エクセル フィルタ ショートカット。 エクセルのオートフィルタのショートカットキーについて

Excelのオートフィルタを便利に使うショートカットキー5選

エクセル フィルタ ショートカット

A ベストアンサー こんにちは。 (1)の場合は、下記のコードを ThisWorkbook に記述してください。 どのワークシートでも機能します。 Range "A1". Value End Sub (2)場合は、下記のコードを標準モジュールに記述しボタンにマクロ登録してください。 (すべてのシートにボタンを貼り付けるのは面倒でしょうから、ツールバーにボタンとして追加すると良いと思います。 ) Public Sub SheetName ActiveSheet. Value End Sub A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の

Excelで役立つショートカットキー30選とポイント

エクセル フィルタ ショートカット

オートフィルタ機能とは 「 オートフィルタ」は、ワークシートに作成されたリストからデータを抽出する機能です。 Excelのデータベース機能の基本ともいえるオートフィルタは、「」で紹介した並べ替え機能と並んで、ぜひ押さえておきたい機能といえます。 今回は、その基本的な操作方法からちょっとした活用方法まで、コンパクトにまとめて紹介します。 オートフィルタの基本操作 基本的な操作方法を通して、オートフィルタで何ができるのかを確認してみましょう。 なお、リストが次の条件を満たしていると、操作性がアップします。 項目が横方向に並べられていること• 項目見出しのセル書式は、入力データと区別されていること• リストが空白行・空白列で囲まれていること• リスト内に空白行・空白列がないこと ここでは、リストがこれらの条件を満たしていることを前提に解説を進めます(リストについては、「」と「」の記事をご覧下さい)。 Excel2010以降では「データ」タブから「フィルタ」をクリック。

次の

エクセルショートカットキー一覧

エクセル フィルタ ショートカット

URLをクリップボードにコピーしました 経理業務でExcelを利用している会社は多いでしょう。 Excelの作業を効率的に行いたいのなら、ショートカットキーによる操作は身につけておきたいテクニックです。 ショートカットキーとは、キーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能のことです。 しかし、全てのショートカットキーを覚えるのは大変です。 そこで、とりあえず押さえておきたい役立つショートカットキーと、ショートカットキーを利用するにあたってのポイントを紹介します。 ショートカットキーは意識して使えば使うほど手が覚えていき、操作が早くなります。 そうなるとよりたくさんのショートカットキーを利用したくなります。 ここで紹介したショートカットキーをステップに、他のショートカットキーを身につけていけば、業務処理のスピードをアップさせることができるようになります。 これが「貼り付け」のショートカットキーです。 ショートカットキー表示はすべてのコマンドに表示されるわけではなく、比較的利用頻度の高いものに表示されます。 表示される代表的なコマンド• コピー• 切り取り• 貼り付け• フィルター• Sum関数 自分が利用するコマンドはどうなっているかを確認してみましょう。 覚えておきたいショートカットキー30選 では本題に戻って、利用頻度の高いショートカットキー30個を紹介します。 右クリックと同じ動作をしますので、「右クリックキー」といいます。 ただキーボードによってはないものもあります。 ただ一つのキーで済むアプリケーションキーの方が楽ですので、キーボードについているのであれば、「アプリケーションキー」を利用しましょう。 「ショートカットメニュー」の見方 「コマンド」の横に表示されている「英字」がショートカットのためのキーとなります。 「コピー」をしたい場合は[C]をタッチします。 つまり、「アプリケーションキー」をタッチして、[C]をタッチすると選択しているセルがコピーされます。

次の