アイス ボーン ストーム スリンガー。 【MHWアイスボーン】ストームスリンガーの性能と入手方法|おすすめ装備【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWアイスボーン】ストームスリンガー(逸品)を検証してみた

アイス ボーン ストーム スリンガー

ムフェト・ジーヴァの防具「 EX龍紋シリーズ」を5箇所装備することにより、シリーズスキル「 真・龍脈覚醒」を発動。 ストームスリンガー(逸品)に必要なスキルは以下の3つ。 カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I 真・龍脈覚醒の自傷ダメージを緩和させるために「 回復能力付与II」を採用。 回復カスタムを2つ積むことで「逆恨み」を発動させつつ、自傷ダメージ分を回復することができます。 連続発射中は徐々に発射間隔が短くなり、弾の威力も上昇していきます。 しかし、連射しすぎると暴発し、ハンターの体力が1まで低下してしまうので気を付けましょう。 ストームボルトを使用する場合は、暴発させないように弾を撃つ工夫が必要です。 暴発までの弾数は照準で確認することが可能で、時間経過と共に暴発までの弾数が回復していきます。 9発連続で発射すると暴発するので、連射は8発で抑えましょう。 画像の赤矢印の部分(連射6発目)まで弾数が回復したら7、8発目を撃つ感覚です。 最後の3発は特に威力が高いので、連射を維持することができればかなりのダメージを与えることができるでしょう。 特殊弾を撃ち尽くしたらリロードが完了するまで「電撃弾」で戦うことになります。 EXシールドウィーバーとの相性はあまり良くない? 同じくホライゾンコラボ装備「EXシールドウィーバー」が登場しましたが、ストームスリンガー(逸品)用装備としてはあまり相性が良くないかもしれません。 シリーズスキル「原動力」の効果により、ストームボルトが暴発しても受けるダメージ量を半分に抑えることができます。 しかし、1回の暴発でシールドの効果が消えてしまい、シールドがない状態では他の装備と同じダメージを受けてしまいます。 シールドの効果を得るためには時間経過を待たなくてはいけません。 暴発を1回しか抑えることができないので、他の防具を装備した方が良いと感じました。 ストームスリンガー(逸品)を暴発させないように立ち回った方が強いです。 まとめ 以上、ストームスリンガー(逸品)の装備紹介でした。 ストームボルト暴発のリスク、真・龍脈覚醒による自傷ダメージなど、とても扱いやすいとは言えない装備ですが、使いこなすことができてば装飾品集めの周回などが一気に捗ると思います。 雷属性が弱点のモンスター「リオレイア希少種」などを周回する時におすすめ。

次の

【MHWアイスボーン】ストームスリンガーの性能と入手方法|おすすめ装備【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン ストーム スリンガー

ムフェト・ジーヴァの防具「 EX龍紋シリーズ」を5箇所装備することにより、シリーズスキル「 真・龍脈覚醒」を発動。 ストームスリンガー(逸品)に必要なスキルは以下の3つ。 カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I 真・龍脈覚醒の自傷ダメージを緩和させるために「 回復能力付与II」を採用。 回復カスタムを2つ積むことで「逆恨み」を発動させつつ、自傷ダメージ分を回復することができます。 連続発射中は徐々に発射間隔が短くなり、弾の威力も上昇していきます。 しかし、連射しすぎると暴発し、ハンターの体力が1まで低下してしまうので気を付けましょう。 ストームボルトを使用する場合は、暴発させないように弾を撃つ工夫が必要です。 暴発までの弾数は照準で確認することが可能で、時間経過と共に暴発までの弾数が回復していきます。 9発連続で発射すると暴発するので、連射は8発で抑えましょう。 画像の赤矢印の部分(連射6発目)まで弾数が回復したら7、8発目を撃つ感覚です。 最後の3発は特に威力が高いので、連射を維持することができればかなりのダメージを与えることができるでしょう。 特殊弾を撃ち尽くしたらリロードが完了するまで「電撃弾」で戦うことになります。 EXシールドウィーバーとの相性はあまり良くない? 同じくホライゾンコラボ装備「EXシールドウィーバー」が登場しましたが、ストームスリンガー(逸品)用装備としてはあまり相性が良くないかもしれません。 シリーズスキル「原動力」の効果により、ストームボルトが暴発しても受けるダメージ量を半分に抑えることができます。 しかし、1回の暴発でシールドの効果が消えてしまい、シールドがない状態では他の装備と同じダメージを受けてしまいます。 シールドの効果を得るためには時間経過を待たなくてはいけません。 暴発を1回しか抑えることができないので、他の防具を装備した方が良いと感じました。 ストームスリンガー(逸品)を暴発させないように立ち回った方が強いです。 まとめ 以上、ストームスリンガー(逸品)の装備紹介でした。 ストームボルト暴発のリスク、真・龍脈覚醒による自傷ダメージなど、とても扱いやすいとは言えない装備ですが、使いこなすことができてば装飾品集めの周回などが一気に捗ると思います。 雷属性が弱点のモンスター「リオレイア希少種」などを周回する時におすすめ。

次の

ストームスリンガー(逸品)に集中スキルは発動する?短縮時間について

アイス ボーン ストーム スリンガー

MHWアイスボーンの ストームスリンガー 逸品 のカスタマイズやカスタム強化パーツはどれがおすすめなのか?を紹介しています。 ストームスリンガー 逸品 の性能は特殊なので、スキルはもちろん、 カスタマイズやカスタム強化パーツ選びも重要です。 ストームスリンガー 逸品 に限らず、ライト・ヘヴィボウガンの弾速強化パーツなどのカスタマイズは使用するライトボウガンの特徴に合わせて選ばないと、ダメージや射程距離の面で損をする場合があるので注意! ストームスリンガー 逸品 はその中でも使い方などが特殊なので、全てを一気に理解するのはちょっと面倒です。 なので 今回はストームスリンガー 逸品 のカスタム強化パーツ・カスタマイズにのみ焦点を合わせています。 会心率100%のストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備はこちら この記事の目次• 『ストームスリンガー 逸品 』のカスタマイズ、まずは動力源パーツ ストームスリンガー 逸品 を使用する上で通常のライトボウガンのような目的で作成を行う方は少ないと思うので、 動力源パーツを装着した特殊射撃モードを使用する前提のカスタマイズを見ていきます。 動力源パーツを装着すると、「起爆竜弾・改造」の強化パーツは選択できなくなります。 また特殊弾にはゲージがあり、それが無くなると特殊弾が撃てなくなるので、その クールタイムの間のサブウェポンとなる 「電撃弾」を考慮したカスタマイズ・強化パーツ選びがストームスリンガー 逸品 を使用する上で重要です。 次に動力源パーツ以外の強化パーツのカスタマイズで、効果やどの強化パーツがおすすめなのか?を紹介していきます。 もちろん、電撃弾を撃つことを想定しているカスタマイズとなっています。 リロード補助パーツ• リロード補助パーツ• 動力源パーツ• 弾速強化パーツ 付けている強化パーツの効果やなぜこの強化パーツがストームスリンガー 逸品 におすすめなのか?に軽く触れていきます。 カスタマイズ無しの初期状態ではリロードが「やや遅い」になっており、これを 「普通」にすることで歩きながら電撃弾のリロードをすることが可能です。 電撃弾に速射は付いていませんが装填数は多く、中々のダメージが出せます。 反動軽減も魅力的ですが反動抑制パーツを2つ使用しなければいけないので、 動力源パーツを使用する場合では、「反動抑制パーツ」と「リロード補助パーツ」の共存は不可能です。 恐らくリロード補助パーツの方が反動軽減より立ち回りの安定性が増し、電撃弾も活かした総合的な火力の上昇にも繋がります。 動力源パーツ ストームスリンガー 逸品 の特殊弾を使用する場合は必須パーツとなるため、忘れずに入れておきましょう。 ライトボウガンの 〇ボタンは起爆竜弾ですが、それが特殊弾の装填に変化するので、起爆竜弾の設置はできません。 ヘビィボウガンの狙撃竜弾のように 〇ボタンで短めな装填モーションを取った後に使用可能です。 残りの弾数は具体的な数値ではなく、ゲージの減少なのでストームスリンガー 逸品 の仕様上、威力の高い6・7・8発目に出来るだけゲージを割き、 エリア移動中など特殊弾を継続して撃たない場合は装填状態を解除しゲージの回復を効率的に行いましょう。 弾速強化パーツ 弾速強化パーツは特殊弾などの射程距離が伸びるので、 ス トームスリンガー 逸品 には装備した方が良い強化パーツです。 目に見えて射程距離が伸び、高威力な特殊弾が射程距離の問題で当たらないことを防ぎます。 エリア移動するタイミングなどにモンスターに長距離からHITさせることも可能。 『ストームスリンガー 逸品 』弾丸重化や他パーツの効果は? 一応、他の強化パーツの効果についても載せておきます。 特にこれにお好みで変えるのも有りと言えるほどの選択肢が無いので、特殊弾運用のストームスリンガー 逸品 に付ける意味がありません。 反動抑制パーツ 述べた通り。 リロード補助パーツの方が効果が高いと感じます。 ブレ抑制パーツ ストームスリンガー 逸品 のブレは特大ですが、特殊弾をR2長押しで高速連射しても当てることは難しくないのでブレを抑える必要はありません。 近接・遠距離射撃強化パーツ メインとなる特殊弾については威力の上昇や距離の上昇の効果が無いので、入れる必要がありません。 回避装填パーツ 今回おすすめしたカスタマイズのパーツがどれも必要不可欠であり、効果が高いのに対し特殊弾がメインのストームスリンガー 逸品 にとってメリットが少ない。 弾丸重化パーツ 貫通弾運用以外では入れる意味がほぼ無いボウガン強化パーツ。 初期では徹甲弾装備に採用されていましたが、弾速の低下と射程距離の減少、効果を感じづらい程度の効果とデメリットの印象が強い。 ストームスリンガー 逸品 の特殊弾でも弾丸重化パーツを装備することで、射程距離が大きく減少し威力の変化も無いので付けるだけ損。 ストームスリンガー 逸品 のカスタマイズと強化パーツのおすすめはどれ?まとめ ストームスリンガー 逸品 について調べてみたら、カスタマイズ・強化パーツ面で結局どのパーツがおすすめなのか?分かりづらかったので、自分がストームスリンガー 逸品 を使用したときの体感はもちろん、強化パーツを入れる上でストームスリンガーの情報を大体確認しました。 これからストームスリンガーを使用する場合、イビルジョーなどの攻撃で龍属性やられになるとダメージが大きく減少してしまいますので、それらのモンスターと対峙する場合、ウチケシの実や耐性を付けていかないとあまり役に立てないので注意です。

次の