ソフトピック。 ギターピックのおすすめの人気ランキング20選

LOHACO

ソフトピック

ギターピックの選び方 形で選ぶ ティアドロップ型 By: 「ティアドロップ型」はギターピックの定番といえる種類のひとつ。 涙の雫のような形が特徴です。 先端が鋭く弦に触れる範囲が小さいため、軽い力で演奏ができます。 アコースティックギターでもエレキギターでも演奏しやすい万能タイプなので、どのギターピックを選ぶか悩んだ場合は、ティアドロップ型を選んでおくと安心です。 トライアングル(おにぎり)型 By: ティアドロップ型と並んで定番といえる形が「トライアングル(おにぎり)型」。 角が3つあるので、どこを持っても同じようにストロークできます。 持てる面積が広いため、安定して演奏できるのも魅力。 3つの角を使い分ければ、角が1つしかないティアドロップ型よりも長く使えるのがポイントです。 ジャズ型 By: 「ジャズ型」のギターピックは、ティアドロップ型よりもシャープで軽い力でもピッキングができるタイプ。 スピーディーな演奏が可能なので、ストロークよりもソロで速弾きをしたい方におすすめです。 ただし、ジャズ型のギターピックは持てる面積がとても狭く、弾きこなすにはコツが必要。 そのため、他のピックでギターをある程度弾き慣れてから使用してみてください。 サムピック By: 「サムピック」は親指に付けるタイプのギターピック。 主にアルペジオを演奏する際に使用します。 指で弾く場合と比べて、低音域を強く鳴らせるのが特徴です。 親指に付けるため、演奏中に落とす心配がないというメリットもあります。 ベース音がしっかりと効いた深みのあるアルペジオを弾きたい方はぜひチェックしてみてください。 厚さで選ぶ Thin By: 0. 5mm前後の「Thin」はギターピックの中で最も薄く柔らかいタイプ。 弦に触れたときの引っかかりが少ないため、スムーズにストロークできるのが魅力です。 音量は控えめになるので優しい音色を鳴らせます。 ただし、1本1本の弦をしっかり鳴らすのは苦手なので、アルペジオには不向き。 ストロークで演奏することが多い方におすすめです。 Medium By: 「Medium」は厚さが0. 7mm前後で、硬すぎず柔らかすぎず使い回しやすいタイプのギターピック。 Thinの弾きやすさを残しながらも、弦にほどよく引っかかるためボリューミーなサウンドが鳴らせます。 柔らかいギターピックと比べてレスポンスが早くなるため、アコースティックギターはもちろんエレキギターでも演奏しやすいのが特徴。 Mediumのギターピックを1枚持っておけば、さまざまなギターで使えるため便利です。 15mm以上の「Extra Heavy」はともに厚くて硬いギターピック。 低音が効いたパワフルなサウンドで演奏できます。 弦を1本1本しっかり鳴らせるため、エレキギターなどでソロ演奏をしたい方に最適です。 しなりが少ないのでスピーディーに演奏ができ、速弾きをよくする方にも適しています。 ThinやMediumのギターピックと比べて弦の引っかかりが強く、使いこなすためには慣れが必要なので、ギター中級者から上級者の方におすすめです。 素材で選ぶ セルロイド By: 「セルロイド」はギターピックの定番素材。 あまり摩擦に強くないという欠点はありますが、クセが少ないため弾きやすいのが特徴です。 弦を鳴らしたときの音色もバランスが取れており、優しいサウンドを鳴らせます。 しなりやすく、演奏するときに強弱をつけやすいのも魅力のひとつ。 形や厚みのバリエーションが豊富なので、自分の手に馴染むモデルが見つけやすいのもポイントです。 トーテックス By: ジムダンロップ社のギターピックに使われている素材としてお馴染みの「トーテックス」。 マットな手触りがポイントで、滑りにくいため安定したピッキングができます。 厚みにもよりますが、トーテックス製のギターピックは基本的に弦の引っかかりが強い傾向にあるため、軽やかに弾くというよりもしっかりストロークしたい場合におすすめ。 硬い音色が鳴らせるのも特徴です。 デルリン By: 「デルリン」は艶のあるツルツルとした手触りが特徴の素材。 ギターピックと弦の摩擦が少ないので、滑らかに演奏できます。 頑丈で水や熱に強いため、ハードに使えるのが魅力です。 デルリン製のギターピックは明るい独特な音色を鳴らせるのがポイント。 摩擦が少ない代わりにとても滑りやすく、慣れないうちは演奏中に落としてしまうこともあるので注意して使いましょう。 ナイロン By: 柔らかいギターピックが好みの方におすすめの「ナイロン」。 弦に優しく当たるため、まろやかな音色を鳴らせるのが特徴です。 引っかかりにくいのでスムーズにストロークができるのもポイント。 柔らかい素材でありながら単音がキレイに鳴るため、リードギターにも向いています。 その他の素材 By: 他にもギターピックの素材はさまざま。 たとえば「カーボン」を採用しているモデルなら、軽さと頑丈さを兼ね備えているため、弾きやすさをキープしながらもタフに使えます。 質にこだわりたい方は「べっ甲」を採用した高級ギターピックがおすすめ。 また、紙のように薄いプラスチックで作られた「サイレントピック」というモノも販売されています。 ぜひ好みや用途に応じて素材をチョイスしてみてください。 ギターピックのおすすめモデル フェンダー Fender ピック トライアングル MEDIUM-SHELL スムーズな触り心地のセルロイド素材を採用したギターピックです。 形はオーソドックスなトライアングル(おにぎり)型。 握れる面積が広いのでズレにくく、ストロークからアルペジオまでさまざまな演奏スタイルに対応できます。 厚さは汎用性の高いMedium。 アコースティックギターはもちろん、エレキギターでも演奏しやすいのが魅力です。 ギターの種類や曲のジャンルを問わずに使える、クセが少ないギターピックを探している方はぜひチェックしてみてください。

次の

ギターピックのおすすめの人気ランキング20選

ソフトピック

RAW現像とは? デジタル一眼レフカメラや一部のコンパクトデジタルカメラには画像ファイル形式の中に「JPEG」と並んで「RAW」というものがあります。 一般に広く浸透している「JPEG」は、圧縮された汎用の画像ファイル形式で、そのままパソコンなどで画像として見る事ができますが、「RAW」はカメラメーカーごとにファイル形式も異なるうえ、そのままパソコンなどで画像として見る事ができません。 (参考)「RAW」はカメラメーカー毎に拡張子が異なります。 Canon CR2 Nikon NEF PENTAX PEF Panasonic RW2 OLYMPUS ORF FUJIFILM RAF SONY ARW 汎用フォーマット DNG では「RAW」はどのようにすれば画像として見る事ができるのでしょうか? それにはSILKYPIXシリーズなどに代表される「RAW」編集ソフトが必要となります。 この「RAW」編集ソフト上で、汎用性の高い「JPEG」などの画像形式に書き出す事によってはじめてパソコン上でも見る事ができるようになります。 そしてSILKYPIXではこの作業の事を「RAW現像」と呼んでいます。 「RAW」現像で写真の楽しみ方は、格段に広がります。 ポイントとなるのは、「RAW」とは「JPEG」よりも膨大な情報量が詰め込まれているデータだという事です。 この情報量の多さが、より美しい写真を仕上げる要となります。 SILKYPIXが推奨する「RAW」現像のメリットや仕組みについて、この先で詳しく見てみましょう。 SILKYPIXシリーズ一覧•

次の

SILKYPIXシリーズ

ソフトピック

ご希望の製品をお選びください• SILKYPIX Developer Studio Pro 9• SILKYPIX Developer Studio Pro 8• SILKYPIX Developer Studio Pro 7• SILKYPIX Developer Studio Pro 6• SILKYPIX Developer Studio Pro 5• SILKYPIX Developer Studio Pro• SILKYPIX Developer Studio 9• SILKYPIX Developer Studio 8• SILKYPIX Developer Studio 7• SILKYPIX Developer Studio 6• SILKYPIX Developer Studio 4. SILKYPIX Developer Studio 3. SILKYPIX Developer Studio 2. SILKYPIX Developer Studio 1. SILKYPIX Marine Photography Pro 4. SILKYPIX JPEG Photography 8• SILKYPIX Jpeg Photography 7• SILKYPIX JPEG Photography 3.

次の