デイトレ ボラ。 とれまがファイナンス

デイトレ ボラ

デイトレ ボラ

スキャルピング投資手法とは スキャルピング投資法は、デイトレードにおいて、徹底的に 薄利多売を追及した究極の手法です。 順張り投資法と 逆張り投資法のどちらも使うことが出来ます。 順張り投資法についてはこちらをご覧下さい。 逆張り投資法についてはこちらをご覧下さい。 スキャルピングという手法は、皮を薄く剥ぐという意味からきています。 その意味の通り、株価が上下する中で、薄皮ほどの利益を得る手法のことを言います。 そんな小さな利益でどうするんだ、と思われるかも知れません。 しかし、株式市場では多くの銘柄が激しく上下します。 ですから、薄皮程度の利益、つまりスキャルピング手法で利益を出すには十分と思われる チャンスが日々大量に転がっているのです。 スキャルピング手法の強味とは スキャルピングにとって重要なことは、株価が「 動く」ということです。 上下幅のことを ボラティリティーと言い、通称「 ボラ」と言います。 通常、ボラが大きければ大きいほど危険な相場となりますが、スキャルピング手法においては、このボラが大きければ大きいほど(限度はあるが)やりやすいと言えます。 ですから、株価が上がるか下がるかというのは重要ではありません。 そのため、周りが大損してしまうような相場でもマイペースに利益を積み重ねることが出来るというのが最大の強味でしょう。 スキャルピング手法の弱味とは スキャルピング投資法は前述のように、薄皮を剥ぐような利益を積み重ねることで日当を得ていく投資手法です。 そのため、誰もが儲かる、それも大儲け!というような相場でも、自分自身は薄利しか得られていない可能性が高いです。 そうなると、自分が置いてけぼりになってしまっている感覚が出ます。 そこでメンタルが崩れてしまうと思わぬ落とし穴にハマってしまうことがあるので注意しましょう。 これはやはり前述の通り、 どんな相場でも利益が出せる!これに尽きます。 順張り手法は、その属性ゆえ、下落相場では総じて利益が出しにくく、 騙し上げと呼ばれるフェイクも多くなるので大損してしまうことも多いです。 逆張り手法は、その暴落時には出番が多くなりますが、上昇相場では 参加さえさせてもらえなくなり、投資フォームが崩れてしまうことも多いです。 それに対し、スキャルピング手法は上下どちらの動きでも大丈夫ですから、どんな相場であっても 毎日同じくらいずつ利益を出し続けることが出来ます。 ですから、安定を求めるタイプ、すなわち 専業トレーダーさんや、株に重点を置いた 兼業トレーダーさんには是非ともオススメしたい手法となります。 最高値でさえ掴まなければ勝てる! これも大きな魅力だと思います。 スキャルピング手法は、その属性ゆえに、最高値でさえ買わなければ一瞬の上げで逃げ切ることが出来ます。 つまり、圧倒的に高い勝率となるはずの逆張りをさらに超える勝率が出せる可能性があります。 また、それを合わせ持った 逆張りスキャでは最高勝率だ叩き出せることでしょう。 しかし、スキャルピングという手法を選んだのであれば、それに徹する必要があります。 もちろん上手になってくれば臨機応変に動くことは出来ますが、それは1つずつ手法をマスターしてからです。 1つのことがうまく出来ないうちから、あれも、これもと手を出していると、全てが中途半端になってしまいがちです。 スキャルピングに魅力を感じているのであれば、まずはスキャルピングをマスターしましょう。 ロスカットの遅れに要注意 スキャルピングの魅力は、薄利であるものの、何度も積み重ねていけることです。 その魅力を無視し、一度で大きく勝とうとしたり、損失確定を嫌ってしまうと地獄の門が開いてしまいます。 一度に取れる利益は非常に少ないわけです。 だからこそ損を出したくないという気持ちはわかります。 しかし、その思いから、一度で大損をしてしまうと、取り返すためにとんでもない努力をしなければならなくなるのです。 ですから、メリットを生かすために、ロスカット側でも「 微損」を最大限に心掛ける必要があります。 リカクとロスカットの幅を同じか、ややロスカット幅の方が大きいくらいで抑えられれば、スキャルピングはきっとあなたの大きな武器となることでしょう。 まとめ スキャルピングは、 仕事として毎日安定した利益を出すには最適な投資手法です。 給料のように、毎日大体決まった額を得ることが出来るので、デイトレードで毎日を給料日にするという考え方が出来るのです。 株の世界にいる以上、大きな利益を求めたくなる気持ちもわかります。 しかしその前に、確実な給料を得られるこのスキャルピング手法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

次の

初心者がデイトレードで儲けるために学ぶべき全てのこと

デイトレ ボラ

例えば勝ってる時でも 利益が伸びる前に利確しちゃうとか、 負けてる時は損切りが遅れちゃうとかで 「トータルだと負けてる」って人もけっこういると思います。 もし、今「トータルではマイナス収支」という人は、このまま株をやめてしまうのは 正直かなりもったいないので、その前に活用してほしい方法があります。 と、いうのもまぁあくまで目安ですけど 「株で月間20~30万程度の利益」なら、普通の人でも割と目指せると思うからです。 活用したいのは株の専門サイト。 個人的に特に ここは本当にオススメです。 兎にも角にもまず見てほしいのはここの推奨銘柄の結果です。 結論から言いますが、ここの推奨銘柄は 株価2倍レベルの実例かなり出てます。 例えば直近だと、2月相場だとバイオ関連銘柄の「アンジェス」が一気に急騰しましたが、ここは アンジェスで株価2倍の実例出してます。 他にも最近だと ワークマンでも株価2倍先取りしてますね。 例えばの話ですが、上記の通りにアンジェスに資産100万円を投資していれば最大「200万円」に資産が膨れ上がっていたということです。 というか「アンジェス」や「ワークマン」だけじゃなく他にも急騰銘柄をバンバン読み当ててます。 具体的には 【eBASE 約1. 7倍】【ネットワン 約1. 6倍】【ラクオリア創薬 約1. 4倍】【Jエレベータ 約1. 5倍】【リネットジャパン約2. 1倍】【MS-Japan約2. 1倍】【オイシックス 約1. 9倍】とか、ハッキリ言って株価1. 5倍~2倍クラスの急騰株なら、 ザラにでちゃってるんです。 投資資金次第ではもっと可能かも もちろん未来の成績を保証するわけではないですが、過去の成績を見る限り、ここの 推奨銘柄をみておいて適当なところで「利確売り」を設定しておくだけでもかなり面白いと思います。 割と本気でオススメです。 このサイト、個人的によく見てます。 割と口が悪い管理人なんですが 笑 意外と参考になること書いてるし テーマ株についての記事がシロウトにもわかりやすいのでオススメ。 それとあわせて もまとめてるので見とくのオススメです。 株で稼げるかどうかは強い銘柄に上手く乗れるかどうかが大きいです。 こうした株ブログを書いていると、デイトレで上手く利益を得ていくにはどうすればいい?みたいなことを聞かれたりしますが、デイトレでなかなか上手く利益を出せないでいるって人は、デイトレ向きじゃない銘柄をトレードしてしまっているんじゃないかと思います。 ・値幅がない銘柄 ・出来高がない銘柄 ・トレンドが悪い銘柄 ・テーマ 材料 性がない銘柄 他にも業績の良し悪しや思惑など色々あるかと思いますが、デイトレは値幅があって出来高があってトレンドがいいテーマ 材料 性がある銘柄がやりやすいんじゃないかと思います。 なのでデイトレで勝つためにはまずデイトレ向きの銘柄をしっかり選べるかどうかが大切です。 上手い人はほんと強い銘柄でトレードしてる印象ですが、何を買えばイマイチ分からないって人は、 「当たりや」とされる人や株情報サイトが取り上げている個別銘柄に試しにでも一度注目してみるといいかと思います。 日本経済新聞に掲載となっている「」という記事を読みましたが、「当たりや」とされる人や株情報サイトが取り上げている個別銘柄には投資家の関心が向かいやすかったりするので、最近はそうした資金の流れに上手く乗れるかどうかが結構大きい気がします。 例えば上記画像は相場の千里眼の異名を持つ「有宗良治」さんが代表取締役を務めている「」から前に配信されたメールの一部内容ですが、 多摩川ホールディングス 6838 や、 マーケットエンタープライズ 3135 のような強い銘柄に上手く乗れた人は、短期で結構な利益を得れていたりするんじゃないでしょうか。 デイトレに限らず、株は強い銘柄に上手く乗れるかどうかっていうのがだいぶ大きい気がしますが、良さそうな銘柄が分からない、何を買えばいいのか分からないって人は、株式投資に関する情報を配信してくれる投資顧問のメールマガジンが何気に凄くデイトレと相性がいいと思うのでおすすめです。 「」は元証券マンで金融庁及び経済産業省、農林水産省等主務官庁との折衝経験も豊富な有宗良治さんが代表取締役をしているサイトなので、既に配信情報を見ているって人も多いかと思いますが、まだサイト内で公開となっている銘柄情報などを見たことがないって人は、試しにでも一度メルマガ登録して取り上げられている個別銘柄の動きに注目してみるといいと思います。 あと、当ててきているサイトは利用者が資金を増やしていたりすると思うので、推奨銘柄に資金が向かいやすくなる傾向もあると思います。 なので資金が向かいそうな銘柄を探る上でも配信情報を見ておくに越したことないって感じですかね。 「」は直近で結構当ててきている印象なので、今後取り上げられる個別銘柄の動きにも要注目じゃないでしょうか。 こうした株ブログを書いてると、上手く利確やロスカット 損切り するコツみたいなのがあるか聞かれたりするんですが、ロスカットはホント大切なのでしっかり意識してトレードした方がいいと思います。 ロスカットも何%下げたら売るとか何時を過ぎても下げ続けるようなら売るなどあるかと思いますが、ついつい欲が出て下げても上がるまで保有してしまうって人は、ポジションを取る際にロスカット注文もしておくなどして、ロスカットする習慣をしっかり身に付けるようにしましょう。 個人投資家で有名なBNF氏も、ロスカットの大切さについて、あれこれ話されています。 大事なのは損切りを早くすることでしょうか。 僕自身は、想定より下がった場合には、上がるまで待つことはせず、早めに損失を確定させています。 相場に自分の思いは一切通用しません。 「ここまで儲けたいから、これだけ買う」という考え方は必ず失敗します。 厳しい相場では、一番難しいけど、一番大切なのが「売り時」。 これが分からないから、傷口を広げてしまう。 自分の資金が少ないならばそういった銘柄をいつまでも持って資金拘束されるよりも上昇していく銘柄に乗り換えた方が資金効率がイイと思います。 損切りルールを甘くするといい加減なポジションを取ってしまったりすると思うので、2%下げたらロスカットするぐらいの意識でトレードした方が、無駄なトレードを減らせていいんじゃないかなと思います。 BNF氏でも損切り予想を外して反発してしまうことが多々あると言われてますが、それでも資産があれだけ増えたのは損切りの早さが大きいんじゃないでしょうか。 普通の人だったらそろそろ反発するかも?と思ってずるずる保有してしまいますよね。 上記画像はカブ知恵代表の藤井英敏さんがアドバイザーをしている「」のサイト内で推奨されてた銘柄の一部内容ですが、「」は 「買い付け・購入目安」や 「利確ポイント」や 「ロスカット目安」などを記載して銘柄推奨してくれます。 他にも 「企業概要」や 「今後の株価動向」なども記載されてますが、専門家が勧める個別銘柄を日々見ていると、 「どういう理由でエントリーするのか」や 「エントリーのタイミング」や 「利確やロスカットのタイミング」などが凄く勉強になると思います。 というか以前は血眼になって銘柄探しに没頭したりしてましたが、今時はネットで簡単に専門家が分析した個別銘柄に関する情報をチェック出来たりするので、昔に比べだいぶトレードしやすい環境になりましたよね。 しかも専門家が選ぶ銘柄はファンダメンタルズ・テクニカル・エントリータイミングなどが加味されてたりするので、自分で下手に予想するより何倍も良い結果を期待できたりすると思います。 ちなみに インターアクション 7725 は勝ち株ナビが7月19日に推奨していた銘柄ですが、チャートを見ると推奨後しっかり株価を上げてきていますね。 こうした強い銘柄を選ぶと負けにくいと思うので、自分が株を買うと買ったとたん株価が下落してくることが多いって人は、売買専門のディーラーや証券会社などで活躍した投資のプロが厳選した銘柄に、試しにでも注目してみるといいと思います。 「」はYoutubeで毎週金曜18時から放送している「株式天気予報」という番組に出ている松尾彩香さんの銘柄リサーチなどもアドレス登録するだけでサイト内でチェックできます。 もう既に多くの人が配信情報をチェックしているサイトかとは思いますが、「」という株情報サイトを知らなかったって人は、今日からでもサイト内で公開となっている銘柄情報を参照してみることをおすすめします。 例えば勝ってる時でも 利益が伸びる前に利確しちゃうとか、 負けてる時は損切りが遅れちゃうとかで 「トータルだと負けてる」って人もけっこういると思います。 もし、今「トータルではマイナス収支」という人は、このまま株をやめてしまうのは 正直かなりもったいないので、その前に活用してほしい方法があります。 と、いうのもまぁあくまで目安ですけど 「株で月間20~30万程度の利益」なら、普通の人でも割と目指せると思うからです。 活用したいのは株の専門サイト。 個人的に特に ここは本当にオススメです。 例えば勝ってる時でも 利益が伸びる前に利確しちゃうとか、 負けてる時は損切りが遅れちゃうとかで 「トータルだと負けてる」って人もけっこういると思います。 もし、今「トータルではマイナス収支」という人は、このまま株をやめてしまうのは 正直かなりもったいないので、その前に活用してほしい方法があります。 と、いうのもまぁあくまで目安ですけど 「株で月間20~30万程度の利益」なら、普通の人でも割と目指せると思うからです。 活用したいのは株の専門サイト。 個人的に特に ここは本当にオススメです。 最近の投稿• 2020年7月18日• 2020年7月17日• 2020年7月16日• 2020年7月16日• 2020年7月15日• 2020年7月14日 月別アーカイブ• 1 カテゴリー• 1,932 カレンダー.

次の

7月2日~デイトレ日記NO.50~

デイトレ ボラ

銘柄選定 最も大事なのが銘柄選定です。 「多少落ちても、この銘柄ならすぐ反発するだろう」が根幹の考え方なので、ここでミスると事故ります。 長期で上昇トレンド(月足で確認) 長期で上昇トレンドの場合、多少下げても反発する期待が持てます。 長期は順張り、短期は逆張りです。 信用売り買いのバランスが良い 信用買いは将来の売り圧力に、信用売りは将来の買いになります。 銘柄によりますが、東証一部の大型株であれば1. 5倍以下、マザーズでも3倍以下くらいを目安にしています。 銘柄によっては、やたら信用買いが多いのが普通のものもあるので、そこらへんは普段との違いを確認します。 出来高が安定している ある程度の出来高が無いと、反発するパワーがうまれません。 裏を引いたときに撤退しやすいのも良い点。 支持線がわかりやすい エントリーや損切ポイントの目安になります。 支持線が近く、実際に機能しているといいですね。 極端に旬でない 強い注目を浴びて、大きく上昇している銘柄は避けます。 ボラが大きすぎて対応できませんので。 トレード方法 銘柄を選んだら、ルールに従って取引を行います。 エントリーの目安 寄り付き後や前場引けで、監視銘柄の中で下げている銘柄を探します。 それらのチャートを日足で確認して支持線で指値もしくは反発を確認して成り行きでエントリーします。 指値まで届かず反発した場合は、早期に発見出来たら差し直しや成り行きで追いすがります。 すでに反発した後に気づいた場合は諦めます。 損切りの目安 支持線を突き抜けて下落したら、動きを見ながら損切りします。 一つ下のラインを抜けるようであれば即撤退。 あとは、他の銘柄を取引したい時に余力が無ければ、損切りもやむないかと思います。 利食いの目安 直近の高値付近が一つの目安。 それを超えて高値更新するようであれば、しばらくホールドもありかと。 あとは吹き値売りですね。 寄り付きで大きくGUした場合などは手仕舞っていいでしょう。 最後に、他の銘柄が良い押し目を作っていた場合。 余力がない場合は利益が出ているポジションは利食いして、次に行きましょう。 余力がない場合は利益が出ているポジションは利食いして、次に行きましょう。 矢印の所でエントリーし、翌日決済しました。 過去に何度も機能している指示線でエントリーしてうまくいきました。 私は楽天証券を利用しています 楽天証券のおすすめポイント• PC用アプリ「Market Speed」が使いやすい• スマホアプリ「iSpeed」が使いやすい• いちにち信用は手数料ゼロ円。 デイトレ向き。 iSPEED日経テレコンで日経新聞の記事が無料で読める• 楽天銀行と連携すれば銀行の普通預金金利が0.

次の