アイフォン インターネット 共有。 インターネット共有の設定(Windows 7)

iPhoneでインターネット共有ができない時の7つの解決策【ドコモ、au、ソフトバンク/2020年最新版】

アイフォン インターネット 共有

では、ノートPCをを外に持ち出して使っているでしょうか? 「家の中では持ち運んでいるよ」という人は結構多いですが、外出先で使うとなるとハードルを感じてしまう人も少なくないようです。 その壁の1つが、「外出先でのインターネットへのつなぎ方」。 クラウド(オンライン)ストレージに保存した文章や写真・画像をノートPCへと取り込みたいときに、インターネットは欠かせません。 外にいるときにもクラウドストレージにアクセスできるとより便利に使えるはずです。 ネット検索も、スマートフォンよりも快適にできることが多いです。 では、どうすれば外出先でもノートPCをインターネットに接続できるのでしょうか? そんな時、手持ちのiPhoneが役に立ちます。 この記事では、iPhoneを使ってノートPCをインターネットに接続する方法をご紹介します。 必要なのはノートPCとiPhoneだけ 次に、iPhoneで使っている携帯電話回線で「 テザリング」ができるかどうか確認しましょう。 テザリングは、 他の機器とインターネット接続を共有する機能のことで、iPhoneでは「インターネット共有」と呼んでいます。 iPhoneを含むスマートフォンでのテザリングの利用に当たっては、 お使いの通信会社(キャリア)によっては「テザリングオプション」を契約する必要があります。 詳しくは下表の通りです。 mobileから購入した「iPhone 5s」のみテザリング対応(SIMロックフリーのiPhoneは非対応) テザリングオプションの設定のあるキャリアの場合、 未加入だとiPhoneのインターネット共有をオンにできません。 オプション料金が無料の場合でも申し込みは必要ですので、注意しましょう。 au・ソフトバンクの場合、テザリング(インターネット共有)を利用するにはオプション契約が必要。 未契約の場合は、契約を促すメッセージが出る(画像はauで「テザリングオプション」未契約の場合) テザリングの始め方(iPhone側) iPhoneのテザリング方法は「 Wi-Fi(無線LAN)」「 Bluetooth」「 USB」の3つから選べます。 それぞれにメリット、デメリットがあるので、下表から確認しておきましょう。 テザリングの方法別メリット・デメリット テザリング方法 メリット デメリット Wi-Fi ケーブルレスで高速通信できる iPhoneのバッテリー消費が大きく増える Wi-Fiのアクセスポイントがたくさんあると不安定になる Bluetooth バッテリー消費を抑えつつケーブルレスで通信できる 通信速度が遅い (LTEの通信速度を生かせない可能性が高い) USB 電波が混信している環境でも高速安定 Lightningケーブルが必要 ノートPCのバッテリー消費が増える iTunesのインストールが必要(Windows PCの場合) テザリングを開始するには、まずiPhoneの「インターネット共有」をオンにします。

次の

iphoneとPCをUSB接続でインターネット共有する方法&できない時の対策

アイフォン インターネット 共有

テザリングの設定方法 テザリングが利用できる環境でノートパソコン(MacBook)を、iPhoneを親機にしてネット接続するまでを確認してみます。 テザリングの設定は、『設定アプリ』の『インターネット共有』から行います。 iPhoneをアクセスポイントとしてネット接続が完了しました。 にすることで全てのテザリング接続は接続中のものも含めて切断する場合は、iPhone本体にて『インターネット共有』のスライドスイッチをオフにしておきましょう。 テザリングの利用料金 テザリングを利用するための追加料金や条件を、大手3社の場合にて確認してみます。 docomo spモードに加入していれば、追加料金無しで利用することができます。 > au テザリングの利用料金は現在契約中のプランによって異なり、月額無料か、月額500円のいずれかとなっています。 利用する際には自身の場合、いくらになるか事前に確認する必要があります。 > Softbank Softbankもテザリングの利用料金は現在契約中のプランによって異なります。 プランにより月額無料か、月額500円、また基本月額500円ながら加入から2年間は無料のケースもあります。 利用する際には自身の場合、いくらになるか事前に確認する必要があります。 > 他のキャリア 上記の3社の回線を借りてサービスを提供している他社やMVNO各社においてもテザリングが利用できる場合があります。 こちらの追加金額やテザリングの可否については、現在契約している各会社のホームページ等にて確認してください。 最後に テザリングの利用中はiPhoneのバッテリーとデータ通信量を消費しますが、例えばノートパソコン用にモバイルWi-Fiルーターを持ち歩いていたりしている場合などは契約している回線を統一して料金を削減する、荷物を減らすことも可能です。 外出先で無料Wi-Fi回線がなかった、などで『もし、iPhone経由でネット接続出来れば・・・』などのご経験がありましたらテザリングの契約と利用を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

iphoneとPCをUSB接続でインターネット共有する方法&できない時の対策

アイフォン インターネット 共有

iOS12 テザリング 切替方法 ショートカットが便利すぎるぞ! コントロールセンターのちょっとした仕掛け iPhoneの画面の下部を上にスワイプすると、 コントロールセンターなる画面が出てきます。 ここの、左上。 Wi-Fi、モバイル回線、Bluetoothなど通信関係のアイコンが並んでいる場所。 ここを 強めに押します。 iPhone 6以前は長押しで対応されます。 ギュッと。 するとアイコンが2個増えました!ひとつは、AirDrop、そしてもうひとつは インターネット共有のON,OFFボタンです。 押します。 テザリング可能な状態になるんですね!やったね! 通常はもう少し手順が多い 念のため、通常の切り替え方を伝えておきます。 設定アイコンをタップして……。 あ、これボクのホーム画面1画面目です。 すっかり固定。 【インターネット共有】をタップ。 また【インターネット共有】をON。 めんどい。 コントロールセンターいろいろ カスタマイズしてみよう せっかくなので、iOS11から可能になった コントロールセンターのカスタマイズを書き記しときます。 コントロールセンターをポチ。 カスタマイズをポチ。 たくさんの候補が並ぶので、良い感じに追加できます。 注目は、画面録画とメモ、ボイスメモも便利やよね。 入れました。 コントロールセンターを開くと、増えています。 増えています。 コントロールセンターの便利なやつら 画面の録画。 ボタンひとつでできます。 ゲーム実況の人とか便利やで。 メモを長押し(押し込み)するとこんな画面に。 超早い。 iPhoneのメモアプリはマジ優秀なので、この機会に使ってくれよな! 画面の明るさを長押し(押し込み)すると、ナイトシフトモードが登場。 夕飯のあとはコレにして、刺激を抑えましょう。 ちなみに、カスタマイズで全部削除すると…… こんなにもスッキリします。 iOS11、有能 以上、iOS11で使えるテザリング簡単オンオフでした。 コントロールセンターは、画面録画機能やボイスメモなどを追加したり、電卓を削除したりとカスタマイズが可能です。 iOS12にした人は更に便利になったコントロールセンターに注目してみてください! うぇい。

次の