確定申告 非課税。 住民税が非課税になる条件とメリットのポイントまとめ|Bizpedia

確定申告が不要でも住民税申告が必要な人は? [税金] All About

確定申告 非課税

確定申告は、会社勤めをしていない個人事業主だけがするものではなく、副業収入のあるサラリーマン、リーター、個人事業主で赤字の場合、無収入になってしまった人、年度途中で退職した専業主婦(夫)の方フも、場合によっては確定申告が必要になってきます。 自分がどのケースに当てはまるのかをきちんと確認して、必要ならば確定申告をしなければなりません。 確定申告を故意にしないで税金を軽くする「無申告」は、れっきとした脱税行為になります。 「無申告加算税」や「延滞税」の加算、悪質な場合は「ほ脱」と呼ばれる刑事罰を課せられる可能性がありますし、社会的信用を失うことにもなりかねません。 この記事では、どんな人に確定申告の義務が生まれるのか、無申告や申告漏れの場合どんなペナルティを受ける可能性があるのか、などを詳しくまとめました。 確定申告漏れがある場合、勧告前に申告を行えば軽減措置を受けられる可能性もあります。 必ず確定申告を行いましょう。 目次 給与所得のあるサラリーマンでも、副収入のある方は確定申告が必要になります。 それは「副収入(給与所得と退職所得以外)が諸経費を差し引いて通算20万以上になる場合」です。 この副収入とは給与以外の収入全般を含み、例として土地の売買で得た収入、株やFX取引で得た収入なども含まれます。 副業をしている場合の確定申告については、関連記事を参照してください。 【関連記事】 フリーターで源泉徴収されている場合、確定申告で医療費控除などを受けると納めすぎた税金が還付されることがあります。 住民税は昨年の1月1日から12月31日までの所得税の額で決定します。 そのため、確定申告で所得税額に変更があれば翌年の住民税が変わりますので、住民税単体での申告は不要となります。 所得税と住民税の働き方別の詳しい解説は、関連記事を参照してください。 【関連記事】 個人事業主で赤字でも確定申告は必要 無申告加算税は、本来納めるべき税額に加えて、税額に応じた罰金を支払うものです。 基本的には、納税額に対して50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額が罰金となります。 税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合には、この無申告加算税の課税割合が5%まで軽減されます。 期限後申告であっても、一定の条件を満たしている場合は無申告加算税が課されません。 例えば、「無申告に正当な理由があること」「期限後申告日から過去5年間のうちに無申告加算税もしくは重加算税を課されたことがないこと」「期限後申告の後、税額を期日までに納付したこと」などの条件があげられます。 参考: 7. 期限後申告をした場合は、原則として法定納期限の翌日から申告書を提出する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます。 申告が遅れれば遅れるほど、延滞税も多額になる可能性がありますので注意が必要です。 納期限の翌日からふた月を経過する日までなら原則として7. 6%(平成26年1月1日以後であれば特例基準割合+7. 3%のいずれか低い方)の延滞税が課されます。 確定申告を忘れてしまったら、できるだけ早く申告する 確定申告は義務であり、国税の納付と還付を行う大切な行事です。 確定申告が不要だと思われがちな、サラリーマンの副業、無収入、赤字の個人事業主、専業主婦(夫)でも、確定申告が必要な場合があります。 無申告や、定められた期限後に申告する「期限後申告」を行うと、通常の納付に加えて最大20%の「無申告加算税」や最大14. 6%の「延滞税」が加算されます。 さらに申告内容の改ざんなど悪質な「ほ脱」を行った場合は、さらに最大40%もの重加算税が課されることになります。 もし確定申告の申告漏れに気づいたら、税務署に指摘される前にできるだけ速やかに申告し、ペナルティを最小限に抑えることが大切です。 確定申告は年に一度しかなく、期間も1ヶ月ほどしかありません。 無用なペナルティを課されてしまうことを避けるためにも、簡単に不備のない書類作成ができるの活用がおすすめです。 質問に答えていくだけで自動的に確定申告書類が作成できるうえ、個人事業主の方なら税理士に支払う書類作成費用も抑えられます。 ぜひこの機会に利用してみてくださいね。

次の

所得税がかからない非課税所得や非課税世帯についてわかりやすく解説!

確定申告 非課税

非課税所得とは? 非課税所得とは、文字通り、所得税がかからない所得のことをいいます。 非課税所得については、所得税法に列挙されています。 その中には、本来は所得として課税すべきではあるが受け取った事情に配慮して課税しないものや、実費補てんの性質をもつために課税しないものなどさまざまです。 非課税所得については、間違って確定申告してしまうということはあまりないかもしれませんが、受け取った金額に、あとで税金が課税されることはないということを理解しておけば、受け取る際にも税金のことを気にしなくてよいので安心です。 それぞれ主な具体的な例を見ていきましょう。 非課税所得 その1 受け取った事情に配慮して課税しないもの 下記の所得は、本来は所得税を課税すべきところですが、受け取る者が事故にあったり、家族が亡くなったりなどといった特別の事情を持つことが多いため、課税しないことになっています。 遺族年金や障害年金• 交通事故やその他の紛争によって得た示談金や損害賠償金、慰謝料など• 雇用保険や健康保険、国民健康保険によって得た各種保険給付(出産手当金や傷病手当金、育児休業給付金や各種労災給付や各種失業給付など)• 生活保護費 この中でも、働く人にとって最も重要なのは、3)の社会保険関係の給付です。 出産したときや、労災に遭ったときなど、社会保険の制度から給付が行われることがあります。 これらはすべて所得税の課税が行われないということは覚えておきましょう。 このほかにも、例えば、自分の家庭で使用した衣服や家具・家電など生活用品をフリマサイトで販売したり、中古品買い取り業者、知人などに売却したりした場合にも、その売却代金については所得税の課税は行われません。 非課税所得 その2 実費補てんの性格が強いため課税しないもの 下記の所得は、実費補てんの性格が強いために課税が行われません。 給与所得者の通勤手当(月額15万円を超える金額については、所得税の課税が行われる)• 給与所得者の出張旅費や出張日当、転勤旅費の会社負担金 非課税所得の中でも、最も身近なのは通勤手当です。 1か月分の定期代の金額を支払ったり、アルバイトであれば往復交通費の実費相当額を支払ったりというパターンが多いですが、いずれの場合も、通勤に要する実費を事業主が補てんしているという性質のため、所得税の課税が行われません。 ただし、実際に要する以上に支払えば、その差額は通勤手当名目であっても所得税の課税を行う必要があります。 ちなみに、通勤手当は所得税の課税は行われませんが、社会保険料や雇用保険料の計算の基礎には含めなければならないことに注意が必要です。 非課税世帯とは? 非課税所得と似たような言葉で「非課税世帯」というものがあります。 非課税世帯というのは住民税が課税されない世帯のことをいいます。 住民税が非課税になるのは、自治体によって基準が異なる場合がありますが、原則的には所得が35万円以下(給与の場合は額面合計が年間100万円以下)の場合です。 住民税は個人ごとに課税されます。 非課税世帯というのは、世帯全員が住民税の非課税になっている状態です。 住民税の非課税世帯は、国民健康保険料についても減免を受けることもできます。 ただし、非課税になる基準を見れば分かるように、住民税が非課税になるのは、年収にして100万円以下と、かなり低い金額です。 住民税の非課税については、意図して非課税になるというよりは、そのような制度も存在するといったくらいで理解しておけばよいでしょう。 まとめ• 非課税所得には、主に、受け取る側の事情に配慮して非課税となっているものや、実費弁償の意味があるために非課税となっているものがある• 受け取る側の事情に配慮して非課税となっている所得には、健康保険や雇用保険による各種給付などがある• 実費補てんの性格が強いため非課税となっている所得には、通勤手当などがある• 住民税の非課税となるのは、給与所得者の場合は原則として年収100万円以下の場合である 非課税所得については、どのようなものが非課税なのかということを理解して、万が一にも確定申告してしまわないように注意しましょう。

次の

所得税が非課税になる年金受給者の年収はいくらなのか?

確定申告 非課税

住民税非課税世帯の認定には住民税の確定申告が必要 確定申告書は、納める税金が発生しなければ申告不要です。 しかし、 住民税非課税世帯の所得金額は確定申告書の内容で判断します。 そのため、 住民税の確定申告書を提出しないと、住民税非課税世帯と認められませんので、住民税の申告書の手続きは必要です。 なお、税務署は地方自治体に申告のデータを送りますので、 税務署に確定申告書を提出した場合には住民税の申告手続きをあらためて行う必要はありません。 【所得の種類】 1 事業所得 2 不動産所得 3 利子所得 4 給与所得 5 配当所得 6 譲渡所得(金地金、株式、不動産の売買) 7 一時所得(馬券の利益) 8 雑所得(年金、仮想通貨の売買) 9 山林所得 10 退職所得 確定申告では、年間の所得を合計して申告する必要がありますが、上場株式の配当金など、 源泉分離課税制度(先に税金を納めている)の所得は、申告不要です。 そのため、 配当金の収入が100万円、1,000万円あっても、合計所得金額に加算しないで確定申告が可能です。 ただし、 還付申告をするために配当所得の申告をすると、源泉分離課税の金額も合計所得金額に含まれます。 また、不動産売却の特例(3,000万円控除)や株式の繰越控除(株の売却損を翌年に繰り越して翌年の売却益から向上する)を適用する場合には、 合計所得の金額は特例控除前の金額で判断します。 所得基準額は自治体に確認する 住民税非課税世帯の所得基準は、住んでいる自治体や扶養している家族の人数によって異なりますので、 正確な所得基準額はお住まいの自治体に確認しましょう。 また、住民税非課税以外にも、 配偶者控除・扶養控除・社会保険料など、対象となる制度によって基準の所得金額は違いますので、ご注意ください。 (執筆者:平井 拓).

次の