東洋文庫。 「あつ森」でモリソン書庫を再現できる! 東洋文庫ミュージアム、貴重なコレクションのマイデザインを公開中

甲子夜話|東洋文庫|平凡社

東洋文庫

概要 [編集 ] 『東洋文庫』は、平凡社の柱石たる叢書で、、、、、、、、などを含む全域の各地域に関する作品を、主に現代訳により研究紹介している、からにまで及び、扱う刊行分野の特色も、、、、、、などの伝統的分野のみならず、の古代からまでの(日本から地中海までの)外国人によるアジア地域研究や、・アジア紀行探検などもある。 に800冊目のタイトル(書目)に達している。 『』『』『』『』『』など、人気書目の中からで再刊されたものもある一方で、大半の書目は需要が限定されているため長らく絶版となっていることも珍しくなかったが、よりワイド版が、形式(注文生産)により順次刊行されている。 また電子書籍という形態でeBookJapanからダウンロード販売されている。 特色 [編集 ] 「東洋」という名に象徴されるように、東洋全域の古典的遺産を日本・中国・韓国はもちろん、インドや中近東、中央アジアまで広く紹介しようという意図で1963年に創刊された。 一般的な古典文学全集と異なり、伝記や自伝、旅行記、戦記や日記といった必ずしも文学史のなかにきちんと位置づけられていない古典作品をも収録するのも特徴である。 国内の作品を挙げると、士・の日記『塵壺』、幕末の英国外交官であるの伝記である『パークス伝』、近世の旅行家の『菅江真澄遊覧記』など。 参考文献 [編集 ]• 『東洋文庫ガイドブック』平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2002年4月。 4-582-83713-1。 『東洋文庫ガイドブック 2』平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2006年5月。 4-582-83714-X。 関連項目 [編集 ]• 筑摩叢書:1963-1992年にで刊行されたレーベル。 東西の名著・古典の再刊・翻訳が中心。 - も参照• :同社で刊行されている再刊・翻訳中心のレーベル。 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる(・/P書物)。

次の

「あつ森」でモリソン書庫を再現できる! 東洋文庫ミュージアム、貴重なコレクションのマイデザインを公開中

東洋文庫

概要 [ ] 『東洋文庫』は、平凡社の柱石たる叢書で、、、、、、、、などを含む全域の各地域に関する作品を、主に現代訳により研究紹介している、からにまで及び、扱う刊行分野の特色も、、、、、、などの伝統的分野のみならず、の古代からまでの(日本から地中海までの)外国人によるアジア地域研究や、・アジア紀行探検などもある。 に800冊目のタイトル(書目)に達している。 『』『』『』『』『』など、人気書目の中からで再刊されたものもある一方で、大半の書目は需要が限定されているため長らく絶版となっていることも珍しくなかったが、よりワイド版が、形式(注文生産)により順次刊行されている。 また電子書籍という形態でeBookJapanからダウンロード販売されている。 特色 [ ] 「東洋」という名に象徴されるように、東洋全域の古典的遺産を日本・中国・韓国はもちろん、インドや中近東、中央アジアまで広く紹介しようという意図で1963年に創刊された。 一般的な古典文学全集と異なり、伝記や自伝、旅行記、戦記や日記といった必ずしも文学史のなかにきちんと位置づけられていない古典作品をも収録するのも特徴である。 国内の作品を挙げると、士・の日記『塵壺』、幕末の英国外交官であるの伝記である『パークス伝』、近世の旅行家の『菅江真澄遊覧記』など。 参考文献 [ ]• 『東洋文庫ガイドブック』平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2002年4月。 『東洋文庫ガイドブック 2』平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2006年5月。 関連項目 [ ]• :1963-1992年にで刊行されたレーベル。 東西の名著・古典の再刊・翻訳が中心。 - も参照• :同社で刊行されている再刊・翻訳中心のレーベル。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・/)。

次の

【東洋文庫】アクセス・営業時間・料金情報

東洋文庫

概要 [編集 ] 『東洋文庫』は、平凡社の柱石たる叢書で、、、、、、、、などを含む全域の各地域に関する作品を、主に現代訳により研究紹介している、からにまで及び、扱う刊行分野の特色も、、、、、、などの伝統的分野のみならず、の古代からまでの(日本から地中海までの)外国人によるアジア地域研究や、・アジア紀行探検などもある。 に800冊目のタイトル(書目)に達している。 『』『』『』『』『』など、人気書目の中からで再刊されたものもある一方で、大半の書目は需要が限定されているため長らく絶版となっていることも珍しくなかったが、よりワイド版が、形式(注文生産)により順次刊行されている。 また電子書籍という形態でeBookJapanからダウンロード販売されている。 特色 [編集 ] 「東洋」という名に象徴されるように、東洋全域の古典的遺産を日本・中国・韓国はもちろん、インドや中近東、中央アジアまで広く紹介しようという意図で1963年に創刊された。 一般的な古典文学全集と異なり、伝記や自伝、旅行記、戦記や日記といった必ずしも文学史のなかにきちんと位置づけられていない古典作品をも収録するのも特徴である。 国内の作品を挙げると、士・の日記『塵壺』、幕末の英国外交官であるの伝記である『パークス伝』、近世の旅行家の『菅江真澄遊覧記』など。 参考文献 [編集 ]• 『東洋文庫ガイドブック』平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2002年4月。 4-582-83713-1。 『東洋文庫ガイドブック 2』平凡社東洋文庫編集部 編、平凡社、2006年5月。 4-582-83714-X。 関連項目 [編集 ]• 筑摩叢書:1963-1992年にで刊行されたレーベル。 東西の名著・古典の再刊・翻訳が中心。 - も参照• :同社で刊行されている再刊・翻訳中心のレーベル。 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる(・/P書物)。

次の