ジュビリー エース。 ジュビリーエース 充実した生活を送るためには目標を立てる|ジュビリーエース|note

ジュビリーエース(Jubilee Ace)は友人に自信もって紹介できる案件か?

ジュビリー エース

ジュビリーエースは飛ぶのか 2019年4月頃に日本へ上陸し、2020年6月現在猛烈な勢いで全国各地に広がりを見せるジュビリーエース。 SNS上では「飛ぶ」という声も少なくありませんが、本当にジュビリーエースは飛ぶ可能性があるのでしょうか。 結論を申し上げると、 飛ぶ可能性はゼロではないでしょう。 ちなみにここで言う「飛ぶ」とは、 運営が破たんしてしまったり、投資家から集めた資金を意図的に持ち逃げすることを意味しています。 高利率の望めるHYIP案件では過去に、 運営が飛んでしまった投資案件も少なくありません。 例えば、プラストークン、ビットクラブ、wotokenはいずれも運営者が逮捕されたという事実があり、投資していたユーザーの資金は未だに返ってきていない状況です。 これらの案件と同じ末路を辿るとは申し上げませんが、少なからずジュビリーエースが飛ぶ可能性はあると言えますね。 ジュビリーエースが飛ぶと言われる理由 ジュビリーエースが飛ぶと言われている理由は次の5つがあります。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 利率が高すぎる• MLM マルチレベルマーケティング を採用• アービトラージは儲からない• 会社の実態が不透明 利率が高すぎる ジュビリーエースは月利換算すると、2. 4%~最大20%と言われています。 つまり、100万円投資した場合、最大で20万円の利益が得られる計算となりますね。 投資の神様と言われる ウォーレンバフェットでさえ年利で20%ほどですので、月利で20%がいかに異常な数字なのかはご理解いただけるかと思います。 【より引用】 また、一般的に高利率と言われる 不動産投資ですら年間で5~10%ほどだとされています。 日々ユーザー数が増えていくと想定して、これだけ多くの配当を払い続けられる資金力があるかどうか疑問が残りますね。 それに過去のHYIP案件であるプラストークンも月利10%を謡っていました。 結果プラストークンは配当を払い続けることができず、運営が飛んだ。 このような過去の事例があるからこそ、ジュビリーエースも「飛ぶんじゃないか」という声が聞かれるのでしょう。 実際高リターン=高リスクと考えて間違いないと思います。 「運営が1年以上続いているから大丈夫」という考えは捨てた方が良いかもしれませんね。 ジュビリーエースの詳しい仕組みについては、下記の記事をご覧ください。 それは 小さな利益しか望めない点。 ちなみにアービトラージとは、 同一価値を持つ商品の一時的な価格差を利用して利益を出す手法のことです。 極端な例ではありますが、取引所Aでは100万円、取引所Bでは105万円だとすれば、Aで買ってBで売れば5万円の利益が出ますよね? ジュビリーエースの誇るAQUAシステムによって、瞬時にアービトラージに適した通貨を捉え、取引を完了させられるということ。 ただ、実際ジュビリーエースでは 同一取引所内での3通貨~5通貨間で取引を行うことで利益を得ているようです。 たとえば、• 1BTC=2ETH• 1ETH=2XRP• これによりジュビリーエースでは資産を増やしているということですが、アービトラージとは言ってしまえば小さな利益を積み重ねるものです。 どれほど高速なアービトラージなのかはわかりませんが、大きな利益を上げられる仕組みだとは思えませんよね。 新規ユーザーが増え配当が増えるほど、ジュビリーエースが飛ぶリスクは高まることになります。 MLM マルチレベルマーケティング を採用 ジュビリーエースはMLM マルチレベルマーケティング と言われるマーケティング手法を採用しています。 簡単に言えば、マルチ商法のことで、 人づてに商品が広がっていく仕組みのこと。 すでにサービスをやっている人は、新たに紹介者を出すことで報酬を得ることもできます。 MLMはアメリカでは一般的な方法ですが、日本では「マルチ商法=怪しい」というイメージもあるでしょう。 つまりジュビリーエースは怪しいから飛ぶという考えの方もいらっしゃるようですね。 言わんとしていることはわかりますが、やや強引すぎる理屈でしょう。 会社の実態が不透明 会社そのものの実態が不透明という点も、ジュビリーエースが飛ぶと言われる理由の一つに挙げられます。 ネットの情報では運営会社に実態はなく、 ペーパーカンパニーやバーチャルオフィスなのではないか?という意見もあるようです。 ユーザーが中国の深センまで足を運び、会社の実在を確認したという声もあります。 — あずき MrChild81056830 しかし、この中国深センの会社もバーチャルオフィスなのでは?という声が。 真実は明らかではありませんが、「実態が不透明な会社に資産を預けたくない」という意見にも納得はできますよね…。 ジュビリーエースはいつ飛ぶ? ここまでジュビリーエースが飛ぶと言われる理由について説明してきましたが、飛ぶ時期についても触れていきたいと思います。 これは個人的な意見ですが、ジュビリーエースは 2020年中に飛ぶ可能性は低いでしょう。 個人的には2021年以降だと思っています。 その理由として挙げられるのが、次の点です。 運用資金が引き上げられている• 新たな事業の立ち上げ 運用資金が引き上げられている そもそもジュビリーエースには、運用限度額というものが設定されており、「この額まで集まったら新規参入を打ち切る」と決められていました。 しかしながら、この運用資金は定期的に引き上げられているようですね。 さぁ、最初は上限200億だから みんな急げ急げといって セコセコ金を集めてたジュビリーエース、 770億の上限をいつも通り伸ばして もっと金をかき集めるのか、ここで飛ぶのか、どうなるのやら。。。 その為、ジュビリーエースがすぐに飛んでしまう可能性は低いかもしれません。 新たな事業の立ち上げ ジュビリーエースでは新たな事業の立ち上げとして、 独自トークンの発行が予定されています。 通貨名はアクアナイト AQN で、やがてはコインマーケットキャップにおいて 時価総額ランキング10位以内を目指すということです。 公式によれば、AQNの価格は2020年末までに18ドルになると想定されており、時価総額ランキングは3位まで上がる計算。 ただ、一つ気になるのは ジュビリーエースのユーザーにしか購入するメリットがないという点。 アクアナイト AQN を所有することでアクアシステムの手数料割引などの恩恵が受けられるのですが、ジュビリーエースをやっていない投資家が購入するとはあまり考えられませんね。 いずれにしても、このような大々的な目標を掲げていますので、近い内に意図的にジュビリーエースが飛んでしまう可能性は低いと言えそうです。 ジュビリーエースが目指す今後 ジュビリーエースは独自トークンの発表をしたこともあり、大きな転換点を迎えようとしているのでしょう。 ジュビリーエースが目指すのは「 アクアシステムの拡散」にあるようですので、ジュビリーエースのメンバーだけではなく、一般に向けての事業展開もありそうですね。 また、アービトラージ事業は、 数年後には事業売却を予定しているようです。 会社としては中期的なビジョンを視野に動いているとのこと。 ただ、高い配当を払い続ける限り、ジュビリーエースが飛ぶ可能性はゼロではありません。 その点は心に留めておきましょう。 ジュビリーエースの最新情報については、下の記事を参考になさってください。

次の

ジュビリーエース(Jubilee Ace)は今から始める人間は養分 | 投資マニアの生き様

ジュビリー エース

会社概要 世界中の多分野に跨るアービトラージ機会に特化した 高度なデータ分析企業です。 2018年に英国領ヴァージン諸島において払込 済資本金5,000万米ドルで設立されました.。 取引所での伝統的なコモディティ取引、アービトラージ から、スポーツアービトラージや暗号通貨アービトラージにビジネスを拡大 してきました。 証明済みの実績と成功を収めたビジネスモデルを持つJubilee Ace Limitedは、データを抽出して改良・精緻化し、それらを収益化可能な戦 略と実施可能な売買判断へと変え、最終的に低リスクで利益を上げられる投 資の安定的なポートフォリオに組み込んでいます。 Jubilee Ace 参考資料参照 現在JAは日本、イギリス、アメリカ、フランス、中国、ロシア、ベトナム、ドイツ、ポルトガル、イタリア、インドなど 約25か国で優秀な企業として世界に広がっています。 アービトラージ概要 金融の世界においてアービトラージとは、資産やポジションを同時に売買し、 2つの価格差から利益を得るツールのことを言います。 暗号通貨アービトラージは、ビットコインなどの暗号通貨を取引所で購入し、 より価格の高い別の取引所にすぐに送金して売却し、利益を得ます。 スポーツアービトラージは、信頼できるスポーツベッティング業者を相手に、特定のスポーツイベントにおいて可能性のあるあらゆる結果に対し、計算に 基づくベットを行います。 そうすることで、イベント終了時に一定水準の利益 を確保します。 コモディティアービトラージは、金と原油など相関性のあるコモディティを緻密に追跡し、2つのコモディティに正確な取引注文を出して利益を確保します。 Jubilee Ace 参考資料参照 JAの透明性とは? ここまで概要を載せてきました。 ですがこの段階で良い企業と判断できる人はいないと思います。 次にはJAの様な企業で投資を行う上でシステムと同じ位重要な透明性、信用性について書いて行こうと思います。 JAが信用に足る企業の理由 投資、資産運用において重要要素の 信用できるか?というのは皆さんならどこで判断するでしょうか? 一番身近な投資、資産運用で投資信託、NISAなどでイメージしてみてください。 通常銀行などで行う事が出来る投資信託ですがこれを簡単に信用して預けるのは 昔からある銀行だからという理由が大きいのではないでしょうか? 銀行=安心、信用出来ると頭が思っているんですね。 確かにそうそうつぶれる事はないしCMでも宣伝してあれだけ大っぴらにやってるなら万が一はないと思うでしょう。 それが皆さんが銀行を信用する要素の正体というわけです。 JAでも同じ事が言える訳で知らないから信用出来ないというのはとても持ったいない事だと私は思います。 まずは知ろうというとこから初めていきましょう。 運用実績は? まだまだ運用実績は浅いですが2018年から現在にまで運用されて以来順当に利益を出し続けています。 当然と言えば当然ですが 配当の遅れ、未配当など一度も起こっていません。 まだまだ口じゃなんとでも言えるって感じでしょうか。 これはかなり大きい要素ではないでしょうか。 2020年、 世界一の アメリカ経済紙 Forbesに取り上げられた事実です。 この場ではForbesの信憑性など省かせてもらいますがこの雑誌はそこらの雑誌とは格も規模も違います。 飲食業界で言うところの世界版ミシュランに三ツ星掲載されるくらいのレベル感ではないでしょうか? これによりもっともらしい事を並べて批判していたアンチ記事など意味をなさなくなりました。 国際標準機関 ISO9001 の認定 そもそもISO9001とは簡単に説明すると よりよい製品やサービスを提供するための仕組みを評価する規格です。 サービスや製品の品質を維持し続け顧客満足度を高める事が目的とされています。 この規格の認定をJAが受けたということは良いサービスや製品を提供する為の仕組みを評価された事になります。 それと同時に品質を維持し顧客満足度を高める事を目指す事にもなりまので企業としての透明性を表すものではないでしょうか? 今までに説明した内容は十分な信憑性、透明性を表すものだと思います。 実際JAより利率高くうまく運用出来るところもあるでしょう。 でもここまで企業、仕組み自体が評価された投資案件も少ないと思います。 そもそも 投資は少なからずリスク付きです。 逆にこれでも信用出来ないなって人は100%の保証がなければ行動出来ない人だと思われますので投資、資産運用はやめておいた方が良いかもしれないですね。 興味がある方はこちらの記事もどうぞ。 投資の中身の解説記事です。 投資はリスクが付きもの。 どんなにお題目を並べても投資は投資、リスク付きです。 思ったより儲からないくらいなら良いですが会社が飛んだなどいくらでも想像が出来ます。 困った事にならないようにするのも投資の一つなので抑えておきましょう。 余剰金を投資に回す。 これは大原則です。 あくまで資産運用なのでこれを投資をする為にどこかから借りてきては意味がないでしょう。 さすがに上記は大げさすぎますが例えば 使ってはいけないお金だったり、 無くなったら死活問題になるようなお金で投資をするべきではないです。 最悪の最悪、なくなっても大丈夫なお金でやりましょう。 何度も言いますが投資はリスク付きです。 投資のセオリーを守れ。 知識半分で信用に至りいざ投資するとなった場合でも私は使えるお金を全額投入はしない方がいいと考えます。 様子がわかるまで10分の1程度に留めておくべきです。 それは信用出来ると思った場合にも万が一が起こる可能性を考慮してです。 ある程度運用実績を作ってから半分、全額と投資額を増やしていけばいいのです。 実際長期でやるなら儲かる額は数か月程度だとさほど変わらないはずです。 これだけでも投資のリスクは軽減されます。 あと私は経験ありますが特に最初は気になってしょうがないので本業の仕事が手につかないなんて本末転倒ですからね。 気をつけましょう。 最後に・・・ ここまででJAがどうような企業か、それと透明性などある程度分かっていただけたと思います。 これまでいくつもの投資案件が出回っていますし私自身これは信用出来るのではないかと思ったのは初めてでした。 JAのみで安定した収入を得るのはそれ相応の資金が必要となります。 ですが一つの収入源として使ってみるのには丁度良い案件になりそうです。 私自身本業ありき副業をかじる程度に少しやってきましたが今回のコロナ騒動で考え方も大きく変わりました。 コロナのような事は滅多に起こる事ではないにしろ数か所での収入源を持っておく事はリスクを回避する事になります。 副業が当たり前になりつつある今、情報も混雑し、肯定、否定な情報をしっかり見極めて今後本当に目指している所へ辿り着けるようやっていきましょう。 最後まで見ていただきありがとうございました。

次の

ジュビリーエース投資日記(20年6月19日)

ジュビリー エース

そりゃーごもっともだな、と感じ、創業者さんと近い関係性があるU氏へ連絡を取り、創業者よりオフィスの写真をご提出いただきました。 どうぞ、ご覧下さいませ。 ===== (質問) インターネットの情報では『本社はヴァージン諸島の私書箱』とありますが、本当でしょうか? ===== これに対しての答えは 「NOです」 検索をかけてみたら、そのように書かれているサイトが確認できました。 おそらくこれは、ジュビリーエース Jubilee Ace サイドから配布されています説明用のPDFに書かれている内容を、そのまんま伝えているだけだと思います。 確かに、会社登記はイギリス領のバージン諸島にあります。 バージン諸島はご存知のとおりタックスヘイブンです。 しかしながら、JAがそこで実際に業務を行う場ではなく、単に節税のために登記をしているだけです。 だから、私書箱が設置されているのです。 そこにオフィスもなければスタッフもいません。 ===== (回答) 本社は、中国の深圳にあります。 オフィスが深圳にある理由は、単に 運営上創業者にとって都合が良いからです。 現在深圳はシリコンバレーを抜く勢いでテクノロジーが集結しています。 一般の貧乏人は中国を怪しいと言います。 一般の お金持ちは中国は本当に偉大な国だと言います。 実は中国は、 テクノロジーと学力では日本を相当上回っています。 そのような理由もあり、中国に本社が置かれています。 写真はJAの日常業務が行われている中国の深圳オフィスです。 いつでも立ち寄っていただいて大丈夫ですとのことでした。 他に、 香港・タイ・シンガポールにサーバーが設置された技術チームのオフィスがあります。 日本時間AM7:00~AM11:00はJAサイトのメンテナンス時間で登録が出来ません。 その他の時間帯に手続きをお願いします。 ) アカウント開設後、私どもの方で 「ポジションの配置」をします。 このポジションの配置後、実際の運用が開始できます。 ポジション配置お願いします」と書いて送信いただけますと即日優先配置いたします。 私どもよりご登録いただけましたら、以下の 3つのジュビリーエース Jubilee Ace 投資運用の効果を加速させる登録おめでとう特典をプレゼントいたします! (1)JA実践に関することや投資運用・暗号通貨分野への完全フルサポート権~ JA投資運用の基本的な運用方法やメンバーサイトの操作方法など、JA投資運用を進めていくうえでのご不明点やお困りごとのすべてを私どもがすべて無料でご相談にのります! (2)JA創業者と直接コンタクトが取れる方が配信する秘匿情報ライングループへの招待権~ JA運用で月30,000ドル超の利益を生み出し、投資運用歴30年以上を誇り個人資産10億円を超えるU氏のJA秘匿情報ライングループへ特別にご招待いたします。 この方はJAの創業者さんと距離が近い方なので、創業者からの秘匿情報が手に入りますので最高です! (3)バイナリーポジションで有利なところに配置してあげます権(先着順)~ ジュビリーエース Jubilee Ace はバイナリー方式で、紹介した人もされた人もアカウントが配置されたポジションによりボーナスが断続的に入ってきます。 私どもからJAへ参加していただければ、バイナリーのポジションをよりボーナスが入りやすい有利な位置へ配置いたします。 (登録が早ければ早いほど有利なので、お早めにどうぞ!) ご自身で新規アカウント登録の仕方がよくわからないと言われる場合は、私どもの方で「アカウントの代理登録(無料)」を承っております。 お気軽に「お友達申請」して質問を送って下さい。 日本時間AM7:00~AM11:00はJAサイトのメンテナンス時間で登録が出来ません。 その他の時間帯に手続きをお願いします。 ) アカウント開設後、私どもの方で 「ポジションの配置」をします。 このポジションの配置後、実際の運用が開始できます。 ポジション配置お願いします」と書いて送信いただけますと即日優先配置いたします。

次の