我孫子 ディナー。 【大成功】誕生日におすすめの厳選ディナー

【大成功】誕生日におすすめの厳選ディナー

我孫子 ディナー

我孫子駅周辺のランチ事情を紹介!まさかこんなにも安い店が多いなんて! 上野から常磐線で40分ちょっと行ったところにある我孫子駅。 最初この文字をみるとほぼ100%で読めない「我孫子(あびこ)」。 この地は、茨城県との県境ということで多くの方が住宅地を構えるいわゆるベッドタウンです。 とはいえ我孫子駅周辺にも会社はあり平日お昼はサラリーマンで賑わっています。 休日は地元民を中心にランチを賑わっています。 柏や松戸など遊べるところはそちらのほうが多く、ちょっと時間をかければ東京まで足を運べてしまうこのエリア。 遠いところから足を運ぶには一瞬どうだろう??と思う方も多いけれど、実はランチのために足を運ぶ価値があるんです。 そんな我孫子の隠れた名店や美味しいお店を中心にお届けします。 時間があったら、我孫子までお昼ごはんを食べに行くのもいいでしょう。 値段をみるとびっくりでカツカレー380円など涙が出てくるくらい安い洋食。 数々のメニューの中でカレーはとても安く、おごってあげても都内で食べるご飯より安いというから不思議。 ランチメニューも充実しており、290円あればお腹いっぱい食べられるという牛丼チェーンもびっくりな価格設定。 店内も素敵な洋館の様な雰囲気が出ておりデート使いでも最適なお店です。 我孫子は不思議なところが多い気がします。 ゆっくり歩いて行くのも「おさんぽデート」といった解釈をすれば体面は保たれます。 さて我孫子の中でもらーめん屋は多く、ここ「てらっちょ」でははみ出るくらい大きく肉厚なかぶりつきチャーシューがおすすめです。 大盛りは浪漫を感じるし、どんぶりからはみ出るならば尚更強くなります。 替え玉は1回は無料で頼めるということなので、活用してくださいね。 背脂信者御用達のお店で、背脂にまつわる名言(迷言?)が綴られています。 お店のちょっとしたおちゃめな側面も見れるお店は後日話題にもなるくらい楽しい店と言えるでしょう。 バランスの良い食事を提供してくれるため、様々なものにこだわって素材を使い楽しめる場所。 1,000円程度で食べられるまぐろ関連の丼や焼き魚定食、本日のおすすめ定食などはここでのみ味わえるありがたい味。 干物など全国からお取り寄せした厳選した素材も販売しているため、お土産に買っていくということもできるのがここの強み。 あともうちょっと行ったらすぐ手賀沼なので観光ついでに行くのもいいでしょう。 成田線への乗換駅でもあるため、多くの方が利用する我孫子駅。 そのホームのところに佇むのが弥生軒。 麺より量の多いドデカイ唐揚げは、誰もがびっくりするくらいボリューム満点で、値段の安さのせいかついつい2つも乗せてしまう。 単品でも頼めるため、ひたすら唐揚げが食べたかったら追加オーダーしてみてもいいでしょう。 朝早くからやっているためサラリーマンの味方とも言えるお店です。 成田線の布佐駅より歩いて1km弱のところにある超デカ盛りで有名なリバーサイドという喫茶店。 デートで使うのもいいかもしれませんが、どちらかというならばお友達グループと戦いに来る場所かもしれません。 「これでもか!」と盛られているパスタやピラフなどのご飯物は頼んでびっくり冷や汗が出てきそうです。 名古屋市にある喫茶マウンテンと双璧をなすくらいの大盛りのお店。 しかし、値段はリーズナブルなのでとってもお得に感じます。 店内はロックンロールな雰囲気が漂っており、ちょっと変わった休日を楽しめることでしょう。 本格的なフレンチがランチは1,600円でアラカルトメニューが400円からと普段着の感覚で食べにこれる優秀なお店。 お腹いっぱい食べてもらいたいという願いのもと運営されているお店はとてもありがたく、何回でも足を運んでみたくなるようなところです。 ランチで期待を膨らませて、ディナーもしっかり味わってみてください。 デート使いにおすすめなお店です。 丁寧な仕事で焼き上げられたふっくらしたうなぎは、他店に比べてリーズナブルでとてもびっくりするくらいです。 うな重が2,600円とうなぎにしては安い金額で、ちょっと背伸びすれば簡単に手が届きます。 休日のちょっとしたご褒美に自分へのプレゼントをしてみませんか? うなぎを食べれば日々の活力がつくのでおすすめです。 つけ麺も美味しいけれど汁なし中華そばも同様に気になる。 汁なし中華そばはトッピングで海老辛子を入れると味に変化と広がりをもたせられるため美味しいです。 カウンターしかないお店ですけれど、横に並んで食べるのも一つのデートの形としてありですね。 我孫子駅より成田線でちょっと北上し、湖北駅より歩いて6分のところにお店はあります。 種類が豊富で、一つひとつの大きさもさほど大きくないため何個も同時に楽しめてしまう。 菓子パンから惣菜パン、ベーシックなパンまで多くのものを楽しむことができます。 店内で食べるところはありませんが、お家に持ち帰ったり天気の良い日は公園でゆったりと青空カフェをやるのも一つの方法。 美味しいものがあればどこでも喜ばれるため待ち合わせの際に「買ってきた!」の一言でも喜んでもらえるでしょう。 ちょっとしたサプライズをやるのは美味しくテイクアウトができるお店は最適ですね。 我孫子のランチは、ボリュームが多くてその上安いお店が多い! ということがわかりました。 都心から離れているため地価が安いからかその分お値段も下げられるのでしょうか? しかし、定食が290円で食べられる激安ランチなどびっくりするばかりです。 それ以外にも、一人では絶対に食べきれないであろうメガ盛りのお店が多く、みんなで足を運んで楽しめそうなところがあるのもいいですね。 我孫子までちょっと遠くてもランチのために行く価値あるお店が多く、この街自体が好きになっていくでしょう。 本当にこのクオリティのお店が近所にあったらと思います。

次の

我孫子のタタンでディナー 2008年4月

我孫子 ディナー

我孫子駅周辺のランチ事情を紹介!まさかこんなにも安い店が多いなんて! 上野から常磐線で40分ちょっと行ったところにある我孫子駅。 最初この文字をみるとほぼ100%で読めない「我孫子(あびこ)」。 この地は、茨城県との県境ということで多くの方が住宅地を構えるいわゆるベッドタウンです。 とはいえ我孫子駅周辺にも会社はあり平日お昼はサラリーマンで賑わっています。 休日は地元民を中心にランチを賑わっています。 柏や松戸など遊べるところはそちらのほうが多く、ちょっと時間をかければ東京まで足を運べてしまうこのエリア。 遠いところから足を運ぶには一瞬どうだろう??と思う方も多いけれど、実はランチのために足を運ぶ価値があるんです。 そんな我孫子の隠れた名店や美味しいお店を中心にお届けします。 時間があったら、我孫子までお昼ごはんを食べに行くのもいいでしょう。 値段をみるとびっくりでカツカレー380円など涙が出てくるくらい安い洋食。 数々のメニューの中でカレーはとても安く、おごってあげても都内で食べるご飯より安いというから不思議。 ランチメニューも充実しており、290円あればお腹いっぱい食べられるという牛丼チェーンもびっくりな価格設定。 店内も素敵な洋館の様な雰囲気が出ておりデート使いでも最適なお店です。 我孫子は不思議なところが多い気がします。 ゆっくり歩いて行くのも「おさんぽデート」といった解釈をすれば体面は保たれます。 さて我孫子の中でもらーめん屋は多く、ここ「てらっちょ」でははみ出るくらい大きく肉厚なかぶりつきチャーシューがおすすめです。 大盛りは浪漫を感じるし、どんぶりからはみ出るならば尚更強くなります。 替え玉は1回は無料で頼めるということなので、活用してくださいね。 背脂信者御用達のお店で、背脂にまつわる名言(迷言?)が綴られています。 お店のちょっとしたおちゃめな側面も見れるお店は後日話題にもなるくらい楽しい店と言えるでしょう。 バランスの良い食事を提供してくれるため、様々なものにこだわって素材を使い楽しめる場所。 1,000円程度で食べられるまぐろ関連の丼や焼き魚定食、本日のおすすめ定食などはここでのみ味わえるありがたい味。 干物など全国からお取り寄せした厳選した素材も販売しているため、お土産に買っていくということもできるのがここの強み。 あともうちょっと行ったらすぐ手賀沼なので観光ついでに行くのもいいでしょう。 成田線への乗換駅でもあるため、多くの方が利用する我孫子駅。 そのホームのところに佇むのが弥生軒。 麺より量の多いドデカイ唐揚げは、誰もがびっくりするくらいボリューム満点で、値段の安さのせいかついつい2つも乗せてしまう。 単品でも頼めるため、ひたすら唐揚げが食べたかったら追加オーダーしてみてもいいでしょう。 朝早くからやっているためサラリーマンの味方とも言えるお店です。 成田線の布佐駅より歩いて1km弱のところにある超デカ盛りで有名なリバーサイドという喫茶店。 デートで使うのもいいかもしれませんが、どちらかというならばお友達グループと戦いに来る場所かもしれません。 「これでもか!」と盛られているパスタやピラフなどのご飯物は頼んでびっくり冷や汗が出てきそうです。 名古屋市にある喫茶マウンテンと双璧をなすくらいの大盛りのお店。 しかし、値段はリーズナブルなのでとってもお得に感じます。 店内はロックンロールな雰囲気が漂っており、ちょっと変わった休日を楽しめることでしょう。 本格的なフレンチがランチは1,600円でアラカルトメニューが400円からと普段着の感覚で食べにこれる優秀なお店。 お腹いっぱい食べてもらいたいという願いのもと運営されているお店はとてもありがたく、何回でも足を運んでみたくなるようなところです。 ランチで期待を膨らませて、ディナーもしっかり味わってみてください。 デート使いにおすすめなお店です。 丁寧な仕事で焼き上げられたふっくらしたうなぎは、他店に比べてリーズナブルでとてもびっくりするくらいです。 うな重が2,600円とうなぎにしては安い金額で、ちょっと背伸びすれば簡単に手が届きます。 休日のちょっとしたご褒美に自分へのプレゼントをしてみませんか? うなぎを食べれば日々の活力がつくのでおすすめです。 つけ麺も美味しいけれど汁なし中華そばも同様に気になる。 汁なし中華そばはトッピングで海老辛子を入れると味に変化と広がりをもたせられるため美味しいです。 カウンターしかないお店ですけれど、横に並んで食べるのも一つのデートの形としてありですね。 我孫子駅より成田線でちょっと北上し、湖北駅より歩いて6分のところにお店はあります。 種類が豊富で、一つひとつの大きさもさほど大きくないため何個も同時に楽しめてしまう。 菓子パンから惣菜パン、ベーシックなパンまで多くのものを楽しむことができます。 店内で食べるところはありませんが、お家に持ち帰ったり天気の良い日は公園でゆったりと青空カフェをやるのも一つの方法。 美味しいものがあればどこでも喜ばれるため待ち合わせの際に「買ってきた!」の一言でも喜んでもらえるでしょう。 ちょっとしたサプライズをやるのは美味しくテイクアウトができるお店は最適ですね。 我孫子のランチは、ボリュームが多くてその上安いお店が多い! ということがわかりました。 都心から離れているため地価が安いからかその分お値段も下げられるのでしょうか? しかし、定食が290円で食べられる激安ランチなどびっくりするばかりです。 それ以外にも、一人では絶対に食べきれないであろうメガ盛りのお店が多く、みんなで足を運んで楽しめそうなところがあるのもいいですね。 我孫子までちょっと遠くてもランチのために行く価値あるお店が多く、この街自体が好きになっていくでしょう。 本当にこのクオリティのお店が近所にあったらと思います。

次の

インド・ネパール レストラン ハリオン

我孫子 ディナー

リゾート風の外観が、これから始まるお食事の期待値をグングン上げていきます オープンから数年経ち、ここ最近は少し落ち着いたと聞いてはいますが、相変わらずの超人気店。 ランチタイムには予約をとることすら難しいこともある名店です。 この周辺のレストランでは、圧倒的オシャレカワイイ感!そして、大きな窓から手賀沼を一望する美しい眺望! 女子受けは最高でしょう(笑) ちょっとした記念日やデートに使うのなら、このあたりでは至適なトラットリアだと思います。 私たちは、たまたま行こうとした日の朝に台風が直撃。 土曜日にも関わらず予約もすんなり取れました。 ランチタイムには台風一過で見事な青空!本当にラッキーでした。 私は予約必須のお店であると理解しています。 経験上で予約なしで突入しても、営業していなかったり、貸切や、予約一杯で入れなかったりすることが多いです。 ランチに行ってきました!景観のみならずお食事の味も、店員さんの接客も美しいのが『ジュリエッタ』さんの特徴! この日はランチタイムにお邪魔して参りました。 我が家からですと、距離的にクルマでお伺いすることになってしまうので、ワインは断念。 食事に専念します。 ジュリエッタさんのランチは3種類ほど… と記憶しています。 Aランチ 1400円 サラダと前菜 パスタ デザート ドリンク フォカッチャ Bランチ 1800円 サラダと前菜 パスタ 肉または魚料理 デザート ドリンク フォカッチャ ここまでは覚えているのですが、これに加えて2000円のコースもあったはず。 曖昧ですいません。 私たちがいただいたのは1800円のコースだったと思います。 まずは、サラダと前菜。 私のような大食漢は、前菜の段階でそのボリュームが気になって仕方がないのですが、ジュリエッタさんにその心配は無用でした。 最初からこのボリューム! もちろんお味のほうも素晴らしい!食べるほどに食欲が湧いてきます。 ふんわり暖かなフォッカチャが止まらなくなります。 もちろん、おかわりしてます。 ちょうど前菜を堪能したあたりで、隣の席のお客様が食事を終え、最も眺望の良い席が空きました。 すると、店員さんがこの一言! 『こちらのほうが景色が良いので、お席を移りませんか?』 優しい(涙) お言葉に甘え、その自慢の眺望を楽しませていただきました!台風一過でそれはもう美しい手賀沼! 写真だとよくわかりませんが、それはもう大きな大きな…キラキラと光る手賀沼の水面が目の前に広がります。 この美しい景色は、ぜひ実際にご覧になってほしい! そしてパスタの登場! パスタについては、柏、我孫子、印西と、手賀沼を中心としたこの界隈でもナンバーワンのお味だと思います。 アルデンテじゃないことも私好みです。 そしてメイン、ドルチェと進みます。 料理名が思い出せない。 やっぱりブログはその日のうちに書かねばならぬことを痛感。 とにかく美味しかったことだけは強烈に記憶に染み付いています。 地元産の食材にこだわった、素敵なコースを堪能させていただきました。 食べ終わったあとも、優しい店員さんから 『ゆっくりしていってくださいね。 』とのお声がけ。 ありがたや。。。 そりゃ人気出るし、予約もとれなくなるわ。 とにかく回転数を上げて、稼ごう稼ごうというお店が多い中、『ジュリエッタ』さんは真逆です。 ゆっくりのんびり、手賀沼を眺めながら、至福の時を過ごせるお店。 景観も、お料理も、店員さんの心も、全てが美しいお店なのです。 週末の予約は早めに確保しないと取れません。 余裕を持って早めに予約をしておくことをオススメします。 お店の下にある駐車場は、僅か3台分。 道路を跨いだ先にもう一箇所駐車場があるという話を聞いた気もしますが、未確認なので、一応これも貼っておきます。 旅は台湾、ワインはカリフォルニア、ウィスキーはアイラモルト、チーズはミモレット、珈琲はピーベリー、葉巻はHabanos Punch、Romeo Y Julieta。 基本ダブルコロナ、チャーチル、ランセロなどの長いビトラが大好き。 できることならコイーバランセロを毎日吸いたい。 』 日本テレビ『シューイチ』 日本テレビ『諸事情により』 日本テレビ『スッキリ!!』 日本テレビ『Oha! 4 NEWS LIVE』 日本テレビ『news every.

次の