テンセント ゲームズ。 【中国ゲーム考察】ポケモンUNITEを作るテンセントTencentはどんな会社なのか?

【インタビュー】テンセントSteven Ma氏が語る日本市場、イノベーションとは?

テンセント ゲームズ

高品質なゲームが提供する革新的なプレイ体験の新たな幕開けとなった本発表には、ゲームの自社開発ならびにファンが待ち望んでいた知的財産(IP)のライセンス契約も含まれています。 さらに、クロスプラットフォーム市場において、テンセントゲームズが世界的なフランチャイズに適応を進めていることも示しました。 「Spark More! 」(もっと刺激的に!)をテーマとした本カンファレンスでは、革新的でエキサイティングなゲーム体験を届けるために、テンセントゲームズが自社開発した新作ゲームに加え、世界有数のIPオーナーやゲームソフト開発会社およびパブリッシャーとの提携も発表されました。 テンセントのシニア・バイスプレジデントであるスティーブン・マー(Steven Ma)は開会にあたり、テンセントゲームズが掲げる戦略の3つの軸をテクノロジー、ゲームプレイ、ストーリーラインであると説明し、これらがゲーム業界を未来への進化へと導くものであると語りました。 (テンセント シニア・バイスプレジデント スティーブン・マー) マーは、「新たなテクノロジーへの人気は世界的な加速を見せ、ゲームプレイのイノベーション・サイクルが短縮され、ストーリーのIP創出がこれまで以上に豊富になっています。 ゲーム業界がエキサイティングな可能性に満ちた新しい時代に直面しています。 この大きなチャンスを生かし、想像力を育み、クリエイティビティの新たな可能性を探索することで、ゲームコミュニティーに向けて新たな価値を提供できる絶好のタイミングです」と述べています。 テンセントはグローバルなコラボレーションを可能にするネットワーク体制を保有し、全世界で100を超えるゲーム会社やスタジオに対して新たなゲーム開発を目的とする技術的リソースを提供しています。 ゲーム業界で最も重要な資源を人材であると考えるテンセントは、将来の成長を牽引する優秀な人材育成のために、世界をリードする複数の大学と協力体制も構築しています。 テンセントゲームズは、本日の年次カンファレンスにおいて、人気ゲームIPとの新たなパートナーシップと新作ゲームタイトルを発表しました。 ・メタルスラッグ系モバイルゲーム(名称未定):テンセントゲームズでゲーム開発を担当するTiMi Studiosは、長期にわたり人気が高いアーケードゲームシリーズ「メタルスラッグ」の新作モバイルゲーム(名称未定)の開発において、株式会社SNKと新たなパートナーシップを締結しました。 このゲームは「メタルスラッグ」のアーケードゲームでおなじみのシューティングプレイを、どこででもプレイできるモバイル版として忠実に再現するものとして、新作トレーラーもあわせて公開されました。 今回のパートナーシップは、世界中で多くの人々にプレイされている「コール オブ デューティ モバイル(Call of Duty: Mobile)」と「伝説対決 -Arena of Valor」のグローバル展開の実績としてTiMi Studiosが認められた結果、実現しました。 新たなモバイル版「アラド戦記」は、同シリーズの象徴でもあるアーケードスタイルの2D横スクロールタイプによるアクションゲームプレイを残しながら、深い没入感が味わえるマルチプレイ型RPG(ロールプレイングゲーム)として、絶えず展開が進むストーリーが特徴です。 モバイル機器向けに最適化されたモバイル版「アラド戦記」は、シリーズの代名詞でもある、スピード感とおもしろさ、豊富なアクションプレイ体験をお届けします。 さらに、テンセントゲームズは、PCおよびコンソール向けに販売されるFPSゲーム「SYN」のデモを世界で初公開しました。 テンセントゲームズのLightspeed and Quantum Studiosが開発を担当し、Epic Gamesのストランドベースで微細な髪の毛を表現するシステムを採用しています。 最新鋭のリアルタイム・グラフィクスを深化させ、好奇心を高める印象的なビジュアルにより、サイバーパンクスタイルの世界を作り出しています。 テンセントゲームズについて テンセントゲームズは、世界トップレベルのゲーム開発・パブリッシュを行うとともに運用プラットフォームの提供、中国最大のオンラインゲームコミュニティを運営しています。 あらゆるプレーヤーに、高品質で魅力あるインタラクティブ・エンターテインメント体験をお届けすることに注力しています。 テンセントゲームズは現在、200以上の国と地域に、140タイトル以上の自社開発およびライセンス契約のゲームを提供し、多くのユーザーにクロスプラットフォームのインタラクティブ・エンターテインメント体験を提供しています。 世界で人気の高い代表的なタイトルとして「王者栄耀(Honor of Kings)」や「PUBG MOBILE」、「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」などを有しています。 ゲームのさらなる可能性を追求するため、文学からアニメ、映画、テレビにわたりテンセントの豊富なIPリソースを活用し、テンセントゲームズは高品質なインタラクティブ・エンターテインメント体験を創出していきます。 (日本語リリース:クライアント提供) プレスリリース詳細へ.

次の

中国テンセントが世界中のスタジオ100社と提携 40本超の新作を開発中

テンセント ゲームズ

2017年時点で収益及び時価総額で世界最大のゲーム企業である。 App Annieのデータでは同作はその年の最初の5ヶ月で中国のiOSで月平均で8400万ドルの総利益を上げたと示された。 歴史 [ ] テンセントゲームズは全プラットフォーム コンピュータ、ゲーム機、携帯電話 でのオンラインゲームの大規模なポートフォリオを構築するのに役立つようにテンセントのゲーム専門部門と一連の買収を統合することで創設された。 同社はヨーロッパにテンセントゲームズの発売部門「Proxima Beta」を所有している。 この組織はモバイル、携帯電話及び他のワイヤレス端末向けのオンラインコンピュータゲームを提供するエンターテイメントサービスに特化している。 オンラインゲーム [ ] 「WeGame」と呼ばれる新サービスは世界のユーザーをサポートする。 株式の取得 [ ]• 2008年、テンセントは人気MOBAゲーム『』の開発企業の株式の持分の22. 2011年2月18日、テンセントは株式の持分の過半数 92. テンセントは以前に同社の株式15. 2013年7月24日、テンセントゲームズとEAは中国EAスポーツのFIFAオンライン3の代理による戦略的協力関係に達した。 2016年6月21日、テンセントのコンソーシアム「HALTI」は『Tribal conflict』 『island Jones』 『tribal conflict』 『royal war』 『cartoon farm』などのゲーム開発企業であるフィンランドの「」の合計84. 関与 [ ]• 2008年にテンセントはVinaGameの20. テンセントは2012年6月に『アンリアル』、『』、『インフィニティ・ブレイド』のようなフランチャイズ及び『』の開発企業の少数株を取得した。 2014年9月、韓国のモバイルゲーム制作企業「PATI Games」はテンセントから1970万米ドルの設備投資を受けたと発表した。 2015年2月27日、テンセントは『Orcs Must Die! 』シリーズの開発企業「ロボット・エンターテイメント」の少数株を取得したと発表した。 2015年4月29日、テンセントは1億2600万米ドルを支払いGluモバイルの株式14. テンセント、Line及びKorea Investment Partnersは共同でコンソーシアムを設立し、テンセントは約1億1000万米ドルを拠出し、その大部分はヒット作品『Arrow and Blade』を生み出した「4:33 Creative Lab」に行った• 企業の構成 [ ] テンセントゲームズの子会社または同社が株式の一部を保有している企業 [ ] 注記:企業名の横の 内の数値は保有株の割合を示している(割合が不明な場合は表記していない)• Glu Mobile 21. アクティビジョン・ブリザード 5. Miniclip(過半数)。 Funcom。 Yager Development。 スタジオ [ ]• Timi Studio Group• Quantum Studios• Morefun Studio Group• The Aurora Borealis Studio• Tencent Boston 有名なゲーム [ ]• Smite• モバイル版• Path of Exile• Marvel Future Fight• Paragon• Lesiure Suit Larry モバイル• 企業責任 [ ] 同社はまた13歳以上の全プレイヤーに対し本名を登録するよう求めている。 脚注 [ ]• Futter, Michael 2018年3月29日. Polygon. Newzoo 2016年12月. Newzoo. 2016年12月1日閲覧。 Sijia Jiang 2017年7月3日. Reuters. 2017年7月3日閲覧。 Charlie, Hall 2017年4月17日. 2017年4月17日閲覧。 Frank, Allegra 2015年12月16日. 2015年12月16日閲覧。 Hsu, Alex 2013年6月28日. 2013年11月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 BusinessWire. 2013年7月24日閲覧。 Lulu Yilun Chen 2014年3月27日. Bloomberg. com. 2015年8月14日閲覧。 WSJ. 2016年6月21日閲覧。 Rebecca Fannin 2010年8月2日. Forbes. 2010年8月2日閲覧。 John Choi 2014年9月3日. KoreaBizWire. 2014年9月3日閲覧。 Alexander Sliwinski 2013年7月26日. 2013年7月26日閲覧。 James Brightman 2015年2月27日. 2016年2月12日閲覧。 VentureBeat. 2015年8月14日閲覧。 Juro Osawa 2015年5月13日. WSJ. 2015年8月14日閲覧。 Jason Schreier 2016年7月31日. Kotaku. 2016年7月31日閲覧。 Paul Bischoff 2014年11月13日. TechinAsia. 2014年11月13日閲覧。 GamesIndustry. biz. techcrunch. com. Bloomberg. com. 2017年3月20日. ZUU online Singapore. 2017年4月15日. Raman, Manikandan 2016年2月26日. Benzinga. investor. activision. com. Polygon. com. GamesIndustry. biz. 2019年4月9日閲覧。 venturebeat. com 2015年2月18日. 2018年7月3日閲覧。 Taylor, Haydn 2019年9月30日. 2019年9月30日閲覧。 Handrahan, Matthew 2020年1月22日. 2020年1月22日閲覧。 ファミ通. com(2020年1月7日)2020年4月21日閲覧• Engadget日本版 2020年1月9日 2020年4月21日閲覧• Ivan, Tom 2020年2月10日. 2020年2月10日閲覧。 Amar Toor 2017年7月4日. TheVerge. 2017年7月4日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

テンセントとはいかなる企業か? 時価22兆円、ゲーム世界一、WeChat11億人の脅威 ソフトバンク子会社を買収へ|ビジネス+IT

テンセント ゲームズ

2017年時点で収益及び時価総額で世界最大のゲーム企業である。 App Annieのデータでは同作はその年の最初の5ヶ月で中国のiOSで月平均で8400万ドルの総利益を上げたと示された。 歴史 [編集 ] テンセントゲームズは全プラットフォーム コンピュータ、ゲーム機、携帯電話 でのオンラインゲームの大規模なポートフォリオを構築するのに役立つようにテンセントのゲーム専門部門と一連の買収を統合することで創設された。 同社はヨーロッパにテンセントゲームズの発売部門「Proxima Beta」を所有している。 この組織はモバイル、携帯電話及び他のワイヤレス端末向けのオンラインコンピュータゲームを提供するエンターテイメントサービスに特化している。 オンラインゲーム [編集 ] 「WeGame」と呼ばれる新サービスは世界のユーザーをサポートする。 株式の取得 [編集 ]• 2008年、テンセントは人気MOBAゲーム『』の開発企業の株式の持分の22. 2011年2月18日、テンセントは株式の持分の過半数 92. テンセントは以前に同社の株式15. 2013年7月24日、テンセントゲームズとEAは中国EAスポーツのFIFAオンライン3の代理による戦略的協力関係に達した。 2016年6月21日、テンセントのコンソーシアム「HALTI」は『Tribal conflict』 『island Jones』 『tribal conflict』 『royal war』 『cartoon farm』などのゲーム開発企業であるフィンランドの「」の合計84. 関与 [編集 ]• 2008年にテンセントはVinaGameの20. テンセントは2012年6月に『アンリアル』、『』、『インフィニティ・ブレイド』のようなフランチャイズ及び『』の開発企業の少数株を取得した。 2014年9月、韓国のモバイルゲーム制作企業「PATI Games」はテンセントから1970万米ドルの設備投資を受けたと発表した。 2015年2月27日、テンセントは『Orcs Must Die! 』シリーズの開発企業「ロボット・エンターテイメント」の少数株を取得したと発表した。 2015年4月29日、テンセントは1億2600万米ドルを支払いGluモバイルの株式14. テンセント、Line及びKorea Investment Partnersは共同でコンソーシアムを設立し、テンセントは約1億1000万米ドルを拠出し、その大部分はヒット作品『Arrow and Blade』を生み出した「4:33 Creative Lab」に行った• 企業の構成 [編集 ] テンセントゲームズの子会社または同社が株式の一部を保有している企業 [編集 ] 注記:企業名の横の 内の数値は保有株の割合を示している(割合が不明な場合は表記していない)• Shanda Games• CJ Games 28. Glu Mobile 21. アクティビジョン・ブリザード 5. Miniclip(過半数)。 Funcom。 Yager Development。 スタジオ [編集 ]• Timi Studio Group• Quantum Studios• Morefun Studio Group• The Aurora Borealis Studio• Tencent Boston 有名なゲーム [編集 ]• Smite• モバイル版• Path of Exile• Marvel Future Fight• Paragon• Lesiure Suit Larry モバイル• 企業責任 [編集 ] 同社はまた13歳以上の全プレイヤーに対し本名を登録するよう求めている。 脚注 [編集 ]• Futter, Michael 2018年3月29日. Polygon. Newzoo 2016年12月. Newzoo. 2016年12月1日閲覧。 Sijia Jiang 2017年7月3日. Reuters. 2017年7月3日閲覧。 Charlie, Hall 2017年4月17日. 2017年4月17日閲覧。 Frank, Allegra 2015年12月16日. 2015年12月16日閲覧。 Hsu, Alex 2013年6月28日. 2013年11月5日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 BusinessWire. 2013年7月24日閲覧。 Lulu Yilun Chen 2014年3月27日. Bloomberg. com. 2015年8月14日閲覧。 WSJ. 2016年6月21日閲覧。 Rebecca Fannin 2010年8月2日. Forbes. 2010年8月2日閲覧。 John Choi 2014年9月3日. KoreaBizWire. 2014年9月3日閲覧。 Alexander Sliwinski 2013年7月26日. 2013年7月26日閲覧。 James Brightman 2015年2月27日. 2016年2月12日閲覧。 VentureBeat. 2015年8月14日閲覧。 Juro Osawa 2015年5月13日. WSJ. 2015年8月14日閲覧。 Jason Schreier 2016年7月31日. Kotaku. 2016年7月31日閲覧。 Paul Bischoff 2014年11月13日. TechinAsia. 2014年11月13日閲覧。 GamesIndustry. biz. techcrunch. com. Bloomberg. com. 2017年3月20日. ZUU online Singapore. 2017年4月15日. Raman, Manikandan 2016年2月26日. Benzinga. investor. activision. com. Polygon. com. GamesIndustry. biz. 2019年4月9日閲覧。 venturebeat. com 2015年2月18日. 2018年7月3日閲覧。 Taylor, Haydn 2019年9月30日. GamesIndustry. biz. 2019年9月30日閲覧。 Handrahan, Matthew 2020年1月22日. GamesIndustry. biz. 2020年1月22日閲覧。 ファミ通. com(2020年1月7日)2020年4月21日閲覧• Engadget日本版 2020年1月9日 2020年4月21日閲覧• Ivan, Tom 2020年2月10日. Video Games Chronicle. 2020年2月10日閲覧。 Amar Toor 2017年7月4日. TheVerge. 2017年7月4日閲覧。 外部リンク [編集 ]•

次の