ブロックされてるか確認 line。 【2020年版】LINEで自分がブロックされてるかiPhoneで確認する方法まとめ!

確認|ラインでブロックされてるか知る方法|iPhone(2020最新)

ブロックされてるか確認 line

では、どの方法を選べばいいのでしょうか。 結論から言えば、自分の性格や自分と相手との関係によってベストの選択肢が変わってきます。 ポイントになるのは、 難易度(確認する際の手軽さ)と 確実性(ブロックされていることを確認できる可能性)、そして 相手にブロック確認行動がバレてしまう可能性の有無の3点です。 特に 「相手にブロック確認行動がバレてしまう可能性の有無」が気になる人は多いはず。 試してみる方法によっては、相手側に通知やメッセージが届いたりすることがあります。 それに伴って相手とのコミュニケーションが発生するおそれがあるので、そのリスクを避けたいのであれば確実にバレることがない方法を選択する必要があります。 相手にバレてもかまわない場合 確実にブロックの有無がわかる方法は、 「複数人トークを作成してメッセージを送信する」です。 この方法は、第三者(友だち)の協力が必要になるので少し手間がかかります。 またブロックされていなかったら、相手にメッセージが届いてしまうリスクがあります。 とはいえ、複数人トークを利用した確認方法は難易度も低く、確実にブロックの有無がわかるため、相手と気軽に連絡を取り合える仲なのであれば、このやり方をおすすめします。 絶対に相手にバレたくない場合 こちらのブロック確認行動がバレると気まずくなりそうな相手なら、 スタンプ/着せかえ/絵文字(有料でも無料でもOK)を複数プレゼントする方法がおすすめです。 少し面倒な手順になりますが、相手にバレずに、こっそり確認ができます。 ただし、相手が同じスタンプを持っていると、ブロックされているかどうか断定ができなくなるので100%の判定は保証できません。 LINEブロック確認方法(1):LINEスタンプ/着せかえ/絵文字のプレゼントを試みる ブロック確認をしているかが 絶対に相手にバレない方法が、 「LINEのスタンプ/着せかえ/絵文字のプレゼントを試みる」ことです(以下、特に断りがない限り、着せかえ・絵文字に関する説明は省略)。 メッセージや通知が相手に届くといった痕跡が残らないので、水面下でこっそり調べたい場合には最も有効だと言えるでしょう。 この確認方法の仕組みはかんたん。 ただし、プレゼントしたものと同じスタンプを相手がすでに持っていると、ブロックされているときと同様にプレゼントできなくなる現象が起きるため、プレゼントしたときの挙動だけでは断定できません。 そのため、 "相手がおそらく持っていないであろう"スタンプを使ってプレゼントを試みるのが、ブロックを確認するうえで重要なポイントとなります。 LINEスタンプのプレゼントでブロックされたか確認する方法 有料か無料かを問わず、"相手がおそらく持っていないであろう"スタンプを何種類かプレゼントしてみることで、ぼぼ確実にブロック確認ができるでしょう。 "相手がおそらく持っていないであろう"スタンプとしておすすめなのが クリエイターズスタンプです。 というのも、クリエイターズスタンプは膨大な種類のスタンプが配信されているため、マイナーなスタンプや相手の趣味とはベクトルの違うスタンプを簡単に見つけられるからです。 1 「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップする LINEの「ホーム」タブから[スタンプショップ]に移動します。 相手なら絶対に選ばないだろうな、と思うスタンプを選んでください。 「スタンプ情報」画面で[プレゼントする]をタップします。 2 確認したい相手を選ぶ 次に、ブロックされているか確認したい相手を選んでタップし、[選択]してください。 3 表示画面の内容を確認する 左: ブロックされていないときの画面表示 右: ブロックされている可能性が高いときの画面表示 左の画像のように、プレゼント確認画面へ移動した場合は、ブロックされておらず、かつ、相手がスタンプを持っていない状態を意味します。 」と表示されれば、ブロックされている可能性が高い状況です。 もっとも、贈ったスタンプを相手が所持している場合も同じ文言が表示されます。 」と表示されたとしても、何回かプレゼントを実行してみないことには高い精度でブロックの有無を判断できません。 何度か挑戦してみた結果、すべて「プレゼントできません。 」と出てしまったら、ほぼ確実にブロックされていると認めざるを得ないでしょう。 LINEストア版:LINEスタンプのプレゼントでブロックされたか確認する方法 LINEスタンプは、LINEアプリ内のスタンプショップだけでなく、ウェブのLINEストアでも購入・ダウンロード・プレゼントが可能です。 1 ブラウザから「LINE STORE」にログインする はSafariやChromeなどのブラウザから開く必要があります。 ログインなどに多少の手間はかかりますが、相手が持っていなさそうなマイナーな有料クリエイターズスタンプを使ってブロック確認ができるので、相手にブロックされているかをぼぼ確実に判別できるでしょう。 2 クリエイターズスタンプを選んで[プレゼントする]をタップする クリエイターズスタンプを決めたら、[プレゼントする]をタップしてください。 3 確認したい相手を選ぶ 次に、確認したい相手を選択し、右上の[OK]をタップします。 4 画面表示を確認する 左: ブロックされていないときの画面表示 右: ブロックされている可能性が高いときの画面表示 左の画像のようにプレゼント確認画面へ移動した場合は、ブロックされておらず、かつ、相手がスタンプを持っていないということです。 」と表示されれば、ブロックされている可能性が高いことを意味します。 プレゼントしたスタンプを相手が持っている可能性もあるため、他の複数のスタンプでも試してみてください。 その結果、すべてプレゼントできない場合、ブロックされているとみて間違いないでしょう。 複数人トーク内の「メンバー数」からブロックを間違いなく判断できる上に、自分が相手にブロックされているのであれば相手に通知がいく心配もありません。 複数人トークを作成してメッセージを送信し、ブロックの有無を確認する手順 このブロック確認方法では、グループトークではなく、複数人トークの作成が必要です(複数人トークについては下記記事を参照)。 1 相手とのトークに協力者を招待する はじめに、自分と相手とのトークルームに、協力者を招待して複数人トークを作ります。 自分・相手・協力者の3人の複数人トークが作成された時点では、相手と協力者は複数人トークのトークルームを表示できません。 なお、従来の相手との1対1トークは別に残るので、複数人トークの作成で上書きされてしまう心配はありません。 2 メッセージを送信して、協力者の複数人トーク画面を確認する 左:自分側の画面。 トークルームには3人存在する 右:協力者側の画面。 3人いるはずが、2人だ 次に、作成した複数人トークのトークルームで当たり障りのないメッセージを送信します。 この時点で相手と協力者に通知が飛び、複数人トークのトークルームを表示できるようになります。 協力者側のトークルーム(右の画像)では、参加人数が「2人」になっていることがわかるでしょうか。 本来は参加人数が「3人」のトークルームなはずなのに、何か異変が起きているようです。 3 協力者のトークメンバーリストを確認する トークメンバーを見ると、自分側のトークルームには確かに「3人」いることになっていますが、協力者側のトークルームにはやはり「2人」しか存在しません。 これが相手にブロックされている証拠となります。 なぜブロックされている証拠となるのか。 ブロックの有無によって以下の違いが生じるからです。 トークメンバーリストの人数 自分の画面 協力者の画面 相手の画面 相手が自分をブロックしているか ブロックしている 3人 2人 - ブロックしていない 3人 3人 3人 自分のことを相手がブロックしていないのであれば、相手がメッセージを送受信したか否かに関係なく、協力者側のトークルームのトークメンバーリストには「3人」全員が表示されます。 反対に相手がブロックしているのであれば、協力者側のトークルームのトークメンバーリストには相手が含まれません(「2人」と表示されます)。 自分側のトークルームのトークメンバーリストでは、相手にブロックされていてもいなくても「3人」全員が表示されます。 この仕様によって、上記の例では「自分」が「相手」にブロックされていることがわかりました。 複数人トークの通知やメッセージなどが相手(=ブロックしている人)に送信されることはありません。 【注意】ブロックされていなかったら相手にメッセージが届いてしまう もし相手がブロックしていなかった場合、相手に通知やメッセージが届いてしまい、不自然な複数人トークルームが作成される結果となります。 複数人トークに誘われた相手方は「なぜ誘われたのか」と疑念を抱くかもしれません。 したがって「複数人トークを作成してメッセージを送信してみる」というブロック確認方法は、相手にメッセージが届いてしまったとしても問題にならないような状況でのみ活用したいところです。 LINEブロック確認方法(3):ブロックされたら起きる事象から総合判断する 以下の5つの事象が多く当てはまるほど、ブロックされている可能性が高いといえます。 まったく既読がつかないのに、プロフィール画像が変わっていたり、ステータスメッセージが更新されたりしているのであれば、相手はLINEを使っているのに自分とのトークルームを開いていないということになります。 相手の動きが見えてしまった分、ブロックされているかもしれないと不安になりますが、トークリスト長押しや通知などを活用して内容を把握したきり返事を忘れているだけかもしれません。 ブロックされたら起きる事象4:グループトークでは既読になるのに1対1のトークは未読のまま• 既読数は「2」となっており、自分を除いたメンバー数と一致するため、全員が読んだことになる 同じグループの中のメンバーにブロックされていたとしても、ブロックされていないときと何ら変わらずにグループトークでやりとりできます。 メッセージに既読もつきます。 グループトークでの相手は普通にメッセージを送信している。 グループトークでの相手もメッセージを送信しない無言状態だが、自分以外のグループメンバーの人数分の既読がつく(=相手が既読をつけている事実が確定する)。 それなのに、自分とのトークルームでは既読を全然つけてくれない……。 この場合、事態はより深刻です。 自分との1対1トークで判断するかぎりではLINEを使っていなさそうな雰囲気だったり()、LINEでプロフィール設定を変更しただけだったり()する場合は、既読がつかなくても仕方がないとも思えます。 しかし、グループトークで活動しているのに、自分とのトークでは既読をつけないのは、いささか不自然でしょう。 友だちリストから相手のプロフィールを開き、[投稿]より確認できる 右:タイムライン画面でみると、左の全体公開投稿は見当たらない 相手が公開範囲を全体公開に設定して投稿したタイムライン投稿が、自分のタイムライン画面では見られないのに、相手のホーム画面では見られるとしたら、かなりの高確率で相手にブロックされていると判断できます。 全体公開の投稿は、左下に「地球マーク」があるものです。 この投稿が「タイムライン」には反映されていないのに(右の画像)、相手のプロフィール(ホーム)画面の[投稿]から閲覧できる(左の画像)という場合、ほぼブロックされていると考えてよいでしょう。 自分のタイムライン設定で相手を「タイムライン非表示リスト」に追加していたり、単に相手の投稿を見逃していたりする可能性もあるので、「ブロックされた」と早合点する前に設定やタイムラインを見直してみましょう。 なお、投稿した後に相手がブロックを「解除」していたとしても、当該投稿がさかのぼってタイムラインに表示されることはありません。

次の

ほぼ100%わかります!ラインでブロックされてるか確認する2つの方法【LINE:iPhone/Android】

ブロックされてるか確認 line

どうも『ペコ』です。 本日のテーマはSNSマニアなら知っておくべき 『【2020年版最新】相手にバレずにLINEブロックを確認する方法まとめ』 についてご紹介します。 『元カレ、元カノのことが忘れられなくて、久しぶりにLINEしたけど返信が全然ない』 『合コンで知り合った女の子から連絡がこない』 『喧嘩した友達からLINEしても全然返信ないし、既読マークすらない』 まさかね、自分がLINEブロックされたとは思いたくないですが この記事を読んでいるあなたはおそらく、LINEブロックされている可能性は高いです。 可能性のままの状態で、現実を見たくないのか。 ・・・ あるいは LINEブロックされたという事実を把握してこれからの友情関係のかてにするのかはあなた次第! そして、一番気になるブロックの確認の行動が相手にバレるのかどうかですよね。 ブロックされてないのにブロック確認の行動が相手にバレてしまったら最悪ですよね? ではこれからLINEであなたがブロックされているかを確認する方法『 2020年度最新版』 ブロックを確認する方法はいくつかありますが 今回はペコが知っている 全てのLINEブロックのされているかを確認する方法をご紹介します。 スポンサーリンク LINEブロックをされた側の変化• ブロックをされている等の通知はない• 友達リストもこれまで同様に表示される• トーク・通話もこれまで通り出来る(相手には永遠に届かない)• タイムラインは『まだ投稿がありません』となる• LINEゲーム(ツムツム)などランキングから消える• プロフィールBGMは通常どおり更新される• グループ内の人からブロックをされても既読数は通常通り• アルバムやノートはブロックされても過去の物は閲覧可能• LINEブロックされた人が『Unknown』の名前に変更• タイムラインのいいねができなくなる 下記の関連記事ではLINEブロックをした側・された側がどうなるかを画像を用いて解説しているのでもっと詳しくブロックした・された人がなにができるのか?なにができないのか? 確認したい人は下記のリンクをクリックして熟読してくださいね。 LINEブロックされたか確認する5つの方法• スタンプを使ったブロックの有無を確認する方法• ひたすらメールや電話をかけて確認する方法• タイムラインを確認してブロックを確認する方法• ひとことを確認してブロックを確認する方法• 他のSNSでのブロック状況を確認する これら5つの方法がLINEのブロックの有無を確認出来る方法となります。 これから一つずつLINEでブロックをされているかを確認する方法を解説していきますね。 LINEブロックを確認しやすい順番で紹介していますので、ぜひ、記事の順番通りにLINEブロックされたかどうかを確認してみてください。 1:スタンプを使ってLINEブロックされたかを確認する方法 アンドロイドとiPhoneでは少しだけブロックの有無の確認する際に利用するスタンプの種類は違いますが原理は基本的に同じになります。 iPhoneでは無料スタンプをプレゼント Androidでは有料スタンプをプレゼントして ブロックのされているかを判断していきます。 簡単に説明するとLINEブロックされているだろうあなたの友達へ 有料スタンプ・無料スタンプを送るふりをして そこに表示されるコメントから ブロックをされているかを確認することが出来ます。 ブロックをされていると上記の画像のように 『 すでにこのスタンプをもっているためにプレゼントできません』 と表示されます。 もしかすると、あなたの送ったスタンプを 本当にすでに持っている可能性があるので このスタンプをプレゼントしてブロックを確認する方法は、何度かスタンプを変えて ブロックの有無を確認するようにしましょう。 『iPhoneユーザー』無料スタンプを送ってLINEブロックされているか確認する方法 まずはスタンプショップをLINEアプリ内から開きます。 Eventを選択し、無料スタンプを適当に選びます。 そして、ダウンロードではなく『プレゼントする』を選択しましょう。 ブロックされているであろう相手を検索し選択。 もう一度、プレゼントするをポチッと選択。 『OK』を選択します。 OKを押すと実際にスタンプが送られるますので心の準備を。 実際にブロックされていないのであれば上記のような画面が表示され、ちゃんとLINEスタンプをプレゼントすることができます。 しかし、実際にブロックされているとこのような画面が表示されます。 もしかすると、すでに実際に送ったスタンプを本当に持っている可能性があるので、いくつかの無料スタンプを試して送ってみる。 あるいは、隠しスタンプを利用している送ってみる方法もオススメします。 有料スタンプであれ、隠しスタンプであれ、ブロックされていると相手側のスタンプの保持に関わらず上記のような画面になります。 『Androidユーザー』スタンプを送ったLINEブロックの確認方法 『・・・』を選択して 上記の画面を表示させましょう。 ここでは有料スタンプを利用した LINEブロックの確認方法を解説しますので 『スタンプショップ』を選択しましょう。 有料スタンプはどれでも構いませんので 適当にまずはスタンプを選択してください。 今回は最新のスタンプ『リラックマ』 のスタンプを使用。 ここで 『プレゼント』を選択してください。 購入を選択してもブロックされているかを 確認することはできませんのでご注意下さい! こちらの画面で ブロックをされているであろう友人を リストの中から選び『選択』を押してください。 この画面が表示された理由は2つ• 本当に相手がすでにこのスタンプを持っている• あなたをブロックしているか の2通りしかありません。 本当にプレゼントしようとした有料スタンプ 相手が持っている可能性があるので いくつかの有料スタンプで プレゼントをして試してみてください。 5回程、この方法を行ってみて 全て同様のコメント 『このスタンプを持っています』 が表示された場合 ブロックされている可能性大です。 スポンサーリンク 2:電話やメールでLINEブロックされているかを確認する方法 ブロックされているかもしれないとわかっていてもまずはトークをしてみて様子を見てみましょう。 もちろん相手が忙しい状況であれば相手からのトークの返信はないでしょうが・・ それならば電話をかけてみましょう。 ブロックをしていない友達からLINE電話がかかってきたら 『なんかあったのかな?』 って少しは気になりますし、LINE電話をかけ返してくるでしょう。 あくまでも!!もし相手画面に通知されていればの話ですが・・・ もし相手に通知が一切届かなければ 相手はあなたからの着信やトークに気づくことはなく 一生連絡が返って来ることはないでしょう。 現在のLINEの使用頻度から見て海外へ行っているなどの例外がなければ 返信が3日もなければ間違いなくブロックされていると思っていいです。 Android版限定|LINEブロックをされると下記の表示画面が表示される Android版限定ですが、LINEブロックをされている・されていない時のコール後の強制終了に表示される表示が画面が異なってきます。 上記写真の左側がLINEブロックされていない時の表示画面『応答なし・もう一度無料通話を発信・ボイスメッセージ』と表示されていますが。 上記写真の右側のLINEブロックされている時の表示画面は『応答がありません』これだけ。 電話してLINEブロックを確認するのはなかなか勇気がいるかと思いますが、ぜひ、Androidユーザーは試して欲しいLINEブロックの確認方法になります。 3:タイムラインを確認してLINEブロックされているか確認する方法 もしあなたが LINE ブロックをされると あなたは相手の タイムラインを閲覧することができなくなります。 タイムラインって以外と使ったことがない人もいるでしょうが・・・ これまで閲覧を出来ていたタイムラインがある日を境に閲覧出来なくなった場合 あなたはブロックされているかも・・・・しれない。 また、タイムラインでこれまでいいね!を押した記憶がある方で、現在、その友人のタイムラインが表示されていなければ残念がながらブロックされているでしょう。 関連記事 こちらからで分かりやすくタイムラインのブロック関連をご紹介しています。 4:『ひとこと(ステータス)』からLINEブロックされているかを確認する方法|ホーム画面 これまでにスタンプを使った方法やタイムラインを使用した方法からブロックの有無を確認することしか出来ませんでしたが 『 ひとこと』からもブロックの有無を確認 することができるようになったのです。 LINEブロックを行ってもひとことだけはブロックされた側に、あなたがひとことを更新するたびに ブロックした相手画面でもひとことが更新されるんです。 この記事を読んでいるブロックした人はひとことの扱いにはくれぐれも注意しましょう。 ブロックされた?人はひとことをまずはスクショして数日、数週間など時間をおいて 前回、スクショした画面と現在の ひとこと画面を 比較してチェックすることをおすすめします。 関連記事 上記でまとめてありますので確認してみてください。 LINEブロックの確認|LINEで友達をブロックをする人の気持ちや行動知ってる? このLINEブロックを確認する方法を読んでいるあなたは、ブロックされているという恐怖感と不安でいっぱいだと思います。 もちろん、これからある友達をブロックするために、自分がブロックしたことを相手に相手にバレないか心配でこの記事を読んでいると言う人もいるでしょう。 ただね!この記事を読んでくれているあなたに伝えたい。 ブロックする人もされる人もそこには人間関係の溝があるということ。 ブロックされた人は『 友達になにかしませんでしたか?』 ブロックしたい人は『 プライバシーたっぷりのLINE IDをサクッと気軽に教えたりしてませんか?』 そこには必ずLINEブロックをする・されるという理由が存在します。 特にLINEブロックをされた人はこちらのLINEブロックをする人の気持ちを確認してみてはいかがでしょうか? 関連記事 LINEブロックの確認|LINEブロック中に送ったメッセージは受信できないが、解除後に既読になる仕組み 上記の画像をみて頂きたいのですが、 トークの内容が噛み合っていないですよね。 1『おい』両画面で確認 2『どこですか』両画面で確認 3『ブロックいま、されました』左側のみ確認、右側は受信してない 4『届いてません』左側のみ確認 5同様 6同様 7『これからブロックを解除します』左側のみ確認 8『やっぱりブロック中のメッセージは相手には届きません』 よくみて頂きたいのが ブロック中に送られたメッセージ達。 相手側の画面には表示されておらず全く読まれていないにも関わらず ブロック中に送られたメッセージ全てに既読がつきます。

次の

LINEブロックされたか確認する方法とブロックされたらどうなるか

ブロックされてるか確認 line

目次 CLOSE• 基本的なブロック確認方法 相手からブロックされているかどうかを確認する方法として、メッセージを相手に送ってみるというものがあります。 確認したい相手のトーク画面を出して、メッセージを投稿するのです。 ブロックされていると相手に自分が発したメッセージが表示されませんので、既読が付くことはありません。 発信側から見れば、既読スルーのような状態になりますので、それで確かめることが可能です。 ただこの方法だけでは、もしかしたらブロックではなく相手が忙しくて既読できていない可能性もありますので断定ではありませんね。 スポンサーリンク スタンプのプレゼントでブロック確認が出来る! 次の手段として、プレゼント機能を使って確認をするという方法が用意されています。 LINEでは、スタンプのプレゼントが友達同士であれば行なうことができます。 そのため、ブロックされていなければ、プレゼントは相手が同じスタンプを持っていなければ行うことができるのです。 スタンプをプレゼントする方法は、メニューから「その他」を選択して、「スタンプショップ」からスタンプを選んで「プレゼントする」をタップします。 すると友達一覧が出てきますので、プレゼントしたいユーザーを選んで「選択」タップします。 プレゼントを贈れる画面になればブロックされていない 「選択」をタップした段階で、次の画面で「プレゼント確認」と表示された場合には、相手にブロックされていない証拠となります。 もちろん、この画面では実際に購入する訳ではありませんので安心してください。 実際に購入する直前までの動作で、相手が自分をブロックしているかどうかを、通知内容で理解をすることが可能なのです。 スポンサーリンク ブロックされている可能性が高い もしプレゼントを選んだ画面で「すでにこのスタンプは持っている・・・」と表示された場合、ブロックされている可能性があります。 というのも、この画面が表示される場合には、本当に同じスタンプを持っているか、ブロックされているかのどちらかになるからです。 こちらも、絶対にこの方法で断定が出来るという訳ではありませんが、相手が持っていなさそうなスタンプを選択すれば、その可能性は高くなるでしょう。 このように、相手からブロックされているかどうかを確認する確実な手段は、LINEには用意されていません。 そのため、メッセージを送ってみたりプレゼントを渡してみることによる反応から、推測をするしかありません。 それでも、プレゼントに関してはかなりの確率で分かりますから気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

次の