モラル ハラスメント。 職場でのモラルハラスメントの特徴

モラルハラスメント

モラル ハラスメント

概要 [ ] の、が提唱した言葉。 等が残るために顕在化(見える化)しやすいと違い、言葉や態度等によって行われる精神的な暴力は見えづらいため、長い間潜在的な物として存在していたが、イルゴイエンヌの提唱により一般にも知られるようになった。 イルゴイエンヌは、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘いが、精神的な暴力は肉体的な暴力と同じ程度に、場合によっては肉体的な暴力以上に人を傷つけるものでであると述べる。 フランスにおいては、1998年時点では、社会は精神的な暴力に対しては対応が甘く、肉体的な暴力に対して厳しいので、その点が問題だという。 イルゴイエンヌは、セラピストとしてたくさんの被害者に接してきた結果、被害者が加害者の攻撃から身を守ることがいかに難しいか、よく知っている。 ストレスは行き過ぎなければ心身に深い傷を与えないが、これに対してモラル・ハラスメントは、心身に深い傷を与えるのが普通の状態なのである。 「モラルハラスメントがどれほど被害者の心身の健康に破壊的な影響を与えるのか、その恐ろしさを嫌と言うほど見てきた。 モラルハラスメントは精神的なである」とも述べている。 「モラル・ハラスメント」が成立するためには、「いやがらせ」が行われると共に、それが隠蔽されねばならない。 「いやがらせ」と「いやがらせの隠蔽」とが同時に行われることが、モラル・ハラスメントの成立にとって、決定的に重要である。 は、「愛」だと思い込んで相手を支配する「サディズムの変装」を、モラルハラスメントをする人自身が、「愛」だと思い込んで理解できない側面を指摘している [ ]。 また、被害者の支援者は肯定的な対応を行い、加害者と離れることを勧めたり適切な支援機関を紹介をしたりすることが大切である。 マリー=フランス・イルゴイエンヌによる定義 [ ] 加害者にとり、被害者は人間ではなく「モノ」 である。 とはいっても、モラル・ハラスメントの被害者に選ばれる人物にも傾向が存在する。 被害者は、起こった出来事に対して「自分が悪いのでは」と罪悪感を持ちやすい 、誰かに与えることを欲している というが利用される。 自己愛的な変質者が欲しているが持っていないものを持っているか、自身の生活のなかから喜びを引き出しているという性格の場合も被害者に選ばれやすい。 加害者は道徳家のように振舞うことが多い。 の人格に近いところがある。 しかしながら、加害者が人を支配しようとするのに、妄想症の人間が自身の「力」を用いるのとは対照的に、モラル・ハラスメントの加害者は自身の「魅力」を用いる (婉曲的な表現や倒置法を好んで使うなど)。 次に、ひとつひとつを取ってみればとりたてて問題にするほどのことではないと思えるようなささいな事柄・やり方により、被害者の考えやを支配・制御しようとする。 この段階では、加害者は被害者に罪悪感を与え、周囲には被害者が悪いと思わせようとする。 被害者が自立しようとすると、や罵倒などの精神的な暴力を振るい始める。 だが、モラル・ハラスメントのメカニズムが機能しているかぎり、加害者の心には安寧がもたらされるので、被害者以外の人には「感じのいい人」として振る舞うことが出来る。 そのため、その人が突然モラル・ハラスメントの加害者として振る舞ったとき、周囲には驚きがもたらされ、時にはハラスメントの否認さえなされる。 故に、被害者は自分のほうが悪いのではないかと逡巡し、暴力行為自体は相手が悪いが、原因は自分にあると思考してしまう。 モラル・ハラスメントの加害者が行う個々のは、普通の人でもやってしまうことがあるものだが、普通の人はためらいや罪悪感を伴ってしまうところを、「本物の加害者」 は自身のほうが被害者だと考える。 反対に、耐えかねた被害者が加害者に肉体的な暴力をふるってしまうこともよく起こる。 加害者がそのように仕向けることすらある。 「自己愛的な変質者」、この人達は人々をひきつけ支配下に置き価値観の基準をひっくり返すことができる。 集団に混じっていれば集団的倫理観が破壊されてしまう。 [ ] 加害者は自分のしていることを周りにも、相手にも気づかれないようにして、巧みに被害者を傷つけていく。 その結果、被害者は、肉体的にも精神的にもかなり苦しんでいるのにその苦しみの原因がわからず、時には随分時間がたってからようやく自分がモラルハラスメントを受けていた事に気づく。 また、何年も経過した後でも被害者は、行動する度に加害者から言われた中傷誹謗や軽蔑の言葉が頭に蘇り、(PTSD)に長期的に悩み苦しむこともよくある。 [ ] 加藤諦三による例示 [ ] 親に「勉強しなさい」と言われて子供が「イヤだ」と言っているような関係なら、モラルハラスメントは成立しない。 しかしモラルハラスメントが成立していると「なんで誰々さんのようになれないの」と言われて「あんたの子供だからだよ」とはとても言い返せない。 モラル・ハラスメント加害者の人格・心理構造 [ ] マリー=フランス・イルゴイエンヌによると、 「自己愛的な変質者」 は、誰かから奪うことを欲している 、内心の葛藤を自身で引き受けることが出来ず外部に向ける、自身を守るために他人を破壊する必要を持つという「変質性」を持つ。 子供の頃に受けた何かのによってなるだと考えられるが 、普通の人なら罪悪感を持ってしまうような言動を平気で出来る 、そのような特徴から「症状のない精神病者」と理解される。 加害者の攻撃性はが病的に拡大されたものである。 モラル・ハラスメントの加害者は、自分が「常識」であり、真実や善悪の判定者であるかのようにふるまい 、優れた人物であるという印象を与えようとし 、自分の欠点に気づかないようにするために他人の欠点を暴きたて 、称賛してもらうために他人を必要とする。 加害者の論理では、他人を尊重するなどという考えは存在しない。 加害者は復讐の気持ちをともなった怒りや恨みも持ち 、被害者にすべての責任を押しつけてしまうことによって、ストレスや苦しみから逃れる。 相手の弱みを見つけ暴き攻撃することによって優位を保とうとする。 この時その相手というのは、自己愛的な変質者の心のなかでは全てに責任のある悪い人間、すなわち破壊されなければならない人間であり、執拗に攻撃を繰り返すのだが、この過程で加害者が相手のアイデンティティーが破壊していくのを見て喜んでいるのには間違いない。 カレン・ホルナイによると、 加害者のサディズムは、攻撃的パーソナリティーでは顕著に表れ、直接攻撃でわかりやすいが、迎合的パーソナリティーの人の場合には狡猾に表れる。 迎合的パーソナリティーの人によるモラルハラスメントは迎え入れた相手に合わせ、優しい言葉や態度で誘惑し、を通して相手を攻撃していく。 モラル・ハラスメント加害者 モラル・ハラスメンター の特徴・行動パターン [ ] この記事はに基づく疑問が提出されているか、議論中です。 そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。 議論はを参照してください。 ( 2015年2月)• を持たない。 責任を他人に押し付ける。 強い者には弱く弱い者には強い。 猫なで声や慇懃無礼。 ある事柄においてのみ感情的恐喝をするのではなく、もともと感情的恐喝が出来る人格である。 立派な言葉を使う。 しかしその人の日常生活や内面の世界は、その立派な言葉に相応しいほど立派ではない。 際限もなく非現実的なほど高い欲求を周囲の人にする。 縁の下の力持ちとなり、自分は「愛の人」となる(本質にあるのは憎しみと幼児性)。 子供に反抗期がない(信頼関係がない)。 ターゲットにする相手に対し、前に言ったことと今言うことが矛盾していても、何も気にならない。 人を怒鳴っておいて、それが自分にとって不利益になると分かれば態度をがらりと変える。 他人の不幸は蜜の味。 恩に着せる(自己無価値感が基にある)。 不安を煽り、解決し、相手に感謝を捧げさせる()。 その一方で自分への被害は甚大な被害に扱う。 恩を売られるのを拒む。 しつこい人であることが多い。 心に問題がある。 誘発者としての側面がある• 相手の実績や功績を全く認めず、学歴や家柄、家庭環境だけで相手を判断する。 仕事や学力で他人より劣っているというコンプレックスがあり、それを隠すため他人を言動による攻撃を行う。 感情のコントロールが出来ず、相手の些細な言葉で場所や状況をわきまえずに喚きちらす。 一部の加害者には、発達障害同様の言動が見られる。 モラル・ハラスメントの条例・法律など [ ] 1月には、フランスで、職場におけるモラル・ハラスメントを禁止する法律が制定された。 、モラル・ハラスメントは犯罪()となり、実刑懲役1年と1万5千ユーロの罰金となる。 2014年8月の法改正により、懲役2年、3万ユーロの罰金(被害の深刻度により実刑・罰金は変動する)。 、スウェーデンでは、企業におけるモラルハラスメントが犯罪として認められる。 モラル・ハラスメントのセカンド・ハラスメント [ ] セカンド・ハラスメントを行う人には少なくとも三種類ある。 悪質な「担当者」あるいは「専門家」• 同じ虐待者に脅かされて混乱している周辺の人物• 同じような虐待者によるハラスメント被害を受けており、それを受け入れているお節介な人 心身への影響と治療 [ ] 一般的に見られる症状と治療法など。 これらの症状がある場合、適切な治療を行い加害者には更生、被害者には治療をサポートする。 (治療法については「」を参照)• による機能障害(不眠、食欲不振、頭痛、腰痛、イライラなど)(管理・治療法については「」「」を参照)• (治療法については「」を参照)• (治療法については「」を参照)• (治療法については「」を参照)• PTSD (治療法については、「」を参照)• 脚注 [ ]• イルゴイエンヌ 2006 pp. 12 - 14. イルゴイエンヌ 2006 pp. 19, 12 - 13• 「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」P25• イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p31• 『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』P236• 安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P31 その他、「 harceler ( アルスレール )」(しつこく攻める、悩ませる)の語源 「 harer ( アレーレ )」(犬を獲物にけしかける)など。 「 e-moveo ( イー・ムヴィオ )」=「外へ-動く」)• 安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P33• 加藤諦三『モラル・ハラスメントの心理構造』• 鈴木 由美 2007 ..桐生短期大学紀要, 18,79-85.• イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p163,p230• 9 - 10. 241. イルゴイエンヌ 2006 pp. 218 - 220. イルゴイエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p226• イルゴイエンヌ 2006 p. 226. イルゴイエンヌ 2006 pp. 250 - 255. 10 - 11. イルゴイエンヌ 2006 p. 228. イルゴイエンヌ 2006 pp. 250 - 259. イルゴイエンヌ 2006 p. イルゴイエンヌ 2006 pp. 11, 209. イルゴイエンヌ 2006 p. イルゴイエンヌ『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』• イルゴイエンヌ『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. イルゴイエンヌ 2006 pp. 209 - 210. イルゴイエンヌ 2006 pp. 12, 211, 222 - 224, 227 - 228. イルゴイエンヌ 2006 pp. 210 - 211. イルゴイエンヌ 2006 pp. 211 - 215. イルゴイエンヌ 2006 pp. 209 - 228. 215. 216. イルゴイエンヌ 2006 p. 212, 218. イルゴイエンヌ 2006 p. 256. イルゴイエンヌ『モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする』P338• 加藤諦三『モラル・ハラスメントの心理構造』P. イルゴイエンヌ 2006 pp. 224 - 225. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 140• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 139• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』P. 120• 同 P. 139• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』P. 181• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』 P. 128• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造〜見せかけの愛で他人を苦しめる人〜』P. 183• 同 P. 184• 同 P. 177• 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造』P. 185• 安冨歩『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』P. 209• イルゴイエンヌ 2006 p. 独立行政法人労働政策研究・研修機構 2015年11月. 2005年11月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年4月19日閲覧。 誰が星の王子さまを殺したのか モラル・ハラスメントの罠 P104• イルゴイエンヌ 「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」p210-219• 大和田 敢太 2011 ..彦根論叢, 387,136-165. 参考文献 [ ]• 安冨歩 『誰が星の王子さまを殺したのか 〜モラル・ハラスメントの罠〜』 明石書店、2014年。 加藤諦三 『モラル・ハラスメントの心理構造 〜見せかけの愛で相手を苦しめる人〜』 大和書房、2013年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

モラルハラスメントとは?職場におけるモラハラ・具体例・被害に遭った時の対処方法を紹介

モラル ハラスメント

モラルハラスメントとは、行為・行為の1種である。 心に対する。 モラハラと略して呼ばれる事が多い。 概要 、に並ぶ、精的な・嫌がらせ・行為の1種。 職場での嫌がらせ行為やめ以外にも、庭内(間・親子間・間)や人同士での間柄にも当てはまる事があり、その場合は(=)の事例としても成立する。 名前の通り、殴る蹴るなどのを用いず言葉や態度などで精的に相手を、不安に陥れたり相手の言う事を忠実に聞くにする。 具体的には、視する、周囲に悪い噂を流す、の失敗談を蒸し返し笑いものにする、孤立させる、長時間に渡ってする、や嗜好、態度や言葉遣いなど細な事にも難癖をつけて怒鳴る、など。 こういった事を 何か~何年もの長期間に渡ってやり続けることでのように相手の精を蝕んで、徐々にを破壊していく。 を受けた側は「自分はダメなだ」と思いこまされになったり、、、ほか性の様々なを引き起こす。 自信や自を破壊されに追い込まれたもあったとされる。 名前はの精科医=・ゴイエによって提唱された言葉が由来。 そのでは、にモラハラを禁止するが制定されており、以降には行為としてされ、罰と懲役刑が課せられる。 ではなど諸外とは違いやほど定着していないが、内容や的はどうあれ、では立にや事件として成り立つ事例なのである。 特徴・行動パターン モラハラの特徴はやとは似ているようで大きく異なり、周囲はおろかを受ける当人も自分が置かれている状況をモラハラ(=、)と認識できていない事もある。 以下に、簡単に記述。 最初は親切にあたり、過保護な態度で恩を売り、後の布石にする• 視する、嫌味や皮を言う、など一つ一つは取るに足らないような小さな事を長期に渡り繰り返す• 周囲の人には人当たりも面倒見も良く好印だが、と自分2人だけの密室になると途端にの顔へと変貌、睨みつけたり視したり口実を見つけてを始める。 (間の場合は、の中ではだが一歩外に出れば想の良い理想の・を演じる、等。 細な失敗も責めたりなどして、第三者が周囲にいる前で「」「かわいそうな人」のを貼り付けるような言動や態度を取り、周囲にもを認識・定着させる• 何をやってもまず否定から入り、絶対にいい所を口にしないし褒めない。 逆にの隅をつつく程度の事も針小棒大に騒ぎ立て怒鳴る• 「みんなに迷惑だと思わないのか」「みんなの事をおかしいと言っている」と、まるで当人に言いづらい集団の総意を代弁してやっているかのような事を喋る• がこれらの行いに何か言ってきても、「冗談のつもりだった」「ちょっと言い過ぎてしまった」「根に持つ」と者面をして、自分は者、こそがの加者であるかのように振舞い宣伝する• 間違ったり不適切な点を責めても、正解やは絶対に教えない• 璧義を装っている事例もある(=自分の思い通りに動かさせる為)• に話をしようとしても、問題解決のためのを (はぐらかされる、相手にされない、「はおかしい」「自分の事ばかり考えるな」とする、... モラハラの典例の1つ。 『 』の記事にもあるが、 何をやっても何もしなくても底的に罰を与えられる、という事を学習させる事で、従する以外のはい状況を作っていく。 言い換えれば、 怒られる条件を曖昧にすることであらゆる行動を罰することができ、気に入らないと思ったらいつでもへ攻撃を始められる。 全てのにが設置済の質問、または後出しで相手を底的にやりこめて、気も思考も、自立性も反抗心も奪っていくのが的。 そしてはいつ攻撃が始まるかもわからず、自発的に発言も行動もできなくなっていく。 その結果、「最も傷が小さく済むのは全く動かない事だ」と学習して、言葉や意思表示も少なくなりの効率も落ちていく悪循環に嵌まる。 更に、後述する通り外部には「や失敗に対するしつけ・導」と巧妙にする事でを理不尽な攻撃にしながらも外部へを隠蔽できているのがモラハラの悪質な点である。 丸出しの質問をして、相手の自尊心や性を否定する 「こんな忙しい時に有給なんて使って、みんなに迷惑だと思わない?それとも自分さえ良ければ?」 「あるの?ないの?」「あるんだったら何でこれくらいもできねえの?」 「ふうん、有給使いたかったら使えば?ただうにはも何もを頼まなくなるぞ、それでもいいのか」• 私物を漁ったり、(、、等)を監視してはプライベートまで付けようとする 見られたくない、または覗かれていると感じたら々にのに鍵を掛けた方がいいだろう。 拠を残さない モラハラの一番の特徴。 を振るってを残すわけでもなく、はにもを相談できない上、相談された相手も第三者に見えないで何があったのかがわかりにくいため状況が善しにくい。 機嫌がいい日もあり、そのため攻撃してくる時と何もしてこない日とではがある いわゆる『と』。 心が折れそうになったで優しさや寛容さを見せてくるので、者側は一層「やはり自分に原因があるのかもしれない」と思い込み、加者への反抗心を抑えるようになる。 攻撃的な時はとにかくしつこく、どんな小さな事にも干渉してくる 一言二言注意して片付くような失敗話さえ、10分20分の長時間に渡るのにしたり、(職場のなど)みんながいる場所でをの前に当人の失敗話を喜々として話したり、にする。 または、の失敗話を掘り返したりする事もある。 者がを訴えにくく、周囲もモラハラのに気づかない 上記のようなを訴えても「考えすぎ」「気にしすぎ」「あの人がそんな事するわけがない」「言い返せばいいのに」と一蹴され、 加者に対してキレたり周囲へに訴えるほど自分が段々墓を掘っていくだけ、というが多い。 加者が周囲に人がいる際にを攻撃したところで、既にには上記の通り「」などのが貼られている事もあり「しつけ」「熱血導」の一環としか受け取られず、都合の悪いとして片づけられる。 加者もそれらの言葉をにを心い言葉や態度で責め立てる。 モラハラ加者は大抵頭がいいので、が助けをめる事も反抗する事もる事もできないようを着々と作り上げていくのである。 そればかりか、モラハラ加者がを責めている際に周囲がなく加勢してくる事例もある(・)。 そのため、にされた人は加者の気が収まるまでににされ続けるしかないと学習させられ気に陥り、加者の言う事を忠実に聞くとなるか、学習性気となってさらに状態が悪化する。 これらのような事を、 数ヵ~数年に渡ってしじわじわと行う事では次第にも精的余裕も奪われていく。 これら一つ一つは気にする事もないような細な事であるためが自分が者である事を認識しにくく、「言葉のを振るう相手は確かに悪いけど、原因は自分にある」とし、見えないにでも閉されたかのようにし余計に苦しみ続ける事になる。 論、これらのは時間が積み重なれば重なる程大きくなり、深いとなる。 そしてモラハラが会社内で行われていた場合、精を蝕まれの効率が落ちたり失敗・が多くなる悪循環に嵌まり、更には その事自体を加者が、を攻撃するとして利用するなどどこまでもキリがなくなる。 更には「」と言われ続けて本当にになってしまえばいずれはや生活にもモラハラの悪が形となって出てしまい、「ほらやっぱりあいつはおかしかった!」「このままじゃは本当にダメになるからからが」と更なる攻撃の口実と正当性を与え、結果として モラハラで精を病めば病むほどモラハラは周囲からもされていくことになる。 対処方法• を置く、可ならる 何をやっても攻撃されるので、モラハラ加者と接触を最小限に抑えるしかない。 人や先の人など、較的簡単に縁を切れる相手ならば々にた方がいいだろう。 第三者に相談する 論、ここでいう第三者とはモラハラ加者の息がかかった「第三者(加者以外の、会社の上・同僚など)」ではなく、本当の意味でこの件を相談できる相手の事である。 ンーや信頼できる相手()など、を割って話せる相手に話す方が、自分ひとりで抱え込むよりも気分は幾らか楽になる。 会社ならば、信頼できる上(加者以上の高い地位を持つ相手)やで受け付けるへ相談するのもいいと思われる。 自分自身で最適な判断を下し行動する 何をやっても、または何もしなくても怒鳴られるのはたまらないが、モラハラ加者の方も自分が以前に何を言ったか覚えてないか感情だけで行動しているか、いは相手の事を認める気がいだけなので、加者の言う事に振り回されないように動くしかない。 どうせ難癖など、付ける気になれば何にでも、どんな事にでも付けられるのだから。 わかり合おうとしない(どんな間柄であっても、加者は自分にを向けた危険人物であると認識する) モラハラやそれに類する行為を働く時点で、そもそも相手を対等な存在だと認めていないので、当事者間でのは意味である。 モラハラを摘されたところで大抵は非を認めないし反省もしないが多いとされている。 摘する役は必ず第三者(さらに上の上や法など)でなくてはならない。 音を録音する 上述の通り、モラハラは拠が残らないのでを訴えても相手がを切ったり「冗談のつもりだった」「ただのだ」と流されて終わるのみならず、周囲に自分が悪者であるかのように印を操作されたり報復として更にモラハラが化する事もある。 そのため、会社など容易にられないから状況を打開するなら、者と加者の2人しかいない密室で言われた暴言などを録音するのもだろう。 論、録音している事を気づかれないようにする以外にも、にそれを聞いてもらうかもよく考える必要があるが。 やられた事を全く同じように返す、周囲を巻き込んで反撃に出る 絶対にやってはいけない間違った対処法。 前述の通りモラハラの加者は者よりも頭が良いことが多く、加者側の行為が巧妙に隠される中で者側の反撃だけが表沙汰となり、「者側が悪い」というを自ら認めるハメになってしまいがち。 最悪の場合は者側だけが法の裁きを受けることになる。 また、上手く加者側の非を明できたとしても周囲の評価は「どっちも」以上にはならない。 ついにはが精のを迎え退職に追い込まれたりしたところで、加者は「遊んでたが壊れた(どこかへ行った)」程度にしか考えないし、周囲もがあった事さえ認識しないまま終結する。 論、取り返しのつかない事態に陥っても上述の通り モラハラの拠は出ない為など一人取りはしないので、モラハラの支配から逃れるには精を全に病むより前に自で気づき脱出するより他にないのである。 関連動画 関連商品 関連項目• (たるモラハラの手口)• 参考リンク モラハラに悩まされている人、「自分はモラハラを受けているかもしれない」と思った人はこちらも参照ください。 53 削除しました.

次の

モラルハラスメントとは (モラルハラスメントとは) [単語記事]

モラル ハラスメント

モラルハラスメントとは 「身体的暴力で身体を傷つけるのではなく、言葉や態度で人の精神を傷つける行為のこと」です。 ただ、「セクシャルハラスメント」がひとつの法律用語として定義されているのに対し、「モラルハラスメント」は抽象的な意味で使われるものであり、法律用語ではありません。 また、 第三者の目で見て被害の度合いがわかる身体的暴力に比べ、精神的な暴力は目に見えません。 そのため、加害者・被害者ともに意識が薄い場合が多く、深刻になるまで表面化しないという問題をはらんでいます。 モラルハラスメントの種類 これらのうち、ひとつでも当てはまると「モラハラ」というわけではありません。 モラルハラスメントには、言い方や頻度、言う場所も関係してきます。 モラハラをする男性は、一般的に自己愛が強いのが特徴。 外では穏やかなカップルを装っており、2人だけの空間になると爆発するパターンが多いです。 以下の言動のうち、複数の事柄が当てはまる場合は彼のモラハラを疑ったほうがいいでしょう。 (1)暴言を吐く 「お前ほんとにバカだよね」「生きてる価値ないんじゃない?」といった人格を否定する言葉や「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」「俺がいなくなったら生きていけないだろ」などと自分の優位性を誇示し、見下したような発言がこれに当たります。 (2)無視をする 喧嘩をすると数時間~数日はお互いに口をきかなくなるカップルもいるかと思いますが、そういう場合は除きます。 喧嘩が発端だとしても ・数カ月にわたって無視をする状態が続く ・それが喧嘩のたびに繰り返される といった傾向が見られる場合は注意が必要です。 (3)態度で脅す 気に食わないことがあるとドアを蹴とばす、扉をわざと大きな音で閉める、テーブルを叩く、「チッ」「クソ」などの舌打ちなどをする。 言葉で何かを言わずとも、威嚇するような言動をとってパートナーを怖がらせます。 (4)経済的に困窮させる これは主に夫婦の場合になりますが、同棲しているカップルにも言えます。 家庭の維持費を入れない、お金をギャンブルなどにつぎ込み借金を作るといった行為。 一緒に住んでいなくても、自分の借金を彼女に払わせる、お金を無心する、という行動も、この「経済的に困窮させる」という行為に該当します。

次の