結婚 祝い 友達 相場。 <2020年最新版>喜ばれる結婚祝い!おしゃれなプレゼント&人気ランキング

友達の出産祝い!金額相場と喜ばれるおすすめプレゼント5選

結婚 祝い 友達 相場

挙式に招待されてない友人へのお祝い金や、姪の結婚式へのご祝儀。 結婚祝いの金額の相場! 挙式に招待されてない友人へのお祝い金や、姪の結婚式へのご祝儀。 ご友人様への結婚祝いを贈る際には、以下のようなお悩みが多いのです。 「結婚式に招待されなかった場合、お祝い金はいくら包むのがいいんだろう?」 「身内の結婚式に出席する際は、ご祝儀はいくら程度が相場なんだろう?」 周りの人が結婚するのって、とっても喜ばしいことですよね! 結婚式に招待されたり、お祝いの品物を贈ったりする方も多いのではないでしょうか? その際に気になるのが、お祝いの金額の相場ですよね。 失礼じゃない品物やお祝い金を贈りたい、かといって自分のお財布と相談しないわけにもいかない。 なんて方も多いかと思います。 今回はそんな、結婚祝いの金額の相場についてのご紹介をいたしますよ! 挙式に招待されなった場合でも、自分の挙式の際に3万円包んでくれた方ならば、2〜1万円程度のお祝い金が目安とされています。 自分が頂いた時のご祝儀と同額を贈っても失礼にはあたりませんので、大丈夫です。 姪の結婚式でのご祝儀は、叔母の立場だと5〜10万円のご祝儀が目安とされています。 夫婦で出席ならば10万円のご祝儀が目安とされています。 苦しい場合も最低は7万円は包みましょう。 また、子供がいる場合はその分のお金も上乗せしましょう。 ご祝儀や結婚祝いの相場としては様々なパターンがあります。 また、基本的には結婚式に出席しない場合や、入籍のみの場合は、結婚式の食事代と引き出物代分の2万円をご祝儀分の金額から引いた額を包むのが相場です。 自分の挙式の際に3万円包んでくれた方に、挙式に招待されなった場合、2〜1万円程度のお祝い金が相場です。 挙式に出ない場合は、結婚祝い金は1万円を贈る方が多いです。 頂いたご祝儀と同額〜1万円程度を贈る方も多いです。 ご祝儀で3万円頂いているならば、挙式に招待されなった場合、最低でも1万円は贈るのが良いでしょう。 品物でも全く失礼ではないですが、現金のが好まれる傾向です。 品物と現金両方贈っても失礼ではありませが、贈らなければいけないこともないです。 結婚式に出席しなかった場合、食事代と引き出物代を差し引いたと考えて、1万円を包まれる方が多いです。 ですが、自分の気持ちがあるのならば、同額〜1万円の結婚祝いでも構いません。 基本的に、結婚式に出席する場合は、ご祝儀の中から式でのお食事代と引き出物が含まれており、なおかつ、差し引いて残った分の金額を、お祝い金としているのが、ご祝儀への内訳の考え方です。 なので結婚式に出席されない場合なら、お食事代と引き出物を差し引いた、結婚祝い金だけと考えて最低でも、10,000円を結婚祝いとして包まれる方が多いです。 ですがご自身が実際に結婚式をしてみてお分かりかもしれませんが、結婚式って人によって1人1人にかける金額が変わってくるかと思われます。 中には食事代と引き出物を合わせても、1人20,000円もいかなかった!! という方も多いかと思います。 なので、中には10,000円よりも多くお祝い金を贈ったり、同額の30,000円を贈られる方もいらっしゃいます。 上記のことから、10,000円よりも少ない金額で、あまりにも減額してしまうと、贈り先様からは。 あまり良いイメージは持たれない怖れがあります。 なので自分の結婚式の際に、30,000円のご祝儀を頂いている場合は、それに見合わない1万円以下のお祝い金を贈ることはお薦めできません。 ですがこれに関しては必ずしも! という決まった金額があるわけではないので、最低10,000円は贈ると考え、あとはご質問者様の気持ち次第という考え方で良いかと思われます。 また、10,000円だけじゃ気がひけるな…。 と感じるのであれば、そのお祝い金プラス、お祝いの品物を一緒に贈るとご友人様にも喜んでいただけると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 品物でもお祝いの気持ちが伝わるので充分ですし、失礼ではありません。 ですが現金の方が好まれてはいます。 結婚祝いに品物と現金、どちらにした方が悩まれる方って多いかと思います。 品物だと本当に必要なものか心配だし、かといって現金だと味気ないというか、素っ気なく感じられてしまうのではないか?と思われる方も少なくはないですよね。 実際結婚祝いは、品物を贈っても、現金を贈ってもどちらもマナー違反ではないかと思われます。 品物の場合は、相手の方からしてみれば自分のために時間を割いて、一生懸命選んでくれたんだなと、嬉しく感じますし、お祝いとして記念に残るので、失礼には当たらないと考えられています。 一方の現金は合理的で喜ばれる方も多いです。 やはり結婚となると何かと物入りな場合が多いですよね。 その際に結婚式や、これからの結婚生活に充てたい! という方も多いため、合理的な面から現金の方が最近では好まれる傾向ではあります。 現金と品物両方を贈っても大変喜んでもらえるかと思います。 ですが必ずしも両方贈らなければいけないこともありません。 先にお伝えしたように、今回のように自分は結婚式の際30,000円をご祝儀として頂いていて、相手の結婚式には出席しないので、ご祝儀の内訳の考え方的にお祝い金を30,000円よりも少なくする方も、多くいらっしゃいます。 結婚式に出席する場合は、ご祝儀の中から式でのお食事代と引き出物が含まれており、なおかつ、お祝い金としているのが、ご祝儀の内訳への考え方とされているからです。 そのことから、結婚式に出席されない場合は、出席する場合のご祝儀から、お食事代と引き出物代を差し引いた金額を最低限の、10,000円をお祝い金の金額と思われることが多いからです。 そういった際に、例えば10,000円のお祝い金だけだと、返ってくる内祝いのことも考えたら、実質相手の手元に残るお祝い金がとっても少ないな。 と気遣う方もいらっしゃいますよね。 そういった際に、10,000円のお祝い金にプラスで品物を贈られる方もいらっしゃいます。 両方を贈るメリットとしては、現金のみの味気なさをカバーしてくれたり、一つは実用的に使える現金で生活や挙式代に充ててもらえて、もう一つの品物は記念品にもなることです。 また、少しこのお金じゃ心配…。 と思った場合にも、中途半端にお金をプラスするのではなく、品物でお祝いの質を上げられるので、相手も自分も気軽に贈れるし、受け取ることができると思われます。 ですのでお祝い金と品物を両方贈ることも、ぜひ参考にしてご検討してみてはいかがでしょうか。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 挙式に出ない場合は、結婚祝い金は1万円を贈る方が多いです。 頂いたご祝儀と同額〜1万円程度を贈る方も多いです。 ご祝儀で3万円頂いているならば、挙式に招待されなった場合、最低でも1万円は贈るのが良いでしょう。 品物でも全く失礼ではないですが、現金のが好まれる傾向です。 品物と現金両方贈っても失礼ではありませが、贈らなければいけないこともないです。 ですね!! 姪の結婚式に夫婦と子供2人で出席。 最低7万円、相場は10万円以上のご祝儀が妥当です。 叔父叔母の立場なら、ご祝儀は1人最低50,000〜100,000円が相場です。 どんなに苦しくても夫婦ならば、70,000円は包んだほうがよいでしょう。 お子様も出席されるのであれば、その分の金額の上乗せもしましょう。 親族間のルールがある場合は、それに則れば大丈夫です。 叔父と叔母の立場での結婚式への出席でしたら、ご祝儀は夫婦の場合は10万円が相場です。 プラス子供も出席する場合は、その分の金額も上乗せしましょう。 まず、基本的に叔父と叔母の立場にあたる方は、ご祝儀の相場は1人50,000〜100,000円、夫婦ならば100,000円〜が相場とされています。 場合によってはもっと多く包まれる方も多いです。 また、お子様2人も出席されるとのことでしたら、その分の金額もきちんと上乗せするのが、マナー面からしても良いかと思われます。 お子様の年齢が大学生以上ならば、大人扱いなので1人につき30,000円。 中高生以上は20,000円、小学生は10,000、食事のいらない赤ちゃんは不要とされることが多いです。 またどうしても家計が苦しい場合は夫婦の分だけでも、最低70,000円は包むのが無難かと思われます。 ですがあまり好ましくはないので、できるだけ100,000円に近い金額を包まれるのがよいかと思います。 また、ご祝儀には数字によって、包んではいけないとされる金額もあります。 基本的には割り切れない数字はOKですが、死を意味する4と、苦を意味する9は避けてくださいね。 ですが偶数でも、20,000円と80,000円はOKとされています。 そして、10万円以上のご祝儀の場合は、5万円単位で加算するのがマナーとされているので、お気をつけください。 ですが、ご祝儀の金額にはマナーに沿わなくても良い場合があります。 それは親族間のお祝い事の際に、初めから親族の間でルールが決められている場合です。 例えば、お祝いの贈り合いはなしとか、ご祝儀を包むのならば1人につき一律の金額にする等です。 なので、今回のケースでももしかしたらそれが適用されるかもしれないので、一度他の親族の方やご両親にご相談するのをお薦めいたします。 ですがもしないのであれば、マナーに沿った金額をご祝儀に包んだほうが無難かと思われます。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 叔父叔母の立場なら、ご祝儀は1人最低50,000〜100,000円が相場です。 どんなに苦しくても夫婦ならば、70,000円は包んだほうがよいでしょう。 お子様も出席されるのであれば、その分の金額の上乗せもしましょう。 親族間のルールがある場合は、それに則れば大丈夫です。 ですね!! 結婚祝いを贈る際の金額の相場。 そもそも結婚祝いとは そもそも結婚祝いとは親しい間柄だったり、お世話になっている方、親族などの身内が結婚をする際に、お祝いのお金やプレゼントを贈ったりすることです! また、自身が結婚をする際は、多くの結婚祝いを受け取ることと思います。 結婚式に出席する場合は、ご祝儀が結婚祝いの代わりとなっています。 基本的な結婚祝いの金額の目安。 基本的に結婚祝いの相場としては様々なパターンがあります。 ご祝儀やお祝いの品物の相場には、結婚式の出席や欠席が絡んできます。 ですが自分の都合で、出欠確認の締め切りが過ぎ、式ギリギリの欠席になった場合。 すでに、式当日のお料理代や引き出物代がキャンセルできない場合がほとんどです。 なのでその分も自分が、責任を持って負担するのが一般的です。 また、親族や兄弟ならば、その家庭によって家族ルールがある場合があります。 例えば贈り合いはお互いの負担になるからやめようとか、贈る際の金額は1人一律の金額で贈るというものです。 なので、その際は一度ご両親に相談した上で贈るのがお薦めです。 最後に。 疑問等は少しは解決できたでしょうか? 大切な方の結婚だからこそ、心の底からお祝いをしてあげたいし、お互い気持ちよくお祝いを済ませたいですよね。 なので、ぜひ今回の記事を参考にして、しっかりとマナーを守ったお祝いをしてあげてくださいね! 結婚祝いのマナー 記事一覧•

次の

【最新版】本当に喜ばれる♪結婚祝い30選|選び方からマナーまで完全ガイド

結婚 祝い 友達 相場

自分の披露宴で頂いた額と同額を目安に 自分の結婚式に出席してくれて、ご祝儀も包んでくれた友達が、結婚式は親族のみ、もしくは入籍だけってこともありますよね。 その場合のお祝いは、やはり頂いた額と同額を目安にするといいようです。 ご祝儀には引き出物や料理などの費用が含まれていると考えるなら、1万円くらいの減額はアリかもしれませんが、あまりに少ない額のお祝いは印象がよくないようですよ。 また、現金を渡すだけでは味気ないと思う人も多く、現金プラス品物を贈るケースも多いようです。 3万円のご祝儀をいただいたのなら、2万円の現金と1万円の品物をお祝いとして贈るなど。 「親しい仲にも礼儀あり」ですから、お祝いをしてもらったのなら、その分のお返しはきちんとしておきたいですね。 ご祝儀も包む場合は、連名で一人当たり5000円くらい 披露宴に出席する場合でも、お祝いの品を贈ることはありますよね。 特に、他に出席する友人と連名でプレゼントを贈る場合が多いのではないでしょうか。 私も友達の結婚式のときは出席する他の友達とお金を出し合って可愛い部屋着をプレゼントしましたし、自分の結婚式のときも連名でプレゼントをもらうことが多かったです。 この場合、ご祝儀も包むのですから、プレゼントは気持ち程度の額でいいのではと考えます。 あまり高価なものをもらってしまうと、引き出物の他に内祝いを贈らなければと考えてしまうからです。 私が友達とプレゼントを贈った時は、社会人になりたてということもあって、一人2000円くらいの金額でした。 それでも5人いれば1万円のものが買えます。 ネットで調べてみると、「一人当たり5000円くらいの予算で考える」という書き込みが多かったので、5000円くらいが一般的なのかもしれません。 一人5000円であれば、それなりのものは買えますから、一つの基準にしてもいいのでは。 上記の金額はあくまで相場、目安であり、絶対にこうでなければいけないという決まりではありません。 まずは「お祝いをしたい」という気持ちが大切ですから、金額にこだわりすぎず、相手との関係性や性格によってお祝いの品を決めてもいいのかもしれません。 その気持ちが伝われば、友達もきっと喜んでくれるはずです。

次の

友人に贈る♡おしゃれな結婚祝いと相場まとめ

結婚 祝い 友達 相場

品物は式場に持ち込まない 品物を贈る際は、結婚式当日の1週間前までに届くよう贈りましょう。 結婚披露宴の会場等に持ち込むのは、迷惑になることもあるので避けましょう。 結婚披露宴に招待されたが欠席する場合 結婚披露宴に招待されたのに、残念ながら欠席する場合は、欠席の連絡を伝えたタイミング等で結婚祝いの金額が異なります。 事前に欠席を伝えていた場合 招待状の返信のタイミングなど、事前に欠席の旨を伝えていた場合は、出席時に贈ろうと考えていた額の、3分の1から半額程度を目安にすると良いでしょう。 もし3万円のご祝儀を考えていた場合は、1万円から1万5000円程度となります。 急きょ欠席となった場合 出席の旨を伝えていたものの、急きょ欠席することになった場合は、結婚式当日に持参する予定だった金額を贈るのがマナーです。 結婚披露宴に出席しない(招待されていない)場合 結婚披露宴に招待されていない場合は、現金でも喜ばれますが品物をプレゼントする事が一般的です。 結婚祝いのプレゼントの金額相場には、これといった決まりはありません。 一般的には1万円ぐらいとされていますが、新郎新婦とあなたとの間柄、親しさなどで考えると良いでしょう。 友人への結婚祝いプレゼントの金額相場 学生時代の友人などへの結婚祝いのプレゼント相場は、3000円から3万円と言われています。 結婚祝いのプレゼント相場には、これといった決まりはなく、親しさなど新郎新婦との関係よって異なります。 親しい友人の場合 新郎新婦と仲が良い場合は、5000円から3万円と考えられることが多く、個人で贈る場合は5000円から1万円程度が一般的です。 サークル仲間や同級生など、連名で贈ることで1万円から3万円といった高額のプレゼントも。 10人で1人1000円を集めて1万円のプレゼントや、1人3000円で3万円のプレゼントなどを贈るのも素敵です。 グループで贈る場合は、1人あたりの金額や人数などをふまえ考えると良いでしょう。 グループ・連名で贈るメリット グループで贈ることで、高額な品物をプレゼントできるといったメリットがあります。 また、新郎新婦に対し「みんなでお祝いしているよ」という気持ちを贈る事もできます。 職場関係の人への結婚祝いプレゼントの金額相場 同じ会社で働く職場仲間へのプレゼント相場は、役職や立場などでも違いが見られます。 同期・同僚へ 新郎新婦が、同期入社や同僚など近い立場の場合は、友人と同じく3000円から3万円が相場と言われています。 個人で品物を渡す場合では、3000円から5000円程度のプレゼントが一般的です。 同期メンバーなどグループで贈る場合は、全員で1万円から3万円といった高額のプレゼントも。 部下・後輩から上司・先輩へ 会社の上司や先輩が結婚する場合、部下や後輩が贈る結婚祝いのプレゼント相場は3000円から3万円と言われています。 上司や先輩への結婚祝いは、1万円から3万円程度の品物を、同じ職場のグループでプレゼントする事が多いようです。 個人で品物を渡す場合は、3000円から5000円程度のプレゼントが一般的です。 上司・先輩から部下・後輩へ 部下や後輩が結婚する場合、上司や先輩の立場の方が贈る結婚祝いのプレゼント相場は5000円から3万円と言われています。 個人で渡す場合は、5000円から1万円程度が一般的で、立場上、同期・同僚や部下・後輩の相場より金額は高くなっています。 また、職場内で集めて贈る際も、上司・先輩の立場の方は、多めに払うことが多いようです。 親族への結婚祝いプレゼントの金額相場 親族が結婚祝いのプレゼントを贈る場合の相場を紹介します。 兄弟・姉妹へ 兄弟・姉妹へ品物を贈る場合は、1万円から10万円が相場と言われています。 兄弟・姉妹の場合は、結婚式(披露宴)の有無で金額相場が異なり、また新郎新婦に近い親族ということで金額にも幅があります。 別途ご祝儀を渡している場合は1万円から5万円、プレゼントのみを贈るという場合は3万円から10万円という相場が一般的です。 兄・姉からプレゼントする場合は、金額も多めになるようです。 いとこへ いとこへ品物を贈る場合は、5000円から5万円が相場と言われています。 兄弟・姉妹同様、いとこの場合も、結婚式(披露宴)の有無で金額相場が異なり、また年齢などでも金額が異なります。 別途ご祝儀を渡している場合は5000円から3万円、プレゼントのみを贈るという場合は1万円から5万円という相場が一般的です。 新郎新婦より年齢が高い場合は、プレゼントの金額も高めになるようです。

次の