パーソナル スペース と は。 パーソナルスペースとは?人に不快感を与えないための距離感の取り方について

ソーシャルディスタンスとパーソナルスペース|クマコトのブログ

パーソナル スペース と は

例えば、電車に乗って空いている席に座るとき。 空席が多いのにも関わらず、既に座っている人の隣に座ろうと思いますか? 普通であれば、一番端か、両側が空席のところに座りますよね。 また逆に、ガラガラの車内なのに乗ってきた人がまっすぐ自分の真横に座ってきたらどう思いますか? なんでこの人隣に来るの? と不審に思い、それから不快感を覚えるのではないでしょうか。 何らかの理由で自分を意識して近寄って来たのではないか……と勘ぐりたくもなります。 また、少し混んでいるエレベーターに乗っているとき。 何となく、表示される階数を見つめていた経験はありませんか? これは、本来侵入されたくない領域を他者に犯されているため感じている不快感を、別のものに集中することで緩和させているのです。 このように、人は 無意識のうちに他者との一定の距離を保ち、またある程度の距離があることが当然という意識が根底にあります。 相手との関係により変わるパーソナルスペースの広さ このパーソナルスペース、ただの礼儀やマナー、社会人としての常識という意味だけでその広さが決まるのではありません。 接している相手との関係性・心理的な親密度によってその広さが変わってきます。 丸っきりの赤の他人が近くに来ると前述のように嫌悪感を抱いてしまいますが、逆に親しい相手や好意を寄せている相手であれば、気にせず受け入れることができ、むしろ安らぎを感じることもあります。 アメリカの文化人類学者、エドワード・T・ホールは、人のパーソナルスペースを相手との関係をふまえて4つのゾーンに分類しました。 あなたもぜひ自分のパーソナルスペースの取り方がTPOに合っているか、診断してみてください。 Level. 1 公衆距離:3. 5m以上 講演会や公式な場で、話す側と聞く側との間に必要とされる広さです。 自分と相手との関係が『個人的な関係』ではない『公的な関係』である時に用いられます。 また、一般の人が社会的な要職・地位にある人と正式な会合・イベントで面会するような場合に取られるかしこまった距離です。 Level. 2 社会距離:1. 2m~3. 5m あらたまった場や業務上で上司と接するときにとられる広さです。 声は届きますが、相手に失礼が無いように、手を伸ばしても相手に触れることができない、安心できる距離ですね。 大きな机越しの商談などがいい例です。 Level. 3 固体距離:45cm~1. 2m 二人が共に手を伸ばせば相手に届く広さです。 友人や会社の同僚など親しい人であればここまで入っても不快になりません。 レストランやカフェでテーブル越しに話すくらいの距離です。 お互いの表情が読み取れる距離感でありながら、両方が歩み寄ることで初めて手を触れ合える距離であることがポイントです。 Level. 4 密接距離:0cm~45cm 手を伸ばさなくともボディータッチができる広さです。 顔がとても近い位置にあり、キスやハグが容易にできます。 家族や恋人など、親しい人がこの距離にいることは許されますが、それ以外の人がこの距離に近づくとハッキリと不快に感じます。 子供はパーソナルスペースが狭いですよね? 仲良くなると公共の場でもすぐにひっつく様をよく目にします。 18歳以下では年齢が低くなればなるほど狭くなります。 これは、人との距離感がどれくらいであるべきかという感覚をまだ理解しておらず、心が動くままに興味がある方へ近づいていくからです。 こちらの記事もオススメです! 一般的に、私たちはこの距離感に対する感覚を無意識のものとして身につけています。 )ですから、それほど親しくないと思っていた相手が突然密接距離に入ってきたら、思わず退いてしまう、無意識のうちに後ずさって距離を確保してしまう、ということがあります。 また、ただ親密度が低いというだけではなく、有名人や社会的地位の高い人が相手だと、その人への敬意から近い距離を畏れ多く感じて広めに距離をとろうとすることもあります。 そして逆に、恋人から「一緒にいても寂しく感じる」なんて言われたことはありませんか? これは、先ほどの例とは逆のパターンです。 相手が親密さを感じる空間に、あなたが入っていないため、相手に寂しさを感じさせてしまっているということです。 この距離感は、文化差・男女差・おかれている状況によっても変わってきます。 一般に、ハグやキスなどスキンシップが挨拶のようなものである欧米人は、日本人よりもパーソナルスペースが狭いことが多いですし、男女でもその差は大きくあるとされています。 また、精神的に負担がかかりすぎてしまい周りを拒絶するような否定的な心情になってしまうと、パーソナルスペースはとても狭くなってしまいます。 誰に対しても心を閉ざしてしまえば、4つの心理的距離帯は意味をなさず、家族や恋人であっても近づかれることを恐れてしまうこともあります。 男女で違うパーソナルスペースの広さ 一般的に、男性の方が女性よりパーソナルスペースが狭いと言われていますが、実はそれ以前に、男性と女性は、その人を取り巻くパーソナルスペースの形がそもそも違うとされています。 男性は、前の半径が長くて後ろの半径が短い、細長い楕円型をしており、これは視界に入る正面が特に広いということです。 男性がこのように一定でない形をしているのに対し、女性のパーソナルスペースの形は半径が前後左右一定の円です。 男性と女性でパーソナルスペースを重ねて考えた時、男性だけのパーソナルスペースの範囲内である部分が多いため、女性からすると気にならない距離に近づいたとき、男性からすると密接距離に感じてしまい、男性側はその人と親密になったと勘違いしてしまうケースが起きたりします。 女性のパーソナルスペースが狭いということは、不快に感じる範囲が男性よりも少ないということではありますが、誰彼かまわずいくらでも近くまで来られてもイヤじゃない、というわけではありませんので、ご注意を。

次の

パーソナルスペースとは?人との適切な距離感を知って円滑なコミュニケーションを図ろう!

パーソナル スペース と は

「職場で円滑な人間関係を築きたい」「取引先の相手に失礼がないように接したい」など、 会社に勤めていると気にしている方は多いでしょう。 実際私も職場の後輩との接し方に悩んだことがあり、 パーソナルスペース(他人が近くと不快に感じる距離)の重要性に気付きました。 相手のパーソナルスペースに急に踏み込んだり、自分のパーソナルスペースに踏み込まれることで、関係がギクシャクしてしまいます。 ちょうど良い距離感で上司や同僚・後輩と接することができれば、円滑な人間関係を築きやすくなりますよ。 今回は、仕事におけるパーソナルスペースの適切な距離感や、パーソナルスペースが狭い人と広い人の特徴など、会社に勤めている方なら知っておきたい知識を紹介します。 円滑な人間関係を築きたい方はぜひ参考にして、実際に取り入れていただければ幸いです。 仕事におけるパーソナルスペースとは? パーソナルスペースは人によって範囲の広さが異なり、他人に踏み込まれると不快感を覚えます。 特に職場では、友人よりも距離のある同僚や上司などが一緒に働いているため、パーソナルスペースを考えて接することが重要です。 TPO(時と所と場合)に合った、適切なパーソナルスペースをとるように意識しましょう。 仕事だけでなく、あらゆる場面で円滑な人間関係を築くために、把握しておきたいパーソナルスペースの範囲を詳しく説明していきます。 パーソナルスペースは距離によって4つのゾーンに分けられる! パーソナルスペースは密接距離・個体距離・社会距離・公衆距離の4つのゾーンに分けられます。 密接距離(0〜45cm)・・・恋人同士や親子など親しい間柄の人との距離• 個体距離(45〜120cm)・・・友人との距離(異性だと警戒する可能性がある)• 社会距離(120〜350cm)・・・上司・同僚など仕事相手との距離• 公衆距離(350cm以上)・・・他人との距離 上記のように、相手との関係性や場所よって適切な距離は異なります。 それぞれ詳しく説明していきます。 密接距離(0〜45cm) 密接距離は、恋人同士や親子など親しい間柄の人が入ることができるゾーンです。 0〜15cmはすぐに抱きしめられ、 15〜45cmはすぐに手で相手に触れられます。 親しくない人が密接距離に入ると、不快感を覚えるので注意してください。 個体距離(45〜120cm) 個体距離は、友人であれば入ることができるゾーンです。 45〜75cmなら手を伸ばせば相手に触れられ、 75〜120cmはお互いに手を伸ばすと届きます。 友人であっても異性の場合は、警戒される可能性があるので注意してください。 社会距離(120〜350cm) 仕事におけるパーソナルスペースは、互いに手を伸ばせば相手に届く距離の「社会的距離」が当てはまります。 テーブル越しに話すくらいの遠さなので、パーソナルスペースが広い方とも接しやすい距離です。 さらに、社会的距離は2つに分けられ、 120〜210cmは職場の同僚との距離、 210〜360cmは面接などに適している距離になります。 公衆距離(350cm以上) 公衆距離は個人的な関係にない、他人との距離を表します。 360〜750cmは個人的な関係ではなく、ライブなどでの演奏者と聴衆ほどの距離です。 750cmからは普通の声では会話ができない距離なので、個人的な繋がりがない人との距離になります。 パーソナルスペースを使い分ければ仕事にも役立つ! 上記の距離を踏まえた上で、場面や相手によってパーソナルスペースを使い分ければ、円滑な人間関係を保ちつつ仕事にも役立てることができます。 例えば、職場でリーダーシップを取りたいなら、 相手と距離をとることが有用的です。 また、部下との距離を縮めたいなら、円卓などで横に座ると心理的に 心の距離が縮まる120cm内に入ることができます。 さらに、仕事で商談などをするときは、男女ともに正面に座るよりも相手の斜めに座る方が 自然に距離感が近くなり、懐に入りやすいので有利に運ぶことができますよ。 男女でもパーソナルスペースの範囲は異なる 相手や場面に合ったパーソナルスペースの距離を説明してきましたが、性別によってもパーソナルスペースの範囲は異なります。 男女によって範囲が異なるため、仕事でも異性に話かけるときは注意してください。 男性のパーソナルスペースは 縦長で、前に長く横幅が狭いという特徴があります。 縦方向に警戒が強くなるため、横から話しかけるとスムーズに会話ができます。 一方女性は、 ほぼ均等な円状です。 また、ほぼ左右均等に警戒しているため、男性よりもパーソナルスペースが狭くなります。 女性に話しかけるときは、近すぎると思われないように、50cmほどの距離を保って話しかけるようにしましょう。 男女のパーソナルスペースの範囲を覚えておくと、職場でもコミュニケーションが取りやすくなりますよ。 上記では、仕事におけるパーソナルスペースの距離感や、男女による範囲の違いを紹介してきました。 先ほども述べたようにパーソナルスペースには個人差があるので、相手に合わせて接することが重要です。 次の章ではパーソナルスペースが狭い人と広い人の特徴を紹介していきます。 パーソナルスペースが狭い人と広い人の特徴 パーソナルスペースの特徴をそれぞれ説明していきます。 パーソナルスペースを見極めるときの参考にしてみてください。 パーソナルスペースが狭い人 距離感が近い人 パーソナルスペースが狭い人は、 基本的に人と接するときの距離感が近い人を指します。 主に5つの特徴があります。 社交的• 自分に自信がある• 客観的に物事を考える• 外への関心が強い• 異性の友達が多い パーソナルスペースが狭い人は社交的で、誰とでもすぐに友達になれるという特徴があります。 また、自分に自信があるため、仕事でも成功しやすいです。 客観的に物事を考えられ外への関心が強く、年齢なども関係なく人付き合いができるので、 異性の友達も多い傾向にあります。 しかし、自分のパーソナルスペースが狭いため、相手のパーソナルスペースに必要以上に踏み込んでしまう可能性もあります。 一度相手に不快感を与えてしまうと、関係がギクシャクしたり嫌悪感を抱かれる原因にもなるので注意してください。 続いて、パーソナルスペースが広い人の特徴を紹介します。 パーソナルスペースが広い人(距離感が遠い人) パーソナルスペースが広い人は、 基本的に人と接するときの距離感が遠い人を指します。 主に5つの特徴があります。 パーソナルスペースが広すぎる人は、HSPの可能性もあります。 人と関わることであらゆる刺激を受けるため、ストレスなどを受けやすく、パーソナルスペースを広くとっています。 パーソナルスペースが狭い人と広い人の特徴を紹介してきました。 もしも他人のパーソナルスペースに急に踏み込んでしまった場合、相手との関係がギクシャクしてしまうので注意しましょう。 次章では円滑な人間関係を築くためにも、覚えておきたい注意点を紹介していきます。 パーソナルスペースに急に踏み込むとどうなる?覚えておきたい4つの注意点 パーソナルスペースに急に踏み込んでしまった場合、注意しておきたいことが4つあります。 嫌い・苦手だと思われる• セクハラになってしまう可能性がある• 人間関係のトラブルに発展する可能性がある• 好意があると思われることも それぞれについて説明します。 嫌い・苦手だと思われる 他人のパーソナルスペースに急に踏み込んでしまうと、嫌いや苦手などの印象を持たれてしまいます。 特にパーソナルスペースが広い方は神経質な人が多いので、一度不快な思いをさせてしまうと、心を閉ざされる可能性もあるので注意してください。 仲良くなりたいと必要以上に接近すると、避けられるようになってしまうこともあります。 他人のパーソナルスペースに不用意に踏み込まないためにも、 相手の性格などを見てパーソナルスペースがどれくらいかを見極めて接するようにしましょう。 セクハラになってしまう可能性がある 特に相手が異性の場合、パーソナルスペースに急に入ってしまうとセクハラだと思われる可能性もあるので注意してください。 特に異性の場合、相手との距離を保つように心がけるとセクハラだと思われずにすみますよ。 相手のパーソナルスペースを測ることも重要ですが、職場で円滑な人間関係を築きたいなら社会距離は守るようにするといいでしょう。 人間関係のトラブルに発展する可能性がある 他人のパーソナルスペースに踏み込んでしまうと、人間関係のトラブルに発展する可能性があります。 急にパーソナルスペースに入ることで「空気が読めない」と思われ、相手にストレスや不信感を抱かれます。 さらに、 会社の取引先でパーソナルスペースを測り間違えれば、会社のイメージも悪くなってしまいます。 仕事にも影響を与えてしまうので、適切なパーソナルスペースは保つように意識しましょう。 好意があると思われることも 相手が異性の場合、パーソナルスペースに入り込むと好意があると思われる可能性もあります。 上手く使うと恋愛テクニックとして利用できますが、違う場合は勘違いされてトラブルになるので注意してください。 特に歳が近い同僚や部下の場合は勘違いされやすいため、社会距離を保って接するようにしましょう。 上記の注意点から分かるように、円滑な人間関係を築くためには、急に相手のパーソナルスペースに入り混まないようにすることが重要です。 もしも不用意にパーソナルスペースに入り込んでしまった場合は、どうすればいいのでしょうか。 次章では対処法を紹介していきます。 パーソナルスペースに不用意に入り込んだ場合の対処法 不用意に相手のパーソナルスペースに入り込んでしまった場合、相手と視線を合わさず速やかに範囲外に出るようにしましょう。 パーソナルスペース内で目線が合ったり、さらに接近すると相手に不安を与えてしまうので注意してください。 また、相手と良好な関係を築いていきたいなら、 同じことを繰り返さないことが重要です。 何度も不用意にパーソナルスペースに入り込むと、嫌悪感を抱かれてしまうので、仕事でも関わりにくくなってしまいます。 職場には距離感が近い人や遠い人がそれぞれ存在しますが、特に警戒心の強い人との距離感には注意をするようにしましょう。 そもそも職場の雰囲気が合わない可能性もある! 職場の人間関係を円滑に築きたいと思っていても、そもそも職場の雰囲気が合わないという可能性があります。 実はパーソナルスペース以前にこちらが問題のことが多いです。 社内の人間関係がこじれていたり、雰囲気が悪いなどの場合、1人ではどうすることもできません。 職場の雰囲気は仕事にも影響してくるので、自分に合っているかがとても重要です。 また、無理をするとストレスを溜めるなど自分の負担になってしまうこともあります。 人間関係が上手く行かずに悩んでいるなら 「転職」をするという方法もありますよ。 転職をサポートしてくれる 転職エージェントを利用すれば、仕事をしながら求職活動をすることが可能です。 また、会社見学もできるため社内の雰囲気などを見て、自分に合った会社を選べます。 事前に登録しておくことで、いつでも転職できると言う安心感も生まれます。 パーソナルスペースを意識して円滑な人間関係を構築しよう! 今回は、仕事におけるパーソナルスペースの範囲や距離につていて紹介してきました。 職場では社会距離を保ちながら過ごせば、誰かに不快な思いをさせずに仕事ができることを覚えておいてください。 パーソナルスペースは人によって広さが異なりますが、相手のことを考えて接していれば適切な距離を保つことができるので難しいことではありません。 職場で円滑な人間関係を構築するためにも、 適切なパーソナルスペースを意識して仕事をするようにしましょう。

次の

パーソナルスペースとは?子どもが対人関係で躓く本当の理由!

パーソナル スペース と は

イタリア人は他の人と話す時、顔と顔の距離がかなり接近します。 Wikipediaによれば() 「パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間」であるとされています。 もちろん状況にもよるので、常に顔と顔が近いというわけではありませんが、随分と接近しても大丈夫(不快に感じない)んですね。 私は日本人ですから、イタリア人と話す場合であっても過度に顔が近すぎるのはどうも落ち着きません。 もし相手の顔が迫ってくるとすれば無意識のうちに後ずさりしているのだと思います。 で、そうしたとしても向こうが距離を保とうと近寄ってくることはないようです。 ああ良かった。 単純に「イタリア人のパーソナルスペースは日本人のものよりも狭い」と結論付けられそうですが、電車などに乗る場合はまた別なのです。 ミラノ市内の地下鉄やミラノ行きの通勤電車は混雑しています。 これになんとしても乗車しなければならない場合、日本の都市部の満員電車に慣れている私は何ら気にもせず体を外側に向けてぐっと人がいる内部へ押すわけです。 日本であれば人がぎゅうぎゅうに詰まっていても誰も特に文句を言わないでしょう。 (満員電車ではパーソナルスペースという概念が消失するようですね。 ) 他方イタリア人はここでパーソナルスペースがしっかり登場するようで「うわー、もうこれ以上無理だよ!」とか、「次の電車に乗ってー!」とか「押さないで!」とか、やかましいの何の(失礼!)。 次の電車は15分後にしか来ないんだから、ハイ了解とは言えず心を鬼にしてねじ込ませてもらわざるを得ません。 東京の基準で言えばあと1. 5倍は人が入りそうなものですが。 頑張って乗車して落ち着いたら... さきほどまでワーワー言っていた人はすっかりその事を忘れるようで、隣の友達とワイワイ会話に花を咲かせておられます。 今夜の料理は何にするとか。 会話の内容は周囲の人に聞かれてもへっちゃらです。 面白いものです。

次の