ある日、お姫様になってしまった件について ネタバレ 73。 【感想・ネタバレ】蒼の封印(11)のレビュー

【少女・TL漫画好き歓迎】女性向け漫画のあらすじ(ネタバレ)と感想記事の作成をお願いします!【800文字でOK】のお仕事

ある日、お姫様になってしまった件について ネタバレ 73

捨てられた皇妃103話あらすじ感想 アリスティアとケイルアンの父娘デート 皇宮から帰る道すがら、アリスティアはパパと町にショッピングにやってきました。 やってきたのは礼服専門店。 最近流行のお店で、アリスティアが御用達にしている仕立て屋でした。 普段、隊の制服ばかり着ているケイルアンに、アリスティアが礼服や普段着を見繕うようです。 パパ、カッコいいけど、服装は無頓着なのですね。 ケイルアンが店の中を歩くと、店内にいる女性客たちから熱い眼差しが。 若くてカッコいいパパは、娘がいても人気者。 アリスティアも女性客たちの眼差しや囁く声に気づき、なぜ再婚しないのだろうと考えます。 アリスティアは母ジェレミアのことを覚えていないし、ふたりがどんな様子だったのか知らないから「再婚してほしくない」とか「パパにはママだけ」とか、それに似た感情とかは一切ないのかな。 パパの礼服を選んでいると、ケイルアンはアリスティアにも礼服を作るよう店主に声を掛けます。 さらに、その礼服にモニーク侯爵家の紋章を入れるようにと。 礼服に家の紋章が入るということは、後継者として正式に認めるという証。 これからは、必要であればケイルアンの代わりに一族の主人としての権限を行使することも認められたのでした。 アリスティアの目指す道にまた一歩近づいた日。 でも、ルブリスの想いとは、また一歩遠ざかった日。 紋章を付けた礼服姿のアリスティアを見て、ルブリスはショックを受けるのか、悲しい目をするのか。 近づきつつあるルブリスの王位継承 皇宮では、皇帝陛下が体調を崩して寝込んだようで、バタバタしていました。 ルブリスはやってきた家臣たちに、暑さで少し体調を崩しただけと言います。 そして、宰相のルースを呼び、内密に大神官テルティウスを探すことを指示します。 ルースの驚いた様子やルブリスの神妙な様子からすると、陛下の容体はかなり悪いのではないのかな。 アリスティアの転生前も、アリスティアが16歳の時にはすでに皇帝陛下は崩御していて、ルブリスが皇帝の座に就いていました。 それまでの時間は、あと1,2年。 皇帝陛下もこのまま・・・ということはないにしても、何かを行わないといけないから大神官を連れてこないといけないということなのでしょう。 もうその日は、刻一刻と近づいているようですね。 ジェレミアとの出会い アリスティアとケイルアンは、買い物を終えて歩いていると道を間違えてしまったよう。 その間違えた道の景色を見て、ケイルアンの様子が変わります。 何かを見つけたような、少し思い詰めるような。 人気のない路地で、何か見つめるような表情をしているケイルアン。 アリスティアが不安そうに見上げると、なんでもないとまた歩き出したふたりですが、アリスティアはそこでケイルアンに再婚はしないのか?と尋ねます。 しかし、ケイルアンはそこできっぱりと言いました。 彼女の代わりはいない。 彼女と生涯を共にする代償として、その身に流れる血をかけ皇家に忠誠を誓ったのだと。 ジェレミアを選んだことで、なぜ忠誠を誓うことになったのか。 以前ゼナ公爵が「汚れた血」と言っていた答えが、そこにあるのかもしれません。 早くそれがなんなのか知りたいのだけど、パパの回想でそこまで語られるのかな。 さっき、ケイルアンが気にかけていた路地は、ジェレミアと初めて会った場所。 通りかかったケイルアンが、暴漢に襲われているジェレミアに助けを求められた場所でした。 ここで次回へ。 やっとジェレミアのことがパパの口から語られますね。 次回の第104話はこちら.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について

ある日、お姫様になってしまった件について ネタバレ 73

転生する前は反逆罪を問われて処刑されるなど残酷な人生でしたが、転生後は幸せになれるのか? 「捨てられた皇妃」は9歳の自分に転生します。 生まれた時から次期皇后として育てられてきた。 では、日本語版以外では連載されているところがあるのか?調べてみました。 まず、原作の出版社が 「kakaopage」となっています。 kakaopageでは韓国語のマンガコンテンツなどを閲覧することができます。 しかし、アプリをダウンロードしようとすると、iPhoneで確認する限りでは、日本のStoreでは利用できない様でした。 本家サイトでは閲覧ができなさそうでした。 他に公開中のサイトは? ほかに3サイトで公開されているのが発見できました。 まず、 「TappyToon」で公開されています。 アメリカのサイトで、Contents First, Inc. により運用されています。 毎週月曜日と金曜日に新しいストーリーが追加されます。 TappyToon 捨てられた皇妃連載ページはこちら: 次に、 「Webcomics」で公開されています。 インドネシアのコミックサイトです。 そのため、インドネシア語で表示されます。 毎週月曜日に新しいストーリーが追加されます。 アイキャッチ画像が閲覧できるサイトとしては、ピッコマより、TappyToonよりこの「Webcomics」が多く閲覧できます。 Tidak(いいえ) Ya(はい)の選択を求められます。 しかし、上記サイトでは登録が必要だったりとなかなか一気に読み進めることは難しいです。

次の

彼女が公爵邸に行った理由76話ネタバレ

ある日、お姫様になってしまった件について ネタバレ 73

『赤髪の白雪姫』 前話 116 話のあらすじは・・・ オビがベルガット家に向かい内密に調査を進める間、ヒアテス騎士団のヨヅミ・イリーズという者がある香水について調べて欲しいと白雪達に依頼に来る。 恋人がつけていた香水だが、ある日初対面の貴婦人から同じ香りがした時に心が揺れ、恋人に抱く様な感情になってしまったという。 その時は我に返るも、香水の香りがそうさせたのではと考え不安に駆られていた。 白雪が香水を身につけてヨヅミの様子を見ると、匂いを嗅いだ瞬間意識がぼんやりしており、変化が見て取れた。 その後話す中でエイセツから恋人の名前を聞かれるがヨヅミは答えられないと言う。 白雪は香水の調査を優先する事を提案し、成分を薬剤室の仲間へと送る。 エイセツの負担を考え、香水の件は自分達に任せて欲しいと笑う白雪。 そんな時、オビがベルガットから帰ってきて…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 エイセツはそれは知っていると言い、教えた。 仮面騎士の夜会とは貴族が時々開く遊びだそうで、顔を隠し、衣装を纏い、名は明かさず、詮索もせず、盤上遊戯やカードゲームに興じるもので、たとえ相手が誰か分かっても外では話題にしないのがルール。 リエラ夫人はルギリア領だけでなくベルガット領の夜会にも出席している人物で、金銭的恩のあるトウカ・ベルガットに近況を報告する手紙を送っており、その中で、仮面騎士の夜会への出席を逐一報告していた。 そして密かに、夫人から報告のあった夜会の主催の家で使用人に話を聞くと、夜会の最中の記憶が一部曖昧な者や意識が鈍るような時があった者がいた。 別の日・別の家の使用人に数人。 しかし夫人が出席していない夜会ではそのような話はなかった。 オビ・エイセツ・白雪、仮面騎士の夜会へ オビは、懐からある夜会の招待状を取り出した。 近々ベルガット領で開かれる夜会のものらしく、調査に使えるだろうとツルバにもらったという。 オビは夫人が来るかは賭けだが探ってみると言い、それを聞いたエイセツも同行すると言い出した。 ここから先は、オビはゼンの騎士として、エイセツはルギリアの当主として調べに入る。 オビは、トウカが怪しい薬をいくつか所持していた為、リエラ夫人が出席している場合何か使ってくるかもしれない危険性を伝えた。 一瞬蒼ざめたエイセツだが『二言は無い』と意志は変えなかった。 その後オビは同じ話を白雪にも伝え、招待状を見せる。 白雪は一通り聞いた後、自分も同行したいと言い出した。 白雪が頼りになる事、待つべき時は待ってくれる事も知っているオビは、心配しながらも反対はしなかった。 白雪にも、気になる事があった。 ヨヅミが依頼してきた香水の所持者がどちらも貴族の女性である事。 もし、貴族の間で密かに使われているものだとしたら…2人は想像し、『恐ろしい』と顔を見合わせる。 リュウにも話を通し、準備として薬材調達を始める白雪。 こうしてオビ・エイセツ・白雪の夜会への参加が決定した。 リリアスへ香水の調査依頼が届いて…!? 一方、リリアス。 休日の鈴を発見したユズリ。 2人は一緒に昼ご飯を食べに行った。 植物採集家であるユズリは手塩にかけて育てた温室の花の人気が好調のためご機嫌で、鈴に昼ご飯を奢ると笑う。 食べながら、ユズリは鈴に急ぎの荷物があると薬剤師から言われていた事を思い出し、慌てて昼ご飯を終えた。 荷物を取りに行くとそれはリュウからのもので、例の香水の調査依頼だった。 『開封注意』の表記がある箱と、添えられた手紙の内容から深刻な様子を感じとる鈴。 ユズリ宛でもあると伝え手紙を渡すと、読みながらユズリの顔色が変わった。 もう1人の夜会参加者 その頃ルギリアではズラリと並んだ仮面から好きなものを選ぶようにとエイセツが笑う。 オビに、似合うものを選んでくれと言われ戸惑うリュウ。 顔が隠れるなら何でもいいのでは?という考えのリュウにオビも賛同した。 白雪はエイセツに薬材の相性を聞く。 こうして、シュウとリュウに見送られ、エイセツ・オビ・白雪は夜会へと向かった。 白雪はあくまで目立つ行動は避け、薬を仕込まれた時の対処の為に控える。 エイセツは薬材の相性を聞かれた事に納得した。 今回は、オビ・エイセツ・白雪、どの領分で事が起こるか分からない。 途中、店で腹ごしらえをする一行。 夜会でも食べ物は出るだろうが、手はつけない方がいい。 その店で、オビが待ち合わせたもう1人の夜会参加者が合流する。 マントを頭から被っているその人物を、『ベルガット領での対処が領分の人』とだけ説明するオビ。 そして正面から顔を見て驚く。 合流したもう1人は、ツルバだった。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の