カールスバーグ ビール。 gma.cellairis.com: Carlsberg カールスバーグ クラブボトル 国産 [ デンマーク 330mlx24本 ]: 食品・飲料・お酒

「カールスバーグ」は世界中で愛されるデンマーク発のビール|たのしいお酒.jp

カールスバーグ ビール

15世紀、ドイツ南部のミュンヘンで誕生したラガー・ビールは、下面発酵が生み出す優れた品質にも関わらず、長いあいだローカル・ビールのひとつにとどまっていた。 しかし近代科学の進化とともに、その革新性を見なおす気運が高まると、19世紀半ばから、下面発酵を志す醸造家が現れるようになる。 その中心人物が、地元ミュンヘンのシュパーデン醸造所経営者、ガブリエル・ゼードルマイル2世である。 当時まだビール後進国であったミュンヘンにあって、蒸気機関や冷蔵技術をいちはやく導入するなど、下面発酵の再興に邁進した。 またそのノウハウを惜しみなく公開することで同業者たちとネットワークを形成。 ボヘミア地方の「市民醸造所」や、デンマークのカールスバーグ創業者、ヤコブ・ヤコブセンに、門外不出の「ラガー酵母」を提供したのも *2 、そうした姿勢のあらわれであった *3。 こうして、下面発酵を始めたカールスバーグ社は、科学の研究にも力を入れ、1883年、微生物部門のエミール・クリスチャン・ハンセンが、パスツールの理論を応用した「酵母の純粋培養法」を確立。 これは、ビールづくりに適した酵母のみを抽出・培養するもので、よりよいビールをつくる酵母が、どこででも手に入るようになるという、夢のような発明であった。 パスツールの「低温殺菌法(パスチャライゼーション)」、リンデの「アンモニア式冷凍機」、そしてハンセンの「酵母の純粋培養法」。 のちに「近代ビールの三大発明」と呼ばれるこれらの成果は、結局のところ「ラガー・ビール」の優位性のみを際立たせるものであった。 産業革命に湧いた近代という時代。 その大きなうねりが、宿命的にラガーを表舞台へと押し上げたのである。 すなわちラガー・ビールは、近代という時代そのものであった、ということが言えるであろう。 *1 近代ヨーロッパ前編『ビールといえばイギリスのエールだった』参照のこと *2 結果として、ピルゼンもカールスバーグも、ラガー・ビールで大成功をおさめる。 その事実をみても、その種馬となった「ラガー酵母」の所有者ゼードルマイルこそ、真の意味での「ラガー・ビールの生みの親」といえるだろう。

次の

世界のビール集解説!カールスバーグ | ビール物語

カールスバーグ ビール

概要 [ ] 社名を冠したビールブランド、カールスバーグが主力製品。 についているのマークは、の証である。 140か国以上に製品を輸出 し、40か国にを持つ世界第4位のビールメーカーである。 沿革 [ ]• にデンマーク・で ()(J. Jacobsen、Jacob Christian Jacobsen、1811年 - 1887年)によって創業された。 息子 ()(1842年 - 1914年)にちなんで醸造所に「カールの山」を意味するCarlsberg と命名した。 、ビール醸造の研究のためを開設。 、息子カール・ヤコブセンは父J. ヤコブセンの経営に反発して別会社を設立。 カールの「ニュー・カールスバーグ」社(Ny Carlsberg)と父の「オールド・カールスバーグ」社(Gammel Carlsberg)は激しい競争を繰り広げる。 、カールスバーグ研究所の博士によっての純粋培養技術の開発がなされ、ビールの大量供給の道が開かれた。 、カール、「」(ニューカールスバーグ美術館)を設立。 、御用達となり、その際に宝冠のマークを使用する事が許可された。 、新旧二つのカールスバーグが合併。 、同じくデンマークのビールメーカー、(ツボルグ、Tuborg)を買収。 、ではがカールスバーグのライセンス生産・販売を行う• 、のビールメーカー、(Tetley's)を買収。 、・での製造を始める。 現在中国には上海の他に、()、、、など併せて20社以上のローカルビールメーカーを所有。 中国でのカールスバーグ生産・販売を行うほか、各国への輸出拠点としている。 中国での名は「 嘉士伯」。 、のビールメーカー、(Kronenbourg)を買収。 人魚姫の像について [ ] にあるは王立劇場で観たバレエ「人魚姫」に感激した2代目社長のカール・ヤコブセンがにコペンハーゲン市に寄贈したもの。 今では街のシンボルになっている。 なお、の人魚姫の像もコペンハーゲン港と大阪港の友好記念に、にカールスバーグ社より実物の5分の4の大きさの複製が寄贈されたものである。 製品一覧 [ ] カールスバーグ社の主な製品は下記の通り。 ツボルグ製品は除く。 カールスバーグ(Carlsberg):主力の・。 カールスバーグ・ピルスナーとも言う。 カールスバーグ・ライト(Carlsberg Light)• カールスバーグ・エクスポート(Carlsberg Export):限定• ヤコブセン・ブラウン・エール(Jacobsen Brown Ale)• ヤコブセン・ダーク・ラガー(Jacobsen Dark Lager)• カールス・ピルスナー(Carls Pilsner)• カールス・スペシャル(Carls Special) スポーツへの協賛 [ ]• (UEFA)主催のの公式スポンサー。 プロサッカークラブの(デンマーク)のメインスポンサー。 - 毎年1月末から2月にで開催されるの国際大会。 - のサッカー。 カールスバーグカップとも。 環境対策 [ ]• 、カールスバーグはなどのが環境に与える影響を踏まえ、木質繊維のボトルにをコーティングしたビール容器の試作品を公表した。 脚注 [ ] []• All about 2014年7月25日. 2019年10月12日閲覧。 阪急ライフスタイルニュース 2012年11月28日. 2019年10月12日閲覧。 CNN 2019年10月11日. 2019年10月12日閲覧。 関連項目 [ ]• カールスバーグ・スカイタワー:にある展望塔。 カールスバーグ社がスポンサーとなっている。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (日本語) この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

gma.cellairis.com : カールスバーグ、ビール用紙パックの試作品をお披露目

カールスバーグ ビール

カールスバーグ醸造所を創設した頃には、5歳だった息子も成長して立派になりました。 息子のカールは、フランスやドイツ、オーストリア、イギリスのエールビールを学び、スコットランドでは4年もの月日を過ごして、彼は彼なりのビールや経営に対する考えをきちんと持っていました。 しかし、その考えは父親には理解してもらえずに結局離反してしまい、「ニュー・カールスバーグ」を設立して、新たなビールを醸造し始めます。 そして巷では、父親の「オールド・カールスバーグ」と息子の「ニュー・カールスバーグ」のビールが店頭に並ぶことになるのです。 二人の会社がひとつになるのはもっと先のことですが、親子の和解は父親が亡くなる直前にしています。 1887年、J. ヤコブセンが76歳のときでした。 1883年、カールスバーグ研究所入社5年目のエミール・クリスチャン・ハンセン氏が、「酵母の純粋培養法」を発表しました。 ビールの発酵槽の中で活動している酵母を調べていくと、ビール酵母と野生酵母がそれぞれ活動していることが分かりました。 その中で、ビールの醸造に適している酵母があることを発見したのです。 この適した酵母だけを取り出すことができれば、腐敗することなく、おいしいビールが造れるぞ! そう確信した彼は研究を続け、野生酵母細胞からビール醸造に適した、優秀な酵母だけを取り出す技術を開発したのです。 その年の11月には生産が拡大、大成功をおさめ、「カールスバーグ下面酵母1番」が新しく使用されたのです。 普通ならばこんな大発見、自社で特許をとって保有するのが当然だと考えますが、ジャコブ氏は、詳細な方法を発表した上に、酵母のサンプルを世界中の醸造所に送りました。 それから若い醸造家がカールスバーグに勉強にくるようになり、世界中のビール醸造所の技術が上がったのです。

次の