東北 学院 大学 鬼 仏。 東北大学 授業評価

鬼と仏の社長学

東北 学院 大学 鬼 仏

主要業績 Dynamics of a hybrid system of a brain neural network and an artificial nonlinear oscillator. [Biosystems,58, 2000 ,249-257] N. Katayama, M. Nakao, H. Saitoh, M. Yamamoto カルバコールにより賦活される海馬神経回路の時空間ダイナミクス. [生体医工学,42 4 , 2004 ,269-276] 片山統裕,菊池修,渡邊直樹,辛島彰洋,中尾光之 Thickness Controls Spatial Cooperation of Calcium-activated Dynamics in Neuronal Dendrite System. [IEICE Trans. Fundamentals,E80-A, 1997 ,197-205] N. Katayama, M. Nakao, Y. Mizutani and M. [Brain Research,595, 1992 ,249-255] Norihiro Katayama, Naofumi Tokutomi, Junich Nabekura and Norio Akaike A Quartet Neural System Model Orchestratng Sleep and Wakefulness mechanisms. Neurophysiol. ,95 9 , 2006 ] Yuichi Tamakawa, Akihiro Karashima, Yoshimasa Koyama, Norihiro Katayama, Mitsuyuki Nakao 1 神経電極 神経電極には、脳・神経細胞の活動を観測するための記録用電極と、その活動を制御するための刺激用電極があります。 これらの電極は、脳科学の研究だけでな く、てんかんなどの病気の診断や、パーキンソン病などの治療にも欠かせません。 最近話題になっている、ブレイン・マシン・インタフェース BMI の実用 化のカギを握るテクノロジーでもあります。 私たちは、最新の神経生理学や解剖学のデータに基づいて脳・神経細胞をモデル化し、コンピュータシミュレーションする技術を応用して、高機能な神経電極の設計と開発を行っています。 私たち は、BMIのための新しいディジタル信号処理アルゴリズムを開発するとともに、そのアルゴリズムをリアルタイムに実行するシステムの実装を行っています。 3 脳の情報処理メカニズム 脳の高度な情報処理能力は、その構成要素であるニューロンの機能に支えられていると考えられています。 従来の極端に単純化されたニューロンではなく、最近 の生理学的データに基づいたリアルなニューロンの姿をシミュレーションすることによって、脳の情報処理メカニズムに迫っていきます。

次の

無料壁紙特集 東北大学 とくとく情報!

東北 学院 大学 鬼 仏

主要業績 Dynamics of a hybrid system of a brain neural network and an artificial nonlinear oscillator. [Biosystems,58, 2000 ,249-257] N. Katayama, M. Nakao, H. Saitoh, M. Yamamoto カルバコールにより賦活される海馬神経回路の時空間ダイナミクス. [生体医工学,42 4 , 2004 ,269-276] 片山統裕,菊池修,渡邊直樹,辛島彰洋,中尾光之 Thickness Controls Spatial Cooperation of Calcium-activated Dynamics in Neuronal Dendrite System. [IEICE Trans. Fundamentals,E80-A, 1997 ,197-205] N. Katayama, M. Nakao, Y. Mizutani and M. [Brain Research,595, 1992 ,249-255] Norihiro Katayama, Naofumi Tokutomi, Junich Nabekura and Norio Akaike A Quartet Neural System Model Orchestratng Sleep and Wakefulness mechanisms. Neurophysiol. ,95 9 , 2006 ] Yuichi Tamakawa, Akihiro Karashima, Yoshimasa Koyama, Norihiro Katayama, Mitsuyuki Nakao 1 神経電極 神経電極には、脳・神経細胞の活動を観測するための記録用電極と、その活動を制御するための刺激用電極があります。 これらの電極は、脳科学の研究だけでな く、てんかんなどの病気の診断や、パーキンソン病などの治療にも欠かせません。 最近話題になっている、ブレイン・マシン・インタフェース BMI の実用 化のカギを握るテクノロジーでもあります。 私たちは、最新の神経生理学や解剖学のデータに基づいて脳・神経細胞をモデル化し、コンピュータシミュレーションする技術を応用して、高機能な神経電極の設計と開発を行っています。 私たち は、BMIのための新しいディジタル信号処理アルゴリズムを開発するとともに、そのアルゴリズムをリアルタイムに実行するシステムの実装を行っています。 3 脳の情報処理メカニズム 脳の高度な情報処理能力は、その構成要素であるニューロンの機能に支えられていると考えられています。 従来の極端に単純化されたニューロンではなく、最近 の生理学的データに基づいたリアルなニューロンの姿をシミュレーションすることによって、脳の情報処理メカニズムに迫っていきます。

次の

東北大学 全学教育まとめ

東北 学院 大学 鬼 仏

主要業績 Dynamics of a hybrid system of a brain neural network and an artificial nonlinear oscillator. [Biosystems,58, 2000 ,249-257] N. Katayama, M. Nakao, H. Saitoh, M. Yamamoto カルバコールにより賦活される海馬神経回路の時空間ダイナミクス. [生体医工学,42 4 , 2004 ,269-276] 片山統裕,菊池修,渡邊直樹,辛島彰洋,中尾光之 Thickness Controls Spatial Cooperation of Calcium-activated Dynamics in Neuronal Dendrite System. [IEICE Trans. Fundamentals,E80-A, 1997 ,197-205] N. Katayama, M. Nakao, Y. Mizutani and M. [Brain Research,595, 1992 ,249-255] Norihiro Katayama, Naofumi Tokutomi, Junich Nabekura and Norio Akaike A Quartet Neural System Model Orchestratng Sleep and Wakefulness mechanisms. Neurophysiol. ,95 9 , 2006 ] Yuichi Tamakawa, Akihiro Karashima, Yoshimasa Koyama, Norihiro Katayama, Mitsuyuki Nakao 1 神経電極 神経電極には、脳・神経細胞の活動を観測するための記録用電極と、その活動を制御するための刺激用電極があります。 これらの電極は、脳科学の研究だけでな く、てんかんなどの病気の診断や、パーキンソン病などの治療にも欠かせません。 最近話題になっている、ブレイン・マシン・インタフェース BMI の実用 化のカギを握るテクノロジーでもあります。 私たちは、最新の神経生理学や解剖学のデータに基づいて脳・神経細胞をモデル化し、コンピュータシミュレーションする技術を応用して、高機能な神経電極の設計と開発を行っています。 私たち は、BMIのための新しいディジタル信号処理アルゴリズムを開発するとともに、そのアルゴリズムをリアルタイムに実行するシステムの実装を行っています。 3 脳の情報処理メカニズム 脳の高度な情報処理能力は、その構成要素であるニューロンの機能に支えられていると考えられています。 従来の極端に単純化されたニューロンではなく、最近 の生理学的データに基づいたリアルなニューロンの姿をシミュレーションすることによって、脳の情報処理メカニズムに迫っていきます。

次の