乃木坂46 ゴシップ。 中田花奈が年内卒業、白石麻衣は“居残り”確定? 乃木坂46卒業ダービーの珍妙な行方|日刊サイゾー

猿に会う(ドラマ)のキャスト・相関図・主題歌・ロケ地・原作【乃木坂46】

乃木坂46 ゴシップ

今回も最近多い乃木坂46やそのメンバーについて、本当かどうか定かではないマイナス記事が多い問題を取り上げたいと思います。 特に最近のターゲットは、なぜか西野七瀬さん齋藤飛鳥さんの2人に向けられているようで、2人の記事を目にすることが多いです。 正直個人的に本当かどうか検証されていないマイナスな内容の記事を見るのは、あまり気分のよいものではありません。 これまでも何度か話題になったマイナス記事の内容を検証してきましたが、今回は根本的な問題として、 なぜ本当かどうかわからない、確度の低いマイナス記事を掲載するのか、という本質に迫ってみたいと思います。 こんな記事は読みたくないという乃木坂ファンの方も多いと思いますので、この類の記事はできれば今後は書きたくないと思っています。 出典:テレビ愛知「乃木坂工事中」 125• メンバーの歌唱力は忘年会レベルで生歌で醜態をさらしたのか あるWebニュースサイトに、乃木坂メンバーの歌唱力は忘年会レベルで生歌の醜態を晒しているとの記事が出ました。 ちなみにこのニュースサイトの記事は、少し前までは「乃木坂は口パク」と書かれていたのが記憶に新しいところですが、現在は生歌と判断されているようです。 記事の根拠として挙げられているのが以下の3つのシーンです。 2017年9月 ミュージックステーション 生歌で熱唱するも、声量はまったく足らず、音程も不安定だった 2017年10月 CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017 声がかすれ音を外した。 他のメンバーのソロでも同様に音程が定まらず、生歌のリスクを露呈した 2016年6月 乃木坂46ガチ歌合戦 歌唱力が低く終始やる気のなさが感じられた。 『宴会』『ルックスを抜いたら素人レベル』という声があがった 一応ニュース記事として書かれた以上は、記事に指摘されたシーンを簡単に確認してみました。 2017年9月のミュージックステーション出演時の様子はすでにHDDレコーダーから削除していました。 すみません。 ハロウィン音楽祭2017のパフォーマンスシーン ハロウィン音楽祭2017は2曲披露されていましたので、「ガールズルール」のパフォーマンスか、「いつかできるから今日できる」のパフォーマンスなのか、2つの可能性があります。 早速もう1度確認してみました。 「ガールズルール」は乃木坂メンバーが、子どもが将来なりたい職業にコスプレしてのパフォーマンスで、とっても楽しそうなパフォーマンスが印象的でした。 出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」 いつも例に出してすみませんが、まなったんのシーンでまなったんの声が聴こえてこないことと、少し歌詞がずれていることから、このパフォーマンスは実際に歌っていなかったパフォーマンスだったと推測します。 そもそもこのハロウィン音楽祭2017って、ほとんどのアイドルさんが実際に歌っていませんでした。 重要なのは実際に歌っているかではなくて、番組の特性上どれだけすばらしいパフォーマンスができるかが勝負だと思うのです。 その点において、すごく楽しそうな乃木坂のパフォーマンスはとってもすばらしいと思いました。 乃木坂のパフォーマンスのときにMCのアナウンサーの方が、出演者の方とおしゃべりをされていたことの方が、わたしは個人的には気になったくらいでした。 出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」 「いつかできるから今日できる」のパフォーマンスの方はさらに微妙です。 センターの飛鳥ちゃんがいないため、卒業する伊藤万理華さんがセンターを務めるという感動的なシーンでした。 その半面、歌割りが違いますので、歌入りの音楽を流しておくということができません。 もともと「乃木坂工事中」 125の、初披露のときのパフォーマンスを見てみるとよくわかるのですが、この楽曲に用意されたオケが、最初の部分の歌唱が若干不安定に聞こえなくもないオケだったりします。 西野さん、白石さん、万理華さん、堀さんの歌い出しのうち、西野さん、白石さん、堀さんの部分はとっても初披露の時に似ていました。 ただ、万理華さんの部分は本来は飛鳥ちゃんの歌割りなので、生歌か、別撮りであることは間違いないでしょう。 そのあとの衛藤さん生田さんのパートから、急にマイクのエフェクトの種類が変わりました。 出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」 このことから、生歌もしくは生歌の録音+完成された楽曲を利用してのパフォーマンスと推測します。 あくまで1ファンの推測なので事実と異なる可能性があります。 ご承知おきください。 確かに最初の出だしは、声が出にくそうに聞こえなくもないので、この辺の説明は後に回したいと思います。 出典:TBS「ハロウィン音楽祭2017」 それよりなにより、この時の「いつかできるから今日できる」のパフォーマンスする西野さんを見て、感動して3回も見に行った映画「あさひなぐ」を思い出してしまい、個人的に胸が熱くなりました。 また、このパフォーマンスは卒業するまりっかさんがセンターを務めるという、乃木坂ファンには重要な意味を持つパフォーマンスでした。 キラキラ輝きながらパフォーマンスをするまりっかさんを見て、とても感動してしまいました。 もちろん個人的意見です。 乃木坂46時間テレビでのパフォーマンス 次に例に出されているのが、ずいぶん前の2016年6月の「乃木坂46時間テレビ」内の企画「乃木坂46ガチ歌合戦」の西野七瀬さんと深川麻衣さんの「悲しい熱帯魚」のパフォーマンスでしたので、早速確認してみました。 これも簡単に項目だけ触れますが、西野さんはオリジナルのWinkの雰囲気を出すために、直前まで鏡を見て無表情でパフォーマンスができるように確認したことを語っています。 もともとオリジナルのWinkが無気力そうに見えるパフォーマンスが特徴的なアイドルだったので、その世界観を再現しようとしていたことがわかります。 否定的に書かれた歌唱力も、ちゃんと判断できるようにバンドのレコーディングに使っていたヘッドセットを持ち出して、ちゃんと聞いてみました。 ご注意ください 確かに最初は声がちょっと出ていないようにも聞こえなくもありません。 ハロウィン音楽祭の時にも声が出ないのは最初だけでした。 歌っていて最初の部分の声が出ないケースは、歌唱力がない場合だけでなく、声を出していない状態から急に声を出した場合や、のどの不調や、楽曲のキーがあっていない場合など、たくさんのケースが想定されます。 このパフォーマンスを最後まで聞けばわかるのですが、すぐに持ち直して、最後のおつりの部分の難しいファルセットまで見事に声が出ています。 このことから、声を出していない状態から、急に声を出した場合だったと推測します。 このパフォーマンスで歌唱力がすごくうまいとまではいいませんが、西野さんのパフォーマンスについて、個人的にはとっても満足して楽しませてもらった、思い出深いパフォーマンスでした。 もともとボーカリストとしての西野さんが光る楽曲はこういうアイドルソングではなく、淡々と感動を綴る、おしゃれ系アーティストが歌うようなで静かな楽曲だと思います。 そういう楽曲の表現力はものすごく、感動が溢れてくるタイプのボーカリストさんです。 出典:乃木坂46時間テレビ 宴会レベルという指摘について 記事の中では忘年会や宴会レベルと指摘されています。 この指摘については、 まさしく宴会だったと同意したいと思います。 そもそもお祭り要素が強い46時間テレビでの1つの企画に過ぎません。 80年代アイドル対決や、ホットパンツ対決、井上陽水さん対決、リップシンク 口パク 対決など、歌唱力を披露する要素がまったく見当たりません。 口パク対決では、和田まあやさんによる和田アキ子さんのものまねで爆笑をさらってましたし「ああ、すごくうまい!」って感動する要素が1㎜もない企画だと認識していました。 強いていうなら。 マイクも歌唱用のマイクでなく、エフェクトも効いていなかったのに、バンドでボーカルやってただけあって、エフェクトなしのマイクで歌うのに慣れていた伊藤かりんさんの歌声に、表情があって光っていたのが印象的でした。 ご注意ください 対戦するひめたんもパワフルな歌声です。 アップテンポのノリの良いリズミカルな楽曲を歌わせると、ひめたんはすごいと思います。 あくまで個人的意見ですので、苦言は受けつけておりません。 広島アクターズスクールの発表会で見せた歌唱シーンより、もっとキラキラ輝いていました。 出典:乃木坂46時間テレビ 乃木坂の代表曲についての見解 また以前ニュースサイトの記事では乃木坂はみんなが知っている代表曲がないと書かれていましたが、最近の関連サイトの記事では、東京メトロ千代田線乃木坂駅の発車メロディーの『君の名は希望』、また『制服のマネキン』『ガールズルール』『サヨナラの意味』を推す人がいるとまで書かれています。 終始記事の基本的なよりどころとなるはずの周知の事実に対して、プロのライターさんに意見を申し上げるのはおこがましいですが、素人レベルでは一貫性が残念ながらないように感じてしまったのが率直な感想です。 齋藤飛鳥についてのニュース記事 飛鳥ちゃんの記事についても読ませてもらいましたが、なかなかわたしレベルでは、内容を理解することができませんでした。 まず、歌詞を意図せずまちがってしまったことを取り上げた記事ですが、飛鳥ちゃんのその後の対応はとっても迅速で危機管理の立場から言っても完璧な素晴らしい対応でした。 今後大きな問題にはならないし、しこりを残すこともないといってもよいくらいに、素晴らしい対応です。 そもそも歌詞をたった一言だけまちがえてしまうというのは、アーティストならあるあるネタです。 歌詞をまちがったことがないアーティストにこれまでであったことがありません。 そのたった一言を聞いて、不快に思った方がいたから正直に謝罪をしただけです。 不快に思うには理由があるわけで、メンバーに対する愛情以外に、嫉妬という感情も正直あったことでしょう。 乃木坂メンバーが男性アイドルと共演することで、乃木坂ファンがちょっぴりやきもきするのと同じです。 このことについて、飛鳥ちゃんが性悪とは全く思えないし、記事を書いた方はご存知ないかもしれませんが、表現する言葉とは裏腹にめちゃくちゃ内面がやさしいメンバーだとわたしは思っています。 あ、逆切れとの表現もありましたが、素直に謝った文章を読んで、逆切れと感じる方は、読解力を疑われることにもなるので注意が必要だと思います。 その他の飛鳥ちゃんの記事については、あえてここで言及するまでもないと思う内容でしたので、割愛させてください。 さらにニュース記事が続く本当の理由 この記事を書いてる途中にも、またひとつ西野さんについての真実かどうかの検証がとぼしい記事が公開されていました。 読ませていただきましたが、触れるまでもなく乃木坂ファンであれば誰でも真偽がわかる内容の記事でした。 では、なぜ西野七瀬さん、齋藤飛鳥さん、そして乃木坂46がゴシップ記事のターゲットにされてしまうのでしょうか。 ようやくたどり着きました。 今回の本題はここにあります。 前置きがとんでもなく長かったです。 すみません。 GoogleのサービスのひとつにGoogleAdwordsというサービスがあります。 この中の「キーワードプランナー」では、月間推定Googleでどれくらいの回数が、その検索ワードで検索されるかがわかります。 このことはイコール、乃木坂や西野さん、飛鳥ちゃんの話題を扱えば、たくさんの検索したユーザーさんが自分のサイトに訪れてくれることを意味しています。 正直この検索結果の恩恵を受けているサイトの1つがかえるがおです。 西野さんや飛鳥ちゃんに興味があって、検索するユーザーさんが多いから、このブログもちっちゃい個人ブログなのに、たまーにアクセスしていただける方が存在します。 ゴシップサイトさんは、ぶっちゃけ生活がかかっている職業としてニュースサイトを運営されています。 アクセス数を稼ぐことが最優先課題で、アクセスが下がることは正真正銘の死活問題です。 そのため、多くのユーザーのアクセスを期待できる、「乃木坂46の話題」、「西野さんの話題」そして「飛鳥ちゃんの話題」に記事を書くだけの根拠がなくても、触れる必要がある、お宝コンテンツだと考えます。 乃木坂ファンとして考えてみた 事実ではない内容の記事を公開されてしまうと、一番心を痛めるのは乃木坂メンバー自身です。 あまりに内容が事実とかけ離れている場合、名誉棄損や人権侵害といった法的な問題に発展する可能性すらあります。 一方、ほんのちょっとの番組出演でも、乃木坂の出演を見逃すことなく記事として公開されているという側面もあります。 担当の記者さんは、それだけ乃木坂の活躍を逐一チェックして見ているということも見えてきます。 いつかは乃木坂のパフォーマンスに魅せられてファンになってもらえる可能性すらあります。 乃木坂にはまってしまったわたしのようにですw 仕事である以上、アクセス数を確保することが死活問題だということも理解しておくことも大切です。 また、ニュース記事に乃木坂が頻繁に登場するということは、 乃木坂に対しての宣伝効果という意味合いもあります。 無料で乃木坂についてWeb媒体で宣伝してもらえるだけでなく、内容があまりにも事実とかけ離れていた場合は、読者の乃木坂に対する同情と共感というプラスの効果もあります。 ユーザーも正しい情報と正しくない情報を選別する能力があります。 あまりにも事実と違う場合には、ゴシップサイトさんの記事でも、記事を掲載されたサイトの信用を失墜することにもなりかねません。 わたしもいちいち事実でない記事について、反論してきたことには十分反省をして、乃木坂メンバーについて、宣伝活動をしてもらっていると思うことにしたいと思います。 それが大人の対応のように思えました。 もちろん、あまりにも度が過ぎた記事については、真実を示すためにも、乃木坂メンバーの名誉のためにも、今後も記事にしたいと思います。 以上今回のかえるがおはここまでです。 めずらしく結構すばっと書いてしまったので、賛否両論あるんだろうなぁとおもいつつおしまいです。 faceflog.

次の

猿に会う(ドラマ)のキャスト・相関図・主題歌・ロケ地・原作【乃木坂46】

乃木坂46 ゴシップ

2018年に不倫スキャンダルをスクープされ、その後現役引退を発表した音楽プロデューサー・小室哲哉さんが、乃木坂46の新曲『Route 246』の作曲・編曲を手掛け、音楽業に復帰していたことが明らかになりました。 小室哲哉さんが手掛けた『Route 246』は、配信限定シングルとして7月24日午前0時から配信がスタートし、センターは齋藤飛鳥さんが務めるとのことです。 小室哲哉さんは2018年1月に週刊誌『週刊文春』によって、看護師の女性との不倫スキャンダルをスクープされ、その後行った会見で現役引退を表明し、同4月にアイドルグループ『ラストアイドル』の楽曲『風よ吹け!』の作詞・作曲、プロデュースを手掛け、音楽業から退きました。 それから2年が経ち、乃木坂46の新曲『Route 246』で音楽業復帰する小室哲哉さんは、 「多いなる友情と才能を持った秋元康さん、同じく近しい知人に1年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました。 」と、音楽業への復帰と楽曲提供に至った経緯を説明しています。 今回のコンセプトは友情でした。 友人の期待に応えたい一心で今作を作りました。 一貫した、らしさは表現されているのでは?と感じています」とコメントしています。 また、2010年発売の故・やしきたかじんさんの楽曲『その時の空』以来10年ぶりに、小室哲哉さんとタッグを組んだ総合プロデューサー・秋元康さんは、 「小室哲哉は古くからの友人です。 一度は引退した彼ですが、時々、会って食事をする度に、音楽への熱い想いは消えていないことを知りました。 いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう一度、小室哲哉に音楽に携わる機会を持って欲しいと思いました。 『曲を書いてよ』そんな話を何度かするうちに、彼がようやく重い腰を上げました。 」と、小室さんとのタッグが決まった経緯を説明しています。 楽曲制作中の小室哲哉さんの様子については、 「ブランクがあった分、なかなか、思うようなイメージのものが書けないようでした。 結局、7回も書き直しをしてもらったのですが、その作業すら楽しそうでした。 」と明かしています。 最後に、 「この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。 音楽にのめり込むとまわりが見えなくなってしまう不器用な人です。 そのせいで多くの方に迷惑もかけたのでしょう。 でも、小室哲哉はそれを音楽でしか返すことができないのです。 」とフォローし、「乃木坂46に、書き下ろしてくれた「Route 246」を聴いてください。 彼の音楽への想いが伝わって来ると思います。 」と呼び掛けています。 そして、小室哲哉さんの音楽業復帰、活動再開に対してネット上では、• 引退詐欺• ガチの詐欺師なんだから引退詐欺くらい何とも思わん• 引退当初から大方予測は付いていたけど、こんなに早く復帰されるのですね。 無期限活動休止とかにしておけば良かったのではないでかね。 多額の借金をかかえているくせに引退して今後どうやって生計を立てるのかと思っていたけどもう復帰。 あんなに長い記者会見までやっておいて恥ずかしくないのか。 なんで引退したんだろう。 どうせ他の仕事なんてできないどろうに。 音楽の才能は、一時期とっても素晴らしかった。 でも、女性を粗末に扱うよね。 華原朋美を捨ててからこの人の才能も枯れて行ったと思う。 世間の常識からは外れているし、結婚に向いてない。 作品出すのはいいと思うけど、黙って出して欲しかった。 アーティストが引退って無理だと思うから、ペンネーム使うとか表舞台に出なければまだ許せた。 なんだかなぁ、と言った感じ。 やっぱりスジの通し方を知らないあぶなっかしい人という印象だな。 なんだったのか…あの会見は。 嫁の看病に疲れて不倫。 謝罪、引退。 世間からいい旦那を演じて世間からのバッシングから逃げただけではないか? 熱りが冷めたら、「はぃ復帰しまぁす」って。 すごく腹黒いし計画的過ぎませんか?• KEIKOの慰謝料やら生活費のサポートはしてあげてるんやろね。 引退会見時に介護してるなんて大嘘ついたんやから。 何もしないで復活しただけなら、この人はどれだけ家族の心情を逆撫でするんだろう。 などの声が上がっています。 小室哲哉さんは不倫スキャンダル後に、騒動のケジメとして引退を決意したと発表し、涙を流す場面もありました。 不倫をスクープした『週刊文春』の取材を受けた際にも、「そろそろ歳なのかなと思ってますので、引き時なのかなと思い始めています」と明かしており、楽曲制作が思うように進まなくなっていることや、突発性難聴など体の不調もあることで引退を決めたとのことでした。 それにも関わらず、わずか2年での復帰にネット上では批判の声も多く上がっていますが、何れは復帰するだろうと予想していた方も少なくない様子です。 小室哲哉さんは今年2月に、小室ファミリーで『TRF』のメンバー・DJ KOOさんのインスタグラムや、エイベックス・松浦勝人会長のツイッターに登場するなどしており、松浦会長は小室さんの不義理に対する不満を漏らしつつも、音楽活動再開してほしいとの思いを明かしていました。 秋元康さんとのタッグで復帰するというのは意外でしたが、今後また音楽プロデューサーとして良い曲を生み出してもらいたいですし、今後また大きなトラブルを起こして活動に影響が及ぶようなことがないようにしてほしいものですね。

次の

「乃木坂46」桜井玲香&松村沙友理らが参戦!『あさひなぐ』劇中衣装で登場

乃木坂46 ゴシップ

blogspot. 原作小説では20代後半のゆるい女性たちが主人公だったのですが、 乃木坂46の4期生が演じることで、いったいどんな雰囲気になるのでしょうか? この記事では、そんな 『猿に会う』にまつわるお話をお伝えさせていただきます! 『猿に会う』のメインキャストは、乃木坂46の4期生のうちの4人、• 飯田まこ役:賀喜遥香• 蒼井きよ役:清宮レイ• 明石さつき役:柴田柚菜• のぞみ役: 石川瑠華• 神無月役: 阪本一樹• 西山役: 三島ゆたか となっております。 乃木坂46の4期生のドラマ初出演として、同じく2020年3月に『dTV』で放送される『サムのこと』と一緒に、SNSではすごい反響になっています。 そして、8月20日、坂道合同オーディションに合格し、現在に至ります。 『猿に会う』は、 仲良し女子大生3人組が、栃木・日光東照宮へ旅行に出かけるなかで、ふわふわとした会話と雰囲気が描かれます。 そのなかで、人物設定が今っぽい感じで、• 飯田まこ(賀喜遥香さん):リア充の妹にコンプレックスがあり、その妹に先を越されてしまった、恋愛経験ゼロの女子• 蒼井きよ(清宮レイさん):なんでも四捨五入するクセを持つ数字フェチ、しっかり者で恋愛経験者• 明石さつき(柴田柚菜さん):『彼氏いない歴=年齢』で、おっとり癒し系• 川瀬涼子(北川悠理さん):まこたちと同じ大学に通う といった配役になっています。 4期生の楽曲 「I see... 」 に決定いたしました! この曲は、2020年3月25日(水)に発売された、乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」の初回仕様限定盤Type-Dに収録される、4期生の最新楽曲です。 事前の猿に会うの予想としては、• キスの手裏剣• ゴルゴンゾーラ• 平行線• 4番目の光• 図書室の君へ といったところから選ばれるかもしれないと思っていましたが、最新シングルからのチョイスになりました。 ですが、物語自体が、 『日光東照宮に行く途中の女子大生3人組の話』となっているので、 その道中や、最終的に『猿に会う』の最終話(4話)で、 日光東照宮がロケ地になるのではないか、と思います。 『世界遺産めぐりバス』 だと判明しています。 JR日光駅から出ている巡回のバスで、観光地を巡る有名なバスみたいですね。 主なルートは、• JR日光駅• 東武日光駅• 西参道・東武観光センター前• 蓮華石間 という感じで、 乗車料金500円(子供は半額の250円)を一度支払うと、何度でも乗り降りができる、というもの。 予告動画の『0:51』付近で映っているがバス停『日光支所前』は、2020年4月9日時点では確認できませんでした。 『虹見橋』 です。 栃木県日光市の虹見の滝にかかっている橋で、風景がすばらしく、隠れ家的な雰囲気ももっているところですね。 (引用: 『猿に会う』の原作は、• 直木賞作家、西加奈子さんの短編小説『猿に会う』 です。 乃木坂46の4期生のドラマでは女子大生が日光東照宮に行くまでの道中での会話が描かれますが、 西加奈子さんの原作小説は、 20代後半の女性3人組が、ふわふわとした会話をしながら温泉へ行くまでの物語です。 25歳を超えた女性3人組みの、なんでもないおしゃべりのなかで、ふと気づく「あるもの」の印象に、なんともいえない読後感が得られる作品となっています。 同時期に配信される、 乃木坂46:4期生のもう一つのドラマ『サムのこと』の同名原作小説も同じ短編集に収録されています。

次の