ベトナム ピエタ。 朴槿恵政権を襲う「ベトナムピエタの像」問題とは

[ルポ]「ベトナムピエタ像と少女像、戦争加害に対する謝罪と反省の面では本質的に同じ」 : 日本•国際 : hankyoreh japan

ベトナム ピエタ

5メートルの「ベトナムピエタ ベトナム語名は最後の子守歌 像」の石膏原型が公開された。 この原型を基に青銅で製作される実際のベトナムピエタは、今後、済州 チェジュ 江汀(カンジョン)の村とベトナムのクアンガイ省ビンソン県ビンホア地域に立てられる。 少女像の作家であるキム・ソギョン、キム・ウンギョン氏がベトナム戦で命を失った小さな生命を慰める意味を込めて作った。 ベトナム戦争終結41周年を3日後に控えたこの日午後、日本軍慰安婦被害者イ・ヨンスさん 88 も少女像の手に紫の花を持たせベトナムピエタに向かって頭を下げた。 「過ちを犯したら謝罪しなければなりません。 まだ日本の謝罪は受けられずにいますが、ベトナム人に対して申し訳ない思いをいつも胸に抱いています」。 彼女がベトナムピエタを訪れた若者たちに語りかけた。 イさんはこの日、この席で発足式を行い、韓ベ平和財団建設推進委員会委員の1人として活動してきた。 ノ・ファウク建設推進委員長は「ベトナム戦争で韓国軍による民間人虐殺犠牲者だけで約9千人だった。 韓国軍の約5千人も命を失い、1万人の負傷者と2万人の枯れ葉剤後遺症患者が残った。 戦争を忘れず省察し、平和に進むために韓ベ平和財団の第一歩を踏み出そうと思う」と話した。 韓ベ平和財団は今後「平和運動キャンペーン」「ベトナム戦争研究とアーカイブ整備」 「参戦軍人を含む苦痛の連帯作り」 「韓国とベトナムの文化芸術交流」を推進する予定だ。 ベトナムの有力日刊紙「トゥオイチェー」 若者 は26日付新聞の一面を割き、このような活動を「ピエタ像、ベトナムに対する一言の謝罪」 「ベトナム戦争被害者のために声を上げた人々」というタイトルの記事で紹介した。 韓国で学んでいるベトナム人のウンウイェヌンオクトゥイェン氏 32 は「ベトナムの青年も教科書で韓国軍のベトナム戦争参戦の事実をあまり習っていない。 謝罪して共に平和の道を進もうと言った韓国市民に感謝したい」と話した。

次の

ベトナム戦争時の虐殺被害者への慰霊モニュメント「ベトナムピエタ」の記事についたコメントがひどい。

ベトナム ピエタ

ボ・ザイン Vo Danh 漢字語では無名氏、韓国語ではアムゲ なにがし。 ボ・ザイン 名前でない名前を呼びます。 ベトナム中部のそこ、ユイタンで。 そこ、ユイチンで。 そこ、ビンホアで。 そこ、ジエンニエンで。 そこ、フォックビンで。 そしてそこ、ハミで…。 ベトナムピエタの母は、この無名の赤ちゃんたちを胸に抱き、子守唄を歌います。 生きていれば数えきれないほど歌ってあげた子守唄を、短すぎる生涯の最期にも歌ってあげられなかった子守唄を、もう苦痛のない世界で深く美しく眠りなさいと、眠れ、眠れと子守唄を歌います。 だから「ベトナムピエタ」のベトナム語の名前は「最後の子守唄」 Loi ru cuoi cung です。 ベトナムピエタは、巨大な歴史の渦の中で咲き落ちた多くの命に捧げる慰撫であり、ばらばらになったそのちっぽけな肉体に対する記念碑であり、死んだ者のための生ける者の哀悼であり、数年、数十年、いや、もしかしたら数百年たっても癒えない傷を治癒しようとする鎮魂曲です。 ベトナムピエタはまた、国家暴力によって無念にも犠牲になりながら、最後まで国家が責任を負わない命に対する、そして韓国政府がまだきちんと伝えていない「ベトナム民間人」に対する謝罪の碑にならなければなりません。 それが今日私たちが、自分で一度も大きく呼吸することもできず、自分の声を一度もちゃんと吐き出せずに消えて行った数多くの存在を、この場に呼ぶ理由です。 悲しみが別の悲しみに問うことが平和です。 痛みが他の痛みに差し出す手が平和です。 2017年4月26日、「韓ベ平和財団」は、平和の島済州、世界平和の一線の江汀 カンジョン 村にベトナムピエタを建てます。 「ベトナムピエタ」が江汀に宿り、江汀が「ベトナムピエタ」を抱くこの場が、まさに平和です。 「わたし」の哀悼と「あなた」の哀悼が出会い、完全に悲しみを見送る場に、初めて咲くものが平和です。 そうして 再び、名前を呼びます。 韓国軍の銃刀に殺戮された数千、数万のベトナムの英霊たちよ、 日本軍の軍靴に踏みにじられた20万の花よ、 3万の済州の風よ、 光州 クァンジュ の5月の花の雨よ、 ついに済州に着けず星になったセウォル号の子どもたちよ… この世のすべての悲しみが流れこみ ここ、済州で。 ここ、江汀で。 ここ、クロンビで 春の花として咲くだろう ああ、平和よ!

次の

「ベトナムピエタ」像、済州に建設される : 政治•社会 : hankyoreh japan

ベトナム ピエタ

ボ・ザイン Vo Danh 漢字語では無名氏、韓国語ではアムゲ なにがし。 ボ・ザイン 名前でない名前を呼びます。 ベトナム中部のそこ、ユイタンで。 そこ、ユイチンで。 そこ、ビンホアで。 そこ、ジエンニエンで。 そこ、フォックビンで。 そしてそこ、ハミで…。 ベトナムピエタの母は、この無名の赤ちゃんたちを胸に抱き、子守唄を歌います。 生きていれば数えきれないほど歌ってあげた子守唄を、短すぎる生涯の最期にも歌ってあげられなかった子守唄を、もう苦痛のない世界で深く美しく眠りなさいと、眠れ、眠れと子守唄を歌います。 だから「ベトナムピエタ」のベトナム語の名前は「最後の子守唄」 Loi ru cuoi cung です。 ベトナムピエタは、巨大な歴史の渦の中で咲き落ちた多くの命に捧げる慰撫であり、ばらばらになったそのちっぽけな肉体に対する記念碑であり、死んだ者のための生ける者の哀悼であり、数年、数十年、いや、もしかしたら数百年たっても癒えない傷を治癒しようとする鎮魂曲です。 ベトナムピエタはまた、国家暴力によって無念にも犠牲になりながら、最後まで国家が責任を負わない命に対する、そして韓国政府がまだきちんと伝えていない「ベトナム民間人」に対する謝罪の碑にならなければなりません。 それが今日私たちが、自分で一度も大きく呼吸することもできず、自分の声を一度もちゃんと吐き出せずに消えて行った数多くの存在を、この場に呼ぶ理由です。 悲しみが別の悲しみに問うことが平和です。 痛みが他の痛みに差し出す手が平和です。 2017年4月26日、「韓ベ平和財団」は、平和の島済州、世界平和の一線の江汀 カンジョン 村にベトナムピエタを建てます。 「ベトナムピエタ」が江汀に宿り、江汀が「ベトナムピエタ」を抱くこの場が、まさに平和です。 「わたし」の哀悼と「あなた」の哀悼が出会い、完全に悲しみを見送る場に、初めて咲くものが平和です。 そうして 再び、名前を呼びます。 韓国軍の銃刀に殺戮された数千、数万のベトナムの英霊たちよ、 日本軍の軍靴に踏みにじられた20万の花よ、 3万の済州の風よ、 光州 クァンジュ の5月の花の雨よ、 ついに済州に着けず星になったセウォル号の子どもたちよ… この世のすべての悲しみが流れこみ ここ、済州で。 ここ、江汀で。 ここ、クロンビで 春の花として咲くだろう ああ、平和よ!

次の