ご査収。 ご査収の意味や読み方 Weblio辞書

「よろしくご査収ください」とは?意味や使い方を解説

ご査収

「ご査収ください」 これはビジネスシーンでよく見かけるフレーズです。 読み方は「ごさしゅうください」ですが、そもそも「ご査収(さしゅう)」とは一体、どういった意味なのでしょうか。 ・「ご」は尊敬語。 ・「査」は「よくみて明らかにする、検査する」こと。 ・「収」は「おさめる、取り入れる」こと。 このことから、「ご査収」は「よく確認して受け取ってください」「内容をよく確認した上でお受け取りください」といった意味になります。 また、「査収(さしゅう)」は文語体ですから、口頭で直接相手に伝えるときには「ご確認ください」となります。 相手に向かって「ご査収ください」とは使いませんので注意が必要です。 そのため、「ご査収ください」が使えるときは意外と限られたシーンだけとなります。 「ご査収ください」を使うタイミングは ・メールに書類などのデータを添付して、相手に確認して欲しいとき ・書類や商品を確認してほしいとき ですから、当たり前ですが「ご査収ください」は、確認すべき書類やファイルがあるときにしか使えません。 「ご査収ください」だとちょっと乱暴すぎる感じがするなら、「ご査収のほどお願いいたします」にすれば、柔らかいフレーズとなるので、覚えておくといいでしょう。 「ご確認ください」 これもビジネスシーンでよく見かけるフレーズです。 会話上でもメール上でもよく使われます。 ・「ご」は尊敬語。 ・「確認」は「確かにそうだと認めること。 はっきり認める」こと。 ですから、「ご確認ください」は「しっかりと確かめてください」「きちんと確かめて認めてください」という意味です。 これは、相手に書類や伝票といった何かをしっかりと確認してもらいたいときに用います。 さらに柔らかい表現にするときは「ご確認のほどお願いいたします」と「ほど」をつけるとやんわりとした言い方となります。 では、「ご確認してください」はどうでしょうか。 一見すると良さそうに思えますが、じつは敬語の使い方としては間違っているので気をつけましょう。 「ご確認」は、「ご」がついているので謙譲語ですので、これは正しい使い方をしています。 ところが、その後の「してください」は、依頼の敬語の尊敬語となり、1つの表現に2つ以上の敬語が使用されるのは「二重敬語」となってしまうため間違った用法となります。 「ご確認ください」または「ご確認くださいませ」を使います。 また、「ご確認の上、ご査収ください」はどうでしょうか。 これも何となく正しい使い方のように思われるかもしれませんが、これも間違いです。 「査収(さしゅう)」は「よく調べて受け取ること」で、「確認」も「はっきり認めること」で、同じ意味の言葉が並んでしまっています。 ということは「くどい言い方」ですから、別々に使うようにします。 「オピニ お願いごとスタンプ【ご確認ください】」を使えば、ふせんやメモにポンと捺すだけでスマートに伝えることができます。 「ご承認ください」 ・「ご」は尊敬語。 ・「承認」は「承知する。 承諾する」こと。 ですから、「ご承認ください」は、「相手に理解や納得を求めること」という意味です。 ただし、この言葉は誰に対しても使えるものではありません。 「承認を得る」は、上司が部下に使う言葉で、「目上」から「目下」に対して使うものとなります。 ですから、「クライアント」が「請負者」というように、時と場合によっては上から目線で「聞いてあげるよ」という意味にも取れるため、注意が必要です。 また、「ご承認くださいますようお願いいたします」もよく使われるフレーズです。 「ご承認ください」は尊敬語の「ご」を用いていますが、命令形であるために強い口調であることに変わりません。 ところが、「ご承認ください」に「ますようお願いいたします」を付け加えることで、やわらかいフレーズとして使うことができるようになります。 また、ビジネスメールで使うときには ・ご承認いただきたく存じます ・ご承認いただければ幸いです ・ご承認のほどお願い申し上げます のように使うようにするといいでしょう。 会社では日常の会話や会議の場で、はじめて聞く言葉が飛び交うことがあります。 特に使い方があっているかどうか気になることも多いでしょうが、しっかりマスターしておきましょう!.

次の

「ご査収ください」の意味と読み方とは

ご査収

「ご査収」とは 「ご査収」は、口頭ではあまり使われることのない言葉です。 主に手紙やメール・FAXなどの文章内で使われます。 「ご査収」の「査」には調べる、理解するという意味があり、「収」は収める、受け取るという意味です。 「査収」は「良く調べてから受け取る」という意味で、そこに丁寧語の「ご」を付けて「ご査収」という敬語になっています。 口頭でご査収と同じ意味を持たせるのであれば「ご確認ください」「ご確認の上、お納めください」となります。 「ご査収」の意味 「ご査収」は「理解してから受け取ってください」という意味です。 ビジネスシーンでは、しっかり確認をしてもらって、間違いがないか確認したあとに受け取ってほしい場合に使用します。 これは単に「見ておいてください」という軽い意味ではなく、「きちんと内容を確認したり、理解をしてください」という意味合いになります。 「ご査収」は添付書類があるときに使う 「ご査収」という言葉を使用する際には、受け取るものがあることが前提です。 添付や同封する書類がなければ「ご査収」を使うことはありません。 契約書や請求書など、受け取るだけではなく、きちんと内容を確認をしてもらわなければ結果として相手にも迷惑がかかる場合に使用します。 また、「ご査収」には「同意する・納得する」という意味も含まれます。 そのため、場合によっては修正や訂正が必要となる可能性もあります。 お互いのためにしっかりと確認をしてもらう必要がある書類のやり取りに使用する言葉といえるのです。 「ご査収」の誤った使い方とは 「ご査収」という言葉は手紙やメールに同封・添付するものがあれば、いつでも使って良いというわけではありません。 あくまでも査収してもらう場合に使います。 「ご査収」の誤った使い方のシーン たとえば、契約書の控えなど既に相手も確認しているものについては「ご確認のほどお願い申し上げます」「ご確認の上、お納めください」などを使います。 つまり「査収」の「査」が不要であるために「ご査収」を使うことが適切でないケースになります。 もちろん、同封・添付するものがない場合も「ご査収」は使いません。 手紙やメールの内容について確認をして欲しいのであれば「内容に関して何かご不明な点がございましたら、ご連絡ください」といった内容の文言を使うのが適切でしょう。 「ご査収」の例文 では、実際に「ご査収」という言葉を使った例文で、正しい使い方を見ておきましょう。 「本日、ご請求書をお送りいたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます」 請求書はお互いにとって金銭に関わる重要な書類といえます。 請求書の中に間違いや勘違いがあっては後々トラブルの原因となります。 請求書を送ったことを伝えるだけではなく、「内容に間違いがないかよく確認してください」と伝えることによってミスを事前に防ぐことが可能です。 「当日のスケジュールを送付させていただきましたので、ご査収くださいませ」 添付ファイルがあることをメール内に記載しないと、相手が気付かないということも考えられます。 しかし「忘れずに添付ファイルをご確認ください」という直接的に注意をうながすような言い方では相手に対して不躾な印象を与えかねず、ビジネスシーンにはふさわしくありません。 そこで、文章内にスケジュールを添付した旨を記載し、「ご査収くださいませ」と付け加えることによって、添付ファイルがあることを示すことができ、確実に確認してもらいやすくなります。 「ご査収」を使わない方がわかりやすいケース 手紙やメールで同封・添付するものがあったとしても、「ご査収」を使わない方が良い場合もあります。 それは、同封・添付するものが多い、または書類自体は少なくても、確認してもらいたい箇所が複数ある、というケースです。 手紙やメールに「ご査収ください」とだけ書かれても、受け取った相手はどれを確認すれば良いのか困ってしまいます。 その場合は、文面で確認してほしいところを具体的に伝える、書類の場合は付箋などを貼って「付箋を貼った箇所についてご確認いただきますようお願いいたします」などの一文を添えることで具体的に伝える、といった方法があります。 まとめ 手紙やメール、FAXといった文章上での連絡手段は、口頭で説明するシチュエーションとは異なり、コミュニケーションの齟齬が発生しやすいものです。 「ご査収」という言葉が文章内に入っているだけでそういった齟齬が原因のトラブルを防ぐことができる事もあります。 「ご査収」の意味と使い方を理解し、正しい場面で使用しましょう。

次の

ビジネスで使う「ご査収」の意味と正しい使い方(例文付き)

ご査収

業務用語として普通に使われていたので、ニュアンスを特に意識したことはありませんでした。 1. 数量・内容・破損の有無、その他授受されるものの性質(物品であるか、文書であるか・・・など)や授受に至る事情の前後関係上、受領者側が必要と考える事項(取決め事項を含む)について、送達されたものに問題や不都合・不具合がないかどうかを実際に確認の上、(問題なければ)受領する。 2. 必ずしも正式かつ最終的受領を意味するものではなく、時間がかかる検収試験の合否判定がでるまでの間等、暫定的に受領(保管)しておくことも含む。 3. 単純に言えば、「受取って下さい」の意味。 「納入」か「返納」かは特に関係なく使って良い。 A ベストアンサー #3です。 ビジネス文書なので簡潔な言い回しがふさわしいでしょう。 #4さんのおっしゃる ・ご案内いたします ・ご手伝いいたします ・ご返却いたします ですが、 「ご案内」「お手伝い」は 「ご挨拶」「お電話」などと同様、 丁寧語として耳慣れています。 例えば、「おみおつけ」(味噌汁)などは丁寧部分をとると 「つけ」だけになりますしね。 でも、「ご返却」の場合、 「ご出席」「ご意見」「ご確認」などに「致します」が続くと 変に思うように、 自分の行動に「御」をつけるなんて・・・となると思うのですが、 如何でしょう? 「致します」に繋げるところに問題があるのでしょうね。 変に感じたら、続くことばで工夫ですね。 「ご返却させていただきます」なら、変じゃないですよ。

次の