ウィリアム テル 攻略。 【FGO】ウィリアム・テルの評価|再臨素材とスキル上げ優先度

【FGO】ウィリアム・テルの絆礼装まとめ。ただ息子を救うために、引き金を絞ったのだ。

ウィリアム テル 攻略

3Waveに登場するサラーマーが『ターン終了時にHPを10,000回復する』を持っている。 非常に厄介なので開幕で火力を出し、先に倒してしまうのがおすすめ。 11節での戦闘のように再召喚されることはない。 アルターエゴの編成がおすすめ 雑魚やアスクレピオスの宝具やスキルに回復があるため長期戦になりやすい。 そのため3Waveで有利クラスを取れるアルターエゴの編成がおすすめ。 控えに1騎でも編成していれば安定する。 おすすめサーヴァント 最大30%のNPチャージもちアルターエゴ。 高性能Quickを所持しており、スター集中からのクリティカルで宝具の連発が狙いやすいアタッカー。 宝具連発が狙いやすい単体宝具アルターエゴ。 ブレイク戦向きの性能でボス対策として優秀で、回避持ちなので耐久性も高い。 高火力の単体宝具と3枚のBusterが優秀なアルターエゴ。 クリティカル威力アップも所持しており、スターを供給できればクリティカルアタッカーとしても優秀。 最大80%のNPチャージを持つ全体宝具キャスター。 自身だけでは火力不足だが、味方のサポート役として非常に優秀。 Artsアタッカーを採用時のサブアタッカーとしておすすめ。 高火力の単体宝具もちライダー。 スキルがサポートよりなのでアタッカーとしてだけでなくサポーターにも成れる。 アスクレピオス対策としておすすめ。 敵の行動パターン一覧 ドロップ素材 攻略ポイント 邪悪を赦さぬ世界が-3に このクエストから『邪悪を赦さぬ世界 -3 』となり『HPの回復量がダウン』が削除される。 ここから先は回復スキルを使った際は通常通りの回復量に。 ウィリアムの回避状態を対策しよう ウィリアムテルは 確率で回避が発動する状態で発動回数も30回と非常に多い。 宝具などが回避されてしまうのは厄介なので、アタッカーには必中や無敵貫通などの礼装を装備するのがおすすめ。 おすすめサーヴァント 必中宝具を持つ単体宝具ランサー。 回避とガッツで非常に耐久性が高く、スキルに依存しない必中で安定してダメージを与えることが可能。 必中と無敵貫通で2種類の対策スキルを持つ単体宝具ランサー。 強化済みの宝具が高火力で、スター供給ができればクリティカルでも大ダメージが狙える。 男性特攻宝具が強力な単体宝具ランサー。 自身では回避対策を所持していないので礼装で補う必要があるが、高火力特攻宝具はそれだけの価値があるアタッカー。 敵の行動パターン一覧.

次の

【FGO】ウィリアム・テルの絆礼装まとめ。ただ息子を救うために、引き金を絞ったのだ。

ウィリアム テル 攻略

概要 [ ] 「」の。 略歴 人物 戯曲に描かれる通り、彼は民を苦しめる圧政者に立ち向かう勇気ある男である。 ただし政治・国家的な危機感から動いたのではなく、どちらかと言えば動機は個人的なもの。 猟師として、父親として、一人の男として、為すべきことを為した結果、彼は正義の士となった。 つまりは等身大の英雄。 『父親はヒーローである』という概念そのものを体現したかのような、家族を守るための図太さと余裕を持ち、ときに軽薄、ときに温かく、そして怒ると怖い男。 煙草を覚えたのは最近。 生前は野生の獣に気づかれてしまう為煙草はやっていなかったとのこと。 能力 伝承にある通り弓矢の一種であるクロスボウを使用した狙撃を得意とする。 矢は魔力で編まれているので、マシンガンのように連射する事も可能。 インド異聞帯では神将として風神ヴァーユの力を与えられ、能力が大幅に強化されていた。 ステータス [ ] クラス マスター 筋力 耐久 敏捷 魔力 幸運 宝具 備考 B B B E C B 対魔力:D 単独行動:A ウーリの狩人:B 不動の忍耐:C エイミング:EX [ ] 放たれし信力の一矢(アプフェル・シーセン) ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1~50 最大捕捉:1人 息子の頭の上に置いた林檎を見事貫いた、弩での伝説的な一矢。 読みは『林檎撃ち』を意味する。 息子の父親に対する信頼を受けて放たれたこの一矢は決して外れず、目的のものを『必ず』刺し貫く。 宝具へと昇華されたこの逸話は因果律にも干渉し、基本的に回避は不可能である。 息子の上の林檎を外した場合の事を考えて、テルが悪代官ゲスラーに撃つ為の二の矢を隠し持っていた逸話に由来する。 この矢は「一の矢を外した場合に次に撃つべきもの」に同時に放たれる。 つまり一矢に概念的に重なって多重存在している宝具である(一矢がちゃんと当たった場合には決して発動しない)。 「息子の頭の上の林檎(第一狙い)を外すと皆死ぬので、外したらその命令を出す代官(第二狙い)を撃たねば」というように、状況に応じてどこに飛ばすかを決めて放つもの。 第一狙いと同じ対象を選択することも可能であり、同様に因果律にも干渉し対象を必ず射貫く。 ただし魔力消費が激しいため乱発は難しい(絶対に当たる第一の矢が外れるという状況が、そうそうないことではあるが)。 真名:ウィリアム・テル [ ] ウィリアム・テル(ヴィルヘルム・テル)は、13世紀末~14世紀初頭、スイス中央部・ウーリ州に住んでいたとされる伝説上の人物である。 広場に掛けられていた代官の帽子に礼を示さなかったことでその怒りを買い、息子の頭の上に置いた林檎を射させられた逸話はあまりにも有名。 戯曲の登場人物として名を広められた存在ではあるが、スイスの人々には、彼は建国運動を象徴する英雄として受け止められている。 ウィリアム・テルの物語は有名であるが、息子を助けた後のエピソードはあまり知られていない。 林檎に矢を撃つ際、悪代官ゲスラーはテルが弩に番えたものとは別にもう一本の矢を身体に隠し持ったことに気付いていた。 見事な腕前で林檎を射貫き、救い出した息子と抱き合うテルに、ゲスラーはその矢の意味を問う。 すると彼は「もし最初の矢が林檎以外のものを射貫いたならば、この矢でお前を撃ち殺すつもりだった」と告げる。 激怒したゲスラーはテルを捕縛するが、連行の途中でテルはなんとか逃亡を果たした。 細い谷道にて馬上のゲスラーを狙撃し、その心臓を射貫いたのだ。 4『創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ』の配信に伴い実装。 森に住む狩人同士ということで親近感はあるが、毒については使い方を誤ると獲物をダメにしかねないから否定的。 狩人の女神ということで崇拝対象。 なお、隣にいる小熊については獲物としか思っていない。 ……そちらも人類史上最高峰の狩人なのだが。 神話の狩人ということで、一目置きつつも競争相手。 彼のような少年を見ていると息子の事を思い出してしまうらしい。 特にリンゴを食べ始めた時は「頭の上には乗せないでくれ」と頼もうとするほど。 生前 [ ] ヘルマン・ゲスラー オーストリアからやってきた代官。 彼の暴虐に対して反発した事が、テルの伝説の発端となった。 ジョアキーノ・ロッシーニ イタリアの作曲家で、ウィリアム・テルの伝説と言えば彼のオペラが最も有名である。 「狩人」としての側面を強調されているキャラではあるが、デザイン担当が『ヨルムンガンド』の作者である高橋慶太郎氏であり、装備しているクロスボウが弓や弦の部分が目立たないデザインでライフルのように見える事、現代風のミリタリーウェアや偽装をしている事などから「まるで傭兵のようだ」とプレイヤーからは言われている。 なお、彼の活躍したスイスは昔から傭兵で有名であるため、デザインの参考にした可能性はある。 「」クラスの他に、ゲスラーを狙撃した逸話から「」の適性も持つ。 日本ではロッシーニ作曲のオペラ、および作中序盤で使用されている『ウィリアム・テル序曲』で名が知られている。 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の

【FGO】ユガクシェートラ第13節『忘失代償/迫り来る神裁』攻略

ウィリアム テル 攻略

マティルド役のロール・サンティ=ダモロー、アルノール役のアドルフ・ヌーリ、ジェスレル役のプレヴォスト 『ギヨーム・テル』はパリ・オペラ座との契約によるグランド・オペラであり、 1 5幕(または4幕)仕立て、 2 劇的な題材、 3 歴史的な興味を惹きつけ、 4 大やなどの多彩なスペクタクル要素、 5 異国情緒を備えていることが基本条件となっている。 の『』()に続くもので、「スイスの気候と風土、村人たちの結婚式の模様など、地方色をさらに強調したグランド・オペラの第2作と見なされた」。 「『ギヨーム・テル』は自由を希求する民衆の闘いを壮大なスケールで描き、ロッシーニの創作の集大成であると共にロマン主義的グランド・オペラの幕開けを告げる記念碑的作品となった」。 本作の「音楽に表された情景は充分にロマンティックであり、本質的には古典派であったロッシーニが皮肉にもフランスのグランド・オペラの典型を示した作品となった」。 本作の後、のの『』、の『』()、マイアベーアの『』()、の『』()、『』()といった大作が続々と生み出され、グランド・オペラの黄金時代が築かれていくことになる。 初演とその後 [ ] ギヨーム・テルを演じる () 2月にはパリ・オペラ座はロッシーニを迎えて500回の記念上演を行った。 そして、まで『ギヨーム・テル』はパリ・オペラ座にとって不可欠な演目であり続けた。 初演は にニューヨークにて英語で行われた。 初演はにのにてオリジナルのフランス語版で行われた。 出演はペルシアーニ、 () 、タンブリーニ、ラブラーシュら、指揮はコスタであった。 小国に分裂していたイタリアでは『ギヨーム・テル』は政治的な利害関係により様々な影響を受けた。 権力に抵抗する革命的な人物を賞賛しているという理由でイタリア人検閲官と摩擦を起こし、イタリアでの上演が少数にとどまる原因ともなった。 はにこのオペラを上演して以降、2度目の上演は約50年後だった。 におけるでの初公演は、まで待たなければならなかった。 対照的にでは、やはり検閲問題はあったものの、ではからの長きにわたり、422回の公演が行われている。 日本初演は10月にが行っている。 現在でものパートに高音があるため、キャスティングの条件が厳しいなどの理由で、オペラ全編が上演されることは少ない。 長尺のため公演される場合も、かなりの量をカットすることが多い。 楽譜 [ ] 『ギヨーム・テル』の批判校訂版(Critical Edition) は ()による全集版によるもので、M. エリザベス・C. バートレット編「Fondazione Rossine di Pesaro」のクリティカル・エディションがに刊行されると、これが決定版となり、1990年代以降の新演出による本作の上演はオリジナルのフランス語によるものが一般的になっている。 イタリア語改訂版の『グリエルモ・テル』(Guglielmo Tell)は ()、 ()、パオロ・カッテランなどによるもの及びその折衷版などが多数存在し、楽譜の版により訳詩者が異なるという状況であった。 また、イタリアにおいては検閲などの影響で、イタリア語への翻訳ばかりでなく、作曲家が関与しない翻案をも余儀なくされこともあるほか、長大な作品であるため様々な形でカットが行われてきたことも決定版が存在せず、混沌とした状態になっていた原因であった。 リブレット [ ] イポリット=ルイ=フローラン・ビス リブレットはシラーののの伝承を素材とした『ヴィルヘルム・テル』(1804年)を原作として ()と ()、の2人の共同によりフランス語で制作された。 このほかに ()とが協力したほか、ロッシーニ自身も携わった。 原作との相違は原作ではルーデンツとベルタ嬢(いずれもスイス人の設定、オペラには登場しない)の恋愛は控え目に書かれているが、オペラではアルノールとマティルドの恋愛関係が重要な要素として設定されている。 原作にはアルノールとマティルドは存在しない。 また、第2幕の三重唱「彼らが奪い取った父の日を」ではシラーの戯曲をはっきりと逸脱する。 戯曲ではメルクタールは目をつぶされるだけで惨殺されるわけではないし、またテルも純朴な行動の人と描かれており、リュトリの丘で開かれる様々な政治集会への参加も辞退するのである。 演奏時間 [ ] 『』や『』の3時間20分より長く、当時のの最大の同僚のの5幕物のの規模を模したものである。 約4時間(各幕80分、50分、65分、45分) 楽器編成 [ ]• 木管楽器:1、2、2(1番は持ち替え)、2、2• 金管楽器:4、2、3• 打楽器:1対、、、• 弦楽器:、2• 舞台裏():4、、 序曲 [ ] 本作のは有名である。 詳細は「」を参照 序曲は四部構成で、それぞれ切れ目なく次の楽節に移る。 構成は以下のとおり。 第1部(夜明け) - 5つののための楽句から始まる、ゆっくりとした楽節。 第2部(嵐) - で奏でられる、ダイナミックな楽節。 第3部(静寂) - がメロディを奏でる。 第4部(スイス軍隊の行進) - 非常にダイナミックな、「騎兵隊突撃」の。 とで始まり、フル・オーケストラへと広がる。 役柄 [ ] 役柄 声域 1829年8月3日初演のキャスト (指揮者: ) ギヨーム・テル アンリ=ベルナール・ダバディ エドヴィージュ(テルの妻) モリ嬢 Mlle Mori ジェミ(テルの息子) ルイーズ=ズルマ・ダバディ マティルド(の皇女) ソプラノ () アルノール・メルクタール アドルフ・ヌーリ メルクタール(アルノールの父) ボネル ジェスレル(とを 治めるオーストリア人総督) バス アレクサンドル・プレヴォ ヴァルテル・フュルスト(の愛国者) バス () リュオディ(漁師) テノール アレクシス・デュポン ルートルド(羊飼い) バス フェルディナン・プレヴォ ロドルフ(ジェスレルの警備隊長) テノール ジャン=エティエンヌ・マソル 狩人 バリトン ベルトラン・プイィ 農民、羊飼い、騎士、小姓、貴婦人、兵士 初演時の衣装 [ ]• ルートルドを乗せて小舟を出すテル 5月、羊飼いの祭の日、 近くの弓の名人テルの家の前。 長老のメルクタールは祝賀の場で3組の合同結婚式を伝統に基づいて執り行うことになっている。 漁師のリュオディが愛の歌「早く僕の船においで!」(Accours dans ma nacelle)を歌っている。 しかし、アルノール自身はその3組の中に入っていない。 彼はオーストリアの守備隊員だが、故国に対する愛とマティルドに対する愛の間で板挟みになっているのである。 メルクタールは結婚する素振りを全く見せない息子アルノールを嘆くのだった。 一方、オーストリアによる圧制が強まっていることを憂慮するギヨーム・テルはおめでたな気分に浸ることができない。 の影響が薄れて以来、オーストリアはスイスの伝統的儀式に対する弾圧を強めているのだった。 )となり、アルノールの内心の葛藤が明白になる。 メルクタールが3組のカップルを祝福すると祝いの踊りが始まり「牧人よ!あなた方の声が一つになって」(Pasteurs, que nos accents s'unissent)が合唱される。 弓術大会も行われ、テルの息子ジェミが優勝する。 村人たちの結婚の祝宴はさらに続く。 しかし、牧歌的光景は長く続かず、ホルンので祭りが中断され、オーストリア人総督ジェスレルの到着が告げられる。 スイス人は彼を憎んでいる。 次いで、ジェスレルの軍隊に追われた牧人のルートルドが助けを求めて駆け込んでくる。 ルートルドはジェスレルの兵士の一人が、ルートルドの娘を襲おうとしたので、ルートルドは娘を守ろうとして兵士を殺してしまったのだ。 彼の逃げ道は湖だけであった。 船で反対岸に渡れば助かることは分かっているのだが、荒れ模様の天候に漁師たちは船を出す勇気がでないのだった。 そこにテルが勇敢にも援助を申し出る。 テルは妻子が制止するのも聞かず、ルートルドを乗せて小舟を出す。 人々はテルたちの無事を祈る。 ロドルフの先導でジェスレルの護衛隊が到着する。 ロドルフは「誰が犯罪者に手を貸したのか」と問うが、メルクタールは「ここには誰も仲間を裏切る者はおらん」と言い切る。 ジェスレルの護衛隊は報復として謀反人メルクタールを人質として、乱暴に連れ去るのだった。 第2幕 [ ] ルツェルン湖と近隣の州を見下ろすリュトリの丘の上 忠誠の誓いの合唱 ジェスレルの狩りの一団がいる。 夕暮れが近く、スイスの狩人たちが家路を急ぎ、村人は夕べの祈りを捧げている。 そこにアルノールが現れるが、彼はマティルドとの身分の違いに失望している。 オーストリアの兵士として手柄を立てて認められなければならないと考え躊躇するアルノールだが、マティルドの愛を確かめ、二重唱「ここにいらして!あなたは私の魂から」(Restez. 人の気配がするので、マティルドは明日礼拝堂で会うことを約束して、急ぎその場を立ち去る。 テルとヴァルテルが到着し、アルノールとマティルドが一緒にいるところ見てしまい、二人の関係が知られてしまう。 テルはアルノールにオーストリア皇女との恋愛を諌め、今我らの使命は反オーストリア同盟に参加することだと説得する。 アルノールはオーストリアの属国でしかないスイスを見限ってこの国を去るつもりだと言う。 しかし、ヴァルテルは冷酷非道なジェスレルがメルクタールを惨殺したとアルノールに告げる。 そこに、、の3州から武装した愛国者が集まってくる。 テルは皆の中央に立って「我々の山々の頂から」(L'avalanche roulant du haut de nos montagnes)を歌い決起を促す。 すると皆がこれに応え、大規模な忠誠の誓いの合唱「誓おう、我らの危機のために」(Jurons, jurons par nos dangers)となる。 山に朝日が昇ると太鼓が連打され「武器をとれ!」(Aux armes! )と連呼され、オーケストラによる圧倒的なとなり、第2幕の幕が下りる。 第3幕 [ ] 第1場 [ ] 宮殿の人目につかない礼拝堂 アルノールとマティルドが寂れた礼拝堂にいる。 戦いの騒音が激しさを増してくるので、マティルドはアルノールを逃がすのだった。 第2場 [ ] アルトドルフの町の市場 リンゴに矢を命中させるテル オーストリアによるスイス統治100周年の記念日。 広場の中央にはオーストリア軍の勝利を示す勲章が飾られた杭が打たれている。 ジェスレルはスイス人の反感を感じとり、彼らを辱めるようと案じる。 ジェスレルは自分の前で膝を折り、帽子を取って敬礼するようスイス人に命ずる。 さらに、ジェスレルはスイスの娘たちに好色なオーストリア兵とダンスを踊ることを強要し、村人たちの屈辱感を高揚させる。 そこにテルが息子のジェミと通りかかるが、テルはジェスレルへの敬礼を拒絶する。 ジェスレルは、テルが服従の意を表さないので、ルートルドを救った男がテルだと理解する。 そこでテルとジェミを逮捕することを命じるが、兵士たちはテルの凛とした態度に恐れをなして、近づこうとしない。 テルはジェミにスイス人たちに反乱を始める合図を送るよう耳打ちするが、ジェスレルに感づかれ、ジェミも逮捕されてしまう。 なんとかしてテルを罰しようとするジェスレルはテルの失敗を期待しつつ、テルに息子を助けたければ、弓の名手の腕前を見せてジェミの頭の上のリンゴを撃つように命じる。 テルは「お前には子供はいないのか」と反抗するが、ジェミは恐れに震える父を勇気づけて「僕を縛る必要などはありません」と毅然とした態度をとる。 テルはチェロの独奏で始まるアリア「じっと動くな」(Sois immobile)と歌う。 テルは見事にリンゴに矢を突き通し、スイス人たちは喝采を送る。 ジェスレルはテルがもう一本矢を持っているのを見つける。 そのことを詰問されたテルは「もし失敗していたら、次の矢でジェスレルを射ていただろう」と答える。 ジェスレルはテル親子の逮捕を命ずる。 そこにマティルドが割って入り、ハプスブルク皇帝の名でジェミを引き渡すよう要求し、ジェミを助ける。 さらに、テルの釈放も要求するが、ジェスレルはテルを船でキュスナハト砦の地下牢に護送するよう命令する。 嵐の中での操船をためらう部下たちに「そこに優れた漕ぎ手がいるではないか」とテルを指差す。 連行されるテルは村人に武装蜂起を呼びかける。 オーストリア兵がジェスレルを讃える歌(Vive, vive Gesler! )という合唱が交錯する中で幕となる。 そこに彼の仲間が駆けつけ、テルが投獄されたと伝える。 アルノールは自分が独立の戦いの先頭に立つ覚悟を決め、この家に別れを告げる。 )と叫ぶのだった。 第2場 [ ] テルの家を遠くに望むルツェルン湖畔 ジェスレルを矢で射抜くテル ルツェルン湖畔のアクセンベルクの麓で、嵐を呼ぶ雲が行き交っている。 テルの妻エドヴィージュが取り乱して、夫と息子を救いに行こうとして周囲の女性たちに制止されている。 すると遠くからジェミの声が聞こえて来る。 そこにかつてテルに救われたルートルドが駆け込んで来て、テルを護送する船がこちらの岸に向かっている、そして、嵐の中でも操船できるテルが舵を握っていたと証言する。 やがて船は無事に湖岸に到着する。 テルは素早く岸に自分だけ降り立つと船を湖の中央へ押し返してしまう。 テルはジェミから弓矢を受け取り、テルに迫ってきたジェスレルの一隊を見つけ出すと、ジェスレルの心臓を矢で射抜くとジェスレルは湖底に落下して行く。 ジェミが上げた狼煙を見て、スイスの反乱軍が現れ、スイスが勝利を収める。 嵐が収まると山々と湖の美しい光景が輝く。 アルノールは天国の父に「スイスが解放されたこの日に何故あなたがいないのですか」と呟く。 マティルドはアルノールと互いの愛を確かめ、ここに残ることを約束する。 民衆は美しい自然と自由を与えてくれた神に感謝し「この地の全てが良い方向に変わる」(Tout change et grandit en ces lieux)と歌う。 管弦楽による自然と自由への賛歌がひっそりと始まり、「ラン・デ・ヴァッシュ」( ) を崇高な美しさを湛えてホルンが穏やかに奏で、物語は大団円を迎える。 主なフランス語版による全曲録音・録画 [ ] 年 配役 ギヨーム・テル アルノール・メルクタール マティルド ジェスレル ジェミ 指揮者 管弦楽団 合唱団 レーベル 1972 () ルイ・エンドリックス CD: Warner Classics ASIN: B0040UEI4U パトリック・シュミット、 マイケル・スコット、 ジョン・ウィラン、 ガルデッリによって編纂された全曲版 1998 () () エギルス・シリンス ドーン・コトスキ ウィーン国立歌劇場合唱団 CD: ORFEO ASIN: B0002K71SW M. エリザベス・C. バートレット編の クリティカル・エディション使用 2010 () () マリン・ビストレム カルロ・チーニ エレナ・クサントウダキス ローマ聖チェチーリア国立音楽院合唱団 CD: EMI ASIN: B0050PRS2I M. エリザベス・C. バートレット編の クリティカル・エディション使用 2013 アンドルー・フォスター=ウィリアムズ () ジュディス・ハワース ラッファエーレ・ファッチョラ タラ・スタッフォード () ヴィルトゥオーシ・ブルネンシス ポズナン・カメラータ・バッハ合唱団 演出:ヨッヘン・シェーンレバー DVD: Bongiovanni ASIN: B00V8945F8 CD: Naxos ASIN: B00SCJILQG M. エリザベス・C. バートレット編の クリティカル・エディション使用 2013 ニコラ・アライモ マリナ・レベカ ルカ・ティットート アマンダ・フォーサイス 管弦楽団 ボローニャ歌劇場合唱団 演出:グラハム・ヴィック DVD: Decca ASIN: B00TQE9SHC M. エリザベス・C. バートレット編の クリティカル・エディション使用 2015 ジェラルド・フィンリー ジョン・オズボーン マリン・ビストレム ニコラ・クルジャル ソフィア・フォミナ 管弦楽団 ロイヤル・オペラ・ハウス合唱団 演出:ダミアーノ・ミキエレット DVD: Opus Arte ASIN: B072ZQ1JD7 M. エリザベス・C. バートレット編の クリティカル・エディション使用• イタリア語版は多数あり。 有名なアリア [ ]• "Sois immobile" (「じっと動かずに」) - テル• 『オックスフォードオペラ大事典』P80• Forvo Media SL. 2019年7月3日閲覧。 ただし、日本ロッシーニ協会サイト内では『ギヨーム・テル』と読んでいる。 『パリ・オペラ座-フランス音楽史を飾る栄光と変遷-』P56• 『オペラは手ごわい』P47• 『新イタリア・オペラ史』P183• 『パリ・オペラ座-フランス音楽史を飾る栄光と変遷-』P56• 『オペラは手ごわい』P48~49• 『フランス音楽史』P299• 『オックスフォードオペラ大事典』P80• 『オックスフォードオペラ大事典』P80• Braunstein, Joseph 1952. The Musical Quarterly 38 4 : 667—671. 2007年10月21日閲覧。. Fregosi, William 1993. The Opera Quarterly 9 4 : 259—264. 2007年10月21日閲覧。. 主観的解釈を退け、原典資料の綿密な批判的検討を通じて実証的に作品を再構成したエディションを指す。 19世紀イタリア・オペラの批判校訂版はロッシーニ財団による全集版(1979年刊行開始)が先鞭をつけた(『新イタリア・オペラ史』P302)• 『イタリア・オペラ・ガイド』P76• 『新グローヴ オペラ事典』P245• 『イタリア・オペラ・ガイド』P82• 『新グローヴ オペラ事典』P244• 『新グローヴ オペラ事典』P246• Kirby, Percival R. , "Rossini's Overture to William Tell" April 1952. 132-140. スイスの伝統的な民謡で、牛追いのための唄。 参考文献 [ ]• 『イタリア・オペラ・ガイド』河野典子(著)、• 『新グローヴ オペラ事典』 スタンリー・セイデイ著、(ISBN-13: 978-4560026632)• 『フランス・オペラの魅惑 舞台芸術論のための覚え書き』澤田 肇 著 、出版社: (ISBN-13: 978-4324094037)• 『新イタリア・オペラ史』水谷彰良 著 、 ()• 『オペラは手ごわい』岸純信 著、()• 『パリ・オペラ座-フランス音楽史を飾る栄光と変遷-』竹原正三 著、芸術現代社()• 『フランス音楽史』今谷和徳、(著)、()• 『ヴィルヘルム・テル』フリードリヒ・フォン・シラー 著 、桜井政隆、桜井国隆 翻訳 、()• 『オックスフォードオペラ大事典』ジョン・ウォラック、ユアン・ウエスト(編集)、大崎滋生、西原稔(翻訳)、()• 『最新名曲解説全集18 歌劇1』 ほか 著 、 ISBN: 978-4276010185• 『ラルース世界音楽事典』 刊• 『イタリア・オペラの黄金時代』ウィリアム ウィーヴァー 著 、大平光雄 翻訳 、 () 外部リンク [ ]• の楽譜 -。 として無料で入手可能。 () 1806 - () 1810 - () 1811 - () 1812 - () 1812 - 1812 - () 1812 - () 1812 - 1813 - 1813 - 1813 - () 1813 - 1814 - () 1814 - 1815 - () 1815 - 1816 - () 1816 - () 1816 - 1817 - 1817 - 1817 - () 1817 - () 1818 - () 1818 - () 1818 - () 1819 - () 1819 - 1819 - () 1819 - () 1820 - 1821 - 1822 - 1823 - 1825 - () 1826 - () 1827 - 1828 - 1829 この項目は、に関連した です。

次の