ストップ 高 比例 配分。 約定の仕組み

連戦連勝!私でも勝てた株式投資必勝法!ストップ高比例配分でずいぶん儲けた話。

ストップ 高 比例 配分

ほぼ確実に値上がりが期待できる株 ほぼ、確実に値上がりが期待できる株が時々あります。 TOB(株式公開買い付け)が行われるようなケースですね。 現在の株価が480円だとして、その会社の株を全株700円でTOBするとある会社が発表するとします。 すると、その株の株価はTOB価格である800円にまで収束する動きをします。 一方で、日本の場合、株価には値幅制限というものがあります。 ストップ高、ストップ安とも言われるもので、1日の値動きに制限があるのです。 先ほどの事例だとすると、以下のような値動きとなります。 当日:480円• 翌日:560円(値幅制限80円)• 翌々日:660円(値幅制限100円)• 翌々翌日:700円(TOB価格に到達) この場合、発表の翌日、または翌々日はストップ高(値幅制限いっぱい)まで上昇することがほぼ確実です。 イナゴ投資家が飛びついて値段が上がったけど、期待外れのプレスリリース発表などで翌日一転ストップ安というケースもあるわけなので、「なぜ上昇しているのか?」の理由をしっかりと確認するようにしましょう。 こうした状況でも売りに出る株がある 実際のところ、前述のような状況であっても、翌日や翌々日の株価水準で、少量ではありますが売り物はでます。 この理由はあまりよくわかりません。 信用取引の決済期限という説や、どうしても売ってお金にしなければならない人が売っている説などがありますが、こした売り物があるという事は、買い注文を出せば購入できる可能性がるわけです。 圧倒的に買い注文が多い時の売り玉の処理方法 基本的に特別気配のまま、当日の引けを迎えた場合、買い注文と売り注文が一致しませんので、全部の注文は成立しません。 確実に明日も上昇するというのであれば、ストップ高の比例配分に当選することを目的に買い注文を出すというのは有効な戦略となります。 ストップ高銘柄の比例分配ルール さて、特別気配(買い気配)における株式の成約はどのように行われるのかをまずは説明します。 ストップ高の銘柄で買い注文だけでなく、売り注文が出されている場合「 比例配分」というものが行われます。 これは、抽選で買い注文を出している投資家に売りに出されている分を割り当てるというものです。 この比例配分のルールを知ることでよりこうした銘柄の当選確率をアップさせることができます。 比例配分のルール1:証券会社ごとに割り当てが行われる まず、当該株式に対して注文を出している全証券会社に最低でも1単位ずつの割り当てが行える場合に比例分配が実施されます。 なお、ルールは東証銘柄のケースで解説します。 証券取引所によって多少ルールが異なります。 証券会社が出している注文数量が多い順にならべて1単位ずつ株を割り当てていきます(最高5単位まで)。 (1)の分を除いた残りの売り注文は、各証券会社の残りの注文数量に「按分比率(買い注文と売り注文の比率)」をかけた数量を配分していきます。 比例配分のルール2:証券会社が割り当てられた株を配分する 上記のルールによって各証券会社に配分されう比例配分株の株数が決まります。 その結果、この株を証券会社はそれぞれのルールで投資家に対して配分していきます。 この配分ルールは証券会社が独自に定めています。 注文数量に応じて配分するケースや注文時間に応じて配分するケース、一律で配分するケースなど様々です。 下記は代表的な証券会社の比例配分ルールをまとめたものです。 (成行注文優先で発注時刻を優先。 同刻時は抽選)• (成行注文優先で抽選)• (注文数量優先) 非公開としている証券会社も多いですが、おおむねこんな感じになっています。 比例配分当選の確率をアップさせる方法 それでは、具体的に比例配分による当選確率をアップさせる方法をまとめていきます。 大きく「 マイナーな証券会社にできるだけたくさん口座を持って買い注文を出すこと」と「 注文の出し方は各社の特徴をもって変更する」という2点が挙げられます。 できる限り多くの証券会社に口座を持つ(マイナーほど良い) 比例配分のルールに、最低限注文を出している証券会社い1単位ずつの割り当てが行われます。 マイナーな証券会社ではその株の買い注文が出ている数も少ないと推測できますので、マイナーな証券会社を通じて出された買い注文は売買成立しやすくなります。 また、各証券1単位ずつですので、複数の証券会社から買い注文を出しておけばそれだけ抽選のチャンスも増えるというものです。 証券会社の比例配分ルールに応じて注文の出し方を変える ルール2で説明したとおり各証券会社に配分された株の割り当て方法は会社によって異なります。 たとえば、GMOクリック証券の場合は注文数量が第1ですので少額の注文では約定するのはほぼ不可能といえますが、逆にたくさんの余力をもって大きい買い注文を出せば当選する可能性はアップします。 数千万円単位とかで成行買いで注文だせば買える可能性は高いわけです。 一方で松井証券の場合は抽選としての意味合いが強いので最低1単位以上の買い注文を出しておけば当たる可能性があります。 注文数量の影響は小さいです。 発注時刻が優先されるような SBI証券では早い段階で注文を出さないとダメ。 引け直前で注文を出してもまず、比例配分を受け取れません。 そのため、比例ルールが明確な証券会社ごとにそれぞれ適切な注文ルールつくって、比例配分狙いの買い注文を分けて出すようにします。 いずれにしてもたくさんの証券会社に口座を持っておくことが肝要といえるわけです。 「」なども参考にいくつか口座を持っておいて注文をだせる環境を作っておくとよいですね。 個人的にはこうしたストップ高比例配分に並ぶというのは宝くじ的な要素も大きいと思っています。 同じように抽選で株が買えるIPOと同じように考えています。 私自身もIPOの当選確率を上げるために複数の証券会社に口座を持っています。 おすすめは「」で紹介しています。 IPO用にそれぞれの証券会社に資金を入れているので、ストップ高比例配分になりそうなの時もこれらの証券会社を通じて注文を出すようにしています。 以上、ストップ高比例配分の株を手に入れる可能性を上げる方法を紹介しました。

次の

ストップ高比例配分とは?証券会社ごとのルールと口座開設のポイント

ストップ 高 比例 配分

ストップ高の翌日はどうなる? ストップ高の翌日に株価がどのような値動きを示すのか気になる人は多いようです。 なぜ気になるのかと言うと、大きく分ければ2パターンあるのだと思います。 一つ目のパターンとしては自分が購入した銘柄がストップ高になり、翌日どういった値動きになるのか知りたいという投資家、つまりストップ高になった時点で保有している人ですね。 二つ目のパターンとしては、ストップ高になった翌日に買うことを検討している投資家、つまりストップ高になった時点では保有していない人ですね。 ストップ高になると、翌日に買っても儲かるのだろうかという疑問を持っている人だと思います。 まぁ~あえて3パターン目を入れるとすれば、このどちらでもなく基礎知識として知っておきたいという投資家だと思います。 ストップ高の翌日に値上がりするのか値下がりするのかは、一言で言えばその日にならないとわからないわけです。 一般的に言って、上昇する可能性が高いという結果だったとしても、あなたが保有している銘柄は下落するかもしれませんし、逆に一般的に言って下降する可能性が高いという結果だったとしても、あなたが保有している銘柄は急騰するかもしれません。 まぁ~はっきり言えば 結果論でしか分からないわけです。 検証するのであれば長い期間が必要 実際に過去数年間にわたって検証すれば、何らかの結論が出るのだと思います。 全ての期間を含んでの調査であれば十分に意味があると思います。 もし特定の期間での調査であれば、その結果に関してはちょっと何とも言えません。 市場やその銘柄が右肩上がりの上昇トレンドである時、右肩下がりの下降トレンドである時で 結果が違ってくる可能性がありますからね。 上昇トレンドであれば、勢いのある上昇になるかもしれませんし、逆に市場全体が下降トレンドであれば、ストップ高になったその銘柄に注目が集まり、大きく上昇するかもしれません。 もしかすると、市場全体が上昇トレンドであれば、わざわざリスクをとってストップ高の翌日に購入しなくても、他に上昇する銘柄があるから、別の株を買えばいいやという考えの投資家も出てきて、それほど人気化しない可能性もあり得ますので、 どのようにでも想定することはできるのだと思います。 繰り返しになりますが、一般的にストップ高の翌日が上がる可能性が高かろうが、下がる可能性が高かろうが、あなたがホールドしている銘柄やあなたが買おうとしている銘柄がどうなるかは、 その日にならないとわからないということです。 しかしながらこれだけで終わってしまうと折角この記事を見てもらっているのに申し訳ないので、ストップ高銘柄を翌日に購入するのであれば注意しておいた方が良いポイントを考えてみたいと思います。 ストップ高は比例配分か一時かちょうど成立か 毎日のようにストップ高になる銘柄はあります。 ネットで調べれば、その日のストップ高の銘柄や過去の日のストップ高の銘柄を簡単に調べることができます。 検証好きな人であれば、ある程度の過去までさかのぼって、ストップ高の翌日にどういった株価になっているのか調べる人もいると思います。 そこで一つ目のポイントですが、ストップ高には種類があるということです。 ネットなどで調べると、毎日のように数銘柄から十数銘柄程度のストップ高の株があるわけですが、その中には 比例配分になった銘柄と一時の銘柄などがあるということです。 投資経験のある方であればわかると思いますが、株式投資の初心者の方であればストップ高ということでひとまとめにするかもしれませんので気をつけていた方がいいと思います。 一時のストップ高というのは、その名の通り一時的にストップ高になったということですので、最終的にストップ高で引けるほどの買いが続かなかった、つまり ストップ高から剥がれたということです。 もう一つの 配分は最終的にストップ高の価格で引けたということであり、買い注文が残ったということです。 実際に私自身、ストップ高の翌日に株価がどうなるかというのを多数の銘柄で検証したことはありませんが、もしストップ高の翌日に買った場合に儲かるのかどうか検証するのであれば、ストップ高の銘柄をまとめて検証するのではなく、 一時と比例配分は分けて検証すると思います。 引けがストップ高でちょうど成立するということもあると思いますが・・・ 分けて検証する理由 なぜ分けるのかというと、理由は今言った通りです。 ストップ高になったのが一時なのか、それとも最終的にストップ高になって、なおかつまだ買いたい人が残ったのかというのは全然意味合いが違うからです。 しかしながら、一般的にはこれらをまとめて、その日のストップ高銘柄ということになります。 どちらのパターンの方が株価が上昇しそうなのかはなんとなくわかりますよね。 ただし先ほども言いましたが、私はこれについて検証したことはありませんので、「比例配分になった方が上がる可能性が高いですよ」と断言することはできません。 興味のある方は、一時と比例配分で分けて過去の銘柄を検証してみてはいかがでしょうか。 ちなみに、すでに保有していて、「ストップ高になったら株価が上がるのだろうか」という意味でこの記事を見ている人は、その株は比例配分になった銘柄だったのかもしれませんね。 もしかすると自分が保有している銘柄が、昨日一時のストップ高だったので翌日どうなるのか気になるという人もいるのかもしれませんが・・・ 翌日に勝てそうな確率がどの程度あるのか もし配分になった銘柄を翌日に購入するのであれば、私が検証結果で注目するポイントは基本的に1つです。 何かと言うと、 ストップ高になった価格を超えて寄り付き(始値)、陽線で引ける(終値)のかということです。 過去の、ある程度の期間にわたって、配分になった銘柄だけを検証していき、このようになる確率が高いのであれば、ストップ高の翌日に買うという選択肢もありかもしれません。 ただし、前日が比例配分になっているのに、当日の寄り付きの価格がストップ高よりも低ければ、買い圧力が弱くなっている可能性がありますので・・・ もし、検証の結果、翌日が陰線になる可能性が高ければ、それはそれで・・・ 私としては、ストップ高の翌日に買ってもいいと考えられるのは、比例配分になった銘柄を検証した結果、ストップ高の価格を超えて寄り付き、陽線になる可能性が高いという結論が出た場合のみです。 じゃ~相当ってどれぐらいなんだって言われそうですが・・・ これは リスクをどの程度取れるのかによって違ってくるのだと思います。 まぁ~人それぞれということですね。 陽線の理由 ちなみに、なぜ陽線なのかというと、翌日に買うとすれば始値で買うので、陽線じゃないと困るわけです。 陰線だと損失ですからね。 例えば、陰線であったとしても、 始値よりも高値の方がほとんどの日において高いわけですので、買ってもいいんじゃないのという考えもあるかもしれません。 確かに、始値が高値でない限り、始値で購入していれば含み益になっている時間帯がある可能性はかなり高いわけです。 しかしながら、そうであれば、わざわざ大きく値下がりする可能性もありえるストップ高の銘柄を翌日に買わなくてもいいのではないかと私としては思っています。 ストップ高になったということは、もし急落する場合にはそのスピードも早いですからね。 当日終値より翌日高値が上回ることは珍しいことではない また一時のストップ高だとしても、終値で買えば翌日の高値はその日の終値を超えてくる可能性が高いから、買った方がいいのではないかという意見もあります。 もちろん私としては検証していないので、終値を超えてくる可能性が高いのかどうかはわかりませんが、私としてはもしその理由があるとしても、無理して一時ストップ高の終値で買うことは基本的にありません。 なぜかというと、 当日終値より翌日高値が上回ることはストップ高に限らず通常の状態でも珍しいことではないからです。 ストップ高の方が上昇幅は大きいのでしょうが・・・ ある7銘柄を約5年間検証してみました。 7銘柄じゃ全然足りねーじゃねーかという意見もあると思います。 私もそう思います・・・ しかもなんで7っていう中途半端な数字なんだっていう意見もあると思います。 私もそう思います・・・ すみません・・・ その銘柄の各日の終値と翌日の高値を比べると、 終値よりも翌日高値の方が株価が上回る可能性が高かったです。 ちなみに、この7銘柄のうち5銘柄は適当に選んだ銘柄であり、2銘柄は基本的に5年間ずっと右肩下がりの銘柄を選んでいます。 適当に選んだ5銘柄が、当日終値よりも翌日高値が上回る確率は80. 5年間基本的に右肩下がりだった2銘柄が、当日終値よりも翌日高値が上回る確率はどれぐらいだと思うでしょうか。 基本的にずっと右肩下がりなんだから、当日終値よりも翌日高値が上回る確率は、けっこう低いんじゃないだろうかと思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもありませんでした。 上回る確率は71. もちろん私が検証した7銘柄についてですが・・・ 実際には7銘柄ぐらいじゃ何の意味もないわけですが、この結果を知るとわざわざリスクを背負って、場合によっては急落するかもしれないストップ高銘柄を狙い目にしなくてもいいんじゃないのと思うこともあります。 ただし特定の1日だけしか取引しないとかであれば、どういった結果になるかは分かりません。

次の

ストップ高の銘柄を比例分配で入手する方法と入手率アップの裏技

ストップ 高 比例 配分

ほぼ確実に値上がりが期待できる株 ほぼ、確実に値上がりが期待できる株が時々あります。 TOB(株式公開買い付け)が行われるようなケースですね。 現在の株価が480円だとして、その会社の株を全株700円でTOBするとある会社が発表するとします。 すると、その株の株価はTOB価格である800円にまで収束する動きをします。 一方で、日本の場合、株価には値幅制限というものがあります。 ストップ高、ストップ安とも言われるもので、1日の値動きに制限があるのです。 先ほどの事例だとすると、以下のような値動きとなります。 当日:480円• 翌日:560円(値幅制限80円)• 翌々日:660円(値幅制限100円)• 翌々翌日:700円(TOB価格に到達) この場合、発表の翌日、または翌々日はストップ高(値幅制限いっぱい)まで上昇することがほぼ確実です。 イナゴ投資家が飛びついて値段が上がったけど、期待外れのプレスリリース発表などで翌日一転ストップ安というケースもあるわけなので、「なぜ上昇しているのか?」の理由をしっかりと確認するようにしましょう。 こうした状況でも売りに出る株がある 実際のところ、前述のような状況であっても、翌日や翌々日の株価水準で、少量ではありますが売り物はでます。 この理由はあまりよくわかりません。 信用取引の決済期限という説や、どうしても売ってお金にしなければならない人が売っている説などがありますが、こした売り物があるという事は、買い注文を出せば購入できる可能性がるわけです。 圧倒的に買い注文が多い時の売り玉の処理方法 基本的に特別気配のまま、当日の引けを迎えた場合、買い注文と売り注文が一致しませんので、全部の注文は成立しません。 確実に明日も上昇するというのであれば、ストップ高の比例配分に当選することを目的に買い注文を出すというのは有効な戦略となります。 ストップ高銘柄の比例分配ルール さて、特別気配(買い気配)における株式の成約はどのように行われるのかをまずは説明します。 ストップ高の銘柄で買い注文だけでなく、売り注文が出されている場合「 比例配分」というものが行われます。 これは、抽選で買い注文を出している投資家に売りに出されている分を割り当てるというものです。 この比例配分のルールを知ることでよりこうした銘柄の当選確率をアップさせることができます。 比例配分のルール1:証券会社ごとに割り当てが行われる まず、当該株式に対して注文を出している全証券会社に最低でも1単位ずつの割り当てが行える場合に比例分配が実施されます。 なお、ルールは東証銘柄のケースで解説します。 証券取引所によって多少ルールが異なります。 証券会社が出している注文数量が多い順にならべて1単位ずつ株を割り当てていきます(最高5単位まで)。 (1)の分を除いた残りの売り注文は、各証券会社の残りの注文数量に「按分比率(買い注文と売り注文の比率)」をかけた数量を配分していきます。 比例配分のルール2:証券会社が割り当てられた株を配分する 上記のルールによって各証券会社に配分されう比例配分株の株数が決まります。 その結果、この株を証券会社はそれぞれのルールで投資家に対して配分していきます。 この配分ルールは証券会社が独自に定めています。 注文数量に応じて配分するケースや注文時間に応じて配分するケース、一律で配分するケースなど様々です。 下記は代表的な証券会社の比例配分ルールをまとめたものです。 (成行注文優先で発注時刻を優先。 同刻時は抽選)• (成行注文優先で抽選)• (注文数量優先) 非公開としている証券会社も多いですが、おおむねこんな感じになっています。 比例配分当選の確率をアップさせる方法 それでは、具体的に比例配分による当選確率をアップさせる方法をまとめていきます。 大きく「 マイナーな証券会社にできるだけたくさん口座を持って買い注文を出すこと」と「 注文の出し方は各社の特徴をもって変更する」という2点が挙げられます。 できる限り多くの証券会社に口座を持つ(マイナーほど良い) 比例配分のルールに、最低限注文を出している証券会社い1単位ずつの割り当てが行われます。 マイナーな証券会社ではその株の買い注文が出ている数も少ないと推測できますので、マイナーな証券会社を通じて出された買い注文は売買成立しやすくなります。 また、各証券1単位ずつですので、複数の証券会社から買い注文を出しておけばそれだけ抽選のチャンスも増えるというものです。 証券会社の比例配分ルールに応じて注文の出し方を変える ルール2で説明したとおり各証券会社に配分された株の割り当て方法は会社によって異なります。 たとえば、GMOクリック証券の場合は注文数量が第1ですので少額の注文では約定するのはほぼ不可能といえますが、逆にたくさんの余力をもって大きい買い注文を出せば当選する可能性はアップします。 数千万円単位とかで成行買いで注文だせば買える可能性は高いわけです。 一方で松井証券の場合は抽選としての意味合いが強いので最低1単位以上の買い注文を出しておけば当たる可能性があります。 注文数量の影響は小さいです。 発注時刻が優先されるような SBI証券では早い段階で注文を出さないとダメ。 引け直前で注文を出してもまず、比例配分を受け取れません。 そのため、比例ルールが明確な証券会社ごとにそれぞれ適切な注文ルールつくって、比例配分狙いの買い注文を分けて出すようにします。 いずれにしてもたくさんの証券会社に口座を持っておくことが肝要といえるわけです。 「」なども参考にいくつか口座を持っておいて注文をだせる環境を作っておくとよいですね。 個人的にはこうしたストップ高比例配分に並ぶというのは宝くじ的な要素も大きいと思っています。 同じように抽選で株が買えるIPOと同じように考えています。 私自身もIPOの当選確率を上げるために複数の証券会社に口座を持っています。 おすすめは「」で紹介しています。 IPO用にそれぞれの証券会社に資金を入れているので、ストップ高比例配分になりそうなの時もこれらの証券会社を通じて注文を出すようにしています。 以上、ストップ高比例配分の株を手に入れる可能性を上げる方法を紹介しました。

次の