沖 ドキ 動画 2020。 【プロモ動画を追加】いよいよ6号機の沖ドキ「沖ドキ2が検定通過」アクロスさんから/30φと25φ両方通過

【5/18導入】パチスロ『沖ドキ!2

沖 ドキ 動画 2020

パチスロ新台『沖ドキ!2-30』(アクロス製)の導入が5月18日から始まった。 大ヒット機『沖ドキ!』の正統後継機となる本機。 ゲームフローやモードはシリーズ初代を踏襲。 ボーナス後は32G間が天国ループのチャンスとなり、お馴染みのハイビスカスランプ点灯でボーナス確定だ。 ATの純増はシリーズ最速となる約4. 0枚を実現。 ボーナスの獲得枚数はBBが約220枚(AT55G)、RBが約60枚(AT15G)となっている。 ボーナス消化中は、リール右の「カナちゃんランプ」点灯でBBの1G連確定だ。 モード移行はボーナス当選が契機となる。 また、フリーズ演出から主に移行する最上位の「超ドキドキモード」はループ率90%で、モード転落時は保証モード(32G以内の大当たり確定)に移行するなど、初代と同様の期待感を継承した。 通常時の主なボーナス契機は、「毎ゲーム抽選」(レア役でチャンス)と「規定ゲーム数の到達」(モード毎で異なる。 最大999G)。 今作では、通常時にモード示唆演出を新たに搭載。 例えば、リプレイ入賞時に投入ランプの色が変化する頻度が高いほど「モードB」以上の滞在に期待できるなど、過去のシリーズ機の履歴チェックに代わる、豊富なモード推測が盛り込まれている。 2(設定6)、出玉率が97. 0%(設定6)、ベースは50枚あたり51. 0Gとなっている。

次の

松本バッチの成すがままに!#140【沖ドキ!

沖 ドキ 動画 2020

パチスロ新台『沖ドキ!2-30』(アクロス製)の導入が5月18日から始まった。 大ヒット機『沖ドキ!』の正統後継機となる本機。 ゲームフローやモードはシリーズ初代を踏襲。 ボーナス後は32G間が天国ループのチャンスとなり、お馴染みのハイビスカスランプ点灯でボーナス確定だ。 ATの純増はシリーズ最速となる約4. 0枚を実現。 ボーナスの獲得枚数はBBが約220枚(AT55G)、RBが約60枚(AT15G)となっている。 ボーナス消化中は、リール右の「カナちゃんランプ」点灯でBBの1G連確定だ。 モード移行はボーナス当選が契機となる。 また、フリーズ演出から主に移行する最上位の「超ドキドキモード」はループ率90%で、モード転落時は保証モード(32G以内の大当たり確定)に移行するなど、初代と同様の期待感を継承した。 通常時の主なボーナス契機は、「毎ゲーム抽選」(レア役でチャンス)と「規定ゲーム数の到達」(モード毎で異なる。 最大999G)。 今作では、通常時にモード示唆演出を新たに搭載。 例えば、リプレイ入賞時に投入ランプの色が変化する頻度が高いほど「モードB」以上の滞在に期待できるなど、過去のシリーズ機の履歴チェックに代わる、豊富なモード推測が盛り込まれている。 2(設定6)、出玉率が97. 0%(設定6)、ベースは50枚あたり51. 0Gとなっている。

次の

沖ドキの設置期限が延長?GOD凱旋は予定通り撤去されるが…星矢はやっぱり最強戦士

沖 ドキ 動画 2020

パチスロ新台『沖ドキ!2-30』(アクロス製)の導入が5月18日から始まった。 大ヒット機『沖ドキ!』の正統後継機となる本機。 ゲームフローやモードはシリーズ初代を踏襲。 ボーナス後は32G間が天国ループのチャンスとなり、お馴染みのハイビスカスランプ点灯でボーナス確定だ。 ATの純増はシリーズ最速となる約4. 0枚を実現。 ボーナスの獲得枚数はBBが約220枚(AT55G)、RBが約60枚(AT15G)となっている。 ボーナス消化中は、リール右の「カナちゃんランプ」点灯でBBの1G連確定だ。 モード移行はボーナス当選が契機となる。 また、フリーズ演出から主に移行する最上位の「超ドキドキモード」はループ率90%で、モード転落時は保証モード(32G以内の大当たり確定)に移行するなど、初代と同様の期待感を継承した。 通常時の主なボーナス契機は、「毎ゲーム抽選」(レア役でチャンス)と「規定ゲーム数の到達」(モード毎で異なる。 最大999G)。 今作では、通常時にモード示唆演出を新たに搭載。 例えば、リプレイ入賞時に投入ランプの色が変化する頻度が高いほど「モードB」以上の滞在に期待できるなど、過去のシリーズ機の履歴チェックに代わる、豊富なモード推測が盛り込まれている。 2(設定6)、出玉率が97. 0%(設定6)、ベースは50枚あたり51. 0Gとなっている。

次の