二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問。 2級電気工事施工管理技士の学科試験・実地試験の対策【令和元年】

電気通信工事施工管理技士の一発合格を狙えるオススメ問題集と勉強法を解説

二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問

1・2級電気工事施工管理技士 技術検定制度は、建設業法第27条に基づき、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。 1級電気工事施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。 また、2級電気工事施工管理技士の資格であれば、一般建設業の許可を受ける際に必要な「営業所ごとに配置する専任の技術者」及び「建設工事における主任技術者」として認められる等、施工管理に携わる方には必要不可欠な資格です。 このように、数ある建設業関係の資格の中でも施工管理技士は、大きな資格取得のメリットを持つ、極めて重要な資格であり、工事現場における施工管理上の技術責任者として、高く位置づけられています。 また、2級の学科試験については17歳以上であれば、誰でも受験が可能となりました。 CICでは、業務多忙で受験対策に時間的制約がある受験生が最小の努力で、最大の結果 合格 が出せるような対策を念頭に講座を行います。 資格取得のメリット 電気工事施工管理技士取得で得られる特に大きなメリット 1. 営業所に配置する『専任の技術者』として認められる 電気工事業を営む際、軽微な工事を除き国土交通省大臣または都道府県知事より建設業許可が必要です。 建設業許可を受けた事業所は必ず営業所ごとに『専任の技術者』を配置する必要があります。 この『専任の技術者』は国家資格保持者、又は一定の実務経験年数を得た者に限られます。 『監理技術者・主任技術者』になることができる 施工管理技士を取得すると、級により該当する工事の『監理技術者』もしくは『主任技術者』となることが可能です。 『監理技術者』は元請の特定建設業者が、総額4,000万円以上(建築一式の場合6,000万円以上)の下請契約を行った場合、工事を行う場所に設置する必要があります。 そして『主任技術者』は元請・下請に関わらず監理技術者が必要な工事以外、全ての工事で配置する必要があります。 経営事項審査において企業の得点に加算される 1級電気工事施工管理技士は、経営事項審査の技術力評価において、資格者1人あたり5点が加算されます。 (監理技術者資格証を保有し、講習を受講すれば更に1点が追加) この得点は公共工事受注の際に技術力として評価されるため、取得すると経営規模評価に大きく貢献することができます。 1 受注者(請負人)として施工を管理(工程管理、品質管理、安全管理等を含む)した経験(施工図の作成や補助者としての経験も含む) 2 設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む) 3 発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む) なお研究所・学校・訓練所等における研究・教育および指導業務、設計業務、保守・点検業務等は認められません。 〔指定学科〕とは 国土交通省令で定めている学科等(電気工学科・土木工学科・農業土木科・森林土木科・鉱山土木学科・砂防学科・治山学科・都市工学科・機械工学科・建築科・緑地科・造園科等)をいいます。 〔電気工事の内容〕とは 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む)工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事をいいます。 1 受注者(請負人)として施工を管理(工程管理・品質管理・安全管理等を含む)した経験(施工図作成や補助者としての経験も含む) 2 設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む) 3 発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む) 研究所、学校、訓練所等における研究、教育、および指導業務、設計業務、保守・点検業務等は実務経験年数として認められません。 〔指定学科〕とは 国土交通省令で定めている学科等(土木科・農業土木科・森林土木科・鉱山土木科・砂防学科・治山学科・都市工学科・電気工学・機械工学・電気通信工学・建築科・緑地科・造園科等)をいいます。 〔電気工事の内容〕とは 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む)工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事をいいます。 実務経験年数を確認する.

次の

施工管理技士試験、最後の壁「実地試験」を攻略しよう

二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問

電気通信施工管理技士の試験内容 電気通信施工管理技士の試験は「電気通信工事施工管理技術検定試験」といい、学科と実地の試験があります。 また、1級と2級の2種類があります。 1級、2級とも試験の範囲は同じで、2級は概略の知識、1級はよりレベルの高い知識が求められます。 次に、電気通信工事施工管理技士試験の科目を紹介します。 学科試験 電気通信 工学等 ・電気通信工学、電気工学、土木工学、機械工学及び建築学に関する一般的知識 ・有線電気通信設備、無線電気通信設備、放送機械設備等に関する一般的な知識 ・設計図書に関する一般的な知識 施工管理法 施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する知識 法規 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識 実地試験 施工管理法 ・設計図書を正確に理解し電気通信設備の施工図を適正に作成できる能力 ・必要な機材の選定、配置等を適切に行うことができる高度の応用能力 電気通信工事施工管理技士の問題集 次に、電気通信工事施工管理技士に関するおすすめの問題集を紹介します。 直前突破! 電気通信工事施工管理 予想問題集 国家・資格シリーズ 424 著者:不動 弘幸 出版社:弘文社 URL: この問題集は第1回の試験直前の2019年8月21日に発売されており、考え込まれた構成になっていると受験経験者にも評判の良書です。 基礎的な勉強は他でも行ったうえで、この問題集を加えると万全な試験対策になります。 問題を解くだけでなく、全体をしっかり読み込んでおくと、消去法で答えが分かる出題も多くあったと評判です。 ただ、新しい資格なので、的中率は高くなく、基礎的な勉強と多くの問題集を解くことが合格への近道になります。 模擬試験のような形でこの問題集を解くと、出題の雰囲気やポイントが絞れるのでおすすめです。 繰り返し解くことで合格が狙える本の1つです。 プロが教える 電気通信工事施工管理 要点解説と予想問題 国家・資格シリーズ 419 著者:濱田 吉也・大石 嘉昭 出版社:弘文社 URL: 施工管理技士資格取得のプロが編集した問題集です。 電気通信工学、施工管理法、法規の3科目を中心に網羅されています。 合格基準の6割正解をクリアできるように作られています。 国土交通省発表の電気通信工事施工管理技士に求められる知識と能力と比較したうえで作られ、頻出問題を中心にまとめられています。 詳細な解説付きの予想問題集です。 電気通信工事施工管理技士の1級・2級の受験生どちらにも対応できる内容になっています。 1級・2級 電気通信工事施工管理技士 受験テキスト [技術編] [施工管理・法規編] 2冊函入り 著者(出版社):地域開発研究所 URL: 試験実施機関の準公式といえる出版元で施工管理技士資格の過去問解説集を出版している業者なので、信頼ができます。 こちらのテキストは、教科書のように幅広く詳しい解説がされていますが、デメリットとしては情報量が多すぎて混乱する方もいるかもしれません。 また、例題などがないため、試験をイメージしづらいともいえます。 すでに知識がある方や、勉強が得意な方には、おすすめのテキストです。 電気通信工事施工管理技士試験合格のための勉強方法 試験合格の王道の勉強法は、過去問題を中心に繰り返し解いていくのが有効な手段なのですが、電気通信工事施工管理技士に関しては、新しい国家資格のため過去問題が多くありません。 そんな状況の中でも、上記に挙げた問題集やテキストはおすすめできます。 また、勉強が苦手な方はテキストで覚えるより、クイズのような感じで問題を解ける問題集タイプのほうが理解しやすく、記憶に残りやすくなります。 特に、電気通信工事施工管理技士は出題範囲が広く膨大なので、参考書中心に学ぶより、問題を中心に学習するほうが効率がよいでしょう。 過去問題から出題パターンやよく出る項目を暗記する実践型の学習法をおすすめします。 そうすることで試験の傾向がつかめ、重要なポイントの把握がしやすくなります。 過去問題を解いて復習の繰り返しが合格への近道 電気通信工事施工管理技士の試験に合格する勉強法は、過去問題を解き、間違った箇所を繰り返し復習することです。 これを続けると、理解力が上がり、苦手な問題の把握と克服ができます。 繰り返し問題を解くというと漠然としているので、基準を決めて復習することをおすすめします。 同じ問題でも3回は解くようにしましょう。 どうしても忙しかったり、面倒だったりで復習する時間を充分に持てないかもしれませんが、復習を行うとミスを減らすことにもつながりますので、実践してみてください。 通信講座の動画学習がおすすめである理由 電気通信工事施工管理技士は独学で学び合格する方もいらっしゃいますが、その多くは経験者であることが多く、電気工学・電気設備・工事施工・施工管理法・法規といった分野の知見があります。 また、独学は計画通りに試験勉強ができる方、理解力が高い方、学生時代から勉強が得意な方が向いています。 しかし、全くの未経験者であれば、通信講座を利用するほうが最短で合格に近づけます。 なぜなら、電気通信工事施工管理技士の試験範囲は非常に広く、テキストを読み理解し問題集を解くとなると、時間がいくらあっても足りないからです。 通信講座であれば、自分の都合のいい時間に受講し勉強ができますし、プロがわかりやすく解説してくれるので理解が深まります。 時間が短縮でき、早い合格につながるでしょう。 今の動画教材は、スマートフォンやPCで学習することが可能であるため、スキマ時間でも勉強ができるのがメリットです。 本での学習が苦手な方は特に動画で勉強すると、効率的よく知識が入ってきます。 動画教材の会社によっては、基礎だけでなく過去問題に対する解説講義、問題集やテキストも付属していますので自分に合わせて学習することができます。 まとめ 電気通信工事施工管理技士の試験合格には適切な問題集で過去問題を繰り返し解き、復習することが重要です。 ただ、時間がない方や勉強が苦手な方は動画の通信講座のほうが効率よく学ぶことができます。 自分の知識量や特徴を踏まえて最適な勉強方法を見つけてください。

次の

電気通信工事施工管理技士の一発合格を狙えるオススメ問題集と勉強法を解説

二 級 電気 工事 施工 管理 技士 過去 問

Contents• 独学で2級電気工事施工管理技士を取得する勉強法とは? 私がオススメする独学で2級電気工事施工管理技士を取得する勉強法とは「 いきなり過去問の演習 に取り組む、問題実践暗記型勉強法です。 」 2級電気工事施工管理技士の場合は、 テキストを一通り読んでから問題に取り組むことは遠回りになります。 それは次のような理由があるからです。 電気工事施工管理技士の試験範囲が非常に広いこと。 電気工学・電気設備、関連分野、工事施工、施工管理法、法規といった分野で電気の知識が必要とされ、それらに関する参考書だけでかなりのボリュームになり時間が足りなくなること。 電気工事施工管理技士全般に言えるが出題されるパターンが決まっているので、過去問主体で学習を進めたほうが効率が良いこと。 これらの理由から、2級電気工事施工管理技士試験にはいきなり過去問を繰り返していくことで出題パターンや頻出項目を暗記していくという 実践型学習法で臨み、合格することをオススメ致します。 2級電気工事施工管理技士の学科試験について 学科試験は大きく電気工学、施工管理法、法規の3つに分かれており出題範囲が広く、全てを網羅して勉強する必要はないので全部で64問中40問を選択して回答して24問以上正答すれば合格です、自分の回答出来る問題だけ選択して回答していけばよいです。 施工管理技士試験全般に言えることですが自分の得意分野をどれだけ増やしておくかということが得点に繋がってその合計が合格点に達してくるかということがこの試験です。 苦手分野があっても気にせず、得意分野でカバーしていくという気持ちで臨めば十分合格に繋がってくるのがこの資格試験だと思います。 おすすめの学習スタイル 地域開発研究所などの講習会が出題ポイントを抑えたもので効率的だと思いますが、この記事では独学の視点で書いていきたいと思います。 基本的には 過去問題を重点的に勉強していくことがおすすめ、出来れば参考書も用意して学習に臨むと良いです。 過去問をやり、分からなければ参考書を読むスタイル ただ、時間のない方は過去問題集だけでも合格出来ます。 地域開発研究所は10年間過去問が収録されており、繰り返し学習することで合格点に近づけることが出来ると思います。 学科については 過去問を中心に勉強していくのが一番効果的です。 過去問を3周ぐらいやって合格点を目指すようなイメージです。 特に電気工事施工管理技士の試験問題の場合は比較的類似問題が出題されることが多いので過去問題を中心に重要項目を覚えていくと良いです。 また、計算問題が苦手な方は捨ててしまうという選択をされる方もいらっしゃると思いますが点数を確実に取れる部分でもあるのでしっかりとやっておくと合格に近づけると思われます。 電気設備の選択問題に関しては電車線、その他の分野といった直接電気工事を関係ない分野がとっつきづらいように感じられますがこういった分野についても過去問題をやっておいてその部分を覚えておけば試験問題で出題されたときに回答出来る可能性があるので選択問題については不得意部分も念の為やっておくことをおすすめします。 こういった地道な努力で合格点への上積みを得られるように思います。 オススメの使用テキストは 地域開発研究所の2級電気工事施工管理技術検定試験問題解説集録版と、 弘文社のわかりやすい!2級電気工事施工管理学科・実地、可能であれば 地域開発研究所の電気工事施工管理技術テキストです。 この3冊を選んだ理由は次の4点です。 問題解説集録版は過去10年間の出題問題が収録されており、出題傾向が掴みやすいこと• この資格試験については過去問の反復学習が効果的であること• 学科・実地の両方共収録されており、両方受験する人には学習しやすいこと• 電気工事施工管理技術テキスト 【改訂第3版】 この出版社の講習会ではこの本がテキストとして使われているようで他の講習会でもテキストとされているところも多いようです。 この試験の場合は過去問を中心にやっていく方が効率的ですが用語解説や補足などこのテキストを併用すると効果的です。 この本がなくても合格を目指すことは可能だと思いますので余裕がある方は万全を期して購入することもアリです。 スポンサーリンク ヤフオクやメルカリで中古品が売っていないか探してみました。 地域開発研究所の2級電気工事施工管理技術検定問題集録版が1,300円で出品されていました。 よろしければ参考にされてみて下さい。 ただし、あまり古いものは情報も古いため役に立ちません。 出来るだけ新しいものを買うことをおすすめします。 ヤフオクの検索結果は• メルカリの検索結果は SATの電気工事施工管理技士講座もおすすめ! 2級電気工事施工管理技士を最短で取得したい方には、SATの「2級電気工事施工管理技士講座」もおすすめです その理由は以下の4点です。 テキストはカラーで合格に 効率的なページ数で分かりやすく学習出来ること• 講義DVD(動画)を見て 勉強のポイントを自宅で理解しやすく学習できること• Eラーニングシステムで 学習の進捗度を確認しながら学習を進められること• 原田メソッドでモチベーションをコントロールしながら学習を進めていくことができること 2級電気工事施工管理技士の学科試験の出題傾向とは? 2級電気工事施工管理技士の学科試験の出題傾向は次の通りです。 電気工学について 12問のうち8問を選択 この分野は電気理論、電気機器、電力系統、電気応用といった内容ですが12問のうちの5~7問は電気理論を中心とした計算問題です。 ただ、計算問題を捨てても他の分野で得点すれば十分合格点まで行けますので、どうしても苦手であれば割り切って選択しないのもアリだと思います。 電気の発電から送配電設備、電気を消費するまでの一連の過程が出題されます。 非常に広い学習範囲になるので自分の得意分野を出来るだけ作っておくことが合格への近道だと思います。 ただ、学習範囲が狭いとも言えるのでしっかりと学習しておくことで得点の上積みが得られる分野です。 図記号については必須問題となっているので取りこぼすことのないようにしっかりと覚えておくと良いです。 ただ、1問ですので敢えて捨てて他の分野を学習していくという選択肢もアリだと思います。 逆にあまり身近に感じない分野については敢えて無視して選択していくのもアリです。 ヒストグラム、パレート図、特性要因図など違いを理解しておくこと。 労働安全衛生法の問題はパターンが決まっているので過去問を覚えたらいいです。 ただ、これらの法規を網羅する学習は非効率と言えるので 過去問中心に というか過去問だけやればいいです 出題パターンを掴む学習していくことをおすすめします。 施工管理技士の区分は1級、2級であるので表記に注意する必要がある。 (は「一級建築士、二級建築士及び木造建築士をいう」と定義されており、アラビア数字ではない。 ) は年1回実施される(実施は)。 引用: 電気工事施工管理技士には1級、2級があり2級は一般建設業の専任技術者、1級は特定建設業の専任技術者、監理技術者になれます。 一般建設業は4,000万未満、特定建設業は6,000万以上の工事が受注出来ます。 建設業、電気工事業の関係者では所持者が重宝される資格です。 受験資格 学歴や実務経験などの受験資格がありますが電気工事士有資格者は比較的短い期間で受験することが出来ると思います。 特に第一種電気工事士有資格者は実務経験が必要がないのですぐに受験可能です。 難易度 難易度は以下の通り、国家資格の中では高いとも低いとも言えません。 一般的には難易度はしっかり勉強すれば独学で合格できるレベルだと思います。 勉強時間は2~3ヶ月ぐらい見て取り組むといいです。 1級 2級 学 科 実 地 学 科 実 地 令和元年 40. 7% 66. 3% 58. 7% 45. 4% 平成30年 56. 1% 73. 0% 62. 0% 69. 1% 63. この資格だけでも求人が多いことから2級電気工事施工管理技士の有資格者が求められていることが分かります。 その理由は次の2点です。 電気工事施工管理技士が不足しているため求人が多いということ• 建設業界全般に言えることですが60歳定年で人材が減少してしまうことが分かっていること リクナビNEXTの求人情報は indeedの求人情報は Yahoo!Japanしごと検索は 2級電気工事施工管理技士の年収は? 求人サイトの情報を見ると2級電気工事施工管理技士の平均年収は400〜550万円ぐらいが多いようです。 有資格者を求められることから年収も比較的高いと言えるのではないでしょうか? スポンサーリンク まとめ この資格は電気工事業、建設業の登録要件として指定されている資格の一つであり優遇される資格でもあると思います。 また、東京オリンピックに向けて建設ラッシュが続いていることがこの資格者の需要を表しているとも言えます。 取得して損のない資格だと思いますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?.

次の