みずhpダイレクト。 みずほ銀行「みずほダイレクトアプリ」、一生通帳 by Moneytreeをバージョンアップ!|マネーツリー株式会社のプレスリリース

みずほ銀行「みずほダイレクトアプリ」、一生通帳 by Moneytreeをバージョンアップ!|マネーツリー株式会社のプレスリリース

みずhpダイレクト

こんにちは、しろうめず です。 年末ジャンボ宝くじ、購入されましたか?今年(2015年)の年末ジャンボは 過去最高当選額の10億円ですってよ10億円! いつか計算したんですが、僕がこの先今の会社で定年まで働き続けても、1億円も稼ぐことが出来ません。 ってことはよ?1億あれば、 たった1億さえあれば、もう会社勤めなんてしなくていいんですよ? 毎朝毎朝通勤電車に揺られなくてもいいんですよ(僕は車通勤だけど)。 この先の人生で、大嫌いなあの上司にも会わなくて済むんですよ。 そんな想いで毎回毎回宝くじ売り場に、行列作って並んでる方々は多いと思います。 ちなみに僕は並びません。 いや、買いますよ?普段宝くじはあまり買わないけど、年末ジャンボは別。 一種のお祭りですからね、年末ジャンボ宝くじは。 買うは買うんですが、 僕はネットで購入してます。 行列に並ぶなんてめんどくさいことはしません。 みずほ銀行のネットサービスであるみずほダイレクトでしか購入できません(2015年11月30日現在)。 僕は4年程前にみずほ銀行のインターネット支店を開設し、その時からジャンボ宝くじはインターネットで購入しています。 年末ジャンボ宝くじをネットで購入する方法 ということで、年末ジャンボをネットで購入する方法をまとめておきます。 みずほダイレクトは、みずほ銀行のネットサービス。 もともと銀行口座がある方も、僕のように新規でインターネット支店を開設して申し込むことも可能です。 申し込みが完了すると、みずほダイレクトを利用するために必要な番号等の記載されたカードが届きます。 会員番号は、みずほダイレクトご利用カードの「お客様番号」、ラッキーラインログイン用パスワードは、みずほダイレクトの申込書に記載された「第1暗証番号」です。 52円だけ別途郵送料としてかかりますが、まぁ並んで消耗する事考えたら安いもんでしょ。 「申込内容と引落金額の確認」のチェックボックスにチェックを入れ、ラッキーライン購入用パスワードを指示通り入力していきます。 ラッキーライン購入用パスワードは、みずほダイレクトご利用カードに記載されている「第2暗証番号」の部分です。 購入完了。 これで僕も年明けからは自由人です。 どこで買っても当たる確率は一緒なのに・・・ ここからは少し余談を。 先日会社で同僚が不意に話し始めたんです。 「宝くじなんて、こんな田舎で買ったって絶対当たらんよな~。 」 へ? 「いや、だって都会のよく当たる売り場で買わないとwこんなド田舎で当たりが出る確率なんて、相当低いよ?www」 いや、ちょっ 確率はどこで買っても一緒ですよ? 彼曰く、ネットで買うなら当たりの数もそれだけ多くなるからまだマシだそうで・・・。 だからネットで購入するそうです。 ちょっと何言ってるのかよくわかんない。 でも、そんなわけのわからん俺ルールを本気で信じちゃってる人って結構多いです。 だからこそ、(当たりがよく出ると云われてる)宝くじ売り場に行列ができるんですよね。 当然それは、 人が沢山買うからその分当たりの数も増えるだけで、当たる確率自体はどこも同じです。 どこの売り場で買おうが、ネットで買おうが。 まぁそんなところを楽しむことも含めてのお祭りなのかもしれませんね。 年末ジャンボ宝くじって。 というわけで、来年からどこで何して遊んで暮らそうか考えすぎて夜も眠れないしろうめず でした。 【関連記事】.

次の

みずほ ダイレクト: (みずほ ダイレクト)〔みずほ〕投資信託の裏情報『新生銀行』

みずhpダイレクト

アプリホーム画面で残高や入出金明細を照会できるので、いつでもワンタップですぐに確認できます。 ・みずほダイレクトをご利用のお客さま、インターネット支店の口座をご利用のお客さまは、みずほダイレクトのお客さま番号・パスワードをご登録ください。 なお、インターネット支店の口座については登録以降、最大36ヵ月分の明細を照会できます。 *「取引>パターン振込・振替」から登録できます。 ・みずほダイレクトにログインできる生体認証をご利用いただけます。 ・振込等のお取引に入力する使い捨てのワンタイムパスワードをご利用いただけます。 *ご利用には事前の申込が必要です。 ・合わせてご利用いただくことでみずほダイレクトのご利用カードや各種暗証番号の紛失リスクを少なくできます。 口座・クレジットカードの過去の明細を登録以降すべて閲覧できます。 ・カレンダーで入出金明細を管理できる「MIZUHOカレンダー by CRECO」を活用しよう! 月々のみずほ銀行(普通預金)の入出金明細がカレンダーで簡単に管理できます。 引き落とし口座にみずほ銀行のクレジットカードを登録すると、便利な情報を事前にお知らせします。 2)お金をもっと増やしたい人におすすめ! ・自分自身のスタイルで自動貯金ができる「貯蓄アプリ by Finbee」を活用しよう! カード決済の端数や一日の歩数等、自分自身のスタイルで金額を決めて自動貯金ができます。 毎日自動でできる「つみたて貯金」、カード払いの端数を「おつり貯金」等、目的別に目標額と期日を決めて貯金できます。 ・コツコツ自動で小額投資ができる「おつり投資 by トラノコ」を活用しよう! いつもどおりのお買い物のお支払いで、世界中の資産へあなたのおつりが毎月小額ずつ自動的に投資され、将来のたくわえをつくっていきます。 3)日常をもっと便利に ・Apple WatchやAmazon Alexaに連携してみよう! Apple Watchの本アプリのアイコンをタップするだけで、貯金口座の残高がカンタンに照会できます。 「アレクサ、みずほ銀行で残高を教えて!」や「アレクサ、みずほ銀行で入出金明細を教えて!」と聞くだけでAlexaが答えてくれます。 専用のPINコードを設定するので口座情報の確認も安心です。 ・払込票での支払いはコンビにへ行かずにスマホで支払いできる「バーコード決済 by PayB」を活用しよう! 公共料金や通信販売等の各種支払いにおいて、コンビニエンスストア等払込票に記載されたバーコードを、スマートフォンのカメラ機能で読み取ってリアルタイム決済で支払うことができます。 mizuhobank. html )よりご確認のうえ、ダウンロードください。 ・ 本アプリのご利用には、「JavaScript」および「cookieの受け入れ」を有効に設定していただく必要がございます。 ・ 本アプリに模した不正アプリ・不正プログラムに十分ご注意ください。 ・ 本アプリは取引機能を有しておりますので、セキュリティ等に十分ご注意いただき、スマートフォンおよびログインパスワード等を厳重に管理してください。 ・本アプリのダウンロードおよびご利用には別途通信料が発生し、お客さまのご負担となります。 ・提供元が不明なアクセスポイントからのご利用は絶対にされないでください。 ・お客さまの個人情報をお守りするため、iPhone、およびApple Watch の紛失・盗難には十分ご注意のうえ、各端末にはパスコードを設定するなど、厳重な管理をお願いします。 ・「一生通帳 by Moneytree」はマネーツリー株式会社の登録商標です。 ・「MIZUHOカレンダー by CRECO」はアイ・ティ・リアライズ株式会社が提供する「CRECO」と連携しています。 リニューアルしたけどセキュリティ意識ゼロ。 モバイルファーストの考え方もゼロ。 未だに振り込みなどの際にご利用カードが必要とか意味不明。 それこそ生体認証を使うべきでしょう。 みずほの情シスがバカなのはわかるけど、NRIが入ってるのにこの仕様はないでしょ。 NRIもバカだと思われるよ。 追記 Apple Watch連携となってますが連携しません。 設定は「お取引」の「その他取引」からWebに飛ばされます。 が、しかし連携直後の金額を出すだけでその後の入出金の反映はしません。 アップデート前のアプリの方が数段わかりやすいし使いやすかった…。 他の人が言っている生体認証しなくても残高が表示されてしまう件は、アプリパスワードを設定すれば、アプリパースワード入力するまで表示されなくなる仕様で、生体認証 Touch IDまたはFace ID は振込等の具体的な取引の時に使用されるように仕様が変わったようだが、何故わざわざ分けたのか、非常に理解に苦しむ。 アプリ起動時の認証も取引の時の認証も生体認証で良いのでは? せっかく生体認証が使えるのに、わざわざ別にアプリパスワードを入力させるなんて時代に逆行するような仕様変更をしたのか? このアプリの開発者は自分でちゃんと使ってみたのか? 今回のアップデートは笑ってしまうくらい改悪が酷すぎる。 前のアプリに戻してください。 評価0です。

次の

宝くじ売り場に何故並ぶ?みずほダイレクトならネットで買えるよ

みずhpダイレクト

今年の4月より、みずほダイレクトアプリ内で「一生通帳 by Moneytree」が連携され、それまで過去3ヶ月しか閲覧できなかったみずほ銀行の口座が、永年保存されるようになり、いつでも閲覧できるようになりました。 今回のバージョンアップに伴い、みずほ銀行の口座だけだったものが、MT LINKが提供する金融機関(銀行、クレジットカード、証券口座)を閲覧できるようになりました。 また、MT LINKは、今回からさらに証券口座の情報も提供を開始し、みずほダイレクトアプリは、それを初めて採用したサービスになります。 現在、MT LINKの連携会社は公式で17社になり、会計、金融、不動産賃貸管理、自動車整備、経費精算、請求書発行、資産運用など、様々な領域で採用されています。 MT LINKに証券口座が加わり、提供できるデータの領域が広がったことによって、様々な分野のサービスの可能性を広げていきたいと思います。 MT LINKについて MT LINKは、国内約2,500社以上の銀行口座(個人、法人)、クレジットカード、電子マネー、ポイントカード、証券の金融データを1本のAPIにまとめ、既存のシステムとシームレスに接続します。 IBMのBluemixと初の公式ファイナンスAPIとして連携し、会計、金融、不動産賃貸管理、自動車整備、経費精算、請求書発行、資産運用の領域で、顧客に新しい価値を提供する金融インフラサービスです。 現在、弥生、TKCなどの大手会計会社、みずほ銀行のメガバンク、セールスフォース・ドットコム、カシオなど合計17社に提供しています。 マネーツリーについて 2012年に、人々とお金のあり方を劇的に変えることをミッションに日本で起業。 2013年より、銀行、カード、電子マネー、ポイント、証券を自動で一括管理するPFMサービス「Moneytree」を提供し、AppleのBest of 2013、Best of 2014を2年連続で受賞。 2015年より、金融インフラサービス「MT LINK」を開始し、三大メガバンク系ファウンドから一斉に投資を受け、米MasterCardの公式パートナーとして選出される。 日本国内に限らず、大きくビジネスを変え、もっとも信頼されるユニバーサルなプラットフォームを目指す。 会社概要 会社名:マネーツリー株式会社 代表取締役:ポール チャップマン 資本金: 2億円 設立日: 2012年4月23日 サービス 「Moneytree」個人資産管理アプリ 「Moneytree PLUS」経費精算サービス 「Moneytree PRO」法人口座用モバイルデータアグリゲーションサービス 「MT LINK」企業向け金融インフラサービス.

次の