ボイス 犯人。 「ボイス」のあらすじを原作ネタバレ!真犯人の最期が無残過ぎる!

ボイスの犯人ネタバレ!日本と韓国ドラマの犯人役は誰?

ボイス 犯人

Contents• rakuten. チームリーダーは『イカれた狂犬』とあだ名される刑事のム・ジニョク。 ジニョクは妻のホ・ジヘを。 グォンジュは警察官だった父のカン・グックァンを。 ……犯人はまだ捕まっていない。 それどころか、その正体すらわかっていない。 グォンジュとジニョクは、数々の事件を解決しながら 3年前の事件の真相へと迫っていく。 真犯人は誰? 実は視聴者目線では、3年前の事件の犯人はかなり早い段階でわかります。 パッと言ってしまうと、 真犯人はモ・テグ• 高学歴• 一流企業の社長• 超イケメン 三拍子そろった非の打ちどころのない完璧人間……というのは表の顔。 その本性は根っからのサイコパスで快楽殺人者というモンスターです。 お気に入りの凶器は『持ち手のついた鉄球』 それで獲物の顔がぐちゃぐちゃになるまで叩き潰します。 微グロ注意。 テグにとって人の命などなんの価値もありません。 殺人はさながら『遊び』であり、テグはその中毒者なのです。 怪物になった原因 テグが狂ったサイコパスになってしまったのは、子どものころのトラウマが原因です。 そのトラウマとは、遊びに行った別荘で、父親がライバル会社の社長を殺す瞬間を目撃したこと。 そして、同じくその瞬間を目撃していた 母親が精神を病み自殺したこと。 こうしてモ・テグという怪物は誕生したのでした。 3年前の事件の真相は? 第1話で、テグはジヘ (ジニョクの妻)にこう言っています。 「調子に乗るからだ」 このセリフから、 事件は行きずりで起きたわけではないということがわかります。 テグにはジヘを始末するべき理由があったわけですね。 だから、放っておけば無差別に一般市民を獲物にしてしまいます。 でも、それはどう考えてもマズイですよね。 そこで考案されたのが、安全に『狩り』を楽しむためのシステム。 テグは身寄りのないホームレスを集めさせて、その人々を秘密の別荘の地下室でなぶり殺しにしていました。 その数、実に30人以上。 ホームレスを調達していたのは、テグの兄貴分のナム・サンテ。 サンテはモ・ギボム会長 (テグの父親)と癒着している暴力団の一員で、表の顔としては人材派遣会社を経営しています。 サンテは「就職させてやる」という口実でホームレスを集め、それをテグの『おもちゃ』として差し出していました。 というのも、ジヘの仕事はホームレスを支援する福祉士。 面倒を見ていたホームレスからSOSを受け取ったことで、ジヘはテグの裏の顔を知ってしまいます。 ジヘは知ってはいけないことを知ってしまった。 だから、テグに始末された。 これが3年前の事件の真相です。 内通者は誰? テグは警察側の動きを把握しているかのように行動してきます。 となると考えられる可能性は 警察内部にテグの内通者(スパイ)がいること。 いったい誰が内通者なのか? テグの裏の顔とは違って、内通者の正体は終盤まで視聴者にも隠されていました。 どこからともなくナム・サンテが現れ、デシクに取引を持ちかけます。 「老い先短い父親に手錠をかけたくはないだろう? 俺の言うことを聞くならもみ消してやる」 デシクは誇りある刑事としてサンテの話を突っぱねました。 その際、デシクはサンテの手下の肩を突き飛ばしたのですが……手下は転んだ拍子に頭を打って死亡。 事故とはいえ、紛れもない殺人罪です。 こうして デシクは父親のひき逃げと自らの殺人を隠すために、サンテの内通者となりました。 サンテがテグに殺されたあとは、そのままテグの内通者として首輪をつながれていたというわけです。 3年前の事件の裁判で、証拠となるグォンジュとテグの会話データを消したのもデシク。 最終回の結末は? 最終回の内容がまた濃いんです! サラっと結末だけお伝えするのも味気ないので、ここは読み物ふうにしてお届けしますね! 突入 囚われたデシクを救出するため、グォンジュとジニョクはテグの秘密の別荘へと突入する。 2人がテグを逮捕するのが先か。 テグが2人を始末するのが先か。 いよいよここが最終決戦の地。 ジニョクとテグが対面した瞬間、息の詰まる銃撃戦が始まった。 「ここがお前の遊び場だったのか。 その汚れた真実を隠すために妻を殺したのか!」 「あまり恨まないでよ。 奥さんが悪い。 それに真実を隠したのはあんたの弟分じゃ?」 銃撃戦では現役警官のジニョクに軍配が上がった。 テグは腕と手に銃弾を受ける。 銃を手に向き合ったジニョクとテグを包囲する。 「どうした? 撃てよ」 挑発するジニョク。 しかし、テグはジニョクをあざ笑うかのように両手をあげた。 ジニョクの目的は逮捕ではなく、その手でテグを始末すること。 その心理を見抜いているからこそ、テグは正当防衛が成立しないように降参したのだ。 今度は逆にテグがニヤニヤと笑いながらジニョクを挑発する。 「撃ってみろ」 無抵抗な容疑者を撃てばジニョクは確実に破滅する。 むしろそうなった方がおもしろいといわんばかりに、テグはニタニタと笑い続ける。 ジニョクは「もう失うものは何もない」と引き金に指をかけるも、仲間たちの声のおかげであと一歩のところで踏みとどまった。 追走 負傷の治療のためテグは病院へと運び込まれる。 しかし、そこはモ・ギボム会長の息がかかった病院だった。 病院側の手引きでテグは逃走に成功。 その手には偽造パスポートと日本行きの乗船券が握られていた。 残る道は海外逃亡しかないと判断したグォンジュたちは港へ急行。 ちょうどブローカーと接触しようとしていたテグを発見する。 逃げるテグ。 追うジニョク。 追い詰められたテグは同行していた味方のキム秘書を撲殺し、服を交換して海に沈めた。 「あ、あの海に浮いているのはモ・テグでは!?」 「別人かもしれない!」 「しかし、まずは確かめなければ!」 こうして警察が身代わりに気を取られている隙に、テグはその場から脱走。 今度こそ完全に潜伏した。 決着 グォンジュが帰宅すると、そこにはテグの姿が! ジニョクならいざ知らず、グォンジュが1人で勝てる相手ではない。 テグはグォンジュを地面に引き倒すと、馬乗りになってナイフを振り上げた。 まさに絶体絶命のピンチ! しかし、グォンジュは泣き叫ぶでもなく、毅然とした態度でむしろテグを哀れんだ。 「だけど、あんたも可哀想な人よね。 12歳の時、あんたも母親を亡くしてる。 そして、ろくでもない父親の隣で怪物になった。 私も怪物になってお前を切り刻みたかったけど、悪党を捕まえるのが警官だと父が言ったから……。 次の世では、あんたもその隣に、怪物ではなく愛する人がいて、そっちに傾いてほしい」 「……気が済んだか?」 テグがナイフを振り下ろそうとした刹那、突如としてジニョクが現れる。 そしてジニョクは、何のためらいもなくテグを撃った。 吹き飛ぶテグ。 一発の銃弾で、勝敗は決した。 もはやテグは立ち上がることすらできない。 だというのに、その顔にはいまだに狂気の笑みが浮かんでいた。 「ム・ジニョク! 女房の頭蓋骨が潰れる音は快感だったぞ!」 2発、3発、4発。 ジニョクは無表情のままテグの四肢に銃弾を撃ち込んでいく。 一方、テグは撃たれるほどに狂気を加速させていく。 「おもしろい! そうこなくっちゃ!」 ジニョクがテグを殺したなら、それはテグの勝利に等しい。 テグは自らの死よりも、その先にある絶望的なジニョクの人生を見据えておもしろがっていた。 「そう、そこだ!」 壊れたように笑いながらテグが挑発する。 「ダメです、チーム長!」 悲しそうに泣きながらグォンジュが止める。 「怪物を捕まえる者は、人であるべきです!」 グォンジュの制止を無視して、ジニョクは引き金に指をかける。 相手は最愛の妻を奪った仇だ。 それに、もう失うものは何もない。 ジニョクは感情の読めない真顔のまま引き金を引いた。 撃鉄が落ちる。 ……しかし、何も起こらない。 テグの狂気の笑みが、ピタリと止まった。 「期待したか? 期待に応えられなくて申し訳ないな」 ボロ雑巾のように転がるテグを見下ろしながら、ジニョクは言う。 「俺はだな、お前のことばかり考えてたぞ。 何度もイメージしたさ。 どうすればお前を、残忍に殺せるだろうかと。 だが、気づいたんだ。 すべて無駄な労力だと。 お前なんぞ、おもちゃにする相手のいないところに、指一本動かせないような虫けら状態にして、そのままポンと投げちまえばいいと」 テグの顔から笑みが消え、かわりに屈辱と絶望の表情がにじみ出る。 「そう、その表情だ。 来る日も来る日もその表情で、俺の顔をずっと思い出すんだな。 来る日も、来る日も……」 ジニョクは懐から手錠を取り出して、宣告する。 「モ・テグ。 連続殺人犯として逮捕する」 ここに勝者と敗者は決した。 「ム・ジニョーーーーーク!!!!」 テグの咆哮があたりにこだました。 墓前 グォンジュは父の墓前へ。 「父さん、向こうでゆっくり休んで。 私も笑って生きるわ。 あの時は言えなかったけど……父さん、愛してる」 そして、ジニョクは妻の墓前へ。 「これからは後ろを振り向かずに、前だけを見て生きるよ。 ごめんな。 長い間、放してやれなくてさ。 情けないことに3年以上もかかったよ。 もう行けよ。 ……忘れない。 愛してる」 グォンジュの目にも、ジニョクの目にも、こらえきれない涙が浮かんでいた。 多くの人々の人生を狂わせた忌まわしき事件は、もう終わったのだ。 エピローグ テグの事件を皮切りに次々と不祥事が表に出たソンウン通運は破滅。 モ・ギボム会長は拳銃で自らの頭を撃ち、自決した。 そして、モ・ギボム会長と密につながっていた警察庁長のペ・ビョンゴンもまた失脚した。 いまだ意識は戻らないが、それでも奇跡的な回復だといえる。 その姿はまるで廃人のよう。 車イスに座ったままだらりと力なく虚空を見つめている。 ……テグは後に、他の患者によって殺害された。 今日もグォンジュは112通報センターの陣頭指揮を執る。 (私にとって聞こえすぎるこの耳は呪いのようでもあった。 でも、私を苦しめた耳が、人助けに役立つことに感謝してる。 犯罪のない社会に暮らせれば最高だけど、光あるところには暗い影が存在するもの。

次の

韓国ドラマ『ボイス〜112の奇跡〜』あらすじとネタバレ!感想と最終回結末も │ がんばる女子のつれづれブログ

ボイス 犯人

ドラマの原作は韓国ドラマ ドラマ「ボイス110緊急指令室」の原作は韓国ドラマ「ボイス~112の奇跡~」 画像: 日本での110番が韓国では112番.。 ボイスプロファイラー 声紋分析官 の力が事件解決へ導くドラマ。 「ボイス」は外せないタイトルですね。 そんな彼がいるソンウン地方警察庁「112通報センター」センター長に新しく就任したのは、妻の事件の容疑者が釈放される証言をしたグォンジュ イ・ハナ だった。 彼女を恨むジニョクだったが、常人には聞こえない音が聞こえるグォンジュの「絶対聴覚」のお陰で一人の少女を救い出すことに成功する。 そのことで彼女の力を信じるようになるジニョク。 そして実はグォンジュの父も、ジニョクの妻と同じ犯人に命を奪われていたのだ。 ふたりは「ゴールデンタイムチーム」のメンバーと協力し通報者を救いながら、愛する家族を奪った真犯人を突き止めるために動き出すが・・・ 「ボイス110緊急指令室」の韓国ドラマ原作ネタバレ ドラマ「ボイス110緊急指令室」の韓国ドラマ原作ネタバレあらすじを紹介します。 (ネタバレですのでご注意ください) 3年前の事件 ジニョクの妻を殺した容疑者コ・ドンチョルは、 グォンジュの証言で釈放される。 絶対聴覚の力を持つグォンジュは、犯人の声を聞いている。 コ・ドンチョルの声は犯人と違うと確信し証言をしたのだ。 さらに、自分の父を殺害した犯人とも無線でやり取りをし、犯人が低い声でカチカチと顎を鳴らす男だと証言する。 3年後・ゴールデンタイムチームで捜査開始 3年後、グォンジュは緊急通報センターに就任。 通報電話から 「3分で到着、5分で現場確認、10分で検挙」を使命とするゴールデンタイムチームを立ち上げる。 そして、 ジニョクはセンター長に。 ジニョクは、グォンジュに反発していたが、誘拐事件をきっかけにしてグォンジュの ボイスプロファイラー 声紋分析官 の能力が確かなものだと感じていく。 グォンジュは、彼女の 父を殺した犯人とジニョクの妻を殺した犯人は同一人物だという。 最初は疑いを持つジニョクだったが、事件を追ううちに、それが真実だと悟る。 2人は信頼しあえる関係になり、ともに愛する人(妻・父)を殺した犯人を追及していく。 ゴールデンタイムチームの捜査方法は、グォンジュが電話を介して被害者と会話。 事件の場所や犯人をネットを介して追及する。 サポートするのがIT担当の オ・ヒョノ(イェソン)と語学力に長けた パク・ウンス(ソン・ウンソ)。 現場を担当するのがジニョク。 そしてジニョクを兄貴と慕う シム・デシク(ペク・ソンヒョン)。 真犯人を追うジニョクとグォンジュ ある日、3年前のウニョン洞事件の容疑者だった コ・ドンチョルが高架下で墜落死体で発見される。 何者かに消されたのだ。 生き証人を失った二人だが、犯行目撃者 ファンの存在を知る。 しかし、ファンもまた殺されてしまう。 あらゆる事件と平行しながら、3年前の事件を追う二人。 ジニョクは、正体不明の巨大な組織に命を狙われる。 警察内部に密告者がいるのでは?と疑い始める。 ジニョクは拉致され、そこで顎を鳴らす男・ サンテと対面。 サンテは妻殺害の犯人だというのだが、グォンジュは声を聞き分け 「犯人が他にいる」と推理。 サンテを追うが逃亡されてしまう。 サンテの所持品などから真犯人へと迫っていく。 そんな中、入院生活をしているジニョクの息子ドンウのもとにプレゼントを届ける男がいる。 「昨日、パパが随分驚いたはずだ。 いたわれよ」と言い残して……。 この男こそが真犯人モ・テグ。 プレゼントを開けようとするドンウ。 そこにサンテの指示で男が侵入。 逃走する男をジニョクが捕らえる。 ある事件の参考人として警察に訪れたモ・テグ。 グォンジュはその声を聞き、モ・テグが真犯人だと確信する。 物語はいよいよ結末に 幼少期の体験がモ・テグをサイコパスにしていたのだ。 テグの父モ・ギボムは運送会社の社長。 別荘の地下でギボムが殺人を犯しているのを目撃したテグ。 そして、母が自殺。 その体験が猟奇殺人への引き金。 テグは、残忍な殺人を楽しんできたのだ。 一方、デシクは、ギボムに揺すられていたことが判明。 ジニョクは、ショックを受けデシクを責める。 場面はテグの別荘の地下室。 デシクは兄貴の借りを返すため、ひとりでテグに立ち向かうのだが、無残な仕打ちにあい半殺し状態。 そこにグォンジュとジニョクが駆けつける。 テグの父・ギボムは自殺。 テグは逮捕される。 すべてが終わり、ジニョクは妻の墓に、グォンジュは父の墓に。 2人は亡き妻に、父に 「愛してる」と伝えるのだった。 デシクは集中治療室で治療。 テグは病院へ入るが、そこで患者に殺害される。 そして、2人は再び事件解決へと…。 ドラマ「ボイス110緊急指令室」はどうなる? 原作韓国ドラマの感想と日本ドラマへの期待 韓国ドラマでは、余韻を残した終わり。 再び恐怖の事件が起こるのかと鳥肌が立ちました。 緊迫感のある目の離せない原作。 10分というタイムリミット。 画面にはタイムカウントがうつされたり、事件解決までの時間がストップウォチ的表示されます。 その 映像のギャップがまた面白い。 この流れが現場の緊迫感を高めているし「急いで!」と叫びたくなる。 まさに手に汗握るタイムリミットサスペンス。 猟奇殺人の場面は半端ない。 アクションシーンも見事ですが、とにかく殺人の描写は凄いものがあります。 お子様には刺激が強いだろうな、と思える場面が多々あります。 目をつぶりたくなるけど「見なくちゃいられない」。 ホラー映画などで「キャー」と手を目にあてるのに指の間から見てしまう、みたいな感じですね。 「ボイス110緊急指令室」の原作・韓国ドラマは視聴者を飽きさせないドラマ。 アクションシーン、殺人シーン、タイムリミットシーンと見どころは満載。 原作の韓国ドラマは16話なので「ボイス 110 緊急指令室」ではギュっと大切なことがつまったドラマになるのでは? 物語も必然的にスピーディーに流れそうです。 韓国ドラマの犯人は美しいキム・ジェウクさんでしたが、日本ドラマでは誰が演じるかも興味津々です。 原作を観ていても楽しめる展開になりそうです。 主演の唐沢寿明さん、そして、後輩役の増田貴久(NEWS のアクションシーンに期待。 ボイスプロファイラー 声紋分析官)役の真木よう子さんの音分析シーンも楽しみです。 韓国ドラマ「ボイス~112の奇跡~」最終話 モ・テグの別荘に着いた ジニョク(チャン・ヒョク)と グォンジュ(イ・ハナ)。 新しい血痕をみつけ、誰かを引きずりこんだと判断。 その頃、地下室には デシク(ペク・ソンヒョン)が拉致されている。 スーツ姿の モ・テグ(キム・ジェウク)。 「どう殺そうか」顎を鳴らす。 ** オ・ヒョノ(イェソン)の分析から、25年前の事件が明らかになる。 殺人事件が起きていた。 被害者はジョンナム運輸の社長、犯人は モ会長。 その事件を目撃したのがモ・テグと母。 しかし、事件は事故死扱いに。 モ会長が運営するソンウン運輸はジョンナム運輸と合併し最大手にのし上がっていった。 モ会長は、地位と名声の力で息子の罪を隠し通してきたのだ。 ** 「秘密は秘密であるうちが一番いいものなんだ」 鉄球でデシクを打つモ・テグ。 「地獄で会おう、このクソ野郎」 デシクに何度も鉄球を振りかざすモ・テグ。 ** その頃、ジニョクとグォンジュは別荘の鍵をこじあけ中に侵入する。 モ・テグは防犯カメラの映像を見て、ジニョクとグォンジュが侵入してきたことを知る。 すると、電気を切り、あちこちのドアを施錠していく。 笑いをこらえきれないモ・テグ。 ジニョクとグォンジュは、声が聞こえる方向へと突き進むが、その声は映画の録音声。 モ・テグは確実に喜んでいる。 そして、グォンジュの絶対聴覚からケルトベルトの音を頼りに地下へ……。 扉はわざと開けてある。 なおかつ突き進むとそこには、デシクが倒れていた。 そこに、モ・テグが現れた。 ** ジニョクとモ・テグ、銃撃戦に。 ジニョク 「その汚れた真実を隠すために妻を殺したのか」 モ・テグ 「奥さんが悪い。 それに真実を隠したのはあんたの弟分じゃ?」と笑う。 ジニョク、モ・テグを追いかける。 そして、にらみ合いに。 「正義感ぶるのはやめろ、あんたも持っているだろう?俺のような悪魔的な本性を」 「早く撃て」ジニョクは挑発するが、モ・テグは銃を下ろす。 応援にかけつけた強行係。 モ・テグは腕を負傷し逮捕された。 怪しく笑いながら、ジニョクに背を向けた。 ** 救急車に乗ったモ・テグは病院へ搬送される。 処置室に入るが、そこはモ会長の支配下にある病院。 モ・テグを仮死状態にさせ、自殺したことにする。 そして、モ・テグを外に運び出す。 怪しいと睨んだジニョクとグォンジュは、グォンジュの絶対聴力を駆使して追いかけるのだが、一歩遅く、逃げられてしまった。 ** モ・テグはモ会長の仕組んだ車の中。 息を吹き返す。 パスポートが用意されている。 逃亡の計画だ。 しかし、モ会長と電話で話すモ・テグは 「俺に任せておけ」という父に対して「放っておいてくれ」と叫ぶ。 ** モ会長はパク検事に、モ・テグを死んだことにしようと計画案を提示するが、断られる。 ** 港に着いたモ・テグとキム秘書。 そこにはジニョクらがいる。 逃げるモ・テグ。 追いかける警察陣。 船に乗るモ・テグとキム秘書。 モ・テグはキムを殺し、海に投げ込む。 キムを自分の身代わりにし、逃亡する。 遺体は秘書だと判明し、さらにモ・テグを捜す。 メディアを利用し、グォンジュはモ・テグをおびき寄せた。 計画通り、グォンジュの前にモ・テグが! ** モ会長 「デグの代わりにわしが先に逝こう」 「テグよ地獄で会おう」銃で自殺。 ** グォンジュとモ・テグ。 「不要な人間を始末して何が悪い」と叫びながらグォンジュに馬乗りになるモ・テグ。 「あんたも可哀想な人ね、ろくでもない父親の隣で怪物になった。 次の世では……怪物ではなく愛する人がいて、そっちに傾いてほしい」 グォンジュの言葉に一瞬モ・テグは表情が変わるが、ナイフを振りかざす。 そこにジニョクが! モ・テグに銃を向ける。 「好きにしろ」というモ・テグにジニョクはトドメを刺さない。 「哀れな奴め」とだけ言い残して……。 ジニョク、ドンウの病室へ。 眠るドンウの横で眠る。 そして妻の墓へ。 グォンジュは父の墓へ。 花を添える。 ジニョク 「前を見て進まないと、前へ前へ、地球は丸いから。 ごめんな、長い間、放してやらなくて。 3年以上もかかったよ。 もう行けよ。 忘れない。 愛してる」 グォンジュ 「私も笑って生きるわ。 父さん愛してる」 デシク、集中治療室。 自発呼吸が回復。 かすかに指が動く。 ジニョク 「テジク、目を覚ませ」 モ・テグは病院で殺された。 The end *韓国ドラマは何度観てもハラハラ。

次の

韓国ドラマ「ボイス」実話ベース?犯人像は?そしてドラマの感想は?

ボイス 犯人

1話のあらすじは以下の通りで、 原作に忠実な内容。 検挙率トップを誇る港東署強行犯一係の係長・『ハマの狂犬』の異名を持つ樋口彰吾(唐沢寿明)はその日、犯罪グループの張り込み中、妻・未希(菊池桃子)からの着信に気づくものの、業務を優先してしまう。 その着信が妻からのSOSだとは知らずに……。 その頃、再開発地区では、謎の殺人鬼に追われ恐怖の中で息を潜める未希が、110番に助けを求めていた。 後輩の石川透(増田貴久)から事件の連絡を受けた樋口は、同期の強行犯二係・沖原隆志(木村祐一)の制止を振り切り、惨殺された妻の姿を目の当たりにして言葉を失うのだった。 1ヶ月後。 法廷には未希殺害の被疑者・相良(平原テツ)の姿が。 事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという相良に対し、検察側の証人として証言台に立ったひかりが、相良の声が電話で聞いた犯人の声ではないと証言する。 通話記録を調べればわかると話すひかりだが、提出された証拠には犯人の声は記録されておらず……。 相良の犯行を確信する樋口は、ひかりの証言に逆上し、法廷は混乱に包まれる。 交番勤務に配置換えになった樋口は、かつての同僚たちからも煙たがられるほど落ちぶれていた。 一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、自ら希望を出し港東署の緊急指令室長に就任。 ひかりは樋口を新しいチームの現場リーダーにするつもりだと話すが……。 そんな中、緊急指令室に若い女性・萩原夏美(吉川愛)から通報が入る!事態が一刻を争うことを察知したひかりは自ら指揮を執り、樋口に指示を出すが……!? 通報者の身に危険が迫る緊迫のカウントダウンはすでに始まっていた!! 引用元: ドラマ『ボイス』主な登場人物 ドラマ『ボイス』の原作ネタバレの前に、主な登場人物を紹介します。 ・ 橘ひかり(真木よう子):ECUの室長。 3年前の事件で父親を殺された。 絶対聴感力で犯人検挙を目指す。 ・ 樋口彰吾(唐沢寿明):ECUの班長。 感情任せに行動するタイプであだ名は「ハマの狂犬」。 ・ 樋口未希(菊池桃子):ソーシャルワーカー。 3年前に猟奇的殺人鬼の手にかかって惨殺される。 ・ 沖原隆志(木村祐一):強行犯係の係長。 以前樋口とコンビを組んでいたことがある。 ・ 石川透(増田貴久):捜査員。 樋口を「兄貴」と慕う捜査現場のムードメーカー。 ・ 田所賢一(小市慢太郎):署長。 ECUの活動を不快に感じている。 ドラマ『ボイス』原作ネタバレ ドラマ『ボイス』の原作のあらすじをネタバレします。 絶対聴感の女と、勘と行動力の刑事が3年前の事件を追う 樋口省吾(唐沢寿明)は、3年前に妻・未希(菊池桃子)を謎の猟奇的殺人鬼に惨殺されました。 樋口は以前は 「ハマの狂犬」と恐れられた超敏腕刑事でしたが、今は見るも無残に落ちぶれていました。 そんな樋口の前に、未希が殺された時の110番通報を受けた橘ひかり(真木よう子)が現れました。 橘は 「私の父親を殺した犯人とあなたの奥様を殺した犯人は、同一犯です」と樋口に告げます。 実は、橘の父も3年前に未希と同様の手口で殺されていたのです。 橘は、未希と父親を救えなかったことを心から悔いて、アメリカに留学してプロファイリング能力を身に付けたという。 加えて、橘には かすかな音も聞き逃さない絶対聴感がありました。 橘は、未希が殺された時に犯人が顎をカチカチ鳴らして「調子に乗るからだ」と言った声を記憶していました。 橘は「電話による通報から3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」という使命を負った緊急指令室(ECU の室長となり、樋口は緊急出動班の班長になりました。 こうして樋口と橘は、共に復讐相手である3年前の犯人を追うことになります。 検察が未希殺しの被疑者として挙げた相良(平原テツ)が、遺書を残して自殺。 しかし相良は、どうやら未希や橘の父と同一犯に殺されたようでした(頭部に損傷を与えるなど殺し方が同じ)。 警察が相良の死をあっさり自殺として片付けたことから、橘は 「警察内部に犯人の内通者がいる」と確信。 橘の父親の死は事故死で処理されたし、何者かによって当時の音声データも消去されているのです。 謎の男がカチカチと顎を鳴らしていたことから、 橘は新田は3年前の犯人と同一犯に殺されたと確信。 謎の男の姿は車載カメラに写っていて、(アキレス腱を切った人間に見られる)特徴的な歩き方をしていました。 この後、樋口は謎の男に捉えられ、もう少しで殺される危機に陥ります。 しかしさすがは樋口!驚異的な身体能力で見張りをやっつけて縄をほどいて逃げることに成功。 樋口が、謎の男に「お前が3年前の犯人か? 」とたずねると「そうだよ」と男。 もうこれで、3年前の事件解決かー?! 樋口は謎の男の片手をぶっ潰すが、謎の男は逃亡。 真犯人は? 謎の男の名前は、ナム・サンテ。 大会社と癒着する暴力団員で、表向きは人材派遣会社の社長でした。 樋口は「この男が犯人だ! 」と息巻くが、 「この男は犯人ではない」と橘。 橘が3年前に聞いた犯人の声は30代で、ナムは40代(ドラマでは50代)だったのです。 その後も連続殺人事件が続き、被害者の携帯電話からナムの指紋が出ます。 警察は犯人はナム・サンテと断定しますが、樋口は 「真犯人はもっといかれた野郎だ! 」とナムが犯人ではないと見破りました。 では、なぜナムは自分が犯人だと認めたのだろうか? 真犯人は、ナムが癒着関係にある大会社の御曹司・モ・テグ。 いかにして猟奇的殺人鬼が誕生したのか? モ・テグは、サイコパスの猟奇的殺人鬼。 モ・テグがこうなってしまったきっかけは、幼少期に父親が人を殺すのを目撃したこと。 当時から横暴だったモ・テグの父親は、自分に歯向かった人間をリンチにかけたあげく殺しました。 その現場を、モ・テグと母親が運悪く目撃。 母親はすぐに警察に飛び込みましたが、この事件はもみ消されてしまいました。 絶望した母親は 自殺。 生まれながらにサイコパスの気質があったモ・テグは、この事件を機に猟奇的殺人に手を染めていくことになりました。 父親は病院に相談しますが、大した治療法がないので精神病院に入院させるしかないと言われます。 父親は「一人息子を精神病院に入れたくない」という思いから、モ・テグをそのまま放置。 ナム・サンテが路上生活者を集めて、モ・テグクが彼らを惨殺して楽しむ日々が続きました。 そして面倒なことが起こると、モ・テグの父親が金の力でもみ消しました。 モ・テグの父親は「わしのせいだ、わしがあいつをあんな風にしてしまった」と自分の罪を自覚しているが、 息子の罪を隠蔽することが愛情だと勘違いしているのです。 モ・テグのお気に入りの凶器は、 特注の鉄球。 CHECK! ・モ・テグの父親の要求は、樋口にモ・テグが関わる事件から手を引かせること。 ・樋口に事件から手を引かせれば、樋口にも石川にも危害は加えない約束。 石川は、ナムから沖原(木村祐一)が浮気した動画を渡されて、沖原を脅迫するように命令されます。 沖原は仕送りパパで、妻子とは離れて暮らしています。 石川は沖原に電話して「娘のスマホにこの動画を送られたくなかったら、言う通りにしろ」と言って、沖原を懐柔していたのです。 石川がモ・テグの犬になっていた理由は、とにかく怖かったから。 モ・テグのような次元の違う怪物を捕まえるのは、不可能だと思ったのです。 石川が内通者であることを知った樋口は「情けない野郎だな、たとえ結果が見えていても屈しちゃいけない」と言いました。 ナム・サンテの結末は? ナム・サンテは、真犯人であるモ・テグの罪を全被りして逃走(可哀想過ぎる)。 モ・テグの父親から海外逃亡資金をもらうが、腹の虫がおさまらない状態。 ナムがこんなに苦労しているのに、モ・テグは更なる犯行を重ねて、それもナムの犯行になってしまいます。 さらにモ・テグは、ナムに「樋口(唐沢寿明)を殺せ。 さもなくば父親と同じ目にあわせてやる」と脅迫(酷過ぎる)。 ナムは「3年前の真実を全て話すから、逃がしてくれ」と樋口に電話。 しかし樋口が到着した時には、 ナムはモ・テグに惨殺された後でした。 しかも、ナムの死は自殺として処理されてしまいます。 ナムが路上生活者を集め、モ・テグが狩りを楽しんだのなら、 その狩りの場所を特定できれば逮捕できるはず! 生前の未希は、録音機を持ち歩いて自分の日常を記録していました。 橘は、その録音機の音から、狩りの場所が海の近くの密閉された場所であることがわかります。 — 2019年 8月月3日午後7時09分PDT 自分の不甲斐無さに嫌気がさした石川は、なんと単身でモ・テグに立ち向かいます(無謀過ぎる! しかしモ・テグに捉えられてしまい、彼の別荘で壮絶なリンチを受けることに。 しかしモ・テグは「あんたが言ったんだろうが!俺は特別だって!もっと楽しめよ!」と言い返します。 警察は、モ・テグが海外逃亡する情報を得て先回り。 モ・テグは、秘書を殺して自分の服を着せて海に沈めて、その隙に逃亡(最後まで酷い)。 モ・テグが連続殺人犯であることが国中に知れ渡り、もはやかばう者はいない状態。 モ・テグの父親も自殺。 橘は、モ・テグをおびき出すために、テレビでモ・テグを煽るような発言をした。 案の定、モ・テグは橘を殺すためにやって来て、橘を組み敷いた。 しかし橘は、落ち着いていた。 橘:「あんたは小さくて弱い人間に過ぎない。 人を審判できる立場ではない」 モ・テグ:「不要な人間を始末して何が悪い。 支配される人間に命という概念はない」 橘: 「ここに来たのはあんたを捕まえるため、あんたも可愛そうな人ね。 12歳の時に母親を亡くした、そしてろくでもない父親の隣で怪物になった。 私も怪物になってあんたを切り刻みたかったけれど、悪党を捕まえるのが警官の仕事と父が言ったから」 モ・テグが橘にトドメをさそうとした瞬間に、樋口が現れてモ・テグを撃ちました。 モ・テグは「女房が死ぬ時の頭蓋骨が割れる音は快感だったぞ」と言いながら立ち上がり、樋口はさらに発砲。 その後もモ・テグはにやつきながら樋口を挑発し、そのたびに樋口はモ・テグを撃ちました。 もはやボロボロのモ・テグですが、それでも 樋口を挑発するのは目的がありました。 それは、樋口に自分を打ち殺させて絶望を与えること。 遂に樋口は、モ・テグの眉間に銃口をあてました。 「そう、そこだ! 」と歓喜の声をあげるモ・テグ。 樋口は引き金を引きますが、空砲でした。 「期待したか? 期待に応えられなくて申し訳ないな。 俺はだな、お前のことばかり考えてたぞ。 何度もイメージしたさ。 どうすればお前を、残忍に殺せるだろうかと。 だが、気づいたんだ。 すべて無駄な労力だと。 お前なんぞ、おもちゃにする相手のいないところに、指一本動かせないような虫けら状態にして、そのままポンと投げちまえばいいと」 モ・テグは顔を真っ赤にして「樋口ーっ! 」と叫びました。 樋口はモ・テグに手錠をかけて逮捕。 これで本当に全て終わりました。 橘は父親に、樋口は妻の未希に、事件が終わったことを報告。 これからは、前向きに生きることを約束するのでした。

次の