参議院 選挙 東京 候補 者。 “首都決戦”は全国最多20人が激突 候補たちは何を訴える? 東京選挙区

参院選(参議院議員通常選挙) | 選挙ドットコム

参議院 選挙 東京 候補 者

自民の2現職と公明現職、共産現職が手堅く当選するとの観測が広がる。 元自由共同代表の現職山本も出れば、残り1議席を立民と国民、維新の4人による熾烈(しれつ)な戦いになりそうだ。 自民は、3人目擁立を模索する動きもあったが、最終的には丸川と武見の2人で戦う方向だ。 6年前はトップ当選の丸川は、都議らの支持を固め上位当選が濃厚な情勢。 逆に最下位当選だった武見は医師・薬剤師関係などの組織票が頼り。 公明は4選を目指す党代表の山口。 党の威信を懸けて上位当選を目指す。 共産は6年前に3位で初当選した吉良の再選に向けて、支持基盤固めに奔走する。 政治団体「れいわ新選組」を設立した山本は一定の知名度があり、「再選は射程圏内」との見方が強い。 ただ山本は比例代表への転出も模索している。 立民は塩村と山岸の2新人を擁立。 国民は新人水野で臨む。 維新が3日、新人音喜多の擁立を発表し、最後の議席の行方はさらに混沌(こんとん)としてきた。 社民は朝倉、幸福は七海をそれぞれ公認した。 政治団体では「NHKから国民を守る党」が7人を擁立予定。 「オリーブの木」から元衆院議員の小林が出馬表明した。 PR 【東京】改選6(1増) 武見 敬三 67 元厚労副大臣 自(麻)現 丸川 珠代 48 元五輪相 自(細)現 山口那津男 66 党代表 公 現 塩村 文夏 40 元都議 立 新 山岸 一生 37 元朝日記者 立 新 水野 素子 49 JAXA職員 国 新 吉良 佳子 36 党中央委員 共 現 音喜多 駿 35 元都議 維 新 朝倉 玲子 60 労組書記長 社 新 七海ひろこ 34 党広報本部長 幸 新 山本 太郎 44 政治団体代表 諸 現 石岡 隆治 45 元自衛官 諸 新 大橋 昌信 43 元朝霞市議 諸 新 神谷幸太郎 43 元会社員 諸 新 小林 興起 75 元財務副大臣 諸 新 佐藤恵理子 33 タレント 諸 新 嶋谷 昌美 48 元議員秘書 諸 新 牧原慶一郎 40 元会社員 諸 新 PR.

次の

【2019年参議院選挙】立候補予定者一覧 全ブロック

参議院 選挙 東京 候補 者

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の

参議院東京選挙区 泡沫候補者のポスターを公開

参議院 選挙 東京 候補 者

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の