スウィート ドリームス。 中国ドラマ「スウィート・ドリームズ~一千零一夜~」のあらすじ・キャスト・放送予定

【楽天市場】快眠ショップスウィートドリーム [会社概要]

スウィート ドリームス

1,809• 140• 105• 137• 102• 208• 126• 110• 1,787• 128• 351• 169• 103• 122• 112• 170• 102• 174• 103• 4 最近の公開• 最近のコメント• に eikashi より• に 夏樹 より• に 匿名 より• に eikashi より• に eikashi より• に 夏樹 より• に MAYO より• に eikashi より• に eikashi より• に eikashi より.

次の

中国ドラマ「スウィート・ドリームズ~一千零一夜~」のあらすじ・キャスト・放送予定

スウィート ドリームス

ブリティッシュ・インヴェイジョンの波に乗って音楽だけでなくファッションなどさまざまな衝撃を世界に与えたUKのアーティストたち。 カルチャー・クラブなどは美しい女装で我々を楽しませましたが、まさか男装のアーティストが登場するとは思いませんでした。 日本では「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」がCMなどでお馴染みのユーリズミックス。 世界的なブレイクを果たした「スウィート・ドリームス」のミュージックビデオで、アニー・レノックスのオレンジ色の短髪とスーツ姿には本当にインパクトがありました。 今では、ベリー・ショートのスーツ・ファッションのひとことで片づけられそうですが、私はてっきりレズビアンの方だと思ってました(単純!)。 マリリン・マンソンもカヴァーした楽曲もダークな雰囲気ではあるもののクールでカッコよく、全英2位全米1位を記録。 以前に出したシングル「ラヴ・イズ・ア・ストレンジャー」もリカットされ大ヒットを記録しました。 後に前述の「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」では、スティーヴィー・ワンダーと、「シスターズ・アー・ドゥーイン・イット・フォー・ゼムセルヴズ」ではアレサ・フランクリンと共演し大物感を増していきました。 そんな大ヒット名曲を連発したユーリズミックスですが、私にとって『強烈な一撃』はやっぱり「スウィート・ドリームス」です。 ミュージックビデオ冒頭でテーブルを「ドン!」と叩くカット。 これに尽きます。 2016.

次の

「ダッフィーのスウィート・ドリームス」新作グッズ紹介☆│D

スウィート ドリームス

スウィート・ドリームス・プレスについて スウィート・ドリームス・プレスは、2007年の夏に始まりました。 そもそもの目的は『スウィート・ドリームス』という名前の、音楽とその周りのあれこれを扱う雑誌を発行するためでしたが、もちろん予定通り編集作業がスムーズに進むはずもなく、最初の表立った活動はジュヌヴィエーヴ・カストレイというカナダで生まれた女性イラストレーターの「仮面」という展示の企画・制作となりました。 そして、その会期中にベスト・ミュージックという東京のパフォーマンス・ユニットのファースト・アルバム『Music for Supermarket』をリリースします。 これは、その数ヶ月前からずっと準備してきたものでした。 まるでスーパーマーケットのBGMみたいな音楽を、オリジナル曲として精緻につくっていく。 ジャケットには、まるでスーパーマーケットのチラシのようにポーズをとるカップル、隅には大きく「レジにて半額」と書かれています。 そのことでレコード店からクレームが来たのも、今となっては楽しい思い出です。 そして、その3カ月後に『スウィート・ドリームス』の第1号が完成します。 それは2007年12月12日のことでした。 四六判の128ページで本文はすべて1色、表紙も2色。 それが予算内でできる精一杯のことでしたが、多少の色味としてポストカードを2枚封入しました。 特集ページでは、その後一部で話題となるアウトサイダー・ミュージシャンのジャンデックのことを取り上げています。 また、チーム・キャシーが自由に書ける治外法権のページをつくることと、表紙にニキ・マクルーアの切り絵を使うこと。 かねてより『スウィート・ドリームス』でやりたかったふたつのこともでき、地味な内容だったものの、その後売り切ることができました。 刷り部数は1,000部でした。 と、そのようにしてスウィート・ドリームス・プレスは始まり、その後、1年に1冊のペースで『スウィート・ドリームス』という雑誌を発行し、その合間にレコードを出したり、美術展示をしたり、ツアーのブッキングをしたり、また、それらにあわせて本をつくったり、ということをしてきました。 元々『スウィート・ドリームス』という雑誌にしても、通りのよいサブタイトルやキャッチコピーを持っていません。 ちょっと不親切かなという気もしますが、それは何かを想定したとたん、大事なものが逃げていってしまうような予感がしたからです。 しかし、かといってサブタイトルがないのがサブタイトルというようなわけでもなく、つまりはただのちっぽけなスウィート・ドリームスなのです。 さらに言えば、スウィート・ドリームス・プレスは、何かのジャンルに特別通じているわけでもありません。 よく知っていることをうまく提示するのではなく、むしろ、興味はあってもそれまで余り知らなかった人やものと『スウィート・ドリームス』自体が知り合えていく過程が、楽しくそこにあれば幸いだと思っています。

次の