切子 の どこが 好き なん だい。 ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法とメリット・デメリット

好きな街で、好きなだけ。 RICOH JAPAN Recruit web

切子 の どこが 好き なん だい

毎年、桜が満開になると、近所の中学校に行って 母と一緒に写真を撮っている。 撮った写真は袋に入れて、箪笥にペタっと貼る。 こうすると、アルバムを開く手間も要らず、 家族だけでなく、医者も、ヘルパーさんもみんなが 気軽に眺めて、感想を述べ、話の種となる。 最初は何気なく撮った一枚の写真だったが、 五年、六年と続けるうちに、私たちの定点観測となって 「この年は歩けたね」「この年は骨折しちゃった」と 一年一年の変化を写し出し、いつのまにか 思い出の宝庫になってきたのも面白い。 その桜の季節が今年も東京にやってきたのだが、 困ったことに、主役の母が肺炎で入院してしまった。 介護をする私には、久しぶりに折り紙をする時間が できたわけだが、肝心の桜の写真は撮れるのか? さて、今日も病院に行ってみますか。 今日の作品は「 Mummy Star Kusudama 」。 久しぶりに「お気に入り」になった作品である。 正方形の折り紙を細長く折ってユニットを作り、 それを5枚巻きつけて、とんがりを作るタイプだが、 こういうタイプは、巻きつけているうちに、 紙の厚さが邪魔して、綺麗に巻けないことが多いのだが この Mummy Star Kusudama にはそれが無い。 気持ちよく巻けるので、作っていて楽しい。 だから、お気に入り。 皆さまも是非、お作りあれ~~ 折り図は の中に。 スクロールしてね。 平穏無事な時は縁遠い言葉だが、 いざ事が起きてみると、その通りだと痛感する。 実は先日、コンビニの前で転倒した。 左半身を打ったらしく、痛~いと思って倒れているうちに、 医療機関の近所だったせいか、昼食を買いに来ていた 看護師やドクターが現れて、「動かないで、そのまま」 「救急車要請!」「脈拍…」「パルスは?」と頭の上で 声が飛び交っている。 そして病院へ…。 CTやX線など、山ほど検査を受けて、結果、現時点では異常なし。 打撲と擦過傷で無罪放免になったものの、 頭を打っているかもしれないので、二、三ヶ月は要注意だとか。 ちょっとコンビニに行こうとしただけなのに、 眼鏡は壊れるし、病院で散財するし、 おまけに、お顔と膝小僧に擦り傷で、 ホントもう、人生、一寸先は闇ですね。 落ち込んじゃうけど、フィギュアスケートの 羽生選手と宇野選手が金銀メダルに輝いたので 元気をいただけました、とさ、とほほ~~ さて、今日はナタリア・ロマネンコさんの作品である 『パッセージ』を作ってみた。 用紙は1対2の長方形。 形は正20面体そのものだが、辺の構成に工夫がある。 普通、この手のくす玉の場合、辺は一枚の紙で形成され、 三角の頂点で繋ぐ場合が多いが、この作品は辺の中央に つなぎ目が現れる。 そのせいで、少し不安定な感じがでて、 そのぶん、逆に、ふんわりとした印象になる。 詳しい作り方はへ。 20年もあったのに…。 そして、びっくり. 、ポストも無~い ポストは公共性の強いものだから コンビニは消えても、ポストは残ると思ってたけど、 コンビニと共に去りぬ~~~なのね。 がっかり…。 ってことは、次なる至近距離のポストを探さにゃならん。 なにせ「徒歩一分」に20年間も慣れちゃったから、 どこに行っても遠く感じじますわぁ~ さて今日は、布施知子さんの「 めんこ」。 二枚の長方形を組んでユニットを作るのだが、 こういうシンプルなデザインは飽きがこなくていい。 それに色展開次第で、いろいろに遊べて 奥が深そうなので、前から作りたいと思っていた。 今回は紫をベースにしたが、次につくる時は 極彩色系にしてみようっと。 出典は布施知子著『 花まり』でした。 弟から電話があって、「受かりました!」 「第一志望に合格したので、安心しました」 彼の息子の中学受験で、合格発表があったのだ。 雪の影響で交通機関が乱れたので心配していたが どうやら甥っ子は実力を発揮できたらしい。 最初は、中学で受験しなくても…と思ったが、 本人の意向で受験すると決めて、自ら努力したことだったので いい結果がでて良かった。 数年前まで一緒に薗部ユニットを作って遊び、 このブログにも、ときどき登場したあのチビッ子が もう中学受験の年だなんて、ホントに光陰矢の如しねぇ。 今日は海外のサイトで見た「リトル・タートル」。 ちっちゃい亀さん=亀の子ユニットなのだが、 作ってみてから気がついた。 これ、布施知子さんの亀の子ユニットじゃない? どこかで見た記憶があるような…。 もし布施さんの作品だとしたら、 数種類ある亀の子ユニットの中で一番強度のあるタイプだと思う。 個人的には『ゆかいな多面体』に載っている凹型・凸型の 亀の子ユニットが軽くて好きだが、今回の作品ほど強固にはできない。 頑丈に作りたい時は、これがいいと思う。 投げても、落しても、多少の事では凹みません。 でも、そのぶん、ちょいと折り込みますけどね 大きい紙で分かり易い折り方動画はへ。 別の動画に作者布施知子と書いてありました。 「買ってぇ~」「買わない!」闘争である。 先日は雑誌コーナーで見た。 小さい子が『小学一年生』を引き抜いて、 お母さんにねだっている。 よほど大切なのか、胸に抱え、両手で抱きしめながら 「買ってってばぁ~」「だめ」「買ってよぉ~」「やだ!」 これを何度も繰り返したのち、嫌気がさしたのか、 お母さんは子供の胸から『小学一年生』を引き抜くと、 雑誌コーナーに、ちょっと乱暴につっこんだ。 すると、それを見た子供は走って行って 斜めになった『小学一年生』を正しく置き直してから、 お母さんに向かって言った。 「買わないんなら、丁寧にしまいなさいよ!」 いやぁ、ごもっとも。 来月は買ってもらえるといいね。 今日は、Anzhelika Pas'ko さん作の「 Pretty Ball 」を作ってみた。 この手のデザインはかなり多い。 たとえば左は142でアップした「 」。 右は200でアップした「 」。 花と花を繋ぐ部分の模様の出し方によって 多少の違いはあるが、ユニットの折り方は だいたい同じ。 左は今回のユニットだ。 黄色い紙はブロックメモ。 紫系は折り紙を使った。 折り方はもちろん簡単ですぅ 私は折り図で作ったが、探したら、動画がありました。 今年は介護が忙しくて、更新が遅くなってしまったが 気を取り直して、301回目をスタートしよう。 年の最初の作品なので、 縁起のいい名前の作品にしましょう というわけで、今日は、 ラッキー・スター・ユニット。 「スター」は何と無く分かるけど、 どこが「ラッキー」ですのん? なんて聞かんといてね。 この作品は、ピンタレストという画像収集ツールのサイトで 見たのだが、折り方写真を一見して、気に入った。 だって、 簡単なわりに綺麗 unit fun の大好物なのね。 用紙は7. 5cm角の正方形。 トップの写真は30枚組。 下の青と緑色のは12枚組。 12枚組はリモコンにちょこんと乗る、爪楊枝サイズ。 十字の形に星が出て、こちらもカワイイ。 ユニットは正方形を三分割し、四隅を折ってから作る。 三分割だけが、ちょいと手間だけど、あとは超簡単 寒い日に炬燵に入りながら、いかがでしょう。 なんと、クラシックのイントロクイズ ピアノやバイオリンの有名な曲なら、 当てられるという人もいるかもしれないが、 質問は交響曲。 しかも、問題は超短い。 出だしの「ジャッ!」の音だけで、 曲名を当てるなんて、無理ですよ~と思っていたら、 正解を出す人がいるんですね。 びっくりしたぁ~。 でね、番組の司会している男の人が、たしか 「かわりょう」と名乗ったように聞こえたんだけど その声、どこか聴き覚えがあるような…。 もしかして、「ふかわりょう」さんですかぁ~ さて、今日の作品はこちら。 用紙は1対2で30枚組。 ユニットは折り易いし、組み方もラク。 しっかりと組みあがっていいのだが、ただひとつ弱点が。 色の部分は紙が二、三枚重なっているが、 頂点の部分(写真の白いところ)は紙一枚で 三角ピラミッドを構成するので、弱いのよ。 うっかりすると、潰しそうになるので、ご注意を。 写真による作り方の説明はへ。 先日、交差点で信号待ちをしていたら、 隣のおじさんがモソモソ動いている。 何してるの~~ ふと見たら、 長財布を出して、中身の整理の真っ最中。 レシートを出して、別の場所に入れ直したり、 カードをきちんと並べたり、もしかして 収納整理好きですか っていうより こんな場所でぇ~、と思って、もう一度見たら、 なんと、あなた、お札がぎっしり~~~ 厚さ1cmは確実にありましたっけ。 師走のこの時期に、人通りの多い交差点で、 大金入りの財布の整理収納をするって、何かの罰ゲーム? それとも貧乏人のお前に札束を見せてやろうというお心遣いでござるか? いずれにしても、繁華街。 懐中物にはくれぐれもご用心くだされ~~ さて今日は、「お金」つづきで、作品名は「 マネーボックス」。 たしかに、コインが入りそうな細い穴が開いてます。 この作品は前から知っていたが、 見た目が難しそうだったので、敬遠していた。 でも、いざ作ってみたら、意外にも折り易くて驚いた。 折る数は少なくないが、折り方に無理が無くて 次の折り方が想像できるので、そのぶん覚えやすい。 込み入ったものを作りたい時におススメかも。 作り方の動画はへ。

次の

石原慎太郎 「この国で一番贅沢な地域」湘南 PART1

切子 の どこが 好き なん だい

ガルバリウム鋼板という金属サイディングボードの一つの外装材が近年注目され、外壁や屋根として使う方が増えています。 ガルバリウム鋼板を外壁に使えば メンテナンスフリー(メンテナンスが必要ない)、錆びない、断熱に優れているなどの様々な憶測がインターネット上を飛び交っており、実際これらの事を謳った悪徳業者も存在しています。 実際、ガルバリウム鋼板は優れていると言われていますが外壁、屋根としてどの程度良いものなのでしょうか。 メリットやデメリットについてできる限り詳しく記載しています。 また、外壁や屋根をガルバリウム鋼板にした後、メンテナンスはどのような事をするべきか、どのような補修箇所が出来て、どのような補修をするべきなのかもまとめています。 ガルバリウム鋼板に関するメンテナンスや施工のお悩みがありましたら、にご相談ください。 近隣のガルバリウム鋼板を専門とする優良業者を無料でご案内いたします。 ガルバリウム鋼板とは ガルバリウム鋼板はスタイリッシュな外観や名前からまるで近未来の材料のような印象を受けますが実際はそうではありません。 鋼板というものがそもそも鉄がベースの合金の板の事で、 ガルバリウム鋼板はその鉄合金の板に金属メッキ加工を施したものです。 このメッキのおかげで ガルバリウム鋼板は金属なのにもかかわらず錆びにくくて長持ち、そして軽いので家に負担をかけないなど様々なメリットを持っています(モルタルなどのセメント主体の建材は非常に重いため、家自体の骨組みの木や金属に負担がかかってしまうので、外壁材は軽い方が良いと言われます)。 しかし、外壁材において全てに優れているものは存在せず、ガルバリウム鋼板も多分に漏れずデメリットが存在します。 ガルバリウム鋼板は優れた外壁材ではあるのですが、ここではまずここが優れている、ここが優れていないという短絡的な話ではなく、ガルバリウム鋼板を建材として導入するに当たって、メリットとデメリットをしっかりと把握した上で選ぶ必要があるという事を認識しましょう。 基本的には ガルバリウム鋼板の施工を勧めてくる業者はメリットしか言いませんし、当てにならないのですべてを鵜呑みにするのは危険です。 ガルバリウム鋼板は見た目や機能性を気に入れば使っても良いほど優れた外装材ではありますが、メリット、デメリット、メンテナンス方法などの基本的な知識はしっかりと持っておきましょう。 ちなみにガルバリウムは「ガルバ」「ガルバニウム」「ガリバリウム」など少し違う呼ばれ方をする場合もあります。 ガルバリウム鋼板の扱いは難しく、塗装や張替などの施工も熟練した職人が行う必要があります。 必ずガルバリウム鋼板の専門にお願いしましょう。 もし近隣の優良業者が分からない場合は、で、優良業者を無料でご案内しますので、お問い合わせください。 ガルバリウム鋼板のメリット 錆びにくい 金属系サイディングボードは軽くて丈夫なのにさびやすい、というのがデメリットなのですが、 ガルバリウム鋼板は金属で出来ているにもかかわらず非常に錆びにくいです。 その錆びにくさはトタンなどの数倍以上と言われています。 建物が錆びるというのは、外壁が剥がれたり、大きくひび割れてしまうのと同様に非常に美観を損ないますし、さびがあるだけで古びた印象の家になってしまうので、錆びが起こりにくいというのは金属製の外装材として優れていると言えます。 しかし、 酸性雨が降る、雨が乾きにくいなどの気候的によくないので錆びてしまうとか、さびた釘が接触してもらい錆をしてしまうなど、絶対に錆びないという訳ではありません(詳しくは後述します)。 高寿命(耐用年数が長い) トタンは10~20年経つとぼろぼろになってしまい、交換しないと家を守る事が出来ないぐらい劣化してしまい(寿命が短い)、外壁リフォーム工事が必要となります。 しかし、 ガルバリウム鋼板は金属製の外壁材としては寿命が長く、20~30年以上もつと言われています。 メンテナンスなどをしっかり行えば、末永く楽しめる外装材と言えます。 軽いので耐震性が高い 鉄の塊が重いように、本来、金属は思いものですが、ガルバリウム鋼板は金属の薄い板で、その薄さは1mmにも満たないです(板厚は厚くて2~3mmほど)。 その薄さから、ガルバリウム鋼板は非常に軽く、家の基礎部分(家自体を構成する木や金属などの建材)にも負担をかけません。 また、家に負担をかけにくいという事は、 地震などが起こったときにも同様に家に負担をかけず、地震に強いと言えます。 また軽くて、家に負担をかけない事から、今現在の外壁や屋根の上からガルバリウム鋼板を設置するカバー工法という工法も可能です(元の外壁材が薄い物だった場合に限られ、今の外壁材が分厚い場合は、取り除いてから施工する必要があります)。 カバー工法で家の周りをガルバリウム鋼板で囲む事で、金属外壁ならではのシックでおしゃれな家に見せる事が可能です。 ただし、ガルバリウム鋼板のメリットが発揮されるのは、あくまできちんとした業者に限られますし、今は 悪徳業者が横行しています。 業者選びには十分に注意を払いましょう。 近隣の良い業者が見つからなかった場合は、が近隣の優良なガルバリウム鋼板の専門業者をお探しします。 ガルバリウム鋼板のデメリット 費用がかかる 「ガルバリウムはメンテナンスフリーだからコストは安いですよ」という業者がいますが、メンテナンスフリーという外壁材は存在しません。 どのような外壁材であればメンテナンスは必要で、ガルバリウム鋼板の外壁であっても、きちんとメンテナンスを行う必要があります。 しかも、ガルバリウム鋼板の外壁や屋根は非常にデリケートな材質なので、日々のメンテナンスが必要です。 家をガルバリウム鋼板にする為の材料費や、工賃も安いわけではないですし、施工も他の金属と接触させないように気をつけたり(他の金属に接触すると錆びやすい性質を持っています)、湿気を逃がす工夫が必要だったりで大変な部分が多く、その分工費が高いです。 初期費用がかかり、ランニングコストもかかるという割高な外装材と言えます。 次の項で説明しますが、ガルバリウム鋼板には断熱機能(夏の屋外の暑さや、冬の屋外の寒さを家の中まで伝わらないようにする機能)がないので、家そのものに断熱性能をつける必要があります。 そのため、さらに費用が発生します。 ガルバリウム鋼板を安価に施工出来る業者がいたとしたら、もしかすると必要な工事を行わない手抜き業者である可能性があります。 手を抜かない優良業者を探したい場合は、外壁塗装駆け込み寺にご相談ください。 ガルバリウム鋼板を導入したい場合でも、補修したい場合でも対応出来る優良業者をが無料でご紹介します。 断熱性能を断熱材に頼る必要がある ガルバリウム鋼板は断熱性能を持っている外壁材ではありません。 しかし、「ガルバリウム鋼板は断熱機能が低いから良くない」と頭越しに決めつける訳ではありません。 そもそもガルバリウムは外観を良く見せる為、そして雨、紫外線、湿気、空気中の汚れなどの外の環境から家を保護する為に開発されたものなので、断熱性能は元々ついていません。 ガルバリウム鋼板そのものが薄く、他のところで断熱機能を確保する必要があるというだけの事で、ガルバリウム鋼板=断熱低いという事ではありません。 外壁材は基本的に断熱機能というものは持っていない物がおおく、断熱材などの内部構造に頼っているものがほとんどなのです(外断熱、内断熱問わず)。 家がガルバリウム鋼板の外壁材、屋根材を使用しているという方に、断熱性能に関して聞いてみると、「エアコンはきちんと効くので断熱できています」という方と「ガルバリウム鋼板は夏暑く、冬寒いので断熱出来ません」という方で分かれますが、ガルバリウム鋼板にはそもそも断熱性能なんてありません。 ガルバリウム鋼板の部分よりもさらに内側に断熱材が入っているかなど、家そのものに断熱構造を施してあるかの問題となります。 さらに言うと、そこまできちんと説明していない施工業者が悪い場合が多いです。 ご相談いただいた方の家に行ってみると、断熱材がしっかりと入っていなかった、ということもあり得ます。 業者探しは十分に気をつけましょう。 近隣で優良業者を探したいという場合は、にご相談ください。 それ故、家の外壁材としてガルバリウム鋼板を使用する場合はしっかりと断熱機能に関しても考えておく必要があります。 すでに建てられた家であれば基本的に断熱構造はある程度設けられているので問題ないかとは思いますが、0から考える必要がある新築時には注意しましょう。 ちなみに夏にそこまで熱くなく、冬にそこまで寒くないような、一般的な生活が出来るぐらいの断熱に関しては、ガイナなどの断熱塗料を塗れば大丈夫と言う事ではありません。 ガイナの断熱性能が悪いという事ではなく、数ミリしかない塗料の膜での断熱には限界があるという事になります。 ガルバリウム鋼板を利用した家で断熱性能を求める場合、家そのものに断熱構造をつける必要がある事を覚えておきましょう。 見た目に賛否両論がある 全ての人に良い印象を与えるような理想的な外壁材というは存在しないと思いますが(日本人は木のぬくもりが好き、などある程度大勢が好むというものはあると思いますが)、ガルバリウム鋼板はかなり好き嫌いが分かれる外装材です。 好きな人は「きれい」「かっこいい」「シンプル」「シック」「モダン」など良いようにと感じますが、全く同じ建物を見て「倉庫みたい」「トタンのよう」「安っぽい」など悪く思う人もいます。 ただし、良い印象を感じるかどうかという事は本当に人それぞれ違うので、周りの人への印象は考えずに、住む自分たちの印象次第で考えておけば良いでしょう。 錆びにくい材質ではあるが錆びる事もある メリットで上げた錆びにくいという事ではあるのですが、錆びない、という事ではありません。 ガルバリウム鋼板はトタンの強化版のような物と考えれば錆びるという現象にも納得がいくと思います。 どのようなさびが起こるかについては以下の劣化についての項目で合わせて解説いたします。 ガルバリウム鋼板の劣化について ガルバリウム鋼板は金属の板なので、メッキをしていたとしても錆びます。 「ガルバリウム鋼板は錆びない材質なので海の近くでも問題ありません」などととんでもない営業を行う悪徳業者がいますが、 ガルバリウム鋼板が錆びないというのは、メンテナンスフリーと同じぐらいひどい嘘と考えた方が良いです。 サビさせたくないのであれば金属ではない窯業系サイディングボードなどの外壁材を選ぶべきです。 金属の外壁材にする以上、ある程度錆びる可能性を想定し、もらいサビをしない、違う種類の金属を置かないなど、錆びないように努力しましょう(詳しくは後述)。 悪徳業者や技術力の無い業者に頼んでしまうと、ガルバリウム鋼板の施工や補修は間違いなく失敗する、というほど難しい工事です。 必ず技術力のある専門業者に任せましょう。 近隣の優良な専門業者が分からない場合は、で無料でご案内しております。 サビだけでも何種類かありますし、それ以外の劣化も考えられます。 ガルバリウム鋼板の劣化現象について考えてみましょう。 赤さび 赤さびはガルバリウム鋼板が傷ついてしまったところから発生するサビです。 外壁に何も起こらなければ起こりにくいですが、かたいものなどで表面を傷つけてしまうというのは珍しいことではありません。 例えば芝刈り機で小石を飛ばして壁に当ててしまった、自転車を近くに置いておいたら風で倒れて当たってしまった、子どもが遊んでいて石やおもちゃなどの堅いものをぶつけてしまった、車で飛ばされた小石が当たってしまったなどなど様々な要因が存在します。 そこから少しずつ錆びていくのが赤さびです。 ガルバリウム鋼板は表面こそ特殊なメッキ加工がされていますが、中身は鉄の板のようなものなので錆びてしまうのです。 これを防ぐ為にはかなり神経質にならざるを得ません。 「物がぶつかってはいけない」という外装材にしてはかなりデリケートな面を持っています。 もちろん物がぶつかったからといって必ず錆びるという訳ではありません。 白さび 潮風が吹く海の近くの家や、高温多湿な状況下でおきやすいサビ現象の一つです。 金属のサビというよりも、白い斑点がガルバリウム鋼板の表面に出来てしまう現象で、何もないすっきりとしたデザインが魅力の一つであるガルバリウム鋼板に白い斑点がついてしまうというのは、美観的には非常にマイナスとなります。 白さびはガルバリウム鋼板の表面メッキに含まれている亜鉛が酸化したものが表面に出てしまうのが原因です。 また、庇(ひさし)の下、軒天(軒下、軒天井、軒裏)など雨があまりかからないところに出る傾向があります。 雨があまりかからないといっても多少はかかり、しかもそれがなかなか乾かないというときに白さびが発生します。 上記に挙げた以外の場所でも、濡れにくい、濡れても乾きにくいという場所に白さびは発生します。 このさびを防ぐには定期的に、もしくは雨が降った後などにきれいな水などで該当箇所を水洗いする必要があります。 もらいサビ もらいサビとは、 他の金属のサビをガルバリウム鋼板がもらって錆びてしまうという現象です(赤さびの一つです)。 錆びたネジが壁に当たると、それだけでもらいサビをしてしまう可能性があります。 例えば、近所に電車の線路が走っていたとして、そこに電車が通る度、線路は削られています。 その削られた鉄粉が壁についてしまうと、ガルバリウム鋼板の外壁はもらいサビを起こしてしまう場合があるのです。 もしくは錆びた箇所がある自転車を倒した、錆びた釘を誤って接触させてしまった、など様々な状況でもらい錆は発生してしまいます。 他のものとの接触腐食 もらいサビのような錆びた金属との接触だけではなく、 錆びていなくても他の金属と接触することでガルバリウム鋼板は劣化してしまう現象があります。 これを 電食(異種金属接触腐食)といい、施工業者の知識がない場合などに起こります。 全国的にも多数発生しており、自治体が注意喚起を行っている所もあります。 金属以外でも木材とも接触腐食を起こしてしまいます。 これは木材の中に含まれる木酢液という酢酸の一種がガルバリウム鋼板を腐食させてしまうのです。 金属製品や木製製品をガルバリウム鋼板に立てかけたり、屋根の上に金属製、木製のベランダなどを設置することは十分にあり得る話なので、接触腐食に注意しておきましょう。 錆びている金属も錆びていない金属も接触する事はガルバリウム鋼板にはよくないので、家の周りに他の金属を使用する事が出来ないという点で、ガルバリウム鋼板は非常にデリケートで扱いづらい外壁材とも言えるでしょう。 施工業者が施工の際に気をつければ、避けられるデメリットも多く、優良な業者に任せることは重要です。 地域の優良店を探したいという場合は、で無料でご紹介しておりますので、ご利用ください。 ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法について 「ガルバリウム鋼板は次世代型の新製品なのでメンテナンスフリー(メンテナンスは必要ない)です!」というのは悪徳業者や、契約を取ってくる事だけが仕事の営業マンのセールストークであり、当然、 ガルバリウム鋼板の外壁や屋根にも定期的なメンテナンスは必要です。 ではどのようなメンテナンスがガルバリウム鋼板には望ましいのでしょうか。 ガルバリウム鋼板の日々のメンテナンス方法は簡単で、定期的に水をかけてあげるというものです。 一年に一回でも良いですが、雨が降った後などに外壁を見て、泥がはねているようであれば、水洗いしてあげるようにしましょう。 また、潮風が来やすい沿岸沿いの地域や、酸性雨が降るような地域の場合、一ヶ月ごとや三ヶ月ごとといった具合でもっと頻度を増やした方が良いでしょう。 余談ですが、酸性雨が降りやすい地域というのは、排気ガスがたくさん出ているような都市部ということではなく、風が集まりやすいところが多いと言われています(少し前のデータですが、こちらのページに詳しくまとめられています:)。 ちなみに、水をかけるというメンテナンス方法ですが、気をつけるのは 高圧洗浄機を避けると言う事です。 高圧洗浄機は非常に高圧で(家庭用であっても)、ガルバリウム鋼板などの金属板には向きません。 優しい水で汚れを流しましょう。 特に雨水がかかりにくい部分は逆に汚れなどが流れにくくなっているので重点的に流すようにしましょう。 ガルバリウム鋼板の塗装は経験豊富な業者にしてもらう 紫外線や雨に毎日さらされ続ける屋根や外壁はどんどん劣化していき、ある程度劣化した段階で保護する必要があります。 しかし、ガルバリウム鋼板の塗装は非常に困難です。 そもそもが汚れなどが付着しづらい材質で出来ており、塗料も付着しづらいです。 知識をあまり持たない業者がガルバリウム鋼板の塗装を行ってしまうと、うまく鋼板に塗料を接着させる事が出来ず、数年で剥がれ落ちてしまいます。 専門業者でさえそのようなところが多いので、全くの素人が行うDIYは絶対に控えましょう。 通常の外壁をDIY塗装する事よりもリスクが高いです(参考:)。 知識の少ない業者に頼んでしまい、通常の塗料を選んで塗装した場合、せっかくのガルバリウム鋼板の質感が台無しになりトタン作りの家のようになる場合があります。 業者に頼む場合は、今までにガルバリウム鋼板の塗装を行ったことがあるかどうかを必ず確認し、施工した家を見せてもらってください。 まだガルバリウム鋼板を塗装出来る業者が少ないというもデメリットの一つかもしれません。 経験豊富な業者を探すのが困難だった場合、が無料で近隣の優良業者をお探しいたしますので、こちらからお問い合わせください。 ガルバリウム鋼板に関する疑問、注意点 ガルバリウム鋼板は何色が良い? 上記画像の色一覧は日鉄住金鋼板株式会社のホームページより引用しました。 ガルバリウム鋼板の色に悩んでいらっしゃる方も多いです。 白などの薄い色は雨だれの汚れが目立ち、黒などの濃い色だと泥ハネが目立つという方が多いようです。 最も良いのはシルバー、ブルー、グレーあたりではないかという方が多いようです。 しかし、後述するように、ガルバリウム鋼板を製造しているメーカーというのは非常にたくさんあり、色もその分非常に多くなっております。 その場合、優良な業者さんと協力して色選びをすると、失敗しづらくなります。 手抜き業者、悪徳業者ではまず色選びで施工することは出来ません。 それぐらい良い業者さんにお願いする事は重要です。 近隣の優良業者を探すことが出来なかった場合は、でも業者探しを無料で代行していますので、ご利用ください。 ガルバリウム鋼板のメーカーは? ガルバリウム鋼板のメーカーは実は非常に多いです。 アイジー工業• 日鉄住金鋼板• 旭トステム• 日新製鋼• 淀川製鋼所• 稲垣商事株式会社• ニチハ• 月星商事• JFE鋼板• セキノ興産• 福泉工業• 東海カラー• YKKAP• 東邦シートフレーム• 北海鋼機 などがあります。 たくさんのメーカーが作っているので、デザインの種類も非常に豊富です。 ガルバリウム鋼板のメーカー保証について ガルバリウム鋼板は非常に耐久性が高い製品なので、メーカーも強気に10年以上のさび、穴あきの保証をつけている場合があるのですが、 保証条件が厳しい場合もあります。 例えば、現場で加工した場合は保証対象外というものです。 これはガルバリウム鋼板の表面がメッキ加工で、それによりさびを防いでいるので、加工して切断などしてしまってはメッキの中の金属がむき出しとなり、防さび効果が発揮されないから、ということで理屈は分かるのですが、現場で加工しないというのは、家の形によってはハードルが高いでしょう。 これらの メーカー保証はメーカーによって非常に多様なので、購入を検討している場合は、メーカーや外壁専門店によく確認しておきましょう。 また、塗装の場合は、メーカー保証ではなく、塗装店独自の保証も十分に考慮しておきましょう。 ガルバリウム鋼板は後から問題が起こる場合も多いので、塗装店に保証がついているかどうかは重要です。 保証がついている優良店を探したい、という場合は、で保証が十分な塗装店を紹介いたします。 ガルバリウム鋼板まとめ ガルバリウム鋼板は見た目や機能性が非常に優れているため、人気の外装材と言えますが、その反面、価格が高かったり、非常にデリケートな材質だったりします。 また、施工も非常に難しく、知識がない業者が施工した場合は、まず失敗すると言われています。 優良業者を探して、ガルバリウム鋼板の施工や、塗装をお願いするようにしましょう。 もし、近所で良い業者を見つけることが出来なかったというような場合は、が代わりに近隣の優良業者を無料でお探ししますので、ご相談ください。

次の

ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法とメリット・デメリット

切子 の どこが 好き なん だい

訪れた、硝子加工所 春の終わり、江東区のとある工房を訪れていました。 「門脇硝子加工所」、親子二代で制作されているのは、涼やかで美しい「江戸切子」です。 きらきらと輝く青色。 ひとつひとつ丁寧に削られ模様が浮かび上がった切子は、窓の陽を浴びれば、かけられた手間や込められた技術がそのまま影にも映るよう。 贈答品としても人気が高く、眺めるほどに惚れ惚れとする作品たちです。 今回お話をうかがうのは、その作り手である、2代目でこの道27年の門脇裕二さん。 伝統工芸士として「江戸切子」を守りながら、新たなデザインや販路の拡大まで手がけられています。 「何からお話しましょうか」と門脇さん。 作品はもちろん、隅々の道具にまで愛情たっぷりです。 伝統的な技法の数々.

次の