ズーム 使い方。 Zoomの使い方をゼロから解説!この順序でZoomを始めよう

Zoomの通話招待方法は?URLやメッセージの送り方も紹介

ズーム 使い方

Contents• デスクトップアイコンから起動する方法• Zoomのアカウント登録を行った公式サイトから起動する方法 それぞれの方法について、分けて紹介します。 Zoomをデスクトップアイコンから起動する方法 Zoomをインストールすると、自動的にデスクトップアイコンにZoomのショートカットアイコンが作成されます。 これをダブルクリックすればZoomが起動します。 この時、ログインしていない場合はメールアドレスとパスワードを要求される場合がありますので、その際は必要事項を入力してください。 Zoomを起動すると、このような画面が立ち上がります。 このうち、オレンジ色の上2つのボタンがミーティングを開始するアイコンになります。 お互い顔を合わせながら通話をする場合は「ビデオありで開始」を、音声のみで通話を行う場合は「ビデオなしで開始」を選択してください。 Zoomを公式サイトから起動する方法 公式サイトからアクセスする場合は、トップページの右上にある「ミーティングを開催する」をクリックしてください。 ここで、ビデオのありなしを選択できるので、使いたい方を選択してください。 その後、アカウント情報を入力してログインするとZoomをインストールした時と同じような画面が立ち上がります。 この時、画面上部に「Zoom Meetingsを開きますか?」という要求が表示されます。 この要求に対し、「Zoom Meetingsを開く」をクリックすれば通話を始めることができます。 Zoomで通話を始める前のオーディオテスト Zoomで会話を始める前に、このような画面が表示されます。 ここで、パソコンのマイクやオーディオのテストを行うことができます。 初めてZoomを使う時、新しい機器を導入した時などには実施することをおすすめします。 オーディオのテストを行うには、「コンピューターオーディオのテスト」をクリックしてください。 そうすると、以下のような画面が表示されます。 ここで、オーディオ各種のテストが可能となります。 音が鳴るので、その音がスピーカーもしくはイヤホンから聞こえていればOKです。 もしもうまく聞こえない場合はスピーカーの接続を間違えていないか、スピーカー自体の故障はないか等をチェックしてみてください。 一度クリックすると、アイコンが「レコーディングしています」と表示され、録音モードが開始されます。 この間にしゃべったり音を出したりして、マイクに音を拾わせてください。 ある程度の録音が完了したら、もう一度アイコンをクリックしてください。 すると、さっきまで録音していた音声が再生されます。 もしも何も声が聞こえない、無音が続くといった場合はマイクの接続部分の間違いやマイク自体の故障が考えられます。 一度確認してみてください。 また、パソコン自体をミュートにしていたなんてうっかりミスもあったりします。 あれ?と思ったら一度確認してみてください。 ビデオカメラの接続がうまく出来ていれば、利用されている本人が映っています。 もしも機能していない場合、接続不良やカメラの故障等が考えられます。 また、パソコンがカメラを認識しない場合等もありますので、一度パソコンを再起動する、パソコンとの接続をやり直してみる等の処置もやってみてください。 ここでは、このバーで使える機能をそれぞれ紹介します。 なお、この機能はホスト(通話の主催者)の立場であることで使える機能であり、参加者としての立場では使えない機能があるのでご注意ください。 招待 バーの左側にある「招待」アイコンを使うと、通話する相手を招待することができます。 「招待」を選択してください。 ここから会話に入るためのURL情報が得られます。 クリックすると、このような画面が表示されます。 このうちデフォルトメール、Gmail、Yahooメールのいずれかを使う場合は該当アイコンを選ぶことでメールを作成することができます。 選択すると以下のような文章が自動で作成されているので、これを送付するだけで相手に招待を送信することができます。 下の画像はGmailでの例です。 また、この本文はアイコン選択後画面の左下「招待のコピー」を選択することでコピーすることが可能です。 この本文をそのまま別の方法で送りたい場合に便利です。 また、他のメールや連絡方法でURLのみを送付する場合、画面左下の「URLのコピー」をクリックすれば招待URLをコピーできます。 相手がパソコンでの参加だと分かっており、必要最低限の情報だけでOKという場合はこちらを使うのが良さそうですね。 招待した人が参加して、ビデオがオンになっている場合は相手の顔が画面に表示されます。 お互いに声が聞こえるか、顔がちゃんと映っているかを確認してください。 なお、無料アカウントでは最大100人までの同時通話が可能ですが、1セッション(1回)あたり40分までとなっています。 しかし、1対1の通話だと時間無制限で使用可能なので、上手く使えば無料版でも十分使用できると思います。 参加者の管理 「参加者の管理」アイコンを選択すると、参加者の権限を操作することができます。 アイコンをクリックすると、右側にこのような画面が表示されます。 ここで参加者のアイコンにマウスのカーソルを合わせると、「ミュート(ミュート解除)」の表示が左側に出ます。 これを選択することで、参加者のマイクをミュートにしたり、ミュート解除ができます。 また、この表示の下には「すべてミュート」「すべてミュート解除」といったアイコンがあるので、一括操作も可能です。 ミュートカーソルの右にある「詳細」をクリックすると、このような選択肢が表示されます。 チャット機能については後ほど紹介するので、残りの機能について説明しますね。 なお、ビデオが接続されている場合には「ビデオの禁止」というカーソルに変わり、相手のビデオ接続をオフにすることができます。 「ホストにする」 この機能は、自分以外の参加者にホスト(主催者)としてのZoom機能を使える状態にする機能です。 これを行うと、自分のホストとしての機能が使えなくなります。 もう一度ホストとしての機能を使いたい場合、現在のホストから権限をもらう必要があります。 この機能は、2人以上での共同主催でセミナーや会議を行う時に有効な機能と言えるでしょう。 基本的に、この機能はホストのみが使える機能となっています。 しかし、ホストの許可によって参加者もレコーディングをすることが可能です。 ここでは、その許可・禁止の設定が可能となります。 レコーディングの詳細は後ほど説明させていただきます。 画面の共有 この機能では、通話している相手とパソコンの画面を共有することができます。 この機能は、「画面の共有」を選ぶことで使うことができます。 アイコンを選択すること、次のような画面が表示されます。 今回は、Excelの画面を共有してみます。 該当部分をダブルクリックすると画面の共有がなされ、参加者全員で画面を共有することが可能です。 Zoomの大きな特徴として、この画面の共有は共有だけにとどまりません。 Zoomの画面の共有では、実際にデータの編集も共有者同士で行うことができるんです! ホストの画面上部のバーにある「リモート制御」というアイコンを選択すると参加者のうち、編集権限を与える参加者を選択できます。 ここで権限を与えられた参加者にデータ編集が可能となるわけです。 同時に複数人でデータの作りこみもできたりして便利ですね。 チャット チャット機能は、参加者に対して文章を送ることができる機能です。 LINEのようなものと言えます。 「チャット」アイコンを選択すると、画面右側にこのような画面が出ます。 ここで通話をしつつ、チャットができます。 セミナーの場合、当日のプログラムを書いておいたり、ポイントをメモしておくのに使えます。 また、「詳細」アイコンからは参加者のチャット機能制限が可能です。 制限をかけると、参加者はホスト(主催者)とだけチャットができる状態に設定を切り替えることも可能です。 レコーディング レコーディングはミーティングの内容を録画もしくは録音(以下録画)することができる機能です。 セミナー講師の方は自分の講義の振り返りに、会議の場合は議事録作成の資料として役立つ機能です。 レコーディングアイコンをクリックすると、録画が始まります。 録画が始まると、メイン画面左上にこのようなアイコンが登場します。 このうち、左側の一時停止をクリックすると一時停止に、右側の停止ボタンを押すと録画が終了します。 録画データについては、ミーティングが終わったタイミングでパソコン内にフォルダが作られ、自動で保存されます。 私の場合、「ドキュメント」内に「Zoom」という名前のフォルダが作成され、その中に録画および録音データが保存されていました。 なお、録画データはMP4、音声データはm4aタイプで保存されています。 このデータを編集する必要がある場合のご参考としていただければ幸いです。 また、参加者でもホストの許可を得ることで録画および録音が可能です。 機能については先ほど紹介したものと同じです。 ミーティングの終了 ミーティングを終了する際には、「ミーティングの終了」を選択します。 すると、新しいウインドウが開きます。 下の画像を参照ください。 画面下の「全員に対してミーティングを終了」を選択すると、ミーティング自体を終了させることができます。 これによって対話が終了するのと同時に、レコーディングを実施している場合は録画データが保存されます。 「ミーティングを退出」を選択すると、自分だけがミーティングから出ることが可能です。 自分がホストの場合は、残った別の人が新たなホストとして対話が続きます。 まとめ ここで紹介したZoomの使い方は、すべて基本的なものばかりです。 しかし、これだけでも十分にZoomでセミナーや説明会を開催することは出来ます。 なので、この基本をきっちり押さえてZoomのセミナー&説明会を開催しましょう。 他にも便利な機能はありますが、実践を積みながらマスターしていけばいいと思います。 というわけで、今回はパソコン中心に解説していきましたので、スマホ版Zoomの使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 そして、Zoomの使い方が分かったら、次はZoomを使って売上をあげる方法をチェックしましょう! 集客から売上が上がるまでの大まかな流れを書いてみました。 ハッキリ言って、この流れをマスターしたらZoom集客&販売法は完成ですよ。 Zoomの達人のメルマガ登録も受け付けていますのでお気軽にご登録くださいませ!!.

次の

Zoomの通話招待方法は?URLやメッセージの送り方も紹介

ズーム 使い方

ズームフライ3 が優れている点 フィット感 事前にお店でフィッティングしていたのでサイズは問題なし。 ズームフライシリーズを初代、2代目 フライニット と履いてきて、最もフィット感に優れているなと感じました。 シューレースを締めると、足全体が包まれるようにフィットします。 この感覚は新鮮で、普通はヒモによる締め付けは局所的にキツく感じるのですが、このシューズは足のアーチ全体を気持ちよく締め付けてくれて快適そのものです。 シューズと足が一体化したようで、リアクト素材のクッショニングやカーボンプレートの反発性も性能を発揮しやすくなっていると感じます。 特にフロント側のアウトソールはパターンが深くなっていて、濡れた路面でもあまり不安を感じません。 反発性 2作目のズームフライ フライニットと同じく、ミッドソールはリアクト素材を用いていて、カーボンプレートも入っています。 ただ、フロント側の厚みが増したことにより、反発力とクッション性は向上しています。 ドロップ差も11mmから8mmと小さくなったことで、よりフォアフット、ミッドフット着地がしやすくなりました。 ドロップ差が小さいレーシングシューズとの併用にも適していますね。 そのためフライニットなどと比べて雨天でもシューズが重くなりにくくなっています。 前述のグリップ力も雨天対策として向上したポイントです。 デザイン 前作まではシンプルイズベストといいますか、ムダを削ぎ落としたミニマルなデザインが特徴的でした。 記録に対するストイックさと機能美を主張していましたが、、 ズームフライ3 はこれでもかというくらいデザインが凝っています。 直線的なラインは鳴りを潜め、さらにシェイプアップしたくびれの様な曲線が目立つ様になりました。 空気抵抗を減らす目的のカカトのとんがりも今までより鋭くなっています。 また、アキレス腱の付近は肌に触れない様に外側に開く様に剃っていて、靴擦れを起こしにくくなっています。 実際、私の場合は2作目フライニットを裸足で履いたときに靴擦れしましたが、3作目では裸足で履いても靴擦れしませんでした。 近未来感さえ漂うのに、機能性に裏付けられた、わざとらしさの無いフォルム。 走る前からテンションが上がりますね。 ズームフライ フライニットより劣っている点 重量増 前作、前々作と比べて20gほど重くなってしまいました。 もともと軽いシューズではなかったので、トレーニングからレースまで通して使用するには、少し検討の余地がありそうです。 価格 発売間もないこともあり、わりとお高いです。 同じくらいの値段か、もっと安いお値段でクッション性に優れてサブスリーも狙えるターサージャパンを入手できますね。 前作ズームフライ フライニットも1万円以下で入手できるようになってきましたので、それらのシューズとしっかり比較検討してから購入するのがコスパ的には良いでしょう。 反発を得るための接地角度がシビア 反発力を推進力に変えることが売りのシューズですが、誰もが簡単にその恩恵を受けられる訳ではなさそうです。 ドロップ差が小さくなっていることからも分かる通り、完全にビギナー用に作られたものではなく、ある程度走り込んでいてミッドフット寄りの着地がコントロール出来る人の方が性能を発揮させやすいと思います。 その理由は、ミッドソールに使われているリアクト素材と、カーボンプレートにあると思っています。 リアクトは、歩いているとジワリと柔らかく感じられるのですが、走ってみると意外と硬く、クイックな反発を返してきます。 また、シューズを手に持って、グイッと曲げようとしてもほとんど曲がらないことから分かる通り、カーボンプレートも非常に硬く、着地から反発までの時間を短くする要因となっています。 さらにズームフライ3になってからは、アッパーのフィット感も向上してますので、着地から反発までの間にシューズ側で「ためる」要素が少なくなっており、「点」での着地を期待する様なチューニングがされていると感じます。 もちろん踵着地でも十分楽しめるシューズですが、ミッドフット付近での性能発揮を期待して作られたのかなと思います。 ズームフライ3 の最適な使用方法 サブ4、サブ3. 5狙い ズバリ、サブ3. 5〜4狙いの方におススメです。 理由は、履きこなすにはある程度の走力があった方が良いということと、故障の予防を期待出来ることです。 サブ4レベルのランナーであれば、ミッドフットの接地を試すことも可能でしょうし、かといって180g前後のレースシューズでフルを走りきることは、まだ難しいかもしれません。 そのため、トレーニングから慣れ親しんだシューズでそのまま記録を狙いに行く、という使い方に合っているのではないかと思います。 トレーニング サブスリーランナーには用が無いシューズかというと、そんなこともありません。 トレーニング用としても真価を発揮してくれることでしょう。 理由はやはり反発性とドロップ差。 クイックな反応はポイント練習にも使えますし、ドロップ差が少ないため、レース用の本命シューズが薄底・軽量タイプの場合でも、特に接地感覚に違和感を感じることなく併用できるでしょう。 ズームフライ3 の間違った使い方 サブ3狙い サブ3を狙うフルのレースでズームフライ3を使うことはあまりおススメしません。 理由はやはり、250g前後という重さにあります。 サブ3を狙う本命シューズは、エネルギー効率の面からも200g前後が最適と思っていますが、ズームフライ3は完走するまでのエネルギーロスが大きすぎると思います。 言い換えれば、ズームフライ3でサブ3を達成できるランナーであれば、200g前後のシューズを使った方がよりサブ3達成の確率が上がるだろうと思います。 ズームフライ3でサブ3を狙うことに必然性があるとすれば、クッション性能でしょうか。 例えば故障しがちで、フルを最後まで走り切れるか心配があるけれど、サブ3はあきらめたくないといった場合には、ズームフライ3が出番となるかもしれません。 ただその場合でも、シューズの重量を考えて私ならターサージャパンもしくはズームフライ フライニットを選ぶだろうと思います。 10km以下のレースでの使用 10km以下のレースでズームフライ3を使う場合にも同じことが言えます。 フルに比べて、10km以下のレースは非常に速いペースとなりますので、250g前後のシューズを振り回すのはちょっと厳しいでしょう。 故障などの痛みが心配される場合でも、10kmのレースなら1時間以内で終わりますので、故障がでるかどうか、シューズへの依存度はフルに比べてかなり低くなります。 そのため、より軽量なシューズで臨んだ方が良い結果が期待できるでしょう。 トレイルでの使用 ズームフライ3の進化は、より厚底+グリップ性能向上+雨天への体制アップというワードでまとめられそうですが、こうなってくるとトレランへの適正が気になるところ。 しかしトレラン経験者の私としてはおススメしません。 理由は踵部分の左右の不安定感。 ロード用に設計されている細い踵のソールにより、芝生程度の不整地であっても左右にぐらついて不安定になっています。 トレラン用のシューズ、HOKAの初代スティンソンと比較してみると、横からのフォルムはそっくりなのでトレイルでも使えそうですが、踵は明らかに細すぎです。 踵部分にかけて、ロードには不要なソールを削ぐことで軽量化しているわけですが、その反面、不整地で使用すると常に捻挫のリスクを負うこととなります。 トレラン経験のある方ならわかると思いますが、山奥で捻挫などしようものなら最悪です。 片足だけを頼りに人里まで下りることになるわけですから。 3作目でアッパーのフィッティングはかなり向上していますが、それでも不整地をホームとするトレランシューズの安定感とは比較になりません。 あくまでロード用として、たまに芝生走で使う程度の使い方が吉でしょう。 まとめ いろいろ書きましたが、ひと事で言うととても良いシューズです。 初心者から上級者まで、ジョグからポイント練習・レースまでの範囲をカバーしつつ、故障も防いでくれるシューズはなかなか無いでしょう。 とりあえずおススメの1足は?と聞かれたら、以前はターサージャパンを進めてましたが、今は自信をもってズームフライ3をおススメします。 個人的には、自分にぴったり合っていたHOKAの初代スティンソンが生産されていない現在、代わりになるトレーニングシューズが見つかったので、かなり救われた感じがしています。 皆さんもズームフライ3をうまく使いこなして楽しいシーズンを過ごしてください。

次の

Zoomの使い方をゼロから解説!この順序でZoomを始めよう

ズーム 使い方

Zoomって何? Zoomは、パソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリです。 対面式のセミナーやミーティングを想像してみて下さい。 受講したいセミナーがあった場合、そのセミナーに申し込みます。 すると、セミナーの主催者から、招待状や受講票が届き、場所や時間を告知されます。 セミナーの受講者は、その時間に、その場所へ行けばセミナーを受講することができます。 Zoomも、これと全く同じです。 セミナーの主催者から 招待URLまたは、 ミーティングIDを受け取ります。 指定の時間に、その 招待URLをクリックするか、 ミーティングIDを入力するだけで、セミナーに参加できます。 ZoomとSkypeってどう違う? オンラインで会話をすると言えば、Skypeがよく使われますね。 Skypeは、セミナーをするためのアプリではなく、あくまでもテレビ電話のオンライン版です。 電話なので、お互いの電話番号を知らなければ、通話ができません。 Skypeアカウントを取得して、お互いのSkype IDを交換する必要があり、これがなかなか面倒な作業です。 それに、コンセプトが電話なので、アプリの中に主催者・参加者という概念がなく、みんなが同じ機能、同じ操作で会話を行います。 これに対して、Zoomは、オンラインセミナー、オンラインミーティングを開催するためのアプリです。 主催者と参加者の機能は、大きく異なっています。 セミナー全体を快適な環境に維持するため、主催者には、さまざまな機能が備わっています。 また、セミナーやミーティングに必要なすべての機能が備わっています。 楽しく分かりやすく、Zoomの機能を体験したい方は、こちらがオススメです! 1時間でZoomの機能をまるっと、ご紹介しています。 パソコンでZoomミーティングに参加するには何が必要? パソコンでZoomミーティングに参加するには、3つの機器が必要になります。 ウェブカメラ 自分の顔を写すために必要です。 マイク内蔵のものが多いです。 マイク 自分の声を相手に届けるために必要です。 音質にこだわらない限り、WEBカメラに内蔵されているマイクを使えばOKです。 スピーカー 相手の声を聴くために必要です。 ヘッドセットやイヤホンでもOKです。 ノートパソコンや、画面一体型のデスクトップパソコンの場合、これら3つの機器が、内蔵されていることも多いです。 それ以外のデスクトップでは、これらの機器を別途用意する必要があります。 詳しくは、「 」を参考にして下さい。 初めてZoomミーティングに参加するには? 「 Zoomなんて使ったことがないから、よく分からない!」 そう感じてしまい、オンラインセミナーへの参加をためらっているとしたら、それほどもったいないことはありません。 Zoomの場合、そんな心配は無用です。 まずは、セミナーの主催者から送られた招待URLをクリックしてください。 パソコンで、招待URLをクリックすると、パソコンにZoomがダウンロードされ、下のような画面になります。 ここで、ダウンロードされたファイルをクリックすると、Zoomがインストールされ、そのままミーティングに参加できます。 「コンピュータでオーディオに参加」というボタンが出てきたら、これをクリックして下さい。 これは、パソコンに付いているマイクやスピーカーを使いますか?と聞いているのです。 このとき、「ミーティングへの参加時に、自動的にコンピューターでオーディオに参加」にチェックを付けておくと、次回から自動的にパソコンに接続されているマイクやスピーカーを使うことになりますので、このウィンドーは表示されません。 【動画】パソコンでZoomのミーティングに参加する方法 スマホやタブレットで参加する方法など、更に詳しい説明が必要な方は、「」を御覧ください。 二回目以降、Zoomミーティングに参加するには? 一度でも、Zoomミーティングに参加したことがある人は、パソコンにZoomがインストールされています。 セミナーの主催者から送られた招待URLをクリックしてください。 下図のような表示になったら、「Zoom Meetingを開く」をクリックしてZoomミーティングに参加して下さい。 セミナーやミーティングを主催するには? いつもリアル会場でやっているセミナーと同じことを、単にオンラインセミナーでやればいいというわけではありません。 オンラインセミナーにはオンラインセミナーの特徴があります。 オンラインだからこそ気をつけたいこと!• オンラインだからこそ配慮したいこと!• 参加者の見えない!聞こえない!などのトラブルはこれがほとんど!• Zoomでセミナーをするなら最低限この機能はマスターしよう!• これが重要!Zoomの設定はここに気をつけよう! 主催者が知るべきZoomの機能とともに、オンラインだからこそ配慮したい内容をギュッと詰め込んだのが「 」です。 楽しく愉快に笑顔で受講できるZoomアカデミージャパンのセミナーで、主催者としての知識と配慮を学んでみませんか? 受講してみよう!いつ開催してるの?という方はこちら。 もう少し詳しく内容を知りたい!という方は、 こちらのバナーをクリックしてください。

次の