ビオフェルミン アトピー。 アトピー性皮膚炎…治らないと言われました…。皮膚科を受診してきました。アトピ...

アトピー改善!?ビオフェルミン|おみず|note

ビオフェルミン アトピー

アトピー性皮膚炎に対する薬は? 患者さんには、まず、ステロイドを使うか使わないかをお聞きします。 使う・使わないのメリット・デメリットも、より理解した上で判断してもらうようにしています。 とりあえず使わないで様子を見る場合もかなりあります。 乳児アトピー性皮膚炎の場合、基本的には使わないようにしています。 自然治癒が大いに期待できるからです(も参照してください)。 外用薬には何を使いますか? 主にステロイド外用薬(副腎皮質ホルモンの入った外用薬)を処方します。 (ステロイドを使わない治療を希望される患者さんにも対応しますので、お申し出ください) ただし、あくまでも対症療法にすぎません。 患者さんはステロイドを塗るとアトピーが治りますかとよく質問しますが、ステロイドは治す薬ではありません。 今ある症状を、とりあえず抑えるだけのものでしかありません。 原因を調べ取り除く努力もしないで、塗った時だけ良くなる、塗らないでいるとまた症状が出てくるのは当たり前です。 しかし、この治療法でも7〜8割のアトピーの患者さんは何とかコントロールできる場合が多いのも事実です。 一部の人がステロイド一辺倒の医療に疑問を持ったり、コントロール不良になった時に当クリニックを受診してきます。 ステロイドを使うときには、副作用防止の観点から「量」も「範囲」も「期間」も必要最小限にとどめます。 症状や部位あるいは、その患者さんの体質に応じてステロイドの種類や強さを変えますので、間違えないように使うこと。 できれば弱い外用剤から順に始め、症状が落ち着けば保湿剤で経過をみるなど、薬の使い方の基本を学んでいただきます。 目標は日常生活を支障なく送れるようになることにおくのがよいと考えています。 副作用が心配だからといって、いま使っているステロイドを急にやめるのもよくありません。 リバウンド(反跳現象)が予想以上に強くおきる場合があるので、患者さんの希望を聞き、よく相談しながら計画的に減らしていきます。 生活上のさまざまな悪化要因を取り除く努力を続けながら、徐々にステロイド外用剤をやめていくようにすればいいでしょう。 実際には、患者さんの外用剤の使用量は対策が進むにつれてだんだん減っていき、使わなくてもよくなる場合が多く、「いつの間にか良くなった」と言います。 非ステロイド外用剤は基本的には使いません。 効果が薄い割に、カブレの危険が高いからです。 プロトピックも成人顔面の治療に対して用いることがあります。 小児用の濃度の低い方を用いることもあります。 ステロイドを用いるかプロトピックを用いるかは患者さんごとに、あるいは病状・病期ごとに選ぶようにしています。 保湿剤として良く用いるのは、プロペト・ワセリン・プラスチベース・亜鉛華軟膏・ヒルドイドローション・ヒルドイドソフト・ビーソフテンクリーム・ビーソフテンローションなどです。 塗り心地や使用感の良いものを患者さんに選んでもらいます。 内服薬としては何を使いますか? 漢方薬 漢方薬は、標治(対症療法)と本治(根治療法)に対して使います。 標治に対してよく用いるのは、梔子柏皮湯・越婢加朮湯・十味敗毒湯・桂枝加黄耆湯・白虎加人参湯・黄連解毒湯・消風散・温清飲・九味檳榔湯・当帰飲子などです。 本治には、黄耆建中湯・柴胡桂枝湯・小建中湯・桂枝湯・柴胡清肝湯・荊芥連翹湯・温経湯などを用います。 患者さんごとにこれらのうち最適な組み合わせを選びます。 合併する感染症・イーストコネクション・Leaky Gut Syndrome LGS ・重金属中毒に対してもそれぞれ最適な漢方で対応します。 抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤 アレルギーも軽度の場合は、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤がよく効く場合があります。 かゆみが抑えられれば掻かなくなり、湿疹も自然と治まってきます。 眠気の少ない痒みを止める効果の大きい抗アレルギー剤を選ぶのは、アトピー治療にとってはかなり重要です。 良くなってくれば当然、漸減していき、痒い時だけ飲んでもらうようにします。 その他の内服薬剤 整腸剤 便秘はアトピーを悪化させるので、便秘対策は重要です。 まず食物アレルギー(フードアレルギー)による便秘(牛乳・小麦が多い)を解消するのが最優先です。 次いで漢方での便秘対策を行います。 その後、その人にあった整腸剤で腸内環境を整えます。 ビオスリー・ビオフェルミン・ミヤBM・ラックビーなどから最適なものを選びます。 抗真菌剤 イーストコネクション対策として、抗真菌剤を用いることがあります。 イーストコネクションが大元にあってアトピーが出ている場合も少なくありません。 ビタミン剤・ミネラル剤など 分子整合医学の理論に基づき、ビタミンB1、B2、ニコチン酸アミド、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンDなどのビタミン、および亜鉛、鉄などミネラルの過不足を分析し、不足しているものがあれば矯正します。

次の

ふくずみアレルギー科 » アトピー性皮膚炎の薬物療法

ビオフェルミン アトピー

ビオフェルミンのミニ歴史 ビオフェルミンは大正生まれ、長い歴史があるんですね。 1917年(大正6年) (株)神戸衛生実験所を設立、乳酸菌整腸薬「ビオフェルミン」を製造 販売は現在の武田薬品工業(株)に委託 1966年(昭和41年) 「ビオフェルミン」をリニューアルして「新ビオフェルミン」を発売 1987年(昭和62年) 「新ビオフェルミン」に替えて、3種の乳酸菌配合の「新ビオフェルミンS錠・細粒」を発売 2005年(平成17年) 医薬品販売の規制緩和で医薬部外品となる 2009年(平成21年) 薬事法改正で、指定医薬部外品となる 【出典:】 「新ビオフェルミンS」の特徴と成分:3つのポイント 乳酸菌整腸薬として誕生したビオフェルミンは現在指定医薬部外品です。 それは、このお薬を作っている3種類の乳酸菌が体に有効で、かつ体への効果が穏やかだからなのです。 つまり、便秘などの日常的な不快感を穏やかに取り除いてくれる即効性はないけれど、じわじわ効き目が出る「やさしいお薬」ということでしょうか。 それでは、「新ビオフェルミンS」の優しい効き目の特徴です。 ヒト由来の乳酸菌を使用! 乳酸菌と一言にいっても、100種類以上ありそれぞれに働きは様々です。 新ビオフェルミンSに配合されている3種類の乳酸菌の中には、健康な人の腸を研究して見つけ出された「ヒト由来の乳酸菌」G9-1ビフィズス菌が使われています。 だから私達の腸と相性が良く、他の乳酸菌よりも整腸効果が高くて、よりたくさんの人が効果を実感しやすいのですね。 3種類の「乳酸菌」を配合! 新ビオフェルミンSには3種類の乳酸菌(ビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェーカリス菌)が使われています。 なぜこの3種類なのでしょうか?各乳酸菌の働きから見てみましょう。 それぞれの菌の働き方と働き場所が異なるおかげで、小腸から大腸全体に効きます。 幅広い年齢で服用可能! 新ビオフェルミンが家庭の常備薬として親しまれているのは、生後3カ月の赤ちゃんから高齢の方まで服用ができるからでしょう!お腹の調子は、常日頃から健康な状態にしておくのがベストです。 いつも服用するものだからこそ優しい効き目が嬉しいですね。 ビオフェルミンSとアトピー 新ビオフェルミンSは腸全体に効果を発揮して腸内フローラを改善します。 そして、腸内環境の改善がアレルギーやアトピーの軽減に効果がある事は色々な研究結果で報告されています。 新ビオフェルミンSはアトピーを軽減できるの? 新ビオフェルミンSの効果効能には、整腸(便秘・軟便やおなかの張りの改善)は記載されていますが、アトピー改善や皮膚アレルギーが改善できると書かれてはいないのです。 つまり、アトピー改善を目的としたお薬ではないんですね。 新ビオフェルミンSで肌のトラブルが改善された!? アトピー改善を目的としたお薬ではありませんが、ビオフェルミンを飲んだら肌のトラブルが改善したという人もいます。 これはどうしてでしょうか? 腸とお肌の関係 腸内環境が悪い時、悪玉菌の出す有毒物質は血液に乗って体中を巡ってしまうことは皆さんもうご存知ですね。 この悪い物質が体外へ出る方法は便やおしっこだけでなく、皮脂や汗もそうです。 腸内環境が改善されれば、有毒物質は減り便通もう整うので、体の各器官や肌への負担がなくなります。 さらにビタミンやミネラルといった良い物が十分に行き渡るので肌本来の機能が高まって、肌のトラブルが改善されます。 アシドフィルス菌 新ビオフェルミンSに配合されている「アシドフィルス菌」は肌荒れやアトピー性皮膚炎などを引き起こすきっかけとなる悪玉菌を減らし、皮膚の炎症を抑 える働きのある「ビオチン」を腸内で生産します。 ビオチンを用いた皮膚アレルギーやアトピーの治療は以前から行われていた事であり、アメリカなどではアト ピー性皮膚炎を改善する方法の1つとしてアシドフィルス菌の摂取が奨められています。 フェーカリス菌とアシドフィルス菌 新ビオフェルミンSは腸全体に効果が出るようにビフィズス菌・アシドフィルス菌・フェーカリス菌が配合されています。 このアシドフィルス菌は整腸に加えて、アトピーなどにも効果が期待できることが分かりました。 さて、フェーカリス菌は増殖力が強くて乳酸をたくさん作り出し、アシドフィルス菌の増殖をサポートして頼りになるのですが、同時にアシドフィルス菌の作るピオチンなどがフェーカリス菌の餌になります。 つまり、新ビオフェルミンSにはアトピー改善に嬉しい乳酸菌と、そうでない乳酸菌が存在しているんです。 新ビオフェルミンSで腸内環境を改善したことで、お肌の状態が改善されることはあっても、直接アトピーの改善をしているわけではないのですね。 まとめ 新ビオフェルミンSは3種の乳酸菌で作られ、腸全体に効き腸内フローラを良くするように働きます。 赤ちゃんからお年寄りまで使うことができる穏やかなお薬で、即効性はなく効き始めるのに3日から1週間かかりますが、習慣性の出るお薬ではないので安心して服用できますね。 アトピー改善の目的なら、やはりアトピー改善に優れた乳酸菌(例えばアシドフィルス菌など)を探し、腸内環境と併せて改善してゆくことが辛い症状を早く軽減できるでしょう。 でも、アトピーを持っている方が便秘も起こしている時には、新ビオフェルミンSでの改善はお勧めです。 腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的 腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。 主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。 ハズさないランキングとなっています。

次の

乳酸菌サプリメントと整腸剤

ビオフェルミン アトピー

擦り傷とかの治りかけって痒いですよね?あんなイメージです。 皮膚が荒れて、治ってくるころにはまた更に強い痒みとなるので、掻かなきゃいいじゃんと思われるかもしれませんが、そんなの無理なんです。 それほどの痒みです。 また、いくら強い意思を持って昼間痒みに耐えても寝ている間に無意識に掻きむしり、朝方ボロボロになるというのが常です。 また皮膚から血が出るほど掻いてしまうので、痒いし痛いし本当に辛いんですよね。 幼少期からアトピーだったので、物心つくころにはコンプレックスで肌がボロボロな自分が大嫌いでした。 くらーい感じになっちゃいましたが、アトピーだったせいか 人より肌に気を使うため(保湿バッチリなんで)、今は実年齢より多少若く見られることも多く、ちょっとは嬉しい事もあったりします!!笑 治療方法 かなり治療方法は迷走しました。 特に20歳頃の頃は 脱ステロイドを実施して大変なことになりました。 これまでどんな治療法をやってきたのか、どうやったら完治したのかを記載していきます。 0歳~20歳の治療法 生まれてから20歳ぐらいまでは同じ病院に通院していましたが、治療法としては 一貫して弱めのステロイド軟膏を塗り続けるということでした。 やはりステロイドは一定の効果はあり、治ってくると結構肌は綺麗になり痒みも引きます。 ただ完全に痒みがなくなるわけではなく、体調によって徐々に悪化してしまうんですよね。 なので、治っては悪化の繰り返しでした。 高校~大学の時期は顔にもアトピーの症状が出ていたので本当に嫌で、たまに学校をサボったりしてました笑。 21~22歳頃の治療法 この時期にインターネットで2ちゃんねるのアトピー板を見るようになり、「ステロイドは悪だ!」「病院は駄目だ!」みたいなスレばかり見ており、完全に洗脳されました。 今思えばかなり情報が錯綜していましたね。。 「 脱ステロイドしないと一生治らないんだ… ブルブル 」と思いはじめるようになり、きっぱりステロイドは捨て保湿オンリーの生活をはじめました。 正直いって この治療法の時が一番苦痛でした笑。 痒みをひたすら我慢しなければならないですからね。 というか治療法なのかも少し怪しいです。 この頃は本当にいろんなことを試しました。 保湿作戦 まずかなりの種類の保湿クリームを試しましたね。 2chにまだあるか分かりませんが、保湿クリーム評価スレみたいのがあって、よくそこで情報収集していました笑。 色々試した中で個人的によかったクリームはユースキンAというクリームでした。 全身保湿し痒みを防ぎ、絶対に掻かないんだ!という強い意思で凌ぐという治療法でしたが…まあ無理でした。。 飽和食塩水作戦 あとこの時期に試した治療法の中で唯一効果があったのは、 塩による治療でした。 海にいくと肌の調子がよくなることは以前から知っていたのですが、塩の効果はステロイド以外では一番効果がありましたね。 懐かしい。 ただ考えてください、文字通り「傷口に塩塗る」のでかなり痛みに耐えなければなりません。 やり方としては、風呂で 飽和食塩水を作り全身にぶっかけます。 溶けきれない塩がザラザラしてしまうかと思いますが、擦り込むようなことはしないでくださいね。 食塩水を手に広げてパタパタと肌につけていくようにしてください。 皮膚が出血するぐらい荒れている時にやると マジで痛いです。 徐々に感覚が麻痺するのか、徐々に痛みがなくなってきますので、痛みがほぼなくなったら冷水で洗い流して風呂を出ます。 この苦行をやることで、痒みはかなり抑えられジュクジュク系の傷や肌も結構良い状態になるんですよね。 塩の殺菌能力や肌に良い成分が良いんだと思います。 最近では塩サウナも結構みかけるので、やっぱり 塩は単純に肌に良いんでしょうね。 ただアトピーで荒れた肌にはやっぱり痛いし、冬は冷水が辛いので続きませんでした。 ちなみに塩はスーパーで売っていた伯方の塩。 結果的にかなり深刻なレベルまでアトピーは進行してしまいました。 頭皮や顔にまで進行し、かなり辛い日々を過ごしました。 色素沈着で肌が赤黒くなっていました。 大失敗。。 22歳以降の治療法 完治に繋がった方法 大学卒業後は就職だったので、就職前までにはなんとかせねばとアトピー治療で評判の皮膚科がある病院にいきました。 そこで先生から出された方針としては、• 顔はプロトピックで長期的に治す• 体は一気に強い薬(ステロイド)で短期的に治す でした。 プロトピックというのは非ステロイド系の薬で皮膚の薄い顔にも使える薬です。 非ステロイド系ではないので長期の治療にも向いているんだと思います。 顔はプロトピックでじっくり治す 結論からいうと、プロトピックは 私には非常にマッチしました。 1日目、2日目はプロトピック特有の熱を持ったような痒みが伴うかと思います。 その反応でやめてしまう人もいるかと思いますが、 我慢して使い続けてみてください。 3日目以降は痒みもなく、かなり肌が綺麗になってくるかと思います。 ただプロトピックの注意点としては2点あって、 塗布した後は日光を浴びてはいけないので、寝る前ぐらいしかつけるタイミングがないことと、中途半端に治った後にやめてしまうとすぐに再発するので長期的に様子をみて治療していく必要があることですね。 私はビビって数年間は毎日塗っていて、その後1日おきぐらいに思い出したかのように薄くぬり続け、気がついたらやめてました。 プロトピックは2種類あるようで、通常のものと子供用があるようで、それぞれで濃度?が違うようです。 私は大人用のものを使っていました。 体はアンテベート軟膏で一気に治す 続いて体のアトピーはステロイド系の塗り薬としてはかなり強力な アンテベート軟膏で一気に治療しました。 これはダラダラと弱い薬で治すのではなく、 一気に治療することでステロイドを塗る日数を減らす意味合いがあったのだと思います。 ポイントとしては結構肌が綺麗になっても塗り続けて完全に綺麗になるまで塗ることでした。 完全に綺麗になったらスパッとアンテベートは使わず、また少しでも悪化したら塗るということを繰り返しました。 また、本当に酷いはじめの2週間ぐらいは抗アレルギー剤も合わせて服用しました。 これはかゆみ止めみたいなものみたいです。 半年程上記の治療方法を続けたら体のアトピーは 完全に治ってました。 イメージとしては徐々にアンテベートを塗る回数が減っていく感じですね。 気づいたらアンテベートを使わなくなり、ここ数年はアンテベートは使っていません。 またアンテベートは数年保管が効くのでお守りとしてもっておけるのも良いですね。 上記治療が主な完治の要因だと思いますが、その治療の間に住環境やはじめた習慣もあり、それらも良い影響を与えていたことも考えられるので、補足として記載しておきたいと思います。 一人暮らしをはじめたこと 社会人になって実家を出て一人暮らしをはじめました。 当時の実家は古い家屋だったので、ハウスダストであったり何らかの悪い影響が出やすい住環境だったのかもしれません。 気のせいかもしれませんが。 それか一人暮らしの開放感が良かったのでしょうか?笑 毎日ヨーグルトを食べるようにしたこと 風邪やインフルエンザにかかりづらくなるということでヨーグルトを毎日食べるようにしていました。 最近カルピスがアトピー等のアレルギーに効く乳酸菌のサプリメントを出しているので、ヨーグルト(乳酸菌)は結構効果があったのかなーと思ったりしています。 最近はR1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで量産しています笑。 ヨーグルトメーカーは少し温めた牛乳にR1ヨーグルトの飲むタイプのものを入れて放置するだけで量産出来るのでオススメします! 定期的な運動(汗をかくこと) 社会人になってから結構太ってきたので定期的にランニング等の運動をするようになりました。 やはり運動をしたその日や次の日は肌の調子が確実に違うので、汗を掻くことは確実効果があると思います。 ただ日光に当たりすぎるのは肌には悪影響なので、個人的には夜のランニングやジムでの運動やサウナがオススメです。 色素沈着 上記の治療で肌のアトピー性の肌の荒れは完治しましたが、見た目という意味ではステロイドの副作用なのか、アトピーで荒れたからなのか色素沈着といって肌がやや黒ずんだ状態になってしまいました。 色素沈着にはビタミンCが良いということで、色素沈着が気になりだしてからはビタミンCのサプリメントも摂取するようにしました。 サプリメントが良かったのか、20代前半で若かったからなのかが分かりませんが、1年ぐらいで色素沈着は無くなりました。 ビタミンCのサプリメントは安く売っており、あまり飲みすぎても害になるものでもないの色素沈着を気にしている人は摂取してみては?と思います。

次の