税 について の 作文 中学生。 中学生の作文の書き方!書き出しは?将来の夢・税金や人権の見本も!

福岡市 中学生の「税について」の作文 入賞作品

税 について の 作文 中学生

中学生の夏休みの宿題の中で、きつい課題がいくつかあると思います。 例えば、読書感想文や自由研究などですね。 これらと並んで、中学生が頭を抱えるであろう宿題。 そう、それは、 「税の作文」 です。 そもそも中学生が税の作文を書くって、結構無理があると思うんですよね。 中学生って、消費税ぐらいしか払ってないですから。 これが大人になると、 ・給料からは所得税・住民税が引かれ、 ・自動車を持っているだけで自動車税を払い、 ・住んでいる家には固定資産税がかかる。 ようになるわけですよ。 また、実際の中学生の作文の例から 効果的な書き出しについても考えていきますので、 この記事を読み終わる頃には、税の作文の宿題もきれいさっぱり片付いていることでしょう。 税の作文の書き方。 中学生の例から学ぶ効果的な書き出しとは? 税の作文の例文 それでは、実際に中学生が書いた税の作文の例文をもとに、 どのように書けばよいのかというイメージをしていきましょう。 まずは、こちらで 過去の受賞作をいくつかお読みください。 (ある程度読んだら、このブログに帰ってきてください(笑)) ・ いかがでしたか? 「『税の作文』って、こんな感じで書けばいいのか~」 と想像できたでしょうか。 お手本となる作品を実際に原稿用紙に写してみると、より高い文章力が身につきますのでおすすめの練習法です。 税の作文の字数と構成 さて、税の作文のイメージができたところで、作文の具体的な構成を考えていきましょう。 税の作文の字数は、題名や氏名も含めて 原稿用紙3枚(1200字)以内です。 文章の基本は、 「起承転結(転は省略可)」ですので、 ・税金について家族と話したこと。 ・税金から補助が出ている制度やサービスを利用した経験。 ・税金で造られた建物や設備を訪れた体験。 書き出しの書き方 まずは、書き出しについてです。 ここを工夫することで、読み手の興味を引きつけましょう。 受賞作品に共通しているのは、 「会話文で始める」 というテクニックです。 いきなり会話から始まると、読者は意味が分からないので、その先に何が書いてあるのか気になるんですよね。 ご自身の体験談をどう会話とつなげられるか考えてみてください。 本文の書き方 本文では、書き出しで紹介したエピソードをさらに深く掘り下げていきます。 このとき、以下のような切り口で文を書き出してみます。 ・制度やサービスを利用してどのような気持ちになったか。 ・体験や調べたことから学んだこと、気づき。 ・経験を通じて税金への考え方がどう変わったか。 ・今後の生き方についての決意。 ・世の中に伝えたい自分の意見。 まとめ いかがでしたでしょうか。 難易度の高い「税の作文」の宿題も、入賞作品を参考に、 自分流にアレンジして書けば決して難しくないことが分かります。 何事も、うまくいっている人から学ぶという姿勢は大事ですね。 この機会に、ご自身の表現力にも磨きをかけてみてください。 もし作品が入選したら、コメント欄から教えていただけると管理人も嬉しいです。 それでは、夏休みの宿題、頑張ってください! こちらもおすすめ ・ ・.

次の

中学生の「税についての作文」|国税庁

税 について の 作文 中学生

税の作文が宿題にでたら 税の作文が夏休みの宿題に出たときなど、作文するには難しいテーマですが、「自分自身の税に対する認識」からはじめて、「公務員である父親の仕事」、「税がもしなかったら」、「結論」というように起承転結でまとめている税の作文の例を一つあげてみます。 このような起承転結の例があれば、税の作文にもしやすいのではないでしょうか?家族や身近な人に公務員の人がいるようなら、アレンジしながら作文ができそうです。 タイトル:税の役割 私は今まで税金について深く考えたことがありませんでした。 関心がなかった税金のことを「税について」の作文を書くことによって税金のことに興味を持ち、考えてみようと思いました。 税金といえば消費税を身近に感じます。 買い物のたびに5パーセントの消費税が引かれているので、なぜか損をしているようでいやな印象しかありませんでした。 野田佳彦総理大臣が消費税増税は社会保障の為と訴えています。 病気になった時の補助や老後の安心の為に多くの税金が使われているのです。 何の為に税があるのか?私はあやふやな考え方でした。 それに税金は国に納めていると勘違いもしていました。 しかし、一人一人が納めた税金は形を変えてゆとりのある豊かな社会を支え、またそれに自分自身も支えられているのであって、税金は自分自身の為に納めているのだと思いました。 安心して暮らせるのは税のおかげですが、税金の無駄遣いだけはやめてほしいと思います。 私の父は地方公務員で消防署員です。 人々が安心、安全に暮らせるように三交代で勤務しています。 このように火事や事故による負傷者や急病人などで消防自動車や救急車の出動も皆が納めている税金で成り立っているのです。 でも最近では税金を払っているんだからと大威張りでタクシー代わりに救急車を呼んで本当に急病人が迷惑しているという話を聞いたことがあります。 そんなとき私は税金は払うのではなく、納めているという意識のない人がいることを残念に思います。 もし税金がなかったら、公共施設がなくなってしまいます。 又、道路整備やゴミ回収車も来なくなって、今までは当り前であった市町村のサービスも簡単に受けられなくなります。 お金の面では軽くなりますが、生活に不便なことが多くなり、安全も保障されなくなって普段の生活に必ず何らかの支障が出てくるのです。 皆が税金を納めることで国が成り立ち、成り立つことで私達が安心、安全に暮らせるようになるし、公共サービスも安心して受けられるのです。 税金は一個人ではなくて社会生活を営んでいる全ての人々に対して使われなければいけないと思います。 そして税金はきちんと納め、正しく公平に使うものだと思いました。 税は、この国にとっても私達にとっても重要な役割を果たす大切なものだとわかりました。 だからこれからはもっと税について関心を高めていくつもりです。 そのためには、色々なことを勉強して真剣に考えていかなければならないと思いました。

次の

福岡市 中学生の「税について」の作文 入賞作品

税 について の 作文 中学生

国税庁では、全国納税貯蓄組合連合会との共催により、全国の中学生の皆さんから「税についての作文」を募集しています。 これは、将来を担う中学生の皆さんが、税に関することをテーマとして作文を書くことを通じて、税について関心を持っていただき、また、税について正しい理解を深めていただくことを目的としているものです。 平成30年度には、7,511校から593,795編という多数の作品が寄せられました。 優秀な作品には、内閣総理大臣賞をはじめ総務大臣賞、財務大臣賞、文部科学大臣賞などを授与し、賞状及び記念品を贈呈します。 全国の中学生の皆さんからのご応募をお待ちしています。 例えば、• ・税のしくみや使われ方について家庭などで見聞きしたこと• ・税の申告や納付に関して思ったこと• なお、応募された作品はお返しできません。 入選作品については、[全納連ニュース]、[作品集]、[]、[国税庁ホームページ]及び[税のしるべ]などで紹介します。 (中学校名、学年、氏名とあわせて顔写真を掲載する場合があります。 なお、応募された作品については、 入選作品の発表のため、各納税貯蓄組合連合会の会報誌、各種新聞、国税関係機関の広報誌及び地方公共団体の広報誌に掲載すること、 本事業を広報するための印刷物やホームページに利用すること、 この他、税に対する理解を深めるため必要な広報活動に利用することがありますので、その点をご理解の上ご応募ください。 【主催】 、国税庁 【後援】 、 、 個人情報の使用について.

次の