とんねるず コント。 とんねるず 何でコントしなくなった

とんねるずの漫才っておもしろかったですか?

とんねるず コント

記念スペシャルバラエティー「ハレバレとんねるず 略してテレとん」収録 「ハレバレとんねるず 略してテレとん」の会見であいさつする石橋貴明(左)、木梨憲武=2012年8月15日(写真:日刊スポーツ) 30年近く放送を続けたフジテレビを代表する人気バラエティ『とんねるずのみなさんのおかげでした』(以下、『みなさん』)はなぜ終わってしまったのか。 その決定的な要因の1つは視聴率が下がってきたことだろう。 『みなさん』が視聴者の支持を得られなくなってしまったのは、番組の中にある本質的な部分が飽きられ、時代遅れになってしまったからではないか。 ここ数年、とんねるずはコンビとして『みなさん』以外のレギュラー番組を持っていなかった。 とんねるずというタレントにとって、この番組こそが生命線だった。 だからこそ、ここに懸ける彼らの意気込みも尋常なものではなかった。 『みなさん』が多くの視聴者に飽きられてしまったのだとしたら、それはとんねるずという芸人が飽きられつつあるということを意味する。 具体的に言うと、とんねるずの「パワハラ(パワー・ハラスメント)的な笑い」が今の時代に合わなくなっているのだ。 とんねるずの笑いの原点は「素人芸」 とんねるずの笑いの原点は「部室」にある。 スポーツの名門である帝京高校の野球部とサッカー部の出身だった石橋貴明と木梨憲武は、高校生のころから、物まねやギャグで周囲にいる仲間を楽しませる明るいキャラクターの持ち主だった。 デビューしてからの彼らは、なりふり構わない暴力的な芸風で話題になった。 当時の若者に人気があった『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』(ともにフジテレビ系)などに出演した際には、一般人にも容赦なく暴言を吐いたり、スタジオの観覧席に飛び込んで乱闘を繰り広げたり、何をするかわからない、危なっかしい魅力を放っていた。 彼らは、自分たちの芸は「素人芸」であると公言していた。 普通の芸人は漫才やコントなどのネタを考えて、劇場でその芸を披露して腕を磨いていくものだが、とんねるずはそのようなプロの芸人の王道を行こうとはしなかった。 あくまでも「目立ちたがり屋の素人がふざけているだけ」というスタンスを崩さなかった。 その分だけ、彼らは自由奔放に振る舞うことができた。 それが当時の若者にはたまらなく魅力的に見えた。

次の

“日本一のアマチュア”とんねるずが果たした偉業 、テレビを愛しテレビに愛された30年

とんねるず コント

とんねるずの石橋(左)と木梨 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(56)と木梨憲武(55)が7日放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、来年3月に番組が終了することを発表した。 エンディングで共同テレビ・小港浩一社長に扮した木梨と石田弘番組エグゼクティブプロデューサーに扮した石橋が「ダーイシと小港から発表」のコントを展開。 石橋は(共同テレビの)社長室から外を見ながら「30年間頑張ってきた、いろいろあったけどよ…」と意味深なセリフ。 その後「震えが止まらねえことが起きた」と話すと木梨は「落ち着いて! 石田さん、何かあったんすか?」石橋は「誰にも言うなよ。 『みなさんのおかげです』が、30年間やってたんだけど、番組が終了しちまうんだよ」と告げた。 「えーっ! あれ噂じゃなかったんですか」と驚く木梨。 石橋は「貴と憲で説明しなきゃいけねえ。 どうすりゃいいんだ」と嘆くなど最後までコントを演じた。 直後に「2018年3月 とんねるずのみなさんのおかげでした 堂々完結!」のテロップが映された。 石橋は「30年間のご愛顧、薄い頭を下げて感謝申し上げます」、木梨は「本当にありがとうございました。 みなさんのおかげでした」と感謝のコメント。 最後は2人で「すまなかった」と頭を下げた。 とんねるずは、「夕やけニャンニャン」の司会に1985年に抜てきされてブレーク。 88年にスタートした「とんねるずのみなさんのおかげです」から現在の後継番組「——おかげでした」まで30年間続いている長寿番組。

次の

【まとめ】とんねるず『木梨憲武』の凄すぎるヤンチャエピソードと面白すぎるコント!自由な芸風と人間味溢れる破天荒っぷりが魅力!|エンタメビッグ

とんねるず コント

22日、前身番組から約30年続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』の最終回を迎えるとんねるず (C)2018フジテレビジョン 3月22日(木)に幕を下ろす『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)。 フィナーレ企画は「さいごのうたばん」で、石橋貴明が司会を努めた『うたばん』(TBS系)のパロディ「ほんとのうたばん」の名場面紹介(「野猿」など)をすることが報道された。 今月に入り、多くのタレントからリスペクトが送られるとんねるず。 なぜ彼らがこれほど多くの人々に愛されるのか。 そのルーツと偉業を探る。 8日、同番組は『北の国から』のパロディコント「したの国から2018 早春」を放送。 事務所の反対を押し切った(?)形でコントを繰り広げた。 また、「とんねるずとコントがしたかった」という伊藤英明も共演。 木梨憲武からのアルミ板でのツッコミに「台本ではスリッパだったのに…!」と、その洗礼に嬉しそうな表情を見せていた。 これに多くのタレントが反応。 さまぁ〜ずの三村マサカズはSNSで「とんねるずのコント。 見て育った。 そして、お笑いを始めた」とツイート。 とにかくカッコよかったのよ」と、とんねるずへのリスペクトを度々口にする。 また岡村隆史はニッポン放送『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』に石橋を招き、復活のエールを送った。 東西・事務所の垣根を超えてリスペクトを集めるとんねるず。 そのルーツは帝京高校時代に遡る。 彼らは在学中から『TVジョッキー』(日本テレビ系)などの素人参加番組に参加、以降は常連に。 メディア研究家の衣輪晋一氏は「同番組ではチャンピオンも獲得。 』(日テレ系)。 これについては松本人志さんが2016年放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、『(とんねるずさんは)ジャンルがちょっと違う』と解説。 その後、『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』『ねるとん紅鯨団』と人気を博し、1988年10月から『とんねるずのみなさんのおかげです』がレギュラーでスタート。 「素人がテレビで天下を獲った」奇跡の瞬間を当時の視聴者は目の当たりにした。 仮面ライダーのパロディ企画『仮面ノリダー』、『ちょっと北の国から』、映画『ターミネーター』の『タカミネーター』、『あぶない刑事』『サンダーバード』…etc。 数々のパロディ企画でお茶の間を沸かせたほか、マイケルジャクソンらのMVパロディといった完成度の高いシリーズも。 MCハマーのパロディ・MCタカーは本人との共演にまで発展。 木梨さんのお葬式コントでは番組最多のクレームが(笑)。 ですがそれでも人気が衰えない怪物番組であり、テレビが今のように窮屈でない時代だったのです」(衣輪氏) 芸人以外を笑いに引き込み、新たな魅力を開花させたのも彼ら。 宮沢りえをはじめ、渡辺満里奈、チェッカーズ…etc。 さらに多くのスターも排出。 番組内の人気企画『博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜』では、お笑いコンビ・次長課長の河本が「お前に食わせるタンメンはねえ!」でブレイク。 児玉清のモノマネを披露した博多華丸は後に『R-1ぐらんぷり』で優勝。 チビノリダーこと伊藤淳史は名バイプレイヤーに。 「局と事務所の垣根がないどころか、『太陽にほえろ!』パロディや「野猿」などではスタッフも巻き込んだ。 ギャラの高騰もあり、「もう二人をあまり見られないのかも」と心配する声も聞かれるようになった。 女芸人の悩みをテーマに石橋がトークを繰り広げる企画で、森三中・黒沢かずこが番組プロデューサーへフジへの不満を吐露。 黒沢は石橋の目の前で「とんねるずさん好きなのはわかる、でも自分で動かしてやろうって思わなきゃ!」「(大物タレントと)ディレクターの関係がずっと続いてってさ、若い人たち入っていけないじゃない!」とぶちまけた。 石橋も慈愛に満ちた笑顔で、「本当にこういう怒りをもってでも変えないと、フジは良い形にならない。 東京オリンピックまでには、なんとかフジを変えようじゃないか」「なんとかフジに元気になってもらうよう、黒沢さんと番組を企画しましょう。 まず深夜からでもいいので、フジをぶっ壊すような企画を」と場を収めた。 3年後のまさに今、とんねるずも変わらざるを得ない場面に直面している。 また、3月1日の岡村隆史とのラジオでは、「ジャイアンツの村田の気分。 もう少し野球がやりたい!お笑いがやりたい!」と胸の内を吐露。 木梨憲武はこの春、16年ぶりに『いぬやしき』で映画主演、俳優業に力を注ぐのではという見方もある。 石橋も新たな番組が4月より始まる。 21日に都内で行われた『とんねるずのみなさんのおかげでBOX』発売記念イベントに出席した石橋は、「アイデアや知恵を絞って(バラエティー)を作っていくしかない」「脇役でいいので入れてもらう」と語った。 30年間走り続けてなお、まだまだとんねるずの気力は衰えていない。 とんねるずに「落ち着いてしまった」という言葉は似合わない。 (文/西島享) 【番組放送30周年記念!】とんねるずのみなさんのおかげでBOX•

次の