ホワイト 餃子 焼き 方。 ホワイト餃子の焼き方☆家庭で簡単に冷凍餃子を焼くコツ!

焼餃子

ホワイト 餃子 焼き 方

使用しているフライパンは、底の直径21cm、深さ3cmです。 焼き方欄の文面を参考にして、水、油の量を調節してください。 フライパン選びのポイント• 深さ5cm以上のフライパンを使うと、全体にこんがりした色をつけることができます(筆者が使用しているフライパンでは、少々深さが足りないため、水や油を適量まで注ぐことができません)。 餃子の量が少ない場合は、小さいフライパンを使用してください。 すき間が多いと、油がはねやすくなります。 ホワイト餃子の焼き方 STEP1:やかんに湯を沸かす やかんに350ml~400mlの湯を沸かします。 STEP2:フライパンに餃子を並べる 湯が沸いたら、フライパンに油をひき(分量外)、 火はつけずに凍ったままの餃子をすき間なく並べます。 注ぐ油の量は、餃子が頭まで潜るくらいです。 STEP9:底入れをする さらに1分ほど加熱し、餃子の上の部分が色づいてきたら、フライ返しを餃子の下に差し込んで、餃子の底をフライパンから離します。 その後火加減を中火にします。 STEP10:油を戻す フライパンを傾け、餃子が落ちないように蓋で押さえながら、油を油ポットに戻します。 油は、少しだけフライパンに残します。 STEP11:焦げ目をつける 中火で加熱を続け、餃子の底にこんがり焦げ目がついたら火を止め、残っている油を油ポットに戻します。 戻した油は、他の料理に使うことができます。 STEP12:皿に盛って完成! 餃子をひっくり返した状態で、皿に盛ります。 これで出来上がりです。 上手に作るためのポイント 自宅で作った餃子をホワイト餃子風に焼く場合は、厚みのある、しっかりした皮を使うことをおすすめします。 お湯に油を注ぐ時の注意点 細かくはねる油に注意! 水のように、激しくはねることはありませんが、油が細かくはねるので、十分注意してください。 蓋はしない! 油を注いだら、蓋は絶対にしないでください。 蓋の内側に付いた水滴が熱した油に入ると、大きくはねて危険です。 さいごに 油をたっぷり使う独特な焼き方は、表面がカリッとして、ハマるおいしさです。 ぜひ、こちらの餃子の焼き方をお試しください。 Photo by 筆者.

次の

ハマるおいしさ!ホワイト餃子風の焼き方

ホワイト 餃子 焼き 方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

『ホワイト餃子 柏店 』冷凍餃子をテイクアウト!おいしい焼き方をご紹介

ホワイト 餃子 焼き 方

CONTENTS• ホワイト餃子の発祥の地は千葉県野田市 石川県で大人気の第7餃子(ダイナナ)、 一番人気のメニューは「ホワイトギョウザ」。 もとは、千葉県野田市に本店がある、ホワイト餃子から 7番目にのれんわけされたということで、 第7餃子というそうです。 ホワイト餃子は、俵型で、皮が分厚く、 表面がカリカリ、中がもっちり 具がジューシー、というもの。 みためは、普通の餃子とはまったくちがいます。 この餃子が家庭で作れるか、なんですけれど・・・ 具は、にんにく無し、 豚肉、キャベツなど、ということのほかは、 企業秘密。 しかも40種類もの材料をブレンドしているそうです。 皮もホワイト餃子専用の分厚いものなんですが、 これは手作りで極厚の皮を作ればいけるかもしれません。 ホワイト餃子の焼き方、お店では? ですが、関東のホワイト餃子(野田、亀有、小岩などに店があります)では、 家庭で焼くための 冷凍のホワイト餃子を販売してます。 この冷凍ホワイト餃子、焼き方にコツが必要。 お店では、 餃子をフライパンに並べたら、 餃子が8分目くらいかぶるほどの熱湯を注ぎ、 その上から、これも特性の熱い油を 大きなお玉で2杯注ぎ、 油の熱で水分を飛ばして 蒸し焼き&揚げ焼き を実現します。 しかし、家庭で、 お湯の上から油を直接注ぐのはあまりにも危険です。 家庭で上手に焼くには 家庭では、次のような手順で焼きます。 1.冷凍のホワイト餃子を餃子を薄く油を敷いたフライパンにぎっちり、隙間がないように並べる。 2.餃子が8分目くらいかぶるほどの熱湯を注いで蓋をする。 水分がなくなるまで蒸し焼きにする 3.水分がほとんど完全になくなったら、 8分目くらいまでかぶるくらいまで油を注ぎます。 このとき、サラダ油と胡麻油をお好みの比率で混ぜて使うと よいようです。 4.途中、油を足しながら、揚げ焼きにしていきます。 途中で、フライ返しで餃子のそこが動くかどうかを確認し、 動くようなら焼き目がついています。 5.油がほとんどなくなるまで焼き、皿の上にひっくり返して取り出します。 ホワイト餃子の家庭での作り方(焼き方) まとめ 分厚い皮を蒸し焼き、揚げ焼きにしているので、 食感は、 焼き小龍包みたいなかんじのようです。 これで具の配合がわかれば 皮を手づくりして、 家庭で完全に手作りできるかもしれませんが、 配合が企業秘密なのでなかなか難しい。 php on line 5.

次の