妊婦 股関節 の 痛み。 妊婦さんの股関節痛【整体マッサージ】

股関節の痛み、その原因とは? | カラダネット

妊婦 股関節 の 痛み

股関節痛の原因は子どもの頃から?それとも使いすぎ? 股関節の仕組み 股関節は、人間の骨のなかでも、もっとも長い大腿骨(だいたいこつ)と骨盤をつないでいます。 大腿骨の先端はボールのような形状になっていて、それを寛骨(かんこつ)、つまり骨盤にある臼蓋(きゅうがい)が受け止めるように接続されています。 この股関節の接続部分には軟骨があり、周りに複数の筋肉があることでさまざまな動きに対応できるようになっています。 また血管や神経などもあります。 2本足で立っている状態では体重が左右に分散してかかっていますが、歩いている時には重心が動いて片方の股関節に負荷がかかります。 負荷が多くかかる部位なので、年齢をかさねるとさまざまな影響があらわれる部分です。 形成不全や使いすぎが主な原因 股関節に痛みをおこす代表的な病気は変形性股関節症です。 生まれつきの股関節の形状や、まちがったオムツの使用方法によって脱臼をおこす発育性股関節形成不全があると、その後遺症として股関節から痛みがおこりやすいことがわかっています。 また臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)といって、成長する時に臼蓋の部分が小さすぎるなどうまく形成されないこともあります。 こうしたケースは変形性股関節症の原因の80%を占めていると考えられています。 股関節に負荷がかかると、軟骨にも影響が出やすくなります。 軟骨の強度には個人差があり、生まれつきもろい人もいます。 そのため、発症しやすさにも個人差があります。 年齢を重ねると股関節がすり減り、痛みの原因になることがあります。 股関節が摩耗していくこと以外にも、大腿骨の球状の部分が壊死していく大腿骨頭壊死症や関節リウマチなどの炎症、関節部分に水がたまる水腫、できものができる腫瘍など、さまざまな病気が股関節の痛みの原因になる可能性があります。 なにかの動作の動き始めに痛みがあらわれます。 股関節の痛みだけでなく、動きが悪くなり、可動域が狭くなります。 また、痛みのある側をかばうような姿勢をとることで体のバランスが崩れていきます。 体重を支え切れなくなり股関節に負担がかかって発症することもありますが、日本では臼蓋形成不全など、なんらかの原因があって発症している例が多く確認されています。 特に今まで問題はなくても、妊娠中に股関節痛に悩まされることがあります。 軽い臼蓋形成不全であれば、普段の生活で気がつくことは多くはありません。 妊娠中には胎児の体重も、股関節にかかることになります。 その結果、痛みが出てくることがあります。 多くは妊娠中期~後期にあらわれます。 妊娠中は股関節だけでなく、出産に向けて骨盤が開くことで痛みがおこる骨盤痛などもあるため、股関節痛と自己判断し対処するのは危険な場合もあります。 ストレッチの前に病院へいきましょう 股関節が痛いといっても原因はさまざまです。 そのため治療も原因にあわせておこなう必要があります。 インターネットで調べるとストレッチの方法やマッサージについての情報がたくさん出てきます。 病院にいかずにこうした治療をこころみるのは気楽かもしれません。 しかし、ストレッチが過度に関節に負荷をかけてしまい、より症状が重くなったり、治療が難しくなったりする可能性もあります。 こうしたことは男性や女性、子どもなど年齢や性別に関係なくいえます。 ストレッチやマッサージなどを自己判断で始める前に、整形外科を受診して、股関節が痛む理由を調べましょう。 妊娠している場合は産婦人科でも相談してください。 治療は股関節の状態にあわせて 原因がわかればそれに合わせて治療をおこないます。 たとえばX線撮影やCTでの画像診断をおこなって股関節の状態がよくないと判断すれば、骨切術という手術や人工関節に取り換える手術を勧められる可能性もあります。 痛みが強い場合には炎症をおさえる薬を使用することもあります。 なにかの病気が原因であれば、股関節そのものではなく、その原因への治療をおこなうこともあります。 また、病院のなかでは保険が適用されない自由診療による治療法を取り入れている場合もあります。 股関節の周囲の筋肉が固く可動域が狭くなっている場合は、運動療法をおこなうように勧めることがあります。 運動の内容は患者さんの状態によります。 プールのなかを歩く水中歩行などの軽い運動を勧める場合もあれば、ランニングなどを勧める場合もあります。 ただし、激しい運動は股関節への負荷が高いため、日頃から激しいスポーツを趣味にしている場合は、それをおこなっていいのかどうか注意が必要です。 また体重が増えていくことは股関節への負担も増やしていきます。 そのためダイエットや杖の使用を勧められることもあるかもしれません。 マッサージやストレッチ、鍼灸などのなかには股関節痛への効果をうたっているものもありますが、万能なものではないことを認識しておく必要があります。 股関節痛の状態によって治療法は変わります。 いずれも診断を受けたうえでおこないましょう。 筋トレや減量で予防を 股関節痛の原因にもよりますが、日頃から股関節にかかる負担を軽減することが予防につながります。 股関節の周囲にある筋肉を適度に鍛えることで関節が動きにくくなることを防ぎます。 また、足への負担を和らげ、負荷の多い運動をした場合は十分に休むことなども重要です。 バランスのとれた食事をして肥満を解消しましょう。 適正な体重を維持することは股関節痛の予防につながります。 股関節痛の予防法のなかには、効果が確認されていないものもあります。 たとえばコンドロイチンやグルコサミン、コラーゲンなどのサプリメントです。 短期的な効果については実証されておらず、5年以上継続した場合の調査も十分ではありません。

次の

妊娠中の股関節痛や腰痛で受診するなら産科?整形外科?

妊婦 股関節 の 痛み

前述のように、一般には、姿勢や骨盤の変化が痛みの原因とされていますが、東洋医学では、もう一歩踏み込んで 「根本的な原因」を考えます。 まず、「どうして痛みの出る妊婦さんと、出ない妊婦さんがいるのか」というところに着目します。 お腹の赤ちゃんが大きくなってくると、だれでも姿勢が反り気味になり、骨盤も形を変えるわけで、もし、姿勢や骨盤の変化が原因であるなら、妊婦さんは、全員、腰痛や股関節痛など何らかの痛みに悩まされるはずです。 でも、実際は、痛みを感じない妊婦さんは沢山います。 ということは、姿勢や骨盤の変化は、痛みを招く要因(きっかけ)であって、根本的な原因は他にあるはずです。 では、根本原因を紐解いていきましょう。 女性のからだには、本来、妊娠に伴っておきるからだの変化に適応できる機能(力)、いわゆる 適応力が備わっています。 お腹が大きくなってきても、痛みに悩まされない妊婦さんは、 適応力がしっかりと働いてからだの変化に対応できているからです。 でも、適応力が低下してしまった妊婦さんは、赤ちゃんの成長に伴うからだの変化についていけず、何らかの影響があらわれます。 特に、負担のかかる 腰や 股関節、 恥骨は痛みが出やすくなります。 当鍼灸院でとりいれている積聚治療(しゃくじゅちりょう)では、精気(せいき)が低下することで、適応力が弱まると考えています。 妊娠は、女性にとって一生の大仕事です。 日々、規則正しい生活を送り、食事と睡眠をしっかりとっていれば、赤ちゃんの発育に必要な エネルギー(精気)は十分に補われます。 でも、どうしても家事や仕事などで無理が続くと、 エネルギー(精気)は余計に消耗してしまいます。 すると、 適応力が徐々に低下してきてしまいます。 やがて、赤ちゃんの成長にともなうからだの変化に対応できなくなり、腰や股関節、恥骨などに痛みを感じるようになるわけです。 痛みの根本的な原因は、精気の低下にあると考えています。 「精気を補えば、本来の適応力はもどる」という方針のもと施術を行っています。 快適なマタニティライフを送れるよう、はなもも鍼灸治療院はお手伝いさせていただきます。 お気軽にご相談ください。

次の

妊婦の股関節痛や腰痛の原因は?歩けなくなる前に改善を!

妊婦 股関節 の 痛み

もくじ• 横向き寝と股関節の痛みには深い関係が 横向きに寝ることと関節の痛みには、深い関係があります。 今回この記事では、具体的に横向きに寝ると股関節が痛むという方が 疑うべき病気や、股関節に 負担のかかりにくい寝方について、ご紹介していきます。 私自身、肩こりや首こりはもちろんのこと、寝起きの腰痛や股関節の痛みに悩まされたことがありました。 マットレスや枕、寝方を変えることで随分と改善されましたが、寝るときに生じる身体の痛みの辛さは、よくわかります。 横寝をすると股関節が痛いという方、股関節の痛みで夜中に目が覚めてしまう!という方は、ぜひ参考にしてみてください。 この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。 横向きで寝ると股関節が痛い方が疑うべき疾患 体を横にして休みたいはずなのに、 横向きで寝ると股関節が痛くなかなか気が休まらない、寝ていても途中で痛くなって、目が覚めてしまうという方は意外と多く、 股関節や腰痛で悩んでいる方は、少なくないのです。 実は、股関節の痛みというのは、我慢して良くなるものではありません。 それで、横向きで寝ると股関節が痛いという特徴的な症状が出ているのであれば、 今どんな症状病気にかかっていて、取り入れられるどんな対策があるのか?を、正しく見極めていくことが大切です。 股関節が痛む三大原因 なんだか足の付け根が痛い、動かしにくい、痛みがあると感じている方は多いのですが、股関節が痛むという場合には、大きく分けて 三つの原因が考えられます。 これは、 横向きで寝ると股関節が痛いという症状とも深い関係があるため、少し触れておていきたいと思います。 1 病気 股関節に痛みを引き起こしてしまう原因の一つは、 病気です。 横向きで寝ると股関節が痛いというケースでは一般的ではありませんが、難病指定もされている 大腿骨頭壊死症という病気も、可能性として考えられるでしょう。 2 ケガ 股関節が痛む他の原因の一つは、怪我です。 怪我による股関節の痛みは、 股関節の使い方を間違ってしまったり、酷使した場合に起こります。 具体的には、 股関節唇損傷などが、考えられるでしょう。 この場合、横向きで寝ると股関節が痛いという症状はもちろんのこと、何をしていなくても痛くなる特徴的な症状が起こることが多いので、寝る体勢との関係は、それほど深くありません。 しかし、股関節の怪我が軽症の場合は何もしていないときは痛くならず、 寝ているときに体温が下がり、痛みが起きることがあります。 また、片方の股関節だけを痛めている場合には、 痛めているほうの股関節を下にして横向きで寝ると股関節が痛い、と感じることもあります。 3 臼蓋形成不全 股関節の痛みの中で実は最も多い理由となるパーツが、 股関節の屋根と言われている臼蓋です。 股関節の屋根が小さくなっている臼蓋形成不全ということが、原因となった変形性股関節症です。 なお、こちらでは足の付け根や大転子の痛みと横向き寝の関係について説明していますので、興味がある方はご覧ください。 ほとんどは、 臼蓋形成不全が原因で発症します。 通常は、この臼蓋という受け皿のような部分が、大腿骨の先に収まるようになっているのですが、これが 小さすぎたり不完全になることで、股関節に痛みを生じます。 この状態そのものは、若い頃から始まっていても、関節の隙間が空いているために、通常は痛みを感じにくく、年齢を重ねるごとに痛みが出るという場合が多いんです。 大腿骨の軟骨に摩擦が生じることで、段々と軟骨がすり減っていき、炎症を起こします。 横向きで寝ると股関節が痛い場合はすでに進行が始まっているかも 変形性股関節症は、 年齢を重ねれば重ねるほど、また体重が重ければ重いほどその痛みが、早く発症しやすいのです。 横向きで寝ると股関節が痛いという場合には、 関節の変形がすでに始まっているという可能性が考えられます。 横向きで寝ると股関節が痛いという方は、少し前に歩き始めや立ち上がる時などにも痛みがなかったか、考えてみましょう。 その時の痛みは股関節ではなく、 太ももの横や前部分に出るという特徴があります。 安静にしていても股関節が痛い、横向きで寝ると股関節が痛いという場合には、 レントゲンを撮影し、専門医に診てもらうことで、すぐに診断がつくでしょう。 横向きで寝ると股関節が痛い症状が起きる前に太ももの前か横部分に痛みが出ていたという場合には、この病気が考えられます。 股関節の痛みは我慢しても良くなりません。 痛みが出ているときに我慢せず、 原因を突き止め、症状を改善・悪化を防止するということが、大切なんです。 治療方針や対策方法 横向きで寝ると、股関節が痛いことの原因になりがちな変形性股関節症は、その症状がどれほど進んでいるかに合わせて、治療方針が決められます。 痛みが強く、寝ている時まで気が休まらないという場合には、 薬物療法によって、痛みを抑えることができるでしょう。 残念ながら、この変形性股関節症は、 手術以外に根本的に治す方法はありません。 年齢によっては、 痛みや炎症を抑えて日常生活を送りやすくするだけで、良い場合もあります。 症状が強すぎる場合には注射を使うこともありますが、 強い痛みは悪化のサインですので、軟骨のすり減りを早めないためにも、 早めに医師に横向きで寝ると股関節が痛いということを伝えましょう。 初期段階では痛みを感じにくい病気という特徴ゆえに、横向きで寝ると股関節が痛い、関節が動かしづらくなってきたなどの自覚症状が出た時には、かなり進行していることが考えられますので、 放置するのは危険です。 股関節に負担のかからない寝方を では、横向きで寝ると股関節が痛いという変形性股関節症の方は、どのようにしたら、ぐっすり眠ることができるのでしょうか? まず覚えておきたいのは、変形性股関節症は、 片側だけに生じるケースもあるということです。 片側だけに症状が起きている場合には、 傷んでいるほうの股関節を下にして横向きで寝ると股関節が痛くなります。 股関節の痛みの種類によっては、多少の痛みを我慢してでも、ストレッチなどが必要なケースもありますが、ほとんどの変形性股関節症の場合は、 痛みを抑えながら生活していくことがメインになります。 横向きで寝ると股関節が痛いのなら、 寝る体勢を変えることも、必要です。 変形性股関節症の方が避けたい寝るときの体勢 変形性股関節症の患者さんが、してはいけない寝方は主に二つあります。 それは、 うつ伏せで片方の足を曲げるという状態です。 これは疲れた時に、よくしてしまう寝方ですが、 股関節に負担がかかると言われています。 また、横向きで寝ると股関節が痛いという場合に多い、 悪い方を下に寝るというのも、できるだけ避けたい体勢です。 悪い方を下にすると楽に感じる場合もありますが、 全身の体重が股関節や肩、首などピンポイントでかかってしまうので、横向きで寝ることは、股関節に負担の多い寝方と言えるでしょう。 変形性股関節症の方におすすめの寝方 変形性股関節症の方におすすめの寝る体勢は、やはり 仰向けです。 全身にバランスよく体重がかかり、一点に集中しないため、リラックス出来にくいという方も多いのですが、やはり仰向けが理想的です。 股関節への負担を少なくするためには、 小さめの枕やバスタオルなどを、膝の下に入れると良いでしょう。 股関節にかかる負担を避け、膝の痛みや腰痛にも効果を発揮してくれます。 また、どうしても横向きで寝たい!でも、横向きで寝ると股関節が痛い!という方にオススメなのは、 横向き寝用の抱き枕などを取り入れることです。 横向き寝をする時専用の横向き寝用枕は、 体への負担を軽減して、快適な横向き寝を実現させることができます。 横向き寝用の枕などは特に首や肩こりに良いのですが、腰痛や股関節の痛みで悩まされているという場合には、横向き寝専用の抱き枕やマットレスを取り入れるのが、オススメです。 スポーツをしている方は要注意股関節唇損傷 横向きで寝ると股関節が痛いという時に考えられる他の理由は、 股関節唇損傷という病気です。 特に、この症状はスポーツなどをしていて、 股関節を酷使している方に注意が必要な病気と言えるでしょう。 原因のわからなかった股関節痛の多くは、この股関節唇損傷だと言われていて、比較的新しい病気です。 それで、診断や治療の技術が、今でも進歩し続けています。 この病気は 自然と治ることもあるため、一時的に横向きで寝ると股関節が痛いと感じていたけれど、いつの間にか治ってしまったという場合もあります。 股関節唇損傷症の対処法 基本的には保存療法、つまり手術をしないで、痛みをコントロールする治療が一般的ですが、 どうしても痛みが取れないという場合には、手術を取り入れることもあります。 いずれにしても、この股関節唇損傷によって、関節の痛みが生じている場合、痛みが起きる体勢はすべて避けるのが良いと言われています。 横向きで寝ると股関節が痛いという場合には、 他の寝方を考えることが大切です。 横向きが好きだからといって、痛みを我慢してでも横向き寝をすることは、 股関節に大きな負担となります。 可能性は低いが危険性の高い大腿骨頭壊死症 横向きで寝ると、股関節が痛いという場合に考えられる病気の一つとして、メジャーではありませんが、危険性が高いため取り上げておきたいのが、 大腿骨頭壊死症という難病です。 これは 大腿骨頭の一部が血流が低下することにより、壊死してしまう病気のことです。 血が通わなくなってしまうので、 骨の組織が死んだ状態に陥ってしまうのです。 この骨の壊死が起こるタイミングと、 痛みが生じ始めるタイミングにはラグがあるため、注意が必要です。 骨が壊死していく時には痛みがないのですが、この壊死した部分が潰れていく際に、痛みが生じていきます。 大腿骨頭が壊死してしまう角度や範囲などによって、痛みの出方には個人差があります。 また、 特定の体勢のみ痛みが生じ始めることもあります。 それで、横向きで寝ると股関節が痛いという症状が起きることも、考えられるでしょう。 股関節に負担をかけないことが重要 股関節の痛みの原因によっては、少しの負担をかけながら、 可動範囲を広げていくという治療も効果的です。 しかし、この病気では、日常生活で大腿骨頭が潰れてしまわないように、 股関節に負担をできるだけかけない意識が必要なんです。 それで、横向きで寝ると股関節が痛い場合や、特定の体勢でのみ痛みが生じる場合には、その体勢を避けることが、徹底的に指導されます。 寝るときに痛みが軽減される体勢を見つけ、その体勢で寝ることを、おすすめします。 痛みの原因を見極めて正しいケアを なぜ、横向きで寝ると股関節が痛いのだろう?とお悩みの方は、まずその 原因をきちんと見極めて、正しい対処法を取り入れることが大切です。 悪化を防止し、症状を改善していくためには、 正しい診断が最も重要でしょう。 一言に、横向きで寝ると股関節が痛いという症状でも、骨が壊死しているというケースもあれば、軟骨がすり減って症状が起きているという場合も、あるからです。 いずれにしても、痛みが生じる体勢を続けることは股関節に良くないため、 他の体勢を見つけるか、股関節に負担のかかりにくい横向き寝専用の抱き枕を取り入れることが、大切です。 必要な対策を取り入れて、股関節の痛みを軽減し、夜はぐっすり眠れるようにしたいものですね。

次の