ウーバーイーツ line payカード。 【最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)割引クーポンコード・キャンペーンまとめ

8月4日鹿児島でUber Eats(ウーバーイーツ)開始!クーポンや注文・配達方法まとめ

ウーバーイーツ line payカード

還元率• LINE Payの専用アプリで即座に支払いできる• LINEの友達と送金、割り勘などを行う事が可能• 国際基準の暗号化システムが構築されている 支払い方法• LINE Pay残高で支払い• LINE Pay ラインペイ カードで支払い 使える代表的なお店• 国際基準の暗号化システムが構築されている• QRコードに有効期限が毎回設定されている• ログインや決済の際には通知が届く• 強固なパスワード設定が可能• 10万円までの損失補償が受けられる• オートチャージ機能をオフにできる こんな人におすすめ!• LINE内のサービスを頻繁に利用していた方• LINEポイントを前から貯めていた方• 友達と頻繁に飲み会に行ったりお金のやり取りをしていた方• 今後月10万円以上をスマホ決済で支払っていきたいと考えている方 Apple Pay アップルペイ はUber Eats ウーバーイーツ で使える! Uber EatsはiPhoneからスマホ決済できる 「Apple Pay」も支払いに使えます。 還元率• 通常のポイント還元なし 特長• Appleによって提供されており、iPhoneやApple Watchから利用できる• iD、QUICPay、Suicaなどに対応しているお店で利用可能• アプリ内に「クレジットカード」や「電子マネー」を登録して使うことができ、その利便性は抜群に高い 支払い方法• Suicaなどの電子マネーで支払う• クレジットカードで支払う 使える代表的なお店• 毎回Face IDやTouch IDによって本人確認が要求される• クレジットカードの情報はApple Payのサーバーで暗号化される• スマホ紛失時も即座に利用停止できる こんな人におすすめ!• iPhoneをお持ちで、できるだけ様々なお店でスマホから決済していきたい方• Suicaをスマホに登録して使っていきたい方• 汎用性や利便性を最重要視していきたい方 クレジットカードや電子マネーで即座に支払える Ubaer EatsでApple Payを使えば、 面倒なカード番号の入力の手間を省いて即座に支払いを完了させれます。 Apple Payに自分のクレジットカードや電子マネーを予め設定しておけば、後はTouch IDやFace IDでいつでも瞬時に支払えます。 なお、Apple Payはクレカ以外にも一部のプリペイドカードが登録できるので、クレカを持っていない人もUber Eatsでネット決済可能です。 Apple Payを使う際の注意点 Apple Payに登録したカードの国際ブランドが「VISA」の場合、 アプリやWEBサイト内における支払いにApple Payが使えません。 なので、もしあなたが今Apple PayにVISAのカードを登録しているなら、「JCB」や「MasterCard」といった国際ブランドのカードを登録しておきましょう! Apple Pay アップルペイ に登録したメルペイもUber Eats ウーバーイーツ で使える! なお、 Uber EatsはApple Pay経由であれば「メルペイ 」も使えます! 還元率• 通常のポイント還元なし 開催中キャンペーン 現状なし 特長• メルカリで得た売上金をiD、もしくはコード払いにて決済に利用可能• 随時お得なクーポンがメルペイで使える• お店で支払った代金を翌月にまとめて後払いできる「メルペイスマート払い」も利用可能 支払い方法• メルペイ残高で支払い• メルカリポイント メルカリの売上金 で支払い 「iD支払い」が使える代表的なお店• 二段階認証による不正防止の対策が可能• 万が一不正利用の被害に遭っても被害額を補償してもらえる こんな人におすすめ!• メルカリでたくさん売上金が発生している方• 支払いを翌月に繰り越す「スマート払い」をしていきたい方• iPhoneを使っていて「iD払い」と「コード払い」の両方を活用していきたい方 メルペイを使うなら「iD決済」をApple Payでできるようにしておこう メルペイと言えばフリマアプリの「メルカリ」上でスマホ決済できるサービスですが、 Apple Payで支払う場合は「iD決済」ができるよう連携設定しておきましょう。 iD決済ならApple Payを介して行われるので、 事実上Uber Eatsでも支払えるようになります。 なお、 メルペイ はメルカリで得た売上金やポイントをiD決済でもそのまま使えるメリットもあるので、「メルカリの売上金がある」という方はメルペイ経由でApple Payを使うのも良いでしょう! メルペイのコード決済だとUber Eats ウーバーイーツ で使えないので注意 なお、メルペイでの支払い方法は「コード決済」と「iD決済」の2種類がありますが、 残念ながらコード決済はUber Eatsに対応していません。 なので、Uber Eatsでメルペイが使えるのはメルペイをApple Payに設定している人のみです。 その辺りを注意しておきましょう。 PayPay ペイペイ もUber Eats ウーバーイーツ で使える! PayPayは、5月4日よりアプリから料理を注文できるフードデリバリーサービスの 「Uber Eats」にてオンライン決済に対応します! その対応スケジュールは以下の通り。 利用開始予定日 対象エリア 5月4日 大阪府、京都府 5月8日 ~ 5月11日 東京都、千葉県、埼玉県を除く全てのサービス提供エリア 5月15日 東京都、千葉県、埼玉県 また、6月以降はPayPayにて提供されているスーパーアプリ機能の「ミニアプリ」にウーバーイーツが追加される予定です。 Uber Eats ウーバーイーツ で使えないスマホ決済 今度は反対にUber Eatsで使えないスマホ決済を見ていきましょう。 d払いはUber Eats ウーバーイーツ で使えない ドコモによって提供されているスマホ決済サービスの「d払い」も 現状Uber Eatsでは使えません。 しかし、d払いは同じNTTドコモによって運営されている「」でなら利用できます。 楽天ペイはUber Eats ウーバーイーツ で使えない 楽天グループが運営するスマホ決済アプリの「楽天ペイ」も 現状Uber Eatsでは使えません。 しかし、楽天ペイは以下のようなグルメサイトで決済に使えるので、Uber Eats以外のデリバリーサービスや食品サービスを利用する機会があれば是非試してみてください!• ドミノ・ピザ• ピザハット• 大阪王将 公式通販• 三越オンラインストア• 亀田製菓通信販売• オーガニックワイン専門店マヴィ• 九州肉屋. 特選松坂牛専門店やまと• キハチオンラインショップ au PAYはUber Eats ウーバーイーツ で使えない au WALLET残高から支払い可能なスマホ決済サービスの「au PAY」も 残念ながら現状Uber Eatsでは使えません。 au PAYはUber Eatsに限らずネットショッピング全般で未対応となっているので、 まだネット上ではauPAYの出る幕も無さそうです…。 Uber EatsはLINE PayやApple Payなら利用可能• ただし現状PayPayやd払い、楽天ペイなどは使えないので注意• Uber Eatsでお得に支払うなら還元率の高いクレジットカードを使おう というわけで、今後Uber Eatsを使ってフードデリバリーをしていきたい方は、その支払いにお得なスマホ決済を使ってみましょう。

次の

ウーバーイーツで使える支払い方法は?オススメの決済方法も紹介!

ウーバーイーツ line payカード

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、加盟している飲食店の料理をスマホのアプリで手軽に注文できるフードデリバリーサービス(食事の宅配サービス)です。 加盟している飲食店は、Uber Eats(ウーバーイーツ)に手数料を払うことで 配達スタッフを雇うことなく宅配サービスを提供することが可能です。 配達を行う人(配達パートナー)は、配達アプリに登録していれば いつでも配達業務を行うことが可能です。 雇用関係を結ばない個人事業主として働くためシフトやノルマなどが一切なく、完全に 働きたい時だけ働くことができます。 配達登録はこちら: 注文はスマホのアプリから手軽に注文することができます。 支払い方法はクレジットカードや現金のほかにLINE Payやポイントの付くペイペイなどが利用可能です。 注文をすると、調理中の状態や配達パートナーの顔写真や今どこにいるか到着予想時間などを確認することができます。 コロナの影響により商品を直接受け取らずに玄関などに置いておいてもらう「置き配」という配達方法も人気です。 少額の注文であれば下記の 当サイト限定1,000円引きクーポンを使うことによって完全無料で注文することも可能ですので、ぜひアプリをチェックしてみてください。 アプリから注文をすると飲食店に通知が届き調理が開始されます。 準備が進むと次に配達パートナーに配達依頼が届き、注文者のもとへ商品が届けられます。 その中から配達パートナーは300~600円程度の配達報酬を得ることができます。 配達パートナーとは 配達パートナー(配達をする人)はフリーランスの個人事業主として配達アプリに登録して働きます。 そのため、 時給保障などはありませんが配達依頼を受けるか受けないかは完全に自由です。 「 働きたい時だけ働く」という自由な利用ができるため、お小遣い稼ぎ・副業としてとても便利です。 18歳以上であればだれでも登録が可能です。 配達報酬は翌週に振り込まれるため働いたらすぐに現金を手にすることができます。 鹿児島でのUber Eats(ウーバーイーツ)の注文可能範囲・エリア 画像ではわかりにくいですが、鹿児島中央駅を中心とした一部でサービスが利用できます。 このエリアは需要に応じて拡大されることがあります。 また、 配達先は自宅に限らず職場や公園、病院などをアプリ上から簡単に指定して注文できるため非常に便利です。 鹿児島ではいつから開始される? 鹿児島県鹿児島市でのサービスは 8月4日の朝9時から開始される予定です。 開始直後は注文できる店舗がとても少ないことが予想されますが、各店舗の準備が整い次第順次注文可能になっていきます。 もし頼みたいお店がない…といった場合は数日待ってから改めてチェックしてみてもいいかもしれません。 最初のうちはマクドナルドや牛丼屋などが主な選択肢になるかもしれません。 どんな店舗で注文ができるか 注文可能な店舗はサービス開始後に確認ができるようになります。 それまで特に店舗の発表などはありませんが、ここでは全国で加盟しているお店などを紹介しておきます。 マクドナルド、ロッテリア、吉野家、フレッシュネスバーガー、カレーハウスCoCo壱番屋、モスバーガー、ほっかほっか亭、はなまるうどん 等 サービスが開始されるまで鹿児島での店舗は確認できませんが、配達先住所を既存のサービスエリア(例えば新宿駅 等)と入力してみるとどんな注文ができるか見ることもできます。 気になる方は今のうちにチェックしてみても楽しいかもしれません。 この時間内であれば自由に注文と配達を行うことができます。 そのため、お店によって営業日が異なりますのでご注意ください。 注文方法 クレジットカード、デビットカード、LINE Pay、PayPay、Apple Pay、現金 特にお勧めなのはキャッシュバックポイントが付くペイペイでの支払いです。 LINE Payも割引ポイントが発行されることがありますのでお勧めです。 また、 1,000円引きの初回注文限定プロモーションコードは当サイト(厳密にはUber Eats関連サイト)限定のものですのでアプリ内やほかの場所ではチェックすることができません。 忘れないように登録後にプロモーションコードを入力しておくと良いかもしれませんね。 プロモーションコード 1,000円割引クーポン: interjpq2206j9df サービス開始直後に使えるプロモーションコードは二種類あります。 一つは『 初回注文時1,000円割引プロモーションコード』です。 初回限定なので、まずはこちらを使用するのが最もお得です。 (このクーポンは当サイトが発行させてもらっているものなので、ほかの場所では手に入れることができません。 ) もう一つは未確定ですが『 800円以上の注文で6回までの配達手数料が無料になるプロモーションコード』が配布されます。 こちらは新規エリアの開始キャンペーンとして配布されるのが通例です。 8月4日の朝9時以降に鹿児島エリアの住所を入力すると表示されます。 鹿児島で配達を始めるための条件 コロナの影響でさまざまな仕事が激減していますが、 Uber Eatsの配達業務は18歳以上であれば誰でも簡単に登録可能です。 報酬もやり方次第ではそれなりに稼ぐことができ、 翌週払いのためすぐに現金化することができます。 そのため 副業・お小遣い稼ぎとしても相性が非常に良いです。 配達の報酬は完全歩合制です。 この金額は配達距離に応じて変動します。 注文依頼が少ない場合時間効率は悪くなりますが、「クエスト」や「ブースト」などといった追加報酬を含めると 日給1万円以上稼ぐこともできるため、専業配達パートナーとしても十分食べていくことが可能かと思います。 配達パートナーをするための準備 Uber Eatsの配達パートナーは18歳以上で必要な道具がそろえられれば誰でもなることが可能です。 (外国籍の人は在留カードとパスポートが必要になります) 必要な道具は主に以下の3つです。 配達アプリが使えるスマホ• 配達に使う自転車またはバイク(一部車両OK)• 配達時に使うバッグ(Uber Eats推奨バッグ有り) これらを用意して配達アプリをオンラインにすれば、いつでも配達依頼を受け付けることができます。 配達パートナー登録の手順 配達が可能な状態になるまでに一週間以上かかることも少なくありませんので、鹿児島でサービスが開始される8月4日に合わせるには今のうちに登録しておく必要があります。 Uber Eatsの配達業務はアルバイトではなく一個人として配達を依頼される形になるため、 面接や履歴書などは必要ありません。 おおまかに四つの手順をふむと誰でも簡単に登録できますので、ぜひ進めてみてください。 登録手順• ウェブ登録 配達パートナーになるには、まずウェブ登録ページから個人情報を入力していきます。 顔写真と身分証明書のアップロードや基本的な個人情報を入力していきます。 承認されるとメールで登録の案内が送られてきます。 アプリダウンロード ウェブ登録が受理されるまで数日かかる場合があります。 その間に配達アプリをダウンロードして配達可能にするための確認項目をチェックしていきましょう。 電話予約 ウェブ登録の次は電話予約ページから希望の日時を選択し、電話にて配達に関する説明を受けます。 この電話は指定の時間に非通知でかかってきますので、着信拒否の設定をしていないか確認しましょう。 電話は20分程度かかります。 配達用のバッグを用意する メールに記載されているamazonのリンクから配達用のバッグを購入します。 電話が終了するとアカウントが有効になり、いつでも配達ができるようになります。 バッグがあればすぐにでも始められますので、あらかじめ用意しておくとスムーズです。 Uber Eats公式がアマゾンでバッグを販売していますが、品切れになる場合も多いです。 定価は4,000円です。 高額な転売品を買ってしまわないようご注意ください。 在庫は比較的早く補充されます。 商品の到着が遅れることもあるようですので、気になる方はお早めに購入しておくと安心です。 配達準備が完了したら 必要な道具がそろい、アカウントが有効になれば準備完了です。 配達を始めるにはアプリを起動しオンライン状態にするだけです。 あとは配達依頼が来るのを待ちます。 配達依頼は注文が入った飲食店の近くにいる配達パートナーに優先的に送られますので、積極的に依頼を受けたい人は飲食店の近くで待機するとより多く仕事をうけることができるようになります。 その他配達に必要な道具 実際に配達をするにあたって必要になる道具は色々ありますが、中でも必須アイテムをいくつか紹介します。 スマホホルダー 配達中は自転車やバイクに乗りながらアプリのマップを見ることも多くあります。 その際、片手運転をしたりいちいち立ち止まって確認していてはとても危険です。 多くの配達パートナーは以下のような自転車やバイクに装着可能なスマホホルダーを使用しています。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金の支払いが可能に!現金払い配達の対応方法|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ line payカード

Uber Eatsの支払い方法• クレジットカード• デビットカード• Apple Pay• LINE Pay• PayPay クレジットカードは、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが利用可能です。 デビットカードは三菱UFJ銀行VISAデビット、みずほ銀行JCBデビットは利用可能ですが、ジャパンネット銀行VISAデビットやGMOあおぞら銀行などのネット銀行は利用できないことも多いです。 交通系ICカード(Suica・PASMOなど)は利用できませんが、 PayPay・LINE Pay・Apple Payは利用できます。 まだ をダウンロードしていない方は、ぜひダウンロードしてみてください。 ちなみに、アプリ内に「プロモーション」という項目がありますので、そこに当サイト限定のプロモーションコード 【interjpq2206je73】と入力すれば、 1,000円分の割引クーポンがGETできますので、ぜひ利用してみてください。 あわせて読みたい Uber Eatsのクーポンの使い方についてはこちらに書いていますのでご覧ください。 そこからお支払い方法で「現金」を追加できるようになります。 現金は通常の出前や代引き払いのように料理を届けてくれた配達パートナーに支払います。 お釣りが出る場合もUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが用意しているので貰えます。 ただし、 現金払いで注文できる金額は配送手数料(送料)を含め10,000円が上限です。 Uber Eats配達パートナーの現金払いについて 注文者が現金払いをしたらUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはどのように対応すればいいのでしょうか?また、受け取った現金はどうすればいいのでしょうか? Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーから見た現金払いについてご紹介します。 Uber Eats配達パートナーが現金払いに対応する方法 現金払いの配達は任意となり、現金払いの配達を受けたいかどうかは、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが選択できます。 現金払いを受け付けるには、以下の3つのうちいずれかを行うと現金払いの配達ができます。 Uber Eatsの注文者用アプリに、自身のクレジットカードかデビットカードを登録する• Uber Driverアプリに、自身のクレジットカードかデビットカードを登録する• 100回以上配達を行う 以上のいずれかの行動をすると、 自動的に現金払いがオンになります。 「支払い方法の追加」でクレジットカード情報を入力すれば登録できます。 カード情報の登録してしばらく経つと、 現金配達オンとオフのボタンがアプリ上で表示されます。 その後Uberドライバーアプリを開いて右下のボタンをタップすると出てくる 「運転の設定」ページで「現金払いを受け付ける」を「オン」にします。 あわせて読みたい 現金払い以外の通常の配達の流れはこちらに書いています。 注文者が1万円札で支払ったとしても困らないように、最低でも1万円分のお釣りを準備しておきましょう。 これは、注文者から現金を受け取る必要があること(お釣りが必要になる可能性があること)を意味します。 お釣りの持ち合わせがない場合はリクエストを受けるのはやめたほうがいいでしょう。 もしお釣りが足りなかったら配達パートナーの時間ロスにもなりますし注文者にも迷惑掛かってしまいますので。 ちなみに、現金での配達を終えた後、お釣りが足りないことに気づいた場合、一時的に現金での配達を受け付けないように設定することもできます。 注文者から現金を受け取り、お釣りを出す場合、不安でしたらスマホの計算機などを使って間違わないように気を付けましょう。 万が一、 お釣りの持ち合わせが足りなかったら両替などをしに行かなければいけませんが、 必ず商品を渡してから行ってください。 料理が冷めてしまいますので。 逆に 注文者が現金を持っていない場合ですが、 持っているお金だけ貰い、足りない分は貰わずにそのまま商品を渡して大丈夫です。 商品を渡したら、Uberドライバーアプリ上で料金が表示された緑色画面の右下にある「詳細はこちら」をタップします。 そして、 注文者が料金を全く支払わない場合は「乗客が料金を支払わなかった」を、 注文者が料金の一部のみを支払った場合は「乗客が料金の一部を支払わなかった」をタップし、画面に表示される指示に従ってください。 支払いに関する注文者との残りのやりとりはUber Eatsのサポートが引き継いでくれます。 受け取った現金はどうするの? 受け取った現金はそのまま自分のものになりますが、注文者から受け取る金額が、配達パートナーが実際に受け取るべき配送料(報酬)より多くなることがあります。 例えば、2,000円の注文額に対して配送料(報酬)が500円だった場合、配達を完了した時点で1,500円余分にお金を持っていることになります。 その場合は、 「カード払い注文の配達で得た配送料((報酬)」から「現金払い注文の配達で発生した差額」を引いた残りの金額を銀行口座に振り込まれます。 もし、現金払いの注文ばっかりで、「カード払い注文の配達で得た配送料(報酬)」より「現金払い注文の配達で発生した差額」の方が多かった場合は、 登録したクレジットカードまたはデビットカードで自動で支払うことになります。 これらは週ごとに計算されますので、例えば月曜日に現金収入の方が多かった場合でも、1週間トータルで通常のカード払い注文で得た配送料(報酬)の方が多かったら、1週間分の差額を引いた残りの金額が銀行口座に振り込まれます。 ちなみに、これが現金徴収した案件の配達履歴。 おそらく、この1620円から 正規の配達料を差し引かれた金額が 引き落とし対象金額ということ、なんでしょうかね。 知らんけど 笑 — Kengo UberEats大阪 UberEat05202886 実際に現金払いの配達はあるのか? 実際に現金払いの配達は多いのでしょうか?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの情報をTwitterで集めてみました。 今日は13件配達して現金が4件もあった。 ウーバーイーツ自体初めてっぽい人もいるから、登録する時クレカの情報入れるのが面倒とかもあるのかも???? 現金受付配達員の現金率も半分以上になることもある模様。 現金受付可能な配達員の現金率を4割とすると、配達員全体の3割程度が現金受付可能にしている計算。 結果、売り上げも伸びた。 とはいえ面倒くさいので、ブーストの倍率が高い日は現金支払い対応にして、それ以外の日は対応しなくても良いかなと思った。 — ジリ jiri76948142 今日から現金受けスタート。 今のところ6件配達して半分が現金。 もし現金やってなかったら3件しか鳴ってないのかな。 — ひよっこUber PIYOPIYOUber7 現金払いのメリット・デメリット Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーにとって現金払いのメリットはやはり お金が今すぐ手に入ることです。 日払いのようなものですから嬉しいですよね。 また、現金払いの配達も結構多いみたいなので、 現金払いを受けたほうが配達依頼が多くて稼げそうです。 逆にデメリットは、お釣りを持ち歩かないといけないことです。 お金のやり取りも面倒ですし時間のロスにもなりますからね。 あと、小銭をじゃらじゃら持ち歩くのは重いですし邪魔くさいですので、自転車で配達している人にとっては特にしんどいですね。 Uber Eats ウーバーイーツ の現金払いのまとめ 最初はUber Eats(ウーバーイーツ)を現金払いで利用できたのは大阪エリアだけでしたが、今ではすべての都市で利用できるようになりました。 大阪で現金払いの試用テストをして好評だったことから全国的に広がったんですね。 このようにUber Eats(ウーバーイーツ)では、新しいサービスを都市を限定して実証テストし、効果があったら他の都市でも反映させています。 例えば、配達料も以前は一律380円でしたが、東京で価格変動制にするテストをした結果、今では価格変動制が全国的に導入されています。 現金払いはキャッシュレス時代と逆行しているとの批判の声もありますけど、実際に現金払いの件数は多く需要があるようですね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の情報によると、関西では初回の利用は現金払いを利用し、2回目以降の利用でクレジットカードでの支払いに切り替えるという人が多いみたいです。 初回はクレジットカードの登録するのが面倒だったり不安だったりする人が多いのかもしれませんね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしては 配達件数が増えるので今以上に稼げるチャンスではあります。 お釣りが邪魔で面倒ですが、配達件数が増えて稼げるのでしたら現金払いを受け付けてもいいのでしょうか。

次の