拝見 拝読 メール。 拝見するの意味とは?正しい使い方と敬語表現の例文、英語表現を解説

「拝見」「拝聴」「拝読」「拝借」…「拝」のつく言葉の使い方とは?

拝見 拝読 メール

最初に確認しておきたいのは、拝読するは謙譲語であることです。 「読」があるように、「読むこと」を丁寧にいった敬語の一種なのですが、謙譲語ですので自分が自分より目上の人に対して、何かを読ませてもらったときに使う敬語になります。 例えば「上司から借りた本を拝読する」は正しい使い方と言っていいでしょう。 謙譲語は動作をする主体を低める表現 ここで、敬語における謙譲語の意味についておさらいしておきましょう。 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語に分けられます。 丁寧語は言葉そのものを丁寧に言う表現です。 尊敬語と謙譲語は、その動作をする主体を高めるか低めるかで違います。 例えば「拝読する」は、読むという動作をする主体を低める表現なので謙譲語になります。 それに対し「お読みになる」は尊敬語です。 上司や取引先からの資料やメールなどは「拝読する」が正しい表現 拝読するの表現は、ビジネスシーンなどで正しく使うと相手に喜ばれるでしょう。 敬語が正しく使えることはビジネスマナーとしてとても大事だからです。 拝読するが謙譲語であると意識しておけば、間違えることは少ないでしょう。 上司や取引先からいただく資料やメールなどは「拝読する」という使い方で正しいです。 「拝読いたしました」は二重敬語と捉える人もいる 逆に、敬語を間違えてしまうと相手に悪い印象を持たれてしまう可能性があります。 例えば、上司から借りた本でないのに「先日拝読した本について」などと言うのは誤った敬語の使い方です。 また、「拝読いたしました」という表現はビジネスで問題なく使われているのですが、これを二重敬語であると捉える方もいますので、単に「拝読する」や「拝読しました」と使った方が誤解をうまないでしょう。 「拝見する」「拝聴する」「拝観する」も覚えておきたい敬語 拝読するは読むの謙譲語ですが、それに似ている表現のうち、ビジネスで「拝読する」と同様によく使われるものもご紹介しましょう。 「見る」の謙譲語である「拝見する」、「聴く」の謙譲語である「拝聴する」、「観る」の謙譲語である「拝観する」などです。 どれも相手が見せてくれた物、話してくれた内容に対しての敬語であることに注目すれば正しい敬語として使うことができます。 間違った敬語を使う部下には指摘するべき ここまでは、自分自身が「拝読する」という敬語を使うことについて述べましたが、逆に自分が相手から敬語を使われる場面があるでしょう。 例えば部下に資料を手渡し、その資料を「拝読しました」というのは正しいですが、正しく使えていない場合は部下教育として正しい「拝読する」の使い方を指導すべきです。 取引先が誤った使い方をした場合であれば正しい敬語の使い方を指摘するのは失礼に当たるかもしれないので、どうしても気になれば後日メールなどでさりげなく伝えるのがマナーといえます。 ビジネスシーンでは上司や取引先から頂いた資料に目を通す際「拝読する」という敬語を使用する ビジネスで目上の人と話をするときは、緊張して正しい敬語が使えないこともあるでしょう。 しかし、ビジネスマンとして正しい敬語を使いたいのであれば、日常生活でも正しい敬語を意識すべきです。 「拝読する」は上司や取引先から頂いた資料に目を通す際に使用します。 「拝読いたします」と使う人もいますが、これは二重敬語とされるので、注意しましょう。

次の

「拝見する」の適切な使い方と例文は?

拝見 拝読 メール

誰が動作を行うのかという点がポイントです。 『私』が「見る」のであれば「拝見」ですし、『相手』が「見る」のならば「ご覧」となります。 上の例文では、課長、すなわち『相手』が「見る」のですから「拝見」は使えません。 「ご覧」を用いた文章が正解となるわけです。 余談ですが、バスガイドさんが観光案内する際に「右手をご覧ください」と言いますね。 この場合も『相手』が「見る」わけですから、「拝見」ではなく「ご覧」となるのです。 ちなみに「ご覧」の他に「お目通しください」という表現を用いることができます。 「読む」の謙譲語「拝読」の使い方 「読む」の謙譲語である「拝読」も同様です。 「先生のご本を拝読し、とても感動しました。 」のような文であれば、『私』が本を「読む」わけですから「拝読」を用いても問題ありません。 しかし「読む」のが『相手』であったならば、「拝読」を使うことができません。 「読む」のが『相手』であるなら「拝読」ではなく、「お読み」もしくは「ご覧」を用いましょう。 個人的には、「お手を拝借」のフレーズで覚える方法がおすすめです。 「お手を拝借」のフレーズを頭に思い浮かべてください。 手を「借りる」のは『私』、だから「拝」の文字は使ってよい、というわけで「拝借」はOKと覚えればよいのです。 大丈夫です。 慣れれば自然と「拝」の文字を用いた言葉を理解ができるようになります。 いずれにせよ、「拝」のつく言葉を用いる際には動作の主体が『私』なのか『相手』なのかを、まず最初に考えたいところです。 以上、「拝見」「拝聴」「拝読」「拝借」…「拝」のつく言葉の使い方についての説明でした。 皆さんの参考になれば幸いです。 あらかじめご了承ください。

次の

「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

拝見 拝読 メール

日本語には約24万語以上の語彙があると言われています。 広辞苑 第6版より 日常よく使う言葉、と日常は使わないが、聞いてわかる言葉があり、前者を使用語彙、後者を理解語彙と言います。 その中でも成人の日本人ネイティブスピーカーで、理解語彙は4万語から5万語彙、使用語彙は1万語から2万語ぐらいと言われてます。 日本語には他の国とは違い、敬語という言葉が存在します。 最近ではビジネスシーンで日本人ネイティブスピーカーでさえも、使い方が分からなかったり、「拝見いたしました」など、間違った文法でサービスをするシーンも見た事があります。 2007年に文化審議会国語分科会から「敬語の指針」が答申され、従来の「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3分類から、5分類になりましたが、ここでは、3つに分けてお話ししていきます。 敬語には「尊敬語は」、「謙譲語」、「丁寧語」があり、これからは謙譲語の一つである、「拝見いたしました」にスポットを当てていきます。 敬語の中には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 (1)尊敬語 相手の行動・動作について、その人物を立てて述べます。 例)「ご覧になる」 (2)謙譲語 自分の行動・動作をへり下って話すことで、相手に対して敬意を言い表します。 例)拝見する」 (3)丁寧語 相手に対し敬意を表して丁寧に話すことです。 例)「見ます」 尊敬語は話の中心・話し手(主人公)が歳上・目上の方の場合に使い、謙譲語は話し手が自分自身の場合の時に自分をへり下って、相手を立てる時に使うと頭にあるとわかりやすいでしょう。 「言う」の尊敬語は「おっしゃる」、謙譲語は「申し上げる」、丁寧語は「言います」と他にも言い換えられる動詞があります。 敬語の一般的表現 最近のビジネスシーンでも、よく見られる言葉です。 この「拝見いたしました」は「拝見する(謙)」+「いたす(謙)」と「謙譲語」+「謙譲語」と二重で敬語が使われていることになります。 「拝見いたしました」のように二重に敬語を並べることを「二重敬語」と言います。 「拝見いたしました」の二重敬語は文法的に誤りと言われており、二重での敬語を使い続けることは適切ではありません。 「拝見する」の動詞だけで立派な敬語なので、「拝見いたしました」(拝見+いたしました)と、付け加える必要はなく、「拝見しました」と、そのまま堂々と使って行くことが望ましいです。 上の表を見て頂いて表の中にあるものは2回続けては使えないと覚えてください。 「拝見いたしました」ですと、「拝見する」「いたす」と両方表の中に記載されてます。 「拝見させていただきました」 ビジネスメールを送る時にも、要注意です。 取引先相手にメールを送るとき、「お世話になっております。 先日は素敵な食事会にお誘いいただき、ありがとうございました。 早速ですが、メールに添付された資料を拝見いたしました。 」「レポートのメモを拝見いたしました」なんて書きますと、相手の方にもビジネスマナーがなっていません。 正しい使い方として「メールに添付された資料を拝見しました。 」「原稿の下書きを拝見しました。 」となります。 自信がなければ、「拝見する」の代わりに「見ました」「見させていただきました」「確認いたしました」と言い換えてみてください。 それでも「拝見する」と書いた方が相手もこの人はしっかり敬語使えてるな、と印象付けるにはもってこいです。

次の