ホルン ソロ 曲。 ホルンのためのクラシック・ソロ曲集 第2巻: やさしく吹ける コンテストと演奏会のための15の作品/スパーク編曲: CD付

吹奏楽で、ホルンのソロがある曲を教えてください。また、「Sin...

ホルン ソロ 曲

曲目一覧 イングリッシュホルンによる主部の主題は特に有名で、歌詞がつけられ『遠き山に日は落ちて』、『家路』などの愛唱歌としても親しまれている。 イングリッシュ・ホルンによって提示される主題が有名。 日本のテレビドラマ「必殺仕事人」テーマ曲のルーツ・元ネタ? イングリッシュ・ホルンとオーボエが用いられる。 JR東海「うまし うるわし 奈良」キャンペーンCMソングのメロディ。 有名な「スイス軍の行進」の直前に演奏される第3部「静寂(牧歌)」において、イングリッシュホルンとフルートによる牧童の笛が描写される。 羊飼いが吹き交わすアルプス地方の牧歌(牛追い歌)を、イングリッシュ・ホルンと舞台裏のオーボエが演奏する(ウィリアムテル序曲と同様のシチュエーション)。 イングリッシュ・ホルンとクラリネットがエキゾチックなメロディを奏でる。 中間部にイングリッシュ・ホルンのソロがある 2曲目の変奏曲(アストゥリア民謡『夕べの踊り Danza prima』)でイングリッシュホルンが活躍。 フィンランドの民族叙事詩「カレワラ」に基づく交響詩 第2曲「バラード」では吟遊詩人の歌をイングリッシュホルンのソロが奏でる。 第1曲「日の出」でイングリッシュホルンが活躍。 バスオーボエ/ヘッケルフォーン この曲以外では滅多にお目にかかれないバスオーボエ(バリトンオーボエ) 霧が立ちのぼる場面でファゴットとヘッケルフォーンが不安げな旋律を奏でる 番外編 イングリッシュ・ホルンによる旅愁あふれる旋律が印象的な番組テーマ曲 関連ページ オーボエのために作曲された作品や、オーボエが活躍する楽曲など、オーボエに関連するクラシック音楽の有名な曲・名曲まとめ クラシック音楽の有名な曲を、チェロやオーボエ、クラリネットなど曲中で主に用いられる楽器別にまとめたページ バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴.

次の

「ホルンソロ」の楽譜一覧(人気順:20件:3)

ホルン ソロ 曲

これは、ホルンがソロとかsoliという訳ではないのですが、ホルンがいないと聴いてる人ががっかりする曲。 「ウルトラセブンの歌」でホルンが超かっこよくグリッサンドしています! そして、世のおじさん達は、このホルンのグリッサンドを聞くとなぜか大変喜びます。 ウルトラセブンを幼少期にテレビで見ていた世代は、「あぁ、これこれ!この音ホルンやったんか!!ええもん聞かせてもらったわぁ~」となる訳です。 若い人には分からないだろうなぁ。 大音量でグリッサンドを吹くのも気持ちが良いですし、なによりホルンの音でお客さんが喜んでくれるとは、なんとホルン冥利に尽きる曲なのでしょうか。 ジャパニーズグラフィティに限らず、ウルトラセブンの歌ならホルンのグリッサンドが入っていますので、所属する楽団の編成に応じて楽譜を選ぶと良いでしょう。 交響組曲「ハリー・ポッター(賢者の石)」:編曲 ロバート. スミス Advertisement 関連する記事• コンクールや演奏会でもっとも重要になるのが「選曲」ですよね。 1度でも演奏した曲って、思い入れが強くなり、ずーっと思い出に残ります。 今回は数ある曲の[…]• 吹奏楽をやっているみなさんにとって楽曲選びは楽しみでありながらも、流行やほかの楽曲とのバランスも考えなければならなかったり難しいところでもありますよね[…]• 吹奏楽では、大変多くのクラシック曲が演奏されます。 曲も色々あって、何を演奏していいのか悩みどころですね? そんな人も多いのではないでし[…]• 中学校や高校の部活動としても盛んな吹奏楽。 地元のイベントや演奏会では、いろいろなお客様が聞きに来られます。 普段あまり吹奏楽を聞かない方や、楽器に親[…]• 普段は縁の下の力持ちとして、演奏の引き立て役に回っている打楽器。 そんな打楽器が活躍する元気な曲は、演奏会を大いに盛り上げてくれます。 打楽器がノリノ[…].

次の

「ホルンソロ」の楽譜一覧(人気順:20件:3)

ホルン ソロ 曲

A ベストアンサー こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。 それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。 だからF管っていうのです。 *もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。 一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。 上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関係を知っていれば,自力でできると思います(知らなければ,まずこっちを丸暗記しましょう! 1さんが書いている通りです)。 ぜひ一度自分で頑張ってみてください! ・・・とは言え,答えあわせも必要と思うので,サービス?で書いておきますね。 たくさんあるので,理屈で覚えておかないと,丸暗記は難しいですよ(笑)。 左はF管ホルン(in Fの楽譜)での音階,右がドイツ音名です。 ソ:C(ツェー) ラ:D(デー) シ:E(エー) #には「is(~イス)」がつきます。 ただし一部例外あり。 ド#:Fis(フィス) レ#:Gis(ギス) ミ#:Ais(アイス):Bと同じ音 ファ#:H(ハー):ピアノでいう普通のシなので,isはつきません。 こちらも一部例外あり。 楽しい部活動になるよう,頑張って練習してくださいね! こんにちは。 トロンボーン経験者(アマチュア)です。 質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。 それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。 だからF管っていうのです。 *もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。 一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。 上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関... A ベストアンサー しばしばというか、大抵は二列(かそれ以上)ですね。 管弦楽の配置に関する考え方は様々なので断定的な理由は無いと思いますが、ホルンについてはまぁなんとなくわかります。 まず、フルオーケストラのよくある編成(所謂二管編成)においては、どの管楽器も2~3台で、4台以上はホルンだけです。 それだけでホルンが他パートと違う配置になりがちな理由にはなっていると思います。 そもそも2・3台であれば二組に分けるのは難しいですから。 (つまり近・現代以降の四管編成なんかであれば、どの楽器も二列になり得ることも意味しています。 ただその場合はホルンは6台以上になったりするのですが・・。 ) あと、ホルンの音響的役割もあると思います。 ホルンは金管楽器でありながら、その音質上木管楽器と組み合わされることも非常に多いです。 例えば小編成の室内楽・・・木管四重奏以上になると大抵木管にホルンが加えられることが多いですね。 管弦楽においてもそういった役割は変わりません。 この「金管と木管の中間or橋渡し」的役割が、ホルンが後列の金管とその前列の木管に渡って二列に配置される意義に繋がっているかもしれません。 もう一点。 ホルンは他の管楽器に比べても、ただでさえ通常かなり控えめな音量・音質ですね。 四人も横一列に並べると端の奏者同士で聞き取りにくくもなり、アンサンブルの観点から不利です。 小さくまとまった配置の方が互いの音を把握し易いというのはあるかもしれません。 ホルンだけが金管・木管から隔離されたように配置されることがあるのも、他の管楽器の音に埋もれずにホルン同士で聞き取り易くする為かもしれません。 ホルンはコーンが後方に向いている珍しい楽器なので、むしろ2~4番ホルンが後列にいる方が前列ホルンの音を聞き取り易いというのもあるかもしれませんね。 以上は自分の勝手な推測で、他にも理由があるかもしれません、それはわかりません。 しばしばというか、大抵は二列(かそれ以上)ですね。 管弦楽の配置に関する考え方は様々なので断定的な理由は無いと思いますが、ホルンについてはまぁなんとなくわかります。 まず、フルオーケストラのよくある編成(所謂二管編成)においては、どの管楽器も2~3台で、4台以上はホルンだけです。 それだけでホルンが他パートと違う配置になりがちな理由にはなっていると思います。 そもそも2・3台であれば二組に分けるのは難しいですから。 (つまり近・現代以降の四管編成なんかであれば、どの楽器も二列になり得... A ベストアンサー 私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。 とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・ 苦笑 すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。 また、 これは楽器全般にいえることなのですが パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。 いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし 場合によっては音すら出せない 、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。 ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います そんなわけですので、 10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。 楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。 実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。 ただ、やはり・・・・そうですね。 これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。 フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。 私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。 そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・ 汗 当然、親から反対されたのは言うまでもありません 苦笑 しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。 そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。 その話を聞き、正直、迷いました。 というか、未だ結論出てません 汗 まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。 やっぱり、楽器って高いです 汗 ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。 なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。 ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね 笑 しかしその場合は 当然のことですが "試奏"ができません。 そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「 プロ 選定品」というものを取り扱っているところもあります。 このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。 参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。 sugita. nagae-g. とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・ 苦笑 すでに回答に出されていると... A ベストアンサー もう何処かで楽器をご覧になりましたか? 当方高校生のころからホルンを吹いている中年のおじさんです。 最近は仕事の都合でリタイア状態、欲求不満の毎日です。 (毎日の様に吹いていた学生時代が懐かしい…) さて、全く率直に言って『FH-750 フレンチホルン』は余りお勧めしません。 実際自分では吹いた事は無いのでちょっと無責任かもしれませんが、現場で使われているのを全く見た事は有りませんし、ネットオークションなどで販売もされていますがほとんど売れていないようです。 フレンチホルンは管楽器の中でも大変に製作が難しい楽器です。 世界に誇る日本の楽器メーカー(YAMAHAの事ですが、)でも、現在のような優秀なホルンを作るのに、長い時間と膨大な試行錯誤が有ったようです。 ホルンの形を作る事は出来ても、良い音が出しやすく音程も良い楽器を作るのに長い時間がかかりました。 今までの楽器をちょっと真似すれば出来る、と言った物では無い様です。 同じ様に、「安い」事が特徴の「ジュピター(台湾製)などはいくらか実績のあるメーカーですのでまだこちらの方が良いかも知れません。 10万円以下の予算ですと、シングルホルンしか無理でしょうね。 Fシングルはホルンの入門や基本の勉強には大変良い楽器ですが、ある程度吹けるようになるとほとんど使う事は無くなってしまいます。 個人で購入するのは少しもったいないような気もします。 どちらにしても、ずっとホルンを続け様とすれば、ダブルホルンが必要になります。 あせって?シングルを買ってしまうと無駄になりかねません。 中学生(の女性)でもフルダブルを吹きこなせる人は、いっぱいいます。 呼吸法からしっかり勉強すれば大丈夫です。 購入はダブルが買えるようになるまで待っても良いのではないでしょうか? 尚、どうしても欲しいのでしたら、国産楽器の中古などを購入する方法もあります。 YAMAHAでしたら大きな外れは有りません。 楽器店などで予算を言って頼んでおくと、下取り楽器などを販売してもらえる事があります。 又、吹奏楽部の先輩や、市民楽団などで声を掛けても、思わぬ予算で良い楽器が入手できる事もあります。 大変長くなってしまいましたが、最後に1つ、 学校に有る音の出難い楽器は、マウスパイプ(最初に息が入る管)に汚れや変形のトラブルがある場合や、ロータリー部分の気密漏れがある場合が多いです。 その辺の点検をしてもらうと改善されるかもしれませんよ! ホルンに詳しい、いろんな人や楽器屋さんにに相談して決めてくださいね。 もう何処かで楽器をご覧になりましたか? 当方高校生のころからホルンを吹いている中年のおじさんです。 最近は仕事の都合でリタイア状態、欲求不満の毎日です。 (毎日の様に吹いていた学生時代が懐かしい…) さて、全く率直に言って『FH-750 フレンチホルン』は余りお勧めしません。 実際自分では吹いた事は無いのでちょっと無責任かもしれませんが、現場で使われているのを全く見た事は有りませんし、ネットオークションなどで販売もされていますがほとんど売れていないようです。 フレンチ...

次の