肌が白くなる薬通販。 黒人が肌を真っ白に漂白する方法(整形・クリーム・サプリなど)|リアーナなどセレブのホワイトニング整形後の写真

肌を白くする方法6選!美白クリーム・食べ物・保湿化粧水で簡単に美白ケア

肌が白くなる薬通販

薬機法(旧薬事法)の「化粧品」の意味・定義とは? そもそも薬機法(旧薬事法)で定義されている「化粧品」とは何でしょうか? デパート・百貨店の化粧品売場で売られているようなものがすぐに思い浮かぶと思いますが、それ以外のものも含まれます。 薬機法第二条第三項には、次のような目的のものが化粧品であると明記されています。 人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物 具体的には、化粧水・ファンデーションなどだけでなく、シャンプー・コンディショナー・リップクリーム・香水なども法律上は「化粧品」です。 一般化粧品で認められる効能効果の範囲 どんな効能効果なら表現してOKなのか、56個明確に示されています。 さっそく確認しましょう。 頭皮、毛髪を清浄にする。 香りにより毛髪、頭皮の不快臭を抑える。 頭皮、毛髪をすこやかに保つ。 毛髪にはり、こしを与える。 頭皮、毛髪にうるおいを与える。 頭皮、毛髪のうるおいを保つ。 毛髪をしなやかにする。 クシどおりをよくする。 毛髪のつやを保つ。 毛髪につやを与える。 フケ、カユミがとれる。 フケ、カユミを抑える。 毛髪の水分、油分を補い保つ。 裂毛、切毛、枝毛を防ぐ。 髪型を整え、保持する。 毛髪の帯電を防止する。 (汚れをおとすことにより)皮膚を清浄にする。 (洗浄により)ニキビ、アセモを防ぐ(洗顔料)。 肌を整える。 肌のキメを整える。 皮膚をすこやかに保つ。 肌荒れを防ぐ。 肌をひきしめる。 皮膚にうるおいを与える。 皮膚の水分、油分を補い保つ。 皮膚の柔軟性を保つ。 皮膚を保護する。 皮膚の乾燥を防ぐ。 肌を柔らげる。 肌にはりを与える。 肌にツヤを与える。 肌を滑らかにする。 ひげを剃りやすくする。 ひがそり後の肌を整える。 あせもを防ぐ(打粉)。 日やけを防ぐ。 日やけによるシミ、ソバカスを防ぐ。 芳香を与える。 爪を保護する。 爪をすこやかに保つ。 爪にうるおいを与える。 口唇の荒れを防ぐ。 口唇のキメを整える。 口唇にうるおいを与える。 口唇をすこやかにする。 口唇を保護する。 口唇の乾燥を防ぐ。 口唇の乾燥によるカサツキを防ぐ。 口唇を滑らかにする。 ムシ歯を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。 歯を白くする(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。 歯垢を除去する(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。 口中を浄化する(歯みがき類)。 口臭を防ぐ(歯みがき類)。 歯のやにを取る(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。 歯石の沈着を防ぐ(使用時にブラッシングを行う歯みがき類)。 乾燥による小ジワを目立たなくする。 引用先: これらの表現が法律上認められますが、そのまま使うとライバルより魅力的に見せることはできません。 これらの効能効果の範囲内で、表現を工夫しながら消費者に伝えることが必要です。 売れている商品は、具体的にどんな表現を使っているのか後半で紹介します。 薬用化粧品で認められる効能効果の範囲 薬用化粧品は、化粧品とは違います。 薬機法(旧薬事法)上の分類は、「医薬部外品」の取り扱いとなります。 薬用化粧品で認められる効能効果の範囲も明確にされているので、確認しましょう。 種類 効能・効果 1. シャンプー ふけ・かゆみを防ぐ。 毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。 毛髪・頭皮を清浄にする。 毛髪・頭皮をすこやかに保つ。 毛髪をしなやかにする。 リンス ふけ・かゆみを防ぐ。 毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。 毛髪の水分・脂肪を補い保つ。 裂毛・切毛・枝毛を防ぐ。 毛髪・頭皮をすこやかに保つ。 毛髪をしなやかにする。 化粧水 肌あれ・あれ性。 あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。 油性肌。 かみそりまけを防ぐ。 日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。 日やけ・雪やけ後のほてり。 肌をひきしめる。 肌を清浄にする。 肌を整える。 皮膚をすこやかに保つ。 皮膚にうるおいを与える。 クリーム、乳液、ハンドクリーム 、化粧用油 肌あれ・あれ性。 あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。 油性肌。 かみそりまけを防ぐ。 日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。 日やけ・雪やけ後のほてり。 肌をひきしめる。 肌を清浄にする。 肌を整える。 皮膚をすこやかに保つ。 皮膚にうるおいを与える。 皮膚を保護する。 皮膚の乾燥を防ぐ。 ひげそり用剤 かみそりまけを防ぐ。 皮膚を保護し、ひげをそりやすくする。 日やけ止め剤 日やけ・雪やけによる肌あれを防ぐ。 日やけ・雪やけを防ぐ。 日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。 皮膚を保護する。 パック 肌あれ。 あれ性。 にきびを防ぐ。 油性肌。 日やけによるしみ・そばかすを防ぐ。 日やけ・雪やけ後のほてり。 肌をなめらかにする。 皮膚を清浄にする。 薬用石鹸(洗顔料を含む) <殺菌剤主剤のもの> (消炎剤主剤をあわせて配合するものを含む) 皮膚の清浄・殺菌・消毒。 体臭・汗臭及びにきびを防ぐ。 <消炎剤主剤のもの> 皮膚の清浄、にきび・かみそりまけ及び肌あれを防ぐ。 引用先: 化粧品の広告表現で禁止されていること10個 その他に注意すべき広告手法や表現がありますので、重要なものを10個ご紹介します。 「売りたい」という気持ちが強いと、ついつい使いたくなることもあるかもしれませんが、これから紹介するものは禁止されていることなので、使わないようにしてください。 NGワード・禁止用語も紹介していますので、確認しましょう。 効果や安全性の「保証」 この商品を使えば効果が保証される、安全性は確認済みである、などの表現は禁止されています。 確実性を示す表現は使わないようにしましょう。 臨床データや実験例 臨床データや実験例を示すことは、上記で挙げた表現範囲を超えた効果を示したり、誤解を生んだりする危険性があります。 そのため、臨床データや実験例を使うことは認められていません。 使用前後の写真 使用前後の写真も使用が禁止されています。 使用前後写真を使えば、文章で禁止されている保証表現と同じような広告効果を消費者に与えてしまう可能性があります。 使用体験談・レビュー たとえ購入者の使用体験談・レビューであっても化粧品の効能効果や安全性を示すようなものは認められていません。 感想の範囲内ならOKです。 口コミサイトなどでそういったレビューを書いてもらうことも禁止されています。 動画やアニメーションによる表現 動画やアニメーションで、身体に化粧品が浸透していくようなものを使うときは、効能効果や安全性について虚偽・誇大広告にならないように十分注意が必要です。 テレビCMだけでなく最近はYoutubeなど広告に動画が使われる機会も増えています。 気軽に作れるようになった分、表現には気をつけましょう。 配合成分や用法用量 「天然成分だから安心」「どれだけ使っても大丈夫」などの成分や用法用量にかかわる表現は禁止です。 最大級の表現 効能効果や安全性について、最大級の表現は、過度な効能効果を示す可能性があるため、認められていません。 「最高の」「世界一の」「絶対安全」などの表現は禁止されています。 他社商品の誹謗広告 他社商品の悪口を言ったり、おとしめたりするような広告表現は禁止です。 他社の商品名を名指ししない場合でもNGです。 例えば、「他社のメイク落としでは落とせなかったものまで落とせる」など。 比較広告も、誹謗広告になりやすいので、自社商品の範囲内に留めましょう。 医薬関係者の推薦 医者、薬剤師、美容師などの専門家が推薦すると、一般消費者に大きな影響を与えてしまう可能性があります。 そのため、特別な場合を除いて、推薦は制限されています。 ただ、一定のルールに従えば使用が認められています。 「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」等の表現の範囲内または、メーキャップ効果によって肌が白くなるなどの表現なら大丈夫です。 説明表現には、「メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ」といった意味であることが分かるようにする必要があります。 そのため、「傷んだ髪を再生します」「健康な髪が甦ります」などの表現はNGです。 補修までが認められる範囲のため、「パサつきなどの傷んだ髪を補修します」「髪の質感を整えます」などの表現までならOKです。 「若返り」「老化防止」「シワ・たるみの防止」といった効能効果は、化粧品の範囲を超えておりNGです。 「若々しい素肌がよみがえる」「衰えに負けない肌をつくる」などの表現もNGです。 あくまで年齢に応じた化粧品等の「ケア」であることまでで語りましょう。 「エイジングケア」という言葉自体を使っても大丈夫です。 認められるのは、「乾燥による小ジワを目立たなくする」場合です。 例えば、「うるおい効果で小ジワを目立たなくします」という表現はOKですが、「小ジワを防いで、美しい素肌になります」といった表現はNGです。 売れている人気商品の広告表現例3つ 実際にどんな広告表現が使われているのか見ておきましょう。 あなたが販売しようとしている製品の広告・クリエイティブを考える上で参考になるはずです。 こちらはインターネットの販売ページです。 引用先: 花王のシャンプーの広告では次のように書かれています。 洗う時から、オリエンタル美容成分がじっくり髪に浸透。 芯からしなやかまとまる髪に。 こちらも認められている効能効果と照らしあわせてみてください。 薬用化粧品なので、薬機法上は「化粧品」ではなく「医薬部外品」の分類になります。 薬用化粧品で認められている効能効果表現は、最初の方に紹介したとおりです。 こちらもどんな広告文が使われているのか確認しましょう。 みずみずしいうるおいをあたえ、カサついた肌のキメをととのえます。 また、乾燥によるくすみを防ぎ、透明感あふれる肌にみちびきます。 さっぱりとしたさわやかな感触。 たっぷり気持ちよく使えます。 と書かれています。 化粧品の販売や輸入をしたい場合に薬機法上必要な手続き 化粧品の販売や輸入がしたい場合は、化粧品を作ってそのまま市場に売ることはできず、手続きを行う必要があります。 その手続については、以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。 薬機法上の化粧品の使用期限の表示 化粧品には使用期限が書かれていないことが多々あります。 それは、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定な化粧品は、使用期限表示の対象から除外されているためです。 使用期限を記載しなければいけないものとしては、以下が指定されています。 ・アスコルビン酸、そのエステル若しくはそれらの塩類又は酵素を含有する化粧品 ・前号に揚げるもののほか、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品 上記に当てはまる化粧品は、使用期限を表示する必要があるため、注意が必要です。 まとめ 薬機法(旧薬事法)で認められる効能効果と広告表現について説明してきました。 制限はあれど、日本語の表現は豊富ですので、様々な言い回しを使うことができます。 広告文章や表現方法は、マーケティング担当者の腕の見せどころなので、違反しない範囲で工夫していきましょう。

次の

本音で暴露!ためしてガッテンのシミが消える塗り薬って何?【※追記有り】の○×をコッソリ公開!

肌が白くなる薬通販

肌が黒くなる原因 肌の色は紫外線などの外的刺激や肌の健康状態により黒くなります。 自分の肌が白くない原因をチェックして、それぞれの肌に合わせたスキンケアを選択するために、まずは肌が黒くなる原因を紹介します。 日焼け 肌は紫外線を浴びると日焼けをして黒くなります。 日焼けをして肌が黒くなる原因は、表皮でつくられる黒褐色のメラニン色素が増加するためです。 通常、メラニン色素は日焼けをした数ヵ月後にはターンオーバーにより排出され、元の色に戻ります。 しかし、ターンオーバーが乱れていたり、何度の強い日焼けをしているとメラニンが肌に残り肌が黒いままになります。 くすみ 顔がくすむと肌が本来もっている透明感が失われ、沈んだ印象になります。 肌がくすむ原因は血行不良と、肌のターンオーバーの乱れです。 血行不良になった血液には二酸化炭素の量が多くなります。 二酸化炭素を多く含む血液は黒っぽくなり顔がくすみます。 また、ターンオーバーは加齢により乱れます。 若いときは透き通るような美肌であっても、ターンオーバーが乱れると垢として剥がれずにのこり角質層が厚くなります。 角質層が厚くなると白濁したくすみ肌になります。 シミ メラニンをつくるメラノサイトは紫外線を浴びると細胞が傷つきます。 メラノサイトが傷つくと、紫外線を浴びていない状況でもメラニンを作り続けるという暴走をはじめます。 24時間止まることなくメラニンが生成されている部分の肌は黒くシミとなります。 そばかす そばかすは遺伝によりできます。 そばかすは紫外線を浴びると量が増えたり、色が濃くなり肌が黒く見える原因になります。 毛穴の開き 毛穴の原因は皮膚の乾燥と、たるみが原因です。 肌は乾燥すると皮膚が縮こまり引っ張られた状態になります。 皮膚同士が引っ張り合うことで毛穴が広がります。 また、加齢により皮膚からハリがなくなると重力に逆らえなくなり、毛穴が長細く変形して下に引っ張られた状態になり毛穴が広がります。 毛穴の黒ずみ 毛穴の中で皮脂と皮脂表面の角質が混じりできた角栓は酸化すると黒くなります。 皮脂の分泌量が多い、鼻のまわりでよく見られます。 肌荒れ キメの整った肌は光を反射て、肌を白く見せる効果があります。 肌荒れを起こすと、表皮にある角質層が剥がれて、顔に光が当たると剥がれた角質層が影を作るようになり暗い印象の顔になります。 乾燥肌 肌が乾燥すると皮膚の水分量が低下します。 潤いのある肌は、皮膚の中の水分が光を反射して明るい印象に見えますが、肌が乾燥すると顔のトーンが暗くなり不健康なイメージになります。 ニキビやニキビ跡 ニキビやニキビ跡は、肌の色にムラができます。 ニキビの初期状態である白ニキビが悪化すると、炎症を起こした赤ニキビ、更に悪化すると黒ニキビになります。 悪化したニキビが紫外線や重度の炎症を追うことで、色素沈着や凸凹のクレーター状のニキビ跡ができます。 肌が黒くなる原因は日焼けだけかと思われがちですが、肌の乾燥やターンオーバー、血行も影響します。 まったく日焼けをしていない色白の人でも、顔が暗く透明感がない理由は肌の状況が問題を抱えているためなんです。 逆に、地黒でも肌が明るく見える人は、肌が十分に保湿できているためです。 つまり肌を白くするためには、紫外線対策はもちろん化粧水による保湿や、血の巡りを改善する必要があります。 続いては、毎日手軽に美白ケアをする方法を紹介します。 まずは肌を簡単に白くする方法は以下のふたつです。 美白サプリを摂取• 美白クリームを塗る サプリは毎日飲み続けることで、数ヵ月後に肌が白くなります。 また、美白クリームは肌を一日だけ白くしたい場合などに使えるおすすめの化粧品を以下にて紹介します。 肌を白くする美白サプリは、肌の漂白効果や、肌荒れ、シミ、そばかす、ニキビ、肌の老化といった肌トラブルの改善効果があります。 ここでは日本と海外のおすすめサプリを紹介します。 <美白サプリの効果>• 日本の美白サプリ:抗酸化力の高い成分が配合• 海外の美白サプリ:美白効果が強い成分が配合 以下にてそれぞれの商品を紹介します。 ドラッグストアで買えるおすすめの市販サプリ ビタミンCとビタミンEは抗酸化作用が強く、美白効果があります。 <抗酸化作用の美白効果> 体は加齢や、紫外線を浴びると活性酸素が発生して酸化します。 酸化とは、体がサビつく状態で肌の老化と同じ意味です。 赤ちゃんのころは肌がしっとりと保湿されたモチ肌ですが、年齢を重ねると肌に潤いがなくなりくすんでくるのは皮膚の酸化によるものです。 抗酸化作用のある成分は、皮膚を酸化させる活性酸素の無害な状態にするアンチエイジング効果があります。 また、ビタミンCとビタミンEには美肌や肌トラブルを改善する効果があります。 ビタミンC 肌荒れの改善をはじめ、皮膚の免疫機能の維持や、ニキビを治療効果 ビタミンE 皮膚の血行改善や、過酸化脂質の生成を抑制する効果 毎日摂取することで、抗酸化作用による美白効果と、肌が健康な状態になっていきます。 DHC ビタミンC ハードカプセル 薬局はもちろん、コンビニでも販売されているDHCのビタミンCサプリ。 手軽にビタミンCを摂取すると、肌にハリを与えるコラーゲンの生成を促す美肌効果も得られます。 価格:463円 (1日に換算すと7. 1円)• 容量:60日分 ディアナチュラビタミンC・E・A アンチエイジング効果のあるビタミンCとビタミンEをまとめて摂取できるディアナチュラのサプリ。 美肌効果のほかに、皮膚の粘膜や健康維持をサポートします。 価格:490円:1日に換算すと16円• 容量:1か月分 海外のおすすめ美白サプリ 海外のサプリは、日本では製造されていない高い美白成分が含まれています。 グルタチオンサプリ グルタチオンは肝臓で作られるアミノ酸の一種で、とても強い抗酸化作用があり、アメリカをはじめアフリカなどで人気の美白成分です。 美白成分としても注目されており、日焼けでできた黒色色素メラニンの生成を抑える効果があります。 メラニンの生成自体を抑制するため、地黒の人にも効果的です。 <グルタチオンの効果> 老化防止(アンチエイジング)、二日酔いの予防、肝臓障害の予防、白内障の進行予防があり美白サプリをはじめ、治療薬としても使用されています。 また、リアーナなど黒人セレブの肌を白くしたサプリとしても有名です。 グルタチオンは、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収効率があがるため併用がおすすめです。 グルタチオンサプリは日本では作られていないため、海外通販サイトiHerb アイハーブ で購入できます。 iHrebはアメリカの大手通販サイトで日本語対応しているため、簡単に購入できます。 スグに肌が白くなる美白クリーム 肌をすぐに白くするためのクリームの種類は2つです。 肌を保湿して白く見せるクリーム• ホワイトニング顔料が配合クリーム ニベア青缶には、保湿成分であるグリセリン、ホホバ油と、肌の水分蒸発を防ぐミネラルオイル、ワセリン、スクワランなど含まれています。 女性は化粧の前、男性は出かける前にニベアを付けると、乾燥しやすい肌をしっかりと保湿できます。 ニベアで美白のやり方は、洗顔後に化粧水をつけた後に塗りましょう。 肌の奥に浸透した化粧水の成分を、しっかりと肌に閉じ込めて肌を潤った状態にして顔の印象を明るくしてくれます。 価格:598 円 税抜554円)• 容量:169g 韓国発のコスメブランドである3CEが発売するウユクリームは、肌を即効で白くします。 顔をはじめ身体にも使えるウユクリームには、保湿成分と白色顔料が含まれているため、塗ってスグに肌が白くなります。 <保湿成分>• ビタミンC誘導体• 牛乳タンパク質エキス• カカオパウダー 肌自体を白くする効果はないので、高保湿カラーコントロール機能がついた化粧下地として使用するのがおすすめです。 以下はウユクリームを使ってメイクをする手順です。 <ウユクリームの使い方>• 日焼け止めを塗る• 化粧下地でベースをつくる• ウユクリームで肌を白くする• ファンデーションで整える ウユクリームにはUVカット機能が付いていません。 化粧下地で紫外線対策をして、その上からウユクリームを使ってカラーコントロールしましょう。 価格:3,590 円• 容量:50ml 肌を白くする方法 肌を白くするためには、毎日の紫外線対策と美白化粧品や保湿によるスキンケア対策により行います。 <肌を白くする方法>• 日焼け止めによる紫外線対策• 美白化粧品によるメラニン生成の抑制・除去• 高保湿化粧水で乾燥肌を改善• シミとニキビ跡を薬用クリームで消す• 美白パックによるスペシャルケア 以下にて、それぞれのおすすめ化粧品について紹介します。 美白におすすめの日焼け止め 日焼け止めによる肌への刺激を気にしている人もいますが、最近の日焼け止めは肌に優しい成分が使われています。 逆に日焼け止めを使わないと、皮膚の細胞は紫外線により傷がつきシミの原因となるほか、長年にわたり皮膚に蓄積された紫外線は、加齢とともにくすみや肝斑となります。 また、夏は最も紫外線量が多くなる季節ですが、冬でも紫外線は地表に降り注いでいます。 外出の際には必ず日焼け止めを塗るようにしましょう! 以下は、保湿成分や美白成分が含まれた肌に優しいおすすめの日焼け止めです。 ポーラ|ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト 美白しながら紫外線カットをしたい人におすすめの日焼け止め。 軽やかで伸ばしやすいミルキーエッセンスでしっとりとした質感が特徴。 汗と水に強いウォータープルーフでレジャーやスポーツでの使用に適しています。 口コミ・評判 SPF50なのに、こんなに使用感が良いとは!という驚きが!! 日焼け止めならではの嫌な臭いもなく、べたつきもなく、塗った後もサラッとしています。 是非使って頂きたいです。 これまで、日焼け止めで肌荒れすることが多かったです。 日焼け止め特有のベトベト感やキシキシ感もないので、毎日使いやすいのも嬉しいです。 SPF50• 容量:50ml• 価格:4,104円 soleo|オーガニックス日焼け止めクリーム ソレオは紫外線の強いオーストラリアで生まれた100%天然成分でつくられた日焼け止めです。 強い紫外線から肌を守るとともに、14種類のオーガニック成分により肌を保湿して、いつでも潤いのある肌をつくります。 口コミ・評判 ソレオのサンスクリーンは、つけ心地も軽く、水に入っても落ちません。 また、海の保護という点でも環境を 汚しません。 ソレオに出会えて本当にうれしく思っています。 もう手放せません。 容量:80g• 価格:3,500円 シミ・くすみを消したい人におすすめの美白化粧品 美白化粧品には、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑え・除去する効果があります。 初期のシミなら以下の成分が入っている美白化粧品で目立たない程度まで薄くできます。 <シミに有効な美白成分>• ビタミンC誘導体• エラグ酸• アルブチン• カモミラET• トラネキサム酸• ルシノール• プラセンタエキス• リノール酸• t-シクロアミノサン酸誘導体 上記の成分は、厚生労働省が認可した美白成分です。 それでは以下にて、シミやそばかすを消したい人におすすめの人気の美白化粧品を紹介します。 ポーラ|ホワイトショット ベストコスメ累計35冠を達成した、ポーラの最新技術により開発された美白美容液。 人間が本来持っている肌の回復機能を最大限に生かす、これまでに無いアプローチで肌を白くします。 とろみのあるクリームが気になるシミ、そばかすに密着して集中的にケアを実行。 口コミ・評判 まず使用感がとても良いです。 なめらかで肌なじみが良いです。 気になる部分だけに集中して使えるので、一本の価格は結構しますが長く持ちます。 半年使用していますが、続けて使っていきたいと思っています。 容量:10g• 価格:7,020円 ニキビ跡を消すおすすめの薬用クリーム ニキビがひどい炎症を起こして化膿する、肌が凸凹したクレーターや色素沈着をおこしてニキビ跡ができます。 色素沈着を起こしたニキビ跡は、以下の薬で治すことが出来ます。 ハイドロキノン ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれている成分です。 <ハイドロキノンの美白効果>• メラニン色素を白くする• メラニン色素の生成を抑制 強力な還元作用により、色素沈着を起こしたニキビ跡をはじめシミやそばかすを薄くすることができます。 黒や茶色っぽくなったニキビ跡は、メラニン色素が過剰に生成されているため、ハイドロキノンでメラニンを漂白して生成を抑制することでニキビ跡を消すことができます。 レチノイド レチノイドはターンオーバーを促す効果があり、皮膚からメラニン色素を表皮に押し上げて垢として排出する働きをします。 初期に白ニキビの治療やニキビの悪化を予防する外用薬として皮膚科で使われています。 皮膚への刺激が強く、乾燥させる副作用があるため、慎重に処方されています。 食べ物には、肌の色を黒くする黒色メラニンの生成を抑え、出来てしまったシミを垢として肌をきれいに整え、抗酸化作用によるアンチエイジング効果で肌を白くする作用をもつ栄養素があります。 以下は美肌効果のある食べ物です。 ブロッコリー• レモン• スイカ• ザクロ• ヨーグルト• ココナッツウォーター 詳しくはをご覧ください。 肌を白くするスキンケアの方法 スキンケアの目的は肌の保湿と、紫外線の予防・対策です。 肌を保湿することで、キメの細かい透明感のある白い肌になります。 紫外線は、シミ・くすみや肌が老化する原因となるため、普段からしっかりと予防してあげることで10年後も美しい肌が保持できます。 <スキンケアの順番>• クレンジング• 化粧水• クリーム・美容液• 美白化粧品 メイクをする場合には、美白化粧品を塗った後に日焼け止めを塗って、ファンデーションで肌の質感を整えます。

次の

洗顔商材の魅力を伝える広告で、「メラニン」「美白」「透明感」「明るく」「白く」は使用できる?

肌が白くなる薬通販

(19)肌を整える (20)肌のキメを整える (21)皮膚をすこやかに保つ (22)肌荒れを防ぐ (23)肌をひきしめる (24)皮膚にうるおいを与える (26)皮膚の柔軟性を保つ (29)肌を柔らげる (30)肌にはりを与える (32)肌を滑らかにする なども、事実である事を前提に標ぼう可能と考えられます。 しかし、これだけでは他製品との差別化は難しいのが現実。 なんとか訴求の強いワードで商品をアピールしたいところです。 洗顔商材の広告でよく見受ける表現をどう考えるべきか、下記にまとめます。 「 メラニンを含む古い角層を落とす(or 洗い流す)」といった表現も見かけますが、 、「合理的な根拠の認められない不当表示」と判断された事例があるので、避けた方が良いでしょう。 一方、「 酸化」であれば使い方次第で可能と言えるでしょう。 本来、「酸化」だけでは即不可となる可能性があるNGワードですが、「肌の酸化」への効果ではなく、「メイクや皮脂などの(皮膚の上で)酸化(した)汚れを落とす(or 洗い流す)」という文脈であれば使えそうです。 「白」という言葉を使うのであれば、「泡が白い」という所に落とし込む必要があります。 ただし、「透明感」だけが一人歩きし、「透明感」という効果が得られると解釈されてしまうと、効能効果の逸脱になる可能性がありますので、 「透明感とは、汚れが落ちキメの整った肌印象のこと」と明記しておくと良いでしょう。 洗顔商材の場合は 「くすみとは古い角層や汚れなどのこと」と明記しましょう。 ですが、 「肌が明るくなる」「肌色が明るくなる」などといった、肌色の改善は明らかなNG表現です。 できれば 「肌印象が明るく」に留める方が良いでしょう。 一方、「肌が白く」については「いくら汚れを落としたからといっても、洗顔で肌の色が白くなることはありえない」という見解があるため、不可と言わざるを得ません。 「毛穴すっきり」「毛穴がクリア」といった表現も可能と判断できる範囲でしょう。 ただし、「広がった毛穴を引き締める」「毛穴を小さくする」など「毛穴の形状変化」を想起させる表現になると、化粧品の効能効果からの逸脱となるので、せめて 「毛穴がキュッ」程度に留めた方が良いと考えます。 そして「リセット」は「初期状態に戻す/すべてを元に戻す」といった意味になるので、化粧品では「お肌を修復する」かのような印象を与える可能性があります。 しかし、洗顔商材であれば「汚れを落とす」効果の範疇と考えられるので、 「洗顔で汚れをリセット」などであれば使える範囲と言えるでしょう。 この記事が役に立ったらシェア!

次の