ファイナンシャルプランナー二級 本。 fp(ファイナンシャルプランナー)2級に独学2ヶ月で合格した勉強方法

2級FP過去問解説(1級と3級も解説中!)〜ファイナンシャルプランナー資格の過去問を無料解説〜

ファイナンシャルプランナー二級 本

目 次 1. FP2級の受験資格 FP2級の受験資格には、「AFP認定研修修了者」「FP3級合格者」「2年以上の実務経験」の3つがあります。 順に見ていきましょう。 1 AFP認定研修修了者 1つ目のFP2級の受験資格を得る方法は、「AFP認定研修修了者」となることです。 AFP認定研修とは、AFPとして必要な知識を体系的に学ぶことができる、 日本FP協会認定の研修講座となります。 (AFPについては「」をご参照ください。 ) FP協会から認定された資格学校などで受講できます。 通信講座での受講も可能ですので、場所を選ばずに受講できます。 2 FP3級合格者 2つ目のFP2級の受験資格を得る方法は、「FP3級に合格する」ことです。 FP3級の詳細については「」も合わせてご確認ください。 ただ、後述のとおりFP3級を受験する方法の場合は、FP2級に合格するまでに 最短でも7ヶ月の期間が必要となりますので、短期間でのFP2級取得を目指している人は注意が必要です。 3 2年以上の実務経験 3つ目のFP2級の受験資格を得る方法は、「2年以上の実務経験」を積む方法となります。 実務経験の判断は基本的に 自己申告となっておりますが、以下のような経験が該当します。 ・証券会社、保険会社、銀行、クレジット会社などの金融機関に勤務している方 ・保険会社(代理店)の職員 ・税理士、弁護士、司法書士、行政書士などで、資産に関する相談業務に従事している方 ・会計事務所の職員 ・不動産会社、建設会社など土地建物取引・建築・相談業務に従事している方 ・投資顧問会社の職員 ・生活協同組合などの共済等の担当職員 ・商品先物取引会社の職員 ・一般事業会社および官公庁の福利厚生担当者および、金融・財務・経理担当者 ・商事会社の商社金融担当者、商事会社やコンピュータ会社等の金融機関営業担当者および、ソフト開発担当者 FP2級の難易度を加味して、FP2級を受験するに足る実力があると判断されるのが、実務経験2年以上となります。 (FP2級の難易度については「」をご確認ください。 資格名 受験資格 簿記2級 なし。 ビジネス会計検定2級 なし。 建設業経理士2級 なし。 このように、実は2級でもFPと異なり受験資格がない資格は多数ありますので、興味のある2級資格がある場合は、受験資格もしっかりとチェックしてみてください。 各資格の詳細については以下をご参照ください。 ・簿記 「」 ・ビジネス会計検定 「」 ・建設業経理士 「」 2. FP3級ルートで受験資格を得るのが一番いい? FP2級の受験資格を得るための3つの方法を紹介しましたが、どの方法が望ましいのでしょうか? 結論としては、 「FP3級合格」のルートでFP2級の受験資格を得るのが望ましいと考えられます。 以下で、FP3級合格のルートが良い理由を3つ、順に解説させていただきます。 1 どのみち3級の知識は必要となる。 1つ目のFP3級ルートがおすすめな理由としては、FP2級を合格するのに「どのみちFP3級の知識は必要となる」ことが挙げられます。 当然ですが、 FP2級の内容はFP3級の知識が前提となっております。 (だからこそ受験資格となっております。 ) 3級も2級も同じ6分野からの出題となり、各分野をより深く学ぶのが2級と言えます。 最終的にFP2級合格を目指すのにFP3級の知識が必要になるのであれば、FP3級合格のルートを選択した方が、効率的かつ効果的に勉強できます。 例えば、FP3級は50時間、FP2級は200時間程度の勉強が必要となりますが、FP3級を勉強した後すぐにFP2級の勉強を開始すれば、単純合算した250時間の勉強時間よりも、短い勉強時間で合格できる可能性があります。 2 FP3級合格をマイルストーンにできる。 2つ目の理由としては、「FP3級合格をマイルストーンにできる」ことが挙げられます。 マイルストーンとは、「節目」を意味しております。 「中間目標」と言い換えることもできます。 長期的な目標を達成する際に、 中間目標を設定するのは、非常に効果的です。 効果的な一番の理由は、達成感を得られることです。 いきなりFP2級を目指した場合、FP2級に合格するまで達成感を得られません。 達成感を得るまであまりに長い期間を必要とした場合、途中で中だるみが発生してしまい、場合によっては勉強自体をやめてしまうかもしれません。 大事なのは、途中で努力の成果を感じられることです。 そのため、FP2級を受験する際には、まずFP3級合格をマイルストーンとして達成感を得ることで、途中であきらめることなく勉強を続けられます。 3 FP3級合格の肩書を取得できる。 2つ目のFP3級ルートがおすすめな理由としては、少なくとも「FP3級合格の肩書を取得できる」ことが挙げられます。 いきなりFP2級合格を目指した場合、将来像としては「FP2級合格者」又は「無資格者」の二択となります。 一方で、FP3級にまず合格しておけば、将来像としては「FP2級合格者」又は「FP3級合格者」の二択となり、最低でもFP3級保持者となれます。 肩書が大事なわけではありませんが、 肩書は1つの成功体験を積み重ねた証拠ですので、対外的というよりは、自分自身の自信をつけるために意味があります。 「あの時頑張って勉強してFP3級に合格することができた」という成功体験が、FP3級合格の肩書には詰まっております。 以上より、FP2級の受験資格を得るための3つの方法の中では、「FP3級合格」のルートが一番望ましいと考えられます。 FP3級であれば、 3,680 円(税別)から受講可能ですので、まずは無料講座をチェックしてみてください! 3. 半年以内にFP2級を取得する必要がある人向け 1 FP3級ルートだと最速で7ヶ月 「FP3級合格」のルートが一番おすすめとお伝えしましたが、何らかの理由で「半年以内」にFP2級を取得する必要がある人の場合は、その他のルートを選択する必要があります。 と言いますのも、FP3級に合格して受験資格を得た後にFP2級を受験する場合、FP3級の受験申込から始まりFP2級試験日までに6か月必要となり、かつ、そこから合格発表まで約1ヶ月あり、最速でもFP2級合格までに 7ヶ月の期間が必要となるためです。 (以下に2021年1月FP2級受験の場合を例示しておりますので、ご参照ください。 ) 2 認定研修であれば半年以内 半年以内にFP2級に合格する必要がある場合の、FP3級合格以外のルートとしては、2年以上の実務経験を半年以内につむのは物理的に無理なので、AFP認定研修を修了するルートが該当します。 AFP認定研修であれば、最速で 4ヶ月の期間でFP2級に合格できます。 例えば、AFP認定研修の講座は1ヶ月程度で学習を終えることができ、1ヶ月で受験資格を得た後に受験申込をした場合、そこから約2か月後が試験日となり、合格発表までの1ヶ月を足した、合計4か月の期間でFP2級に合格できます。 (以下に2021年1月FP2級受験の場合を例示しておりますので、ご参照ください。 ) 3 AFP認定研修ルートの メリット AFP認定研修ルートのメリットについて、順に2つ解説していきます。 前述のように、 最短4か月での合格が可能であり、職場の上司から言われたり、キャリアの関係上短期間での取得が必要となる場合には、メリットが大きいです。 また、勉強期間があまりに長いと集中力が続かない人や、他の資格試験も受験予定の方にとっても、短期間で合格できるのは非常に大きなメリットと言えます。 (FPと相性のいい資格については「」をご参照ください。 AFP認定研修という名前のとおり、そもそもがAFPになるための研修であり、AFP認定研修修了後にFP2級に合格すれば、 AFPに登録できます。 AFPに登録できれば、さらなる難関資格であり、FPの最上級の資格であるCFPの受験資格を取得できるため、CFPを目指す方にとっては大きなメリットとなります。 (AFP・CFPについては「」も合わせてご確認ください。 ) 4 AFP認定研修ルートの デメリット AFP認定研修のルートのデメリットについて、順に2つ解説していきます。 当然ですが、AFP認定研修を受けるための費用が必要となり、この点がデメリットとして考えられます。 ただ、FP3級合格ルートの場合でも、FP3級の通信講座などを受講する際の費用が発生するため、必ずしもAFP認定研修ルートの方が費用的な負担が大きいとは限りません。 (FP3級・2級を勉強する際の勉強スタイルについては「」をご確認ください。 もちろん勉強期間はいくらでも長くできるのですが、FP3級合格ルートではなくAFP認定研修ルートを選択することは、多くとも半年以内の勉強期間になることを意味しております。 前述のとおり、半年以上であればFP3級合格ルートを選択した方が良いためです。 FP2級は試験範囲が3級よりも格段に広くなり、難易度も高いため、200時間程度の勉強時間は必要となります。 半年以内で200時間の勉強時間を確保できるのであれば問題ありませんが、そうでない場合はFP3級合格ルートを選択するのも1つの方向性です。 (FP2級の難易度については「」をご参照ください。 ) 4. そもそも2級まで必要か? 最後にそもそも論ですが、「FP2級まで取得する必要があるのか?」といった点について解説していきます。 結論としては、FPの勉強をするのであれば、 最低限2級までの取得をおすすめいたします。 もちろんFPの勉強をする理由によって、何級まで取得すべきかは異なってはきます。 しかし、以下の理由により、FP2級までの取得を推奨します。 (FP3級の難易度については「」をご確認ください。 ) だから受験の意味がないとうわけでなく、先述のように2級を受験するためのステップアップ資格としては、十分に価値があります。 しかし、FP3級単体では、少なくとも仕事面において差別化を図るのは難しいです。 普段のちょっとした経済・金融ニュースの理解を深めるためや、家計を考えるきっかけとしては3級単体でも意味がありますが、その他の面においては、やはり最低限2級までの知識が必要となります。 2 さらなる専門性を目指す際に必要 ファイナンシャルプランナーとして活躍するために、FP協会が運営しているAFPやCFPといった、より専門性のある資格を取得することも考えられます。 この際に、FP2級に合格していることがスタートとなるため、その意味でもFPは2級まで取得しておくと、メリットが大きいです。 まだ勉強を開始する前であり、また、ファイナンシャルプランナーとしての実務経験がない段階であれば、AFPやCFPの必要性がわからないかもしれません。 取得が必須なわけではありませんが、ファイナンシャルプランナーの道を歩んでいくのであれば、一度は取得を検討する資格であることも事実です。 その時にFP2級を持っておけば、AFPやCFPを目指すことが可能となります。 以上より、FPは2級までの取得をおすすめいたします。 終わりに いきなりFP2級を目指すのは可能なのか?や、FP2級の受験資格についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか? 大事なのは、FP2級を目指す際に選ぶルートによるメリット・デメリットをしっかり把握して、ご自身の状況に合わせた最適な行動をとることです。 皆が選んでいるからそのルートを選ぶのではなく、自分に必要だから選ぶといった納得感を持って、勉強を開始してください。 まとめ.

次の

【ファイナンシャルプランナー】3級、2級、1級の合格率

ファイナンシャルプランナー二級 本

最新情報 4月14日5月試験の中止を受け、昨年発売されたテキストからの主要な変更点を一覧にしたページを作成しました。 7月18日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: 林さん 《》 総投稿数:1 7月19日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:4 7月18日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:2 4月23日過去問道場の登録ユーザ数が7,000人を突破しました! 3月11日2016年5月の実技試験()の解説が完成しました。 2月18日2016年1月の実技試験()の解説が完成しました。 2月14日2020年1月の実技試験(、、)の解説が完成しました。 学科問題の解説が完成しています。 1月25日2016年9月の実技試験()の解説が完成しました。 1月18日過去問道場の登録ユーザ数が5,000人を突破しました! 1月17日2016年1月の実技試験(、)の解説が完成しました。 【2019年】 12月26日1月試験に向けてを更新しました。 12月18日2016年5月の実技試験(、)の解説が完成しました。 12月3日2017年1月の実技試験()の解説が完成しました。 11月20日2016年9月の実技試験(、)の解説が完成しました。 11月19日2017年1月の実技試験(、)の解説が完成しました。 11月16日2017年9月の実技試験()の解説が完成しました。 10月18日2018年1月の実技試験()の解説が完成しました。 10月16日2019年9月の実技試験(、)の解説をアップしました。 10月9日学習成績をSNSで簡単にシェアできる新機能を過去問道場に追加しました。 9月27日2017年5月の実技試験(、)の解説をアップしました。 学科の解説は完成済みです。 9月2日2018年1月の実技試験(、)の解説をアップしました。 8月28日2018年9月の実技試験()の解説が完成しました。 8月25日過去問道場の登録ユーザ数が3,000人を突破しました! 8月20日2017年9月の実技試験(、)の解説をアップしました。 8月19日2019年5月の実技試験()の解説が完成しました。 7月30日FP検定(2級と3級)に関連する過去数年の法令や制度の改正情報をまとめたページを公開しました()。 7月26日2019年1月の実技試験()の解説が完成しました。 7月15日2019年5月の実技試験(、)の解説をアップしました。 7月10日2018年5月の実技試験(、、)の解説をアップしました。 6月13日実技版の過去問道場をリリースしました。 6月7日2019年5月実技試験の問題及び解答をWebページ化しました。 学科問題の解説が完成済みです。 5月22日過去問道場の登録ユーザ数が2,000人を突破しました!およそ100日で登録者数が2倍に増加したことになります。 5月17日2018年9月の実技試験(、)の解説をアップしました。 5月16日2019年1月の実技試験(、)の解説をアップしました。 4月19日2016年1月・5月・9月の実技試験(FP協会)の問題と解答をWebページ化しました。 4月17日2016年1月・5月・9月の実技試験(金財:個人、金財:生保)の問題と解答をWebページ化しました。 4月16日2013年1月学科試験の解説が完成しました。 これで学科1,200問の解説が完成しました。 次は実技試験に注力していきまます! 4月6日PCでの利用時に、問題文や設例内の図表をクリックで拡大表示できるようにしました。 3月29日2017年1月・5月・9月の実技試験(FP協会)の問題と解答をWebページ化しました。 3月27日2013年5月学科試験の解説が完成しました。 3月21日2018年1月・5月・9月の実技試験(FP協会)の問題と解答をWebページ化しました。 3月16日2017年1月・5月・9月の実技試験(金財:個人、金財:生保)の問題と解答をWebページ化しました。 3月15日2018年1月・5月・9月の実技試験(金財:個人、金財:生保)の問題と解答をWebページ化しました。 2月26日2019年1月学科試験の解説が完成しました。 2月9日2013年9月学科試験の解説が完成しました。 1月31日2014年1月学科試験の解説が完成しました。 1月28日サイト開設から1年で過去問道場の登録ユーザ数が1,000人を突破しました。 1月9日2014年5月学科試験の解説が完成しました。 【2018年】 12月31日2015年1月学科試験の解説が完成しました。 12月16日過去問道場に問題チェック機能を追加しました。 12月6日2014年9月学科試験の解説が完成しました。 11月29日サイトのトップページにを追加しました。 11月16日2015年5月学科試験の解説が完成しました。 11月14日2015年9月学科試験の解説が完成しました。 10月5日2018年9月学科試験の解説が完成しました。 9月19日2015年10月学科試験の解説が完成しました。 8月30日2016年1月学科試験の解説が完成しました。 8月17日2016年5月学科試験の解説が完成しました。 7月20日2016年9月学科試験の解説が完成しました。 6月29日2018年5月学科試験の解説が完成しました。 6月5日2017年1月学科試験の解説が完成しました。 解説も全て無料公開しています。 5月17日2017年9月学科試験の解説が完成しました。 4月28日2018年1月学科試験の解説が完成しました。 2月19日2級ファイナンシャルプランニング技能検定2013年1月、5月、9月の過去問題を追加しました。 2月14日PC環境で電卓を任意の位置に移動できるようにしました。 解答ボタンのクリック時に押したボタンが目立つようにしました。 ボタンクリックでの解答時に正解表示部分に"あなたの解答"が併記されるようになりました。 2月9日FP3級のサイト(FP3級ドットコム)に続き、ファイナンシャルプランナー2級の解説サイトを新しく公開しました。 民法上の親族とは6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族をいいます。 特別養子縁組が成立した場合、養子と実方の父母との親族関係は終了します。 一方、特別でない養子縁組の場合には養子と実方の父母との親族関係は終了しません。 [不適切]。 また、養子は縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得するので、相続においては養子と実子は 同等です。 直系血族および兄弟姉妹は互いに扶養をする義務がありますが、経済力が無い場合など特別の事情があるときは、家庭裁判所は、 3親等内の親族間においても 扶養の義務を負わせることができます。 したがって不適切な記述は[3]です。 ファイナンシャル・プランナーとは ファイナンシャル・プランニング検定は2002年度から国家資格となった検定です。 ファイナンシャルプランナーと言っても知らない人にとってはピンと来ないかもしれません。 各語を日本語にすると、ファイナンシャル(financial)は「金融」、プランナー planner には「立案者」や「計画者」という意味があります。 簡単に言ってしまえば、資金計画の立案人ということになります。 試験を実施する「金融財政事情研究会(以下、金財)」のWebサイトには、FP技能検定について「顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定します。 」というように説明されています。 この説明からもわかるようにファイナンシャルプランナーの役割は、社会保障・税制・不動産・金融などの金銭に係る横断的な知識を活かして顧客の目的達成を支援することです。 FP2級では3級の範囲を更に掘り下げた論点が出題されるのはもちろんですが、FP3級では学習範囲外であった、法人に対するFP業務を行う際に必要な知識を学習することになります。 これらの内容は基礎的な部分ではありますが、FPを専業とする方のみならず、保険の外交員や銀行の渉外担当の方、あるいは証券会社の営業担当が法人顧客と対するときに必須の知識です。 試験の概要 試験には級ごとに学科と実技の2つがあり、両方に合格することでファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得できます。 学科試験と実技試験は同日開催なので、一度に受検可能です。 「学科」は、計60問で全て四肢択一式(四択のマークシート)で解答します。 出題構成は、ライフプランニング、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野から均等に出題されます。 6割が合格基準なので36点以上を獲得すれば合格です。 「実技」は、事例を読んでそれに対するいくつかの設問に答える実践的な内容です。 実施団体によって出題数が異なり、金財は15問、FP協会は40問となっています。 こちらも学科と同様に全体の6割以上の得点で合格となります。 学科が業務に必要な知識を問うものならば、実技は実務における応用力を問うものです。 試験範囲 学科試験はすべて四肢択一式です。 出題構成は以下のようにライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野から均等に出題されます。 問1~10 ライフプランニング 問11~20 リスク管理 問21~30 金融資産運用 問31~40 タックスプランニング 問41~50 不動産 問51~60 相続・事業承継 実技試験は実施団体によって取り扱い分野が異なり、2級においては金財は「個人資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」(1、5、9月)、「中小事業主資産相談業務」(1、9月)、「損保顧客資産相談業務」(9月)の4区分から選択できます。 なおFP協会は「資産設計提案業務」のみです。 1月 5月 9月 金財 個人資産 〇 〇 〇 生保顧客 〇 〇 〇 損保顧客 - - 〇 中小企業主 〇 - 〇 FP協会 資産設計 〇 〇 〇 実施団体について ファイナンシャル・プランニング技能検定は実施団体が2団体あり、国家資格としては珍しい相互認定という形態で運用されています。 1つは「金融財政事情研究会」、もう1つは「日本FP協会」です。 以前から、金融財政事情研究会は金融渉外技能審査(金財FP)の資格認定を、日本FP協会はCFP、AFPの資格認定を、それぞれ独自に実施していました。 2002年度にファイナンシャル・プランニングが技能検定の職種に追加され、ファイナンシャル・プランニング技能士が国家資格化されるに際し、それまでFPに関する資格認定の実績を有していた2団体が、厚生労働省から指定試験機関として指定を受けました。 因みに、どちらが実施するものを受検しても、取得できる資格に違いはありません。 また金財での学科合格した実績をもって、FP協会の学科試験を免除するといったことができるようになっています。

次の

FP(ファイナンシャルプランナー)|資格の学校TAC[タック]

ファイナンシャルプランナー二級 本

最新情報 4月14日5月試験の中止を受け、昨年発売されたテキストからの主要な変更点を一覧にしたページを作成しました。 7月18日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: 林さん 《》 総投稿数:1 7月19日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:4 7月18日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:2 4月23日過去問道場の登録ユーザ数が7,000人を突破しました! 3月11日2016年5月の実技試験()の解説が完成しました。 2月18日2016年1月の実技試験()の解説が完成しました。 2月14日2020年1月の実技試験(、、)の解説が完成しました。 学科問題の解説が完成しています。 1月25日2016年9月の実技試験()の解説が完成しました。 1月18日過去問道場の登録ユーザ数が5,000人を突破しました! 1月17日2016年1月の実技試験(、)の解説が完成しました。 【2019年】 12月26日1月試験に向けてを更新しました。 12月18日2016年5月の実技試験(、)の解説が完成しました。 12月3日2017年1月の実技試験()の解説が完成しました。 11月20日2016年9月の実技試験(、)の解説が完成しました。 11月19日2017年1月の実技試験(、)の解説が完成しました。 11月16日2017年9月の実技試験()の解説が完成しました。 10月18日2018年1月の実技試験()の解説が完成しました。 10月16日2019年9月の実技試験(、)の解説をアップしました。 10月9日学習成績をSNSで簡単にシェアできる新機能を過去問道場に追加しました。 9月27日2017年5月の実技試験(、)の解説をアップしました。 学科の解説は完成済みです。 9月2日2018年1月の実技試験(、)の解説をアップしました。 8月28日2018年9月の実技試験()の解説が完成しました。 8月25日過去問道場の登録ユーザ数が3,000人を突破しました! 8月20日2017年9月の実技試験(、)の解説をアップしました。 8月19日2019年5月の実技試験()の解説が完成しました。 7月30日FP検定(2級と3級)に関連する過去数年の法令や制度の改正情報をまとめたページを公開しました()。 7月26日2019年1月の実技試験()の解説が完成しました。 7月15日2019年5月の実技試験(、)の解説をアップしました。 7月10日2018年5月の実技試験(、、)の解説をアップしました。 6月13日実技版の過去問道場をリリースしました。 6月7日2019年5月実技試験の問題及び解答をWebページ化しました。 学科問題の解説が完成済みです。 5月22日過去問道場の登録ユーザ数が2,000人を突破しました!およそ100日で登録者数が2倍に増加したことになります。 5月17日2018年9月の実技試験(、)の解説をアップしました。 5月16日2019年1月の実技試験(、)の解説をアップしました。 4月19日2016年1月・5月・9月の実技試験(FP協会)の問題と解答をWebページ化しました。 4月17日2016年1月・5月・9月の実技試験(金財:個人、金財:生保)の問題と解答をWebページ化しました。 4月16日2013年1月学科試験の解説が完成しました。 これで学科1,200問の解説が完成しました。 次は実技試験に注力していきまます! 4月6日PCでの利用時に、問題文や設例内の図表をクリックで拡大表示できるようにしました。 3月29日2017年1月・5月・9月の実技試験(FP協会)の問題と解答をWebページ化しました。 3月27日2013年5月学科試験の解説が完成しました。 3月21日2018年1月・5月・9月の実技試験(FP協会)の問題と解答をWebページ化しました。 3月16日2017年1月・5月・9月の実技試験(金財:個人、金財:生保)の問題と解答をWebページ化しました。 3月15日2018年1月・5月・9月の実技試験(金財:個人、金財:生保)の問題と解答をWebページ化しました。 2月26日2019年1月学科試験の解説が完成しました。 2月9日2013年9月学科試験の解説が完成しました。 1月31日2014年1月学科試験の解説が完成しました。 1月28日サイト開設から1年で過去問道場の登録ユーザ数が1,000人を突破しました。 1月9日2014年5月学科試験の解説が完成しました。 【2018年】 12月31日2015年1月学科試験の解説が完成しました。 12月16日過去問道場に問題チェック機能を追加しました。 12月6日2014年9月学科試験の解説が完成しました。 11月29日サイトのトップページにを追加しました。 11月16日2015年5月学科試験の解説が完成しました。 11月14日2015年9月学科試験の解説が完成しました。 10月5日2018年9月学科試験の解説が完成しました。 9月19日2015年10月学科試験の解説が完成しました。 8月30日2016年1月学科試験の解説が完成しました。 8月17日2016年5月学科試験の解説が完成しました。 7月20日2016年9月学科試験の解説が完成しました。 6月29日2018年5月学科試験の解説が完成しました。 6月5日2017年1月学科試験の解説が完成しました。 解説も全て無料公開しています。 5月17日2017年9月学科試験の解説が完成しました。 4月28日2018年1月学科試験の解説が完成しました。 2月19日2級ファイナンシャルプランニング技能検定2013年1月、5月、9月の過去問題を追加しました。 2月14日PC環境で電卓を任意の位置に移動できるようにしました。 解答ボタンのクリック時に押したボタンが目立つようにしました。 ボタンクリックでの解答時に正解表示部分に"あなたの解答"が併記されるようになりました。 2月9日FP3級のサイト(FP3級ドットコム)に続き、ファイナンシャルプランナー2級の解説サイトを新しく公開しました。 民法上の親族とは6親等内の血族、配偶者および3親等内の姻族をいいます。 特別養子縁組が成立した場合、養子と実方の父母との親族関係は終了します。 一方、特別でない養子縁組の場合には養子と実方の父母との親族関係は終了しません。 [不適切]。 また、養子は縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得するので、相続においては養子と実子は 同等です。 直系血族および兄弟姉妹は互いに扶養をする義務がありますが、経済力が無い場合など特別の事情があるときは、家庭裁判所は、 3親等内の親族間においても 扶養の義務を負わせることができます。 したがって不適切な記述は[3]です。 ファイナンシャル・プランナーとは ファイナンシャル・プランニング検定は2002年度から国家資格となった検定です。 ファイナンシャルプランナーと言っても知らない人にとってはピンと来ないかもしれません。 各語を日本語にすると、ファイナンシャル(financial)は「金融」、プランナー planner には「立案者」や「計画者」という意味があります。 簡単に言ってしまえば、資金計画の立案人ということになります。 試験を実施する「金融財政事情研究会(以下、金財)」のWebサイトには、FP技能検定について「顧客の資産に応じた貯蓄・投資等のプランの立案・相談に必要な技能の程度を検定します。 」というように説明されています。 この説明からもわかるようにファイナンシャルプランナーの役割は、社会保障・税制・不動産・金融などの金銭に係る横断的な知識を活かして顧客の目的達成を支援することです。 FP2級では3級の範囲を更に掘り下げた論点が出題されるのはもちろんですが、FP3級では学習範囲外であった、法人に対するFP業務を行う際に必要な知識を学習することになります。 これらの内容は基礎的な部分ではありますが、FPを専業とする方のみならず、保険の外交員や銀行の渉外担当の方、あるいは証券会社の営業担当が法人顧客と対するときに必須の知識です。 試験の概要 試験には級ごとに学科と実技の2つがあり、両方に合格することでファイナンシャルプランニング技能士の資格を取得できます。 学科試験と実技試験は同日開催なので、一度に受検可能です。 「学科」は、計60問で全て四肢択一式(四択のマークシート)で解答します。 出題構成は、ライフプランニング、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野から均等に出題されます。 6割が合格基準なので36点以上を獲得すれば合格です。 「実技」は、事例を読んでそれに対するいくつかの設問に答える実践的な内容です。 実施団体によって出題数が異なり、金財は15問、FP協会は40問となっています。 こちらも学科と同様に全体の6割以上の得点で合格となります。 学科が業務に必要な知識を問うものならば、実技は実務における応用力を問うものです。 試験範囲 学科試験はすべて四肢択一式です。 出題構成は以下のようにライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6分野から均等に出題されます。 問1~10 ライフプランニング 問11~20 リスク管理 問21~30 金融資産運用 問31~40 タックスプランニング 問41~50 不動産 問51~60 相続・事業承継 実技試験は実施団体によって取り扱い分野が異なり、2級においては金財は「個人資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」(1、5、9月)、「中小事業主資産相談業務」(1、9月)、「損保顧客資産相談業務」(9月)の4区分から選択できます。 なおFP協会は「資産設計提案業務」のみです。 1月 5月 9月 金財 個人資産 〇 〇 〇 生保顧客 〇 〇 〇 損保顧客 - - 〇 中小企業主 〇 - 〇 FP協会 資産設計 〇 〇 〇 実施団体について ファイナンシャル・プランニング技能検定は実施団体が2団体あり、国家資格としては珍しい相互認定という形態で運用されています。 1つは「金融財政事情研究会」、もう1つは「日本FP協会」です。 以前から、金融財政事情研究会は金融渉外技能審査(金財FP)の資格認定を、日本FP協会はCFP、AFPの資格認定を、それぞれ独自に実施していました。 2002年度にファイナンシャル・プランニングが技能検定の職種に追加され、ファイナンシャル・プランニング技能士が国家資格化されるに際し、それまでFPに関する資格認定の実績を有していた2団体が、厚生労働省から指定試験機関として指定を受けました。 因みに、どちらが実施するものを受検しても、取得できる資格に違いはありません。 また金財での学科合格した実績をもって、FP協会の学科試験を免除するといったことができるようになっています。

次の