、すべてを持ち去りそれまでの苦労を、無かったことにしてしまうのです。 そんな不条理があるのが麻雀、そして人生です。 善悪だけでは語れないと、赤い羽根が象徴する、募金活動にも掛けているのでしょう。 「天道虫」は誰の下にも降り立たずに迷ったまま。 昇った朝日も知らぬ間に西に傾き、いつものように沈んでいく。 勝った負けたは一時のこと。 先はまだ続く、死ぬまでずっと続くのだから、勝ち負けなど最後までわからない。 そうして人は生きつづけると、勝負や愛を繰り返して、人生を歩み続けると歌っているのではないでしょうか。 どこに降り立つかを迷う「天道虫」は、生き様に迷う私たちそのものなのかもしれませんね。 降りる場所が決まらないのは、人には様々な価値観があるからでしょう。 幸福の形は人それぞれなのだと、「天道虫」は言っているように思えます。 勝負事の舞台を借りて人の世を描く。 ビートの効いたロックに乗せて、上手くいかないことがあるのも、迷うことばかりなのも当然だ、それが人生なんだと叫ぶ。 なんとも格好のいい、素敵なオジサマたちでしょう。 ドラマの原作者である福本伸行さんが漫画で描くのも、そんな人の世の儚さと、それに立ち向かう勇気です。 だからこそこの曲はドラマにマッチし、オープニングから「天 天和通りの快男児」の世界に聴くものを惹き込んでくれるのでしょう。 2018年一押しのロックナンバー、ぜひともお聴きになってみてください。

次の

イエモン、Atlantic/Warner Music Japanとタッグを組むことを発表!!「天道虫」歌詞公開!

天道虫 歌詞

概要 [ ] の体長は数mm - 1cm程度の小型の昆虫である。 成虫は半球形の体型で、やは短い。 体は黒・赤・橙・黄・褐色など鮮やかな色で彩られ、体の模様も種類間で変異に富んでいる。 日本では赤や黄の地色に黒い水玉模様、あるいは黄に白の水玉模様のものが多く、その多くはそれらの斑点の数で命名されている。 幼虫・成虫とも強い物理刺激を受けると(死んだふり)をし、さらに関節部から(黄色の)を分泌する。 この液体には強い異臭とがあり、外敵を撃退する。 体色の鮮やかさは異臭とまずさを警告するといえる。 このためなどはテントウムシをあまり捕食しないが、それでもや、などのが存在する。 の幼虫はに捕食されることもある。 食性は種類によって大きく異なり、やなどを食べる肉食性の種類、菌などを食べる菌食性の種類、植物などを食べる草食性の種類の3つに分けることができる。 このため農作物にとってはとに大きく分かれることとなる。 肉食性の種は近年では農作物の無農薬化を行う際、代わりに使用されるの一つとして活用されている。 幸福や恋愛のような縁起の良い迷信の多い虫でもある。 生活環 [ ] 甲虫の仲間なので、 - - - というをおこなう。 成虫はのあとに、食物の近くに数十個ほど固めてを行う。 した幼虫はがなく、が後方へ伸びる。 さらに体には突起やとげをもち、成虫とは似つかない体型をしている。 甲虫類の中には幼虫と成虫で食性がちがうものもいるが、テントウムシ類は幼虫も成虫も同じ食物をとることが多い。 また卵や幼虫を対象としたをし、草食種もこの性質を残す。 充分に成長した終齢幼虫はのの裏などで蛹になる。 蛹は楕円形で、翅こそ短いものの成虫の形に近い。 腹部の先で壁面にくっつき、落下しないようになっている。 蛹から羽化したばかりの成虫の翅は黄色だが、翅が固まるにつれ、特徴的な模様が現れる。 成虫はからまでよく見られる。 などは幼虫でするが、多くのテントウムシは成虫で越冬する。 越冬の際は石や倒木などの物かげで、数匹 - 数十匹の集団を作る。 の仲間の幼虫 人間との関わり [ ] 柑橘類の害虫(Icerya purchasi)を捕食するは、生物農薬、益虫としてテントウムシが利用される場合の代表例として、図鑑等でも紹介される。 による防除が成功して以降、他のテントウムシもとして利用する試みが行われるようになったが、成虫はすぐに飛翔して分散してしまうため、防除効果が得られるのは幼虫の期間に限定されていた。 そこで物理的・遺伝的それぞれの方法で飛ばなくしたテントウムシの研究が行われており、日本でもで、野生由来の飛翔能力の低い系統を何世代もかけて選抜する品種改良でこれを開発した(選抜を停止すると数世代後には飛翔能力を取り戻す)。 これは2014年に商品化している。 もともと野生個体の遺伝子だけであること、飛翔能力の低さによる繁殖力・生存力の低さから、(ナミテントウが元から分布する地域であるという前提なら)生態系に及ぼす影響も少ないと考えられる。 でも飛ばないテントウムシの開発例があり、幼虫時点でという手法を用いることで成虫のが小さくなる。 この場合は遺伝子は操作されていないため次の世代には影響を及ぼさない。 のでは、を使ってテントウムシの動きを止め、で背中の羽を接着して飛べなくする方法で生物農薬に使う研究がされ、2013年11月の主催の「全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト」で優勝を成し遂げた。 近在に生息するナナホシテントウ・ナミテントウを使うことから生態への影響が少ないという利点がある。 政府からの引き合いもあったという。 これは2017年には特許が取られ、2018年から限定的に販売開始されている。 ヨーロッパにおいても飛ばないナミテントウが研究され実用化されたが、ヨーロッパにもともと分布しなかったナミテントウは在来種のテントウムシに影響を及ぼしたことから販売は中止され、のちに在来のフタモンテントウで同様の研究が行われている。 天敵として移入されたナミテントウは他種を脅かす存在として世界的に拡大定着している。 テントウムシやその体液が大量付着されたで作り出したの味が変わるので(「テントウムシ汚染」と呼ばれる)、テントウムシの大発生はワインの商品価値に悪影響を及ぼしている。 おもな種 [ ] 国内では約180種が知られる。 ただし半数以上は5mmに満たない小さい種である。 マダラテントウ亜科だけが草食で、他の5亜科が肉食性だが、テントウムシ亜科のカビクイテントウ族 Halyziini には菌食性のものがいる。 肉食 [ ] 、、まで広く分布する代表的なテントウムシ。 体長8mmほどで、翅は赤く、和名のとおり7つの黒い紋がある。 個体間で模様の変異はない。 アブラムシやを食べるが、餌不足に陥った幼虫は共食いをすることもある。 アジアに広く分布し、ナナホシテントウと並ぶ代表的な種類。 体長7mmほど。 ナナホシテントウとはちがい、黒地に2つの赤い紋、黒地に4つの赤い紋、赤や黄色に多くの紋、赤や黄色の無地など体色に多くの変異がある。 アブラムシを捕食する。 ダンダラテントウ ( Menochilus sexmaculatus) 体長5mmほどで、ナミテントウよりやや小型。 翅は黒地に赤い紋が4つあるが、ナミテントウにも似た模様のタイプがいるので区別がつけにくい。 アブラムシを捕食する。 カメノコテントウ 体長12mmほどの大型のテントウムシ。 翅は黒地に橙色の模様があるが、これがのの模様にも似ていることからこの和名がある。 の幼虫を捕食する。 ヒメカメノコテントウ 和名のとおり、カメノコテントウに似た模様があるが、体長は4mmほどしかない小型の種類。 翅の模様にはいくつかの変異がある。 アブラムシを捕食する。 ジュウサンホシテントウ オレンジ色の翅に和名の通りの13個の黒い紋がある。 また一般的なテントウムシと異なりのような縦に長い体を持つ。 アブラムシを捕食する。 ウンモンテントウ 体長10mmほどの大型のテントウムシで、オレンジ色の翅に周囲が白い黒の紋を持つ。 アブラムシを捕食する。 オオテントウ 体長12mmほどの大型のテントウムシだが、生息数は少ない。 アブラムシを捕食する。 体長4mmほどの小型のテントウムシ。 翅は赤く、黒い模様がある。 (イセリアカイガラムシ)を捕食する。 に分布するが、ワタフキカイガラムシ駆除のためにに持ちこまれ、そのまますみついたである。 アカホシテントウ カイガラムシを捕食する。 の木に良く付いている。 学名の rubidus はで暗赤色の意。 ベニヘリテントウ カイガラムシを捕食する。 和名の通り黒の翅に縁が紅色の模様を持つ。 アミダテントウ 学名の tricolor (三色)の名の通り、茶色・黄色・黒の3色による特徴的な翅の模様を持つ。 アオバハゴロモを捕食する。 草食 [ ] テントウムシ科のうちのみが草食である。 草食のテントウムシは肉食の種類に比べてに毛が多いため、がないのが特徴である。 オオニジュウヤホシテントウ この2種は体長7mmほどで、淡い褐色の地に名のとおり28個の黒い点がある。 和名のとおりオオニジュウヤホシテントウのほうが少し体が大きく、黒点も大きい。 集団でやの葉を食べるため、害虫として扱われる。 オオニジュウヤホシテントウはマダラテントウの中でもっとも寒冷地に進出しており、周辺まで分布している。 一方、ニジュウヤホシテントウは北海道以南からまで分布している。 この2種は益虫である肉食性のテントウムシと違って、ナスやジャガイモなどの葉を食害するため、別名「テントウムシ ダマシ」ともいわれる。 しかし、というテントウムシ科とは別の分類群が存在するので注意が必要である。 ヤマトアザミテントウ エゾアザミテントウ ルイヨウマダラテントウ オオニジュウヤホシテントウに近縁な日本で、それぞれなどの、などの植物の葉を食べる。 関東地方などでは害虫化している例もある。 本州と北海道の大部分にはいずれかが生息しているが、九州と四国からはこれまで見つかっていない。 ジュウニマダラテントウ に見られ、植物の葉を食べる。 ミナミマダラテントウ などのに見られる。 最近南方から侵入・定着したと考えられる。 トホシテントウ 体長8mmほどで、北海道南部以南の日本全国とに分布する。 などのウリ科植物の葉を食べる。 巻き蔓の間に産卵する。 ツシママダラテントウ シナマダラテントウのとされ、日本では対馬でのみ見られる。 植物の葉を食べる。 (東京西郊型エピラクナ) 脚注 [ ] []• 『日本大百科全書 16』小学館、1994年。 『語源辞典 動物編』東京堂出版、2001年、168頁。 森上信夫『虫の呼び名事典』世界文化社、2013年、20頁。 日本昆虫科学連合『昆虫科学読本』 東海大学出版部 p174-183• [ ]• Ohde; et al. 2009. Insect Molecular Biology Royal Entomological Society 18 5 : 571—581. 東京新聞、2013年12月24日 2013年12月27日, at the. 産経新聞、2018年2月10日• 朝日新聞2018年2月15日• 『昆虫科学読本』p176• 『テントウムシの島めぐり』 地人書館 p171-173• The Drinks Business、2012年2月2日• swissinfo. ch、2008年10月15日• 阪本優介『テントウムシハンドブック』 文一総合出版 p2• 『テントウムシの自然史』 東京大学出版会 p194-195 参考文献 [ ]• ・渡辺泰明解説、写真『甲虫』〈新装版山溪フィールドブックス〉、2006年。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - コンパクトかつ丸いデザインから、「 てんとう虫」の通称がある。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 2012年1月21日閲覧。 (英語)• NCBI 英語. (英語)• - (英語)• 昆虫学データベース KONCHU. 大学院農学研究院昆虫学教室. 2012年1月21日閲覧。

次の