京都競馬予想。 2015年10月11日(日曜日)予想結果/じみパパ無料競馬予想/今週メインは毎日王冠G2、京都大賞典G2

京都記念2020予想

京都競馬予想

Contents• こんにちは、MOTOです。 2月の京都開催も順調に進んでおり 今週は「京都記念」が行われます。 先週のレースを的中できなかった方は、是が非でも的中させたいですね。 京都記念は京都競馬場芝2200mで行われるレース コース適性にも注目して馬券を買いたいですね。 京都記念2020の予想はプロ予想家はもちろんのこと 様々な芸能人や有名人なども予想をしていますよ。 という事で、京都記念2020を的中するべく 有名人達の予想を見ていきましょう!! < MOTOの競馬メールマガジン > 馬券の回収率を上げるための方法論や 予想力を上げる馬の見方については 無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。 予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は 以下をクリックして申し込んで下さい。 芸能人・著名人が予想する京都記念2020 さて、今週京都記念が行われます。 京都での開催となる伝統の重賞レースで 先行力とスタミナが問われそうなレースですね。 ジャングルポケット斉藤さんの競馬予想 今週の共同通信杯の予想のみ キャプテン渡辺さんの競馬予想 今週の共同通信杯の予想のみ ジャンポケ斉藤さん、キャプテン渡辺さんの共同通信杯2020予想は以下をクリックして下さい。 DAIGOの競馬予想 今週の共同通信杯の予想のみ さゆりんご(松村沙友里)の競馬予想 今週の共同通信杯の予想のみ 京都記念、最も期待値の高い馬はあの馬!! 今年の京都記念はカレンブーケドールが主役になるメンツですが 関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が非常に高いです。 「高配当21」ではその穴馬の情報を公開しています。 高配当を生み出すのはどの馬なのかは 今週「高配当21」の無料会員になって頂いた方に無料公開 登録は無料なので、是非確かめてください。 「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」 という人は登録して無料情報を手に入れてください。 登録費用無料の『競馬学会』は 以下をクリックすると登録できます。 理論が伴っていなくても… 出目で予想をしていても… それでも大きな馬券を当ててしまう芸能人は必ず存在します。 誰が京都記念を的中させるのか? 芸能人の予想に注目ですね。

次の

京都記念2019競馬予想!馬券の中心は抜群の安定感を持つこの馬だ

京都競馬予想

目次です• 京都記念2019本命馬予想 今年のこのレース、本命馬には パフォーマプロミスを推奨します。 データ紹介では、大外枠がいいとありましたがこの枠も悪くないんでね。 狙える感じではあるんです。 そして、注目したのは走りの安定感。 さすがにG1では厳しい結果が続いていますが、 重賞でも上位の力を見せていますね。 日経新春杯を勝利した経験もあり、京都は悪くないでしょう。 距離はもう少し長いほうが合うかもしれません。 それでもこなせるところではありますし、実績もある。 今回のような、勝ちきれない馬が多く、人気も割れるようなら。 この馬から馬券は考えたいところ。 先行しても、中段からも競馬出来る点も評価したい。 京都記念2019の対抗・単穴馬 対抗馬には大外の マカヒキを選んでおきます。 かなり迷ってみましたが、これだけ混戦なら枠順からのデータを考えたい。 そこで、前走有馬記念を使い、過去の実績もあるこの馬を選択。 G1レベルでは正直厳しい感じになってますが、 今回の相手レベルなら戦える。 そう期待したいところですよね。 札幌記念ではそう言ったところも見せてくれましたし。 今回で叩き3戦目。 良化していればこの相手なら勝負! 3番手評価には ハートレー。 この馬も、何か崩れてしまった感がありますね。 レースも、順調に使えている感じが無く陣営も苦戦しているのかも。 ただし、 今回は間隔をつめて使ってきました。 活躍するとしたら今回ではないのか、そういった期待感はあります。 もう一度重賞制覇を。 ここへの仕上げはしっかりしていると思います。 京都記念2019の馬券買い方と予想まとめ というわけで、これが今回の狙い上位3頭でした。 とはいえ、どの馬にも正直チャンスはありそう。 そんな感じのメンバー構成ではないかと。

次の

2020京都ハイジャンプ【穴馬&鉄板馬予想】買い目情報、更新♪

京都競馬予想

1~2回京都開催ならびに土曜日の京都芝のレース結果、近年のの結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。 予想の際にお役立てください。 水曜日から木曜日にかけて降った雨の影響、そこに朝露も重なり、土曜日の芝コースは稍重(JRA発表)の力を要するコンディションでスタート。 馬場の重さがこたえたのか、終始外を回るかたちになった馬や内めを進んだ逃げ馬が直線で脚を無くす場面が続出。 好位~中団で立ち回る馬に有利な状況と化した。 だが、馬場が乾くにつれ、内め~中を通る馬、先行~好位差しの好走例が増加。 メインの洛陽S(芝外回り1600m)では4角6番手以内の馬が上位を独占している。 それゆえ、外差し優位の傾向が出始めていた先週とは異なる馬場状態と捉えたほうがいいかもしれない。 日曜日はあいにくの雨模様。 さらにタフなコンディションになることは疑いようがない。 となれば、道中外から追走、直線も外、という差し・追い込みタイプは展開利や力量差がないと体力的に不利。 走りやすい部分を先んじてキープする馬の優位性が増してくるはずだ。 よって、内め(傷みが少ない部分)~中を回り、なおかつスムーズに加速可能な位置を確保できそうな馬を優先してチョイスすべき。 真ん中~内めの枠(1~5枠あたり)から、そうした競馬ができれば言うことはない。 血統面については、1~2回京都開催における芝2200mの結果を検証すると、の血脈を持つ馬との系統産駒が好調。 ともに3勝を含む5連対の好成績を残しており、該当馬は積極的に狙っていく価値がある。 一方、近5年のの好走馬を振り返ると、との両産駒が堅調。 父にスタミナ型サンデーサイレンス系を配する馬や、父あるいは母父にノーザンダンサー系種牡馬を持つ馬も攻勢を強めている。 いずれにせよ、持続力やパワーに富んだ馬の台頭が特徴的。 そのあたりには十分な注意が必要だ。 直近の京都開催と近年の当レースの傾向をまとめると、直近開催の傾向に沿うのが効率的か。 そのなかでも、近5年の優勝馬すべてに共通する非根幹距離重賞で好走経験のある馬を重視したい。 いい状態をキープしている。 (雨は)それほど心配しなくていいだろう。 週ごとに上向いてきている。 体がしっかりして大きくなった。 ゆえに、前走で出走していたレースの格が結果に直結しやすい。 近年は特に顕著で、2007年以降の3着以内馬は前走G1組が半数近くを占めている。 ローテについては、有馬記念と香港国際競走からのステップが有力。 後者に至っては、全勝という圧巻のパフォーマンスを見せつけている。 該当馬が出走すれば、迷わず馬券の中心に据えるべきだ。 舞台となる京都芝2200mは、3コーナー過ぎの下り坂で一気にペースが速くなる。 従って、一瞬のキレよりもスピードの持続力を問われやすいコースと言えよう。 (各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります) JRA競走馬総賞金ランキング 4歳以上 1 牝5 106,381万円 2 牡9 77,453万円 3 牡6 62,022万円 4 牡5 57,306万円 5 牡5 57,236万円 6 牝5 56,552万円 7 牡7 56,210万円 8 牝4 53,166万円 9 牡4 52,359万円 10 牡5 50,624万円 3歳 1 牡3 47,260万円 2 牝3 29,389万円 3 牡3 25,012万円 4 牝3 20,813万円 5 牡3 17,541万円 6 牡3 14,031万円 7 牡3 12,845万円 8 牝3 12,321万円 9 牝3 10,778万円 10 牡3 9,951万円.

次の